生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレ流れが悪い原因は「つまり」か「水位」!原因と解決方法を紹介

投稿日:2017-12-10 更新日:2018-09-28

トイレ流れが悪い原因は「つまり」か「水位」!原因と解決方法を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

私たちは一日の中で何度もトイレを使用します。そんなとき「なんとなくトイレの水の流れが悪い」と感じたことがある方も、多いのではないでしょうか?トイレは毎日使用する場所ですから、勢いよく水を流しきりたいものです。スッキリと水が流れない場合は「何か詰まらせてしまったかな?」と心配になりますよね。

また水の流が弱い状態が続けば、何度も繰り返し流さなくてはなりません。些細なことですが、毎日このような状態が続けばストレスを感じますし、時間も無駄です。おまけに水道代まで高くなるなど、トイレの不調は放置するとよいことはありません

そこで今回はトイレをテーマに、水の流れが悪い時に確認すべきポイントや、対処方法についてご紹介します。

トイレの流れが悪いときに出やすい症状とは

トイレの水の流れが悪いときにはどのような症状が出るのでしょうか?主な症状をみていきましょう。

便器から少しずつ水が引いていく(危険レベル1)

水を流した後、水が少しずつ引いていく症状が見られたら「軽度のつまり」を起こしている可能性があります。軽度のつまりで多くみられるのが「水に溶けにくい紙類」や「便」や「大量のトイレットペーパー」です。この場合は、40~60度のお湯やラバーカップで直せる可能性が高いです。

水を流すとゴボッという音がする・水が逆流する(危険レベル2)

水が引いていく症状よりも少し危険です。この場合は少し手ごわい物がつまっている可能性があります。このようなケースでは「トイレに流せるお掃除シート」や「大量の紙類や便」や「猫砂」といったものがつまっていることが多いようです。

対処方法は猫砂の場合、便器の水を減らしてから塩を撒き、1時間程度放置することで、猫砂のサイズが小さくなる可能性があるといわれています。その他の異物も、40~60度のお湯やラバーカップで直せる可能性があります。

水があふれる・水が流れない(危険レベル3)

この場合は、異物の上にさらなる異物が重なるなどして、頑固なつまりを起こしている可能性があります。考えられる原因として「水に溶けない固形物」や「溶け残った異物の上に、さらに異物が蓄積されて固まったもの」などがあげられます。

この場合、40~60度のお湯やラバーカップでは直せない可能性があります。自分で対処してもトイレの水の流れが悪いままでしたら、無理せず修理を依頼することをオススメします。
      トイレの流れが悪いときに出やすい症状とは

トイレに異物がつまっているときの解決方法は4つ!

トイレの水の流れが悪いときに、異物がつまっているとわかった場合は、以下の4つの方法を試してみましょう。

(1)40~60度のお湯

最初に試したいのが、40~60度のお湯を使った方法です。実は異物の性質によっては、40~60度のお湯を便器に注ぐだけでもつまりを解決できる可能性があります。便器にお湯を注ぐことにより、トイレにつまった異物(紙や汚物)がふやけて柔らかくなり、流れていくという仕組みです。便器に注ぐお湯は、必ず40~60度程度にしてください。「熱湯」を便器に注ぐと「ひび割れ」を起こす可能性があり危険です。

(2)薬剤

一般的には便器に使用する薬剤は馴染みがありませんが、水道修理の業者が使っている強力な薬剤を使う方法もあります。薬剤の種類はさまざまですが、人気の高いものに「ピーピースルー」という名前の薬剤があります。この薬剤が優れている点は、その使いやすさにあります。

便器に薬剤を入れたあとは、薬剤がつまりの原因を溶かしてくれるのを待つだけと、非常に簡単です。さらに即効性もあるので、多くの業者が使用しているようです。

「ピーピースルー」はインターネットで簡単に購入することができます。万が一の事態に備えて、家に用意しておくと安心です。しかし「ピーピースルー」は、強力な成分を含む薬剤ですから、使用時の注意を守って慎重に扱いましょう。

(3)ラバーカップ

「トイレの水の流れが悪いときの対策といえばコレ!」というくらい、お馴染みの「ラバーカップ(スッポン)」を使う方法もあります。定番の道具ですが、トイレのつまりを手っ取り早く直すにはとても役に立ちます。

使い方は、便器の底にカップをゆっくりと押し付けて、カップ内の空気を押し出します。そして、便器の底にカップを押し込んだら勢いよく引き上げます。これを数回繰り返し水がスーッと引いたら、つまり解消のサインです。これはラバーカップを使って強力な水流を起こすことで、異物が動かされ、つまりが解消される仕組みです。

なお、あまり知られていないことですが「ラバーカップ」には節水用・和式用・洋式用に対応した3つの種類があります。最大限に効果を発揮するためにも、ラバーカップはご自宅の便器のタイプに合ったものを選びましょう。

(4)真空式パイプクリーナー

トイレの水の流れが悪いときに定番のラバーカップを使っても、つまりが解消されない場合があります。そんなとき、最終兵器として試してみたいのが「真空式パイプクリーナー」です。

真空式パイプクリーナーはラバーカップの力ではとれないようなつまりにも効果的だといわれています。もちろん絶対につまりを解消できるという保証はありませんが、もし手元に用意することができるのであれば一度試してみる価値はあると思います。
ホームセンターでも購入できるので手軽に試せるのが利点です。使い方もラバーカップとほぼ同様で簡単です。
      トイレに異物がつまっているときの解決方法は4つ!

トイレの流れが悪い原因が「つまり」じゃないときの原因チェック

トイレの水の流れが悪いときに考えられる原因は「つまり」以外にも「水位の低下」が考えられます。タンクの中の水位を調整する浮玉やリングに異常が起きた場合、タンク内の水量が減って水の流れが悪くなるという現象が起こります。

水位が低下しているかどうかは、タンクの蓋を外して中を見ることでチェックすることができます。チェックの手順を見ていきましょう。

(1)トイレの水道の止水栓を閉める
タンクの中の作業をする場合、水位調整をしているときなどに水があふれ出る恐れがあります。そのような事態を避けるためにも、作業開始前には必ず「止水栓」を閉めるようにしてください。

(2)タンクの蓋を外す
もし使用しているトイレがタンクレス製品だったり、タンクが壁に埋め込んであるような場合には、無理せず業者やメーカーに相談してください。

(3)タンクの水位が足りているかチェックする
タンクの中には「水位線」があります。この「水位線」よりも下のラインに水があるなら、トイレの水の流れが悪い原因は水量不足かもしれません。そのようなときはタンク内の水の量を増やし、水位線を基準に水位調整しましょう。

トイレタンクの水位の調節の仕方について

続いて、トイレの水の流れが悪いときの水位調整の方法をみていきましょう。実はタンク内の水位調整は、タンク内の構造や部品の形状によって方法が異なります。

たとえば、タンク内に円形の浮き玉が付いているタイプでは「水位調整リング」というものが付いています。このタイプの場合、トイレを長期間使用しているうちに水位にズレが生じてくることがあるといわれています。
そこでここでは円形の浮き玉が付いているケースを例に、トイレの水の流れが悪いときの水位調整方法をご紹介します。

水位が低いときの調整方法

ボールタップの付け根あたりに付いている、水位調整リングを引き上げるとロックが外れる仕組みです。
水位が低いときは、この水位調整リングを「右方向」に回して適切な水位に調整します。逆に、水位が高いときは水位調整リングを「左方向」に回せば調整することができます。

最後に止水栓を元通りに戻し、タンクの蓋をかぶせれば完了です。
          トイレタンクの水位の調節の仕方について

まとめ

いかがでしたか?トイレの水の流れが悪いと感じるとき、その原因は便器が詰まっていたり、水の量が不足していたりと、小さなトラブルであることが多いといわれています。

そのためトイレの仕組みさえ理解していれば、意外と簡単に直すことが出来る可能性があります。トイレの水の流れが悪いと感じたら、ひとまずセルフチェックをして異物を取り除いたり、水位調整をしてみることをオススメします。

しかし実際にトイレを使用した本人でも心当たりがないというケースもあり、原因を正確に突き止められないこともあります。どうしてもつまりの原因がわからず、いろいろ試してもトイレの水の流れが悪いまま直らない場合は、止水栓を締めて業者に修理を依頼しましょう。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 12:18:21
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/24601/
家の修理
私たちは一日の中で何度もトイレを使用します。そんなとき「なんとなくトイレの水の流れが悪い」と感じたことがある方も、多いのではないでしょうか?トイレは毎日使用する場所ですから、勢いよく水を流しきりたいものです。スッキリと水が流れない場合は「何か詰まらせてしまったかな?」と心配になりますよね。また水の流が弱い状態が続けば、何度も繰り返し流さなくてはなりません。些細なことですが、毎日このような状態が続け...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!