生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレ詰まりで起きる水の逆流は大惨事の始まり!原因と対処法について解説

投稿日:2020-03-30 更新日:2020-03-30

トイレ詰まりで起きる水の逆流は大惨事の始まり!原因と対処法について解説

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

トイレ詰まりで水が逆流してしまうと、トイレの床が水浸しになってしまうでしょう。そうなればトイレが使用できなくなってしまうため、不便な生活を余儀なくされてしまいます。このようなトイレ詰まりで逆流してしまうおもな原因は、4つです。

この記事では、トイレの水が逆流する原因とその対処方法について紹介します。業者選びの方法も一緒に紹介するので、参考にしてみてください。

トイレ詰まりの症状の1つ!水の逆流が起きる原因について

トイレの水の逆流が起こってしまったとき、的確な対処をするためにもなにが原因になっているか突き止める必要があります。ここでは、水の逆流が起こる4つの原因を把握しておきましょう。自宅のトイレの逆流を解決する手掛かりとなるかもしれません。

異物により便器が詰まること

トイレ詰まりで起きる水の逆流は大惨事の始まり!原因と対処法について解説

トイレの水が逆流する原因のひとつとして、異物が便器内に詰まってしまうことにあります。トイレの便器は悪臭を防ぐように水が溜まるしくみになっているため、S字の排水路が設けられているのです。そのため、異物が流れてしまったときに排水路のカーブの部分にひっかかって詰まりを引き起こしてしまうことがあります。

ひっかかった異物は水路を塞いでしまい、流した水が逆流してしまうのです。そのため、逆流を解消するには、異物を取り除かなくてはなりません。

排水管または排水口に異物が詰まること

便器内だけでなく、その先にある排水管や排水口などに異物が詰まって水が逆流してくることがあります。また、汚れが蓄積して流したものがひっかかり、詰まりを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

排水管の詰まりは目に見えない部分であり、素人が状況を確認するのは非常に困難です。自分で解決することを考えるよりは、業者に依頼して直してもらうようにしましょう。

汚水ポンプが機能しなくなること

汚水ポンプの故障が原因で、トイレの水が逆流してしまうこともあります。汚水ポンプとは、トイレを流した水などが溜まる汚水槽にある水を汲み取って、下水管に流す役割をしている部分です。

汚水ポンプが故障してしまうと、汲み上げができずトイレに水が逆流してしまうおそれがあります。この場合、汚水ポンプの修理が必要になってくるでしょう。

災害

トイレの水が逆流する原因として、自然災害も原因になっている場合があります。大雨などで土砂災害や洪水などが起こると、マンホールの中に大量の土や砂、水が流れ込んでしまうのです。それらがトイレで流した汚水の妨げになり、逆流が起こってしまいます。

このような自然災害による逆流を防ぐためには、ビニール袋に水を入れた水のうを作り、便器の中に置いておくと効果的とされています。

トイレ詰まり・水の逆流を防ぐ上で見直さないといけないポイント

トイレ詰まりによる逆流は、普段何気なくおこなっていることが原因かもしれません。このような場合、生活習慣を見直さなくては同じトラブルが何度も発生してしまうでしょう。この章では、トイレの水の逆流を防ぐために見直すべきポイントを4つ紹介します。もしあてはまるものがあれば、改善してみてください。

便器に異物を捨てる頻度が多いかどうか

トイレ詰まりで起きる水の逆流は大惨事の始まり!原因と対処法について解説

問題ないと思って流していたものが、じつはトイレ詰まりの原因になり逆流してしまうことがあります。たとえば、猫砂やカップラーメンなどの残飯、水で流せるお掃除シートなども詰まりの原因となるのです。

トイレは基本的に排泄物とトイレットペーパー以外は流さないようにしましょう。また、トイレットペーパーを大量に流すと詰まりの原因になってしまうので、量に気をつけて使用するようにしてください。

過剰な節水をおこなっていないか

水道代の節約のため、トイレタンクにペットボトルを入れるなどして節水している家庭もあるでしょう。この節水が原因で水の量が足りず、逆流が起こってしまうおそれがあります。タンクの水は、トイレが詰まらないような水量が設定されているのです。

そのため、節水してしまうと排泄物やトイレットペーパーを流す水の勢いや水の量が減ってしまい完全に流しきれなくなってしまいます。これが積み重なると詰まりとなり、逆流の原因になってしまうので、過剰な節水は控えるようにしましょう。

排水管の構造に問題はないか

トイレの水の逆流を防ぐには、排水管の構造にも注目しなくてはなりません。家の造りやトイレの種類によって排水路や排水管の構造は異なっており、なかには詰まりやすい構造になっているものもあります。

排水管は壁の中や床下など見えない部分にあるため、自力で問題がないか探るのは難しいでしょう。排水管に問題がありそうな場合は、プロに改善策を相談してみてください。

トイレの経年劣化

トイレ周りの部品はおよそ10年で劣化し始めるため、定期的な交換が必要です。周辺の部品の経年劣化が原因で逆流が起こることもあるので注意しましょう。

また、便器などにものをぶつけてひび割れなどが起きた場合は、交換しないと二次被害の原因になってしまいます。経年劣化によるトラブルを防ぐためにも、10年をめどに点検や部品交換をするのがおすすめです。

トイレ詰まり・水の逆流を自力で改善する方法

トイレ詰まりによる逆流も軽度であれば、自分で修理することができます。そのためには、さまざまな道具が必要ですが、どれもホームセンターなどでそろえられるものばかりです。ここでは、自分でトイレ詰まりの修理をおこなう方法を紹介するので、お役立てください。

ラバーカップ

トイレ詰まりに活躍してくれる道具のひとつとして、ラバーカップが挙げられます。ラバーカップとは、持ち手が棒のようになっていて先端にお椀のような形をしたゴムがついたものです。

便器にラバーカップをくっつけ、ゆっくりと先端のゴムを押し込みます。そのあと勢いよく引っ張り上げることで、トイレの便器内に詰まった異物を水流で引っ張り上げるしくみになっているのです。この動作を数回繰り返せば詰まりが解消され、水の逆流もおさまるでしょう。

重曹

トイレ詰まりで起きる水の逆流は大惨事の始まり!原因と対処法について解説

トイレ詰まりには、重曹やクエン酸も有効です。重曹はアルカリ性の成分を持っているため、トイレについた黒ずみなどの汚れ、ヌメリを落としてくれます。反対にクエン酸は酸性の成分を持っているため、水垢や尿石などの汚れに効果的です。

まずはトイレの便器内の水を汲み取って、水位を下げておきましょう。次に重曹50ml、クエン酸100mlを混ぜ合わせ、便器の水の中に流し入れます。その後、45~50度ほどのお湯を流し入れそのまま1~3時間程度放置してください。時間が経ったら、バケツに汲んだ水を流し排水されるか確認してみましょう。

家に道具がない方は水とバケツを使う方法を試してみてください。まずは、便器内の水位を下げるために、バケツなどで汲み取ります。45~50度ほどのお湯を用意して、ゆっくりと便器の中に流し込みましょう。2~3回ほどお湯を入れたら、そのまま1時間ほど放置します。

こうすることによって、詰まったトイレットペーパーなどがふやけ詰まりの解消につながるでしょう。ただし、50度を超える熱湯を入れるとトイレがひび割れを起こしてしまうおそれがあるのでお湯の温度には注意してください。

ワイヤー

ワイヤーの先端にブラシがついたワイヤーブラシは、汚れなどによる詰まりを解消させる道具です。ブラシがついているほうを便器の奥に入れて、詰まりに到達するまで進めていきます。

ワイヤーブラシの先端が進まなくなったら、ワイヤーブラシを回して詰まりをそぎ落としていきましょう。詰まりの原因となっていた汚れが取れたら、バケツで水を流しトイレの流れ具合を確認してみてください。

パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーもトイレ詰まりには効果を発揮してくれます。真空式パイプクリーナーとは、ラバーカップのようなゴム製の部品と空気入れのようなポンプが合体したものです。このポンプを押し引きすることで、水流を起こし詰まりの原因になるものを引き上げてくれます。

真空式パイプクリーナーも便器に密着させ、ポンプのレバーを数回押し引きしましょう。詰まりの原因が取り除けたら、同じようにバケツの水を入れて流れが正常になったかチェックしてみてください。

トイレ詰まり・水の逆流を自力で改善するのをおすすめしない理由

トイレ詰まりで水が逆流してしまった場合、専用の道具を使って自分で解決するのはあまりおすすめできません。なぜなら、知識や技術がないまま自分で作業するのはリスクが大きいからです。では、自分で修理したときに起こりうるリスクについて見ていきましょう。

やり方を間違えると状況が悪化するため

トイレ詰まりの修理は、それなりの知識や技術が必要です。そのため、素人がやみくもに修理してしまうと、詰まりを悪化させてしまうおそれがあります。また、重曹などの使用量などを間違えたり、ワイヤーブラシなどを無理やりねじ込んだりするとトイレ自体を破損させてしまうかもしれません。

無理な作業は状況の悪化や二次被害をうむおそれがあるので、自分では不可能と感じたら業者に依頼するようにしましょう。

排水管の構造など自力で改善できないケースもあるため

排水管の構造によっては、根本的に自分で解決できない場合があります。たとえば、排水管が曲がった造りになっていると、うまく道具が届かないこともあるでしょう。かえって排水管を傷つけて、さらに被害を広げてしまうことも考えられます。

排水管の構造上、修理作業が思うように進まないときは自分ではおこなわず、プロに任せるようにしましょう。

道具を揃えるのにひと手間かかるため

トイレ詰まりや水の逆流はゴポゴポと異音がするなど前兆はありますが、いきなり起きてしまうこともあります。そのため、家にトイレ詰まりを修理する道具がないということも少なくありません。

このような場合、ホームセンターなどに行って道具を揃えることからはじめなくてはならないため、手間がかかってしまうでしょう。

ケガをする可能性があるため

トイレ詰まりの修理をおこなっている最中、ケガをしてしまう危険性もあります。とくにお湯を使った詰まり解消法をおこなう際、お湯に触れてしまい火傷してしまうこともあるでしょう。

このようにトイレのような狭い場所で慣れない作業をするのは、ケガをするかもしれないことを念頭に入れておかなければなりません。安全に修理するには、やはりプロの力を借りるのが一番です。

マンションの管理会社などとのトラブルを避けるため

トイレ詰まりで起きる水の逆流は大惨事の始まり!原因と対処法について解説

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方は、トラブル防止のためにもあまり自力で修理するのはおすすめできません。集合住宅の場合、原因がなにかにもよりますが、管理者側が修理費用を負担してくれることがあります。

しかし、自力で直そうとして手を加えてしまい状況を悪化させてしまうと、自費で直さなくてはならなくなるでしょう。このような事態を避けるためにも、まず、大家さんや管理会社に連絡をして、業者に直してもらえるように話し合うのがおすすめです。

トイレ詰まり・水の逆流を解消する業者を選ぶ際のポイント

トイレ詰まりや水の逆流がひどい場合、なかなか自分で解消するのは難しいでしょう。そのため、プロの力に頼るのがおすすめです。しかし、トイレ詰まりを修理してくれる業者は多数あるため、なにを基準に選べばよいのかわからない方も多いかもしれません。

そこでここでは、トイレ修理の業者を選ぶときのポイントを3つ紹介します。ポイントを押さえて、より信頼できる業者を選びましょう。

見積りの際に料金や必要な作業をキチンと開示するかどうか

多くの業者は、実際作業をおこなう前に修理にかかる費用と作業内容を明記した見積り書を出してくれます。同時に作業内容などもわかりやすく説明してくれるでしょう。その際、不明な料金が含まれていないか、必要のない作業が含まれていないかを確認するようにしてください。

すべての料金や作業内容をわかりやすく開示してくれる業者であれば、安心して修理を任せることができるでしょう。

技術が高いかどうか

トイレ修理に関して高い技術を持っているかどうかも、重要なポイントです。技術がしっかりしていれば、難易度の高い修理や交換も難なくこなしてくれるでしょう。技術が高いかどうか見分けるには、業者のホームページに載っている実績を確認してみてください。

実績が豊富な業者は、技術的にも多くのお客様に選ばれてきた優秀な業者といえるでしょう。また、水道技術管理者などの資格の有無で判断してもよいかもしれません。

契約を無理強いしないかどうか

トイレ詰まりで起きる水の逆流は大惨事の始まり!原因と対処法について解説

契約をする際、大げさに危機感をあおったり、無理強いしたりしてくる業者はあまりおすすめできません。業者を選ぶのであれば、お客様の立場になって、丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。

お客様を第一に考えてくれる業者は、時間厳守やわかりやすい説明、丁寧な作業などすべてにおいて一生懸命おこなってくれるはずです。

災害時に備えて災害用トイレを携帯するのも大事

地震などの災害に見舞われたとき、いつものようにトイレを使用すると水が逆流してしまうことがあります。これは、地震によって配管などの排水設備が破損していることが原因です。さらに、地震が起きた直後は断水になることもあるため、今までのようにトイレを使用することはできないかもしれません。

いつ災害に見舞われても切り抜けられるように、災害用のトイレを携帯しておくと安心です。1週間程度トイレを使えないことを見越して、1人あたり35個程度は準備しておくとよいでしょう。

まとめ

トイレに異物が詰まったり、汚水ポンプが故障したりすると水が逆流してしまうことがあります。もし、日常生活の中で食べ残しをトイレに流していたり、過剰な節水をしていたりするようならトラブルの原因になるので、習慣を見直してみてください。

もしトイレ詰まりで水が逆流してしまったときは、ラバーカップなどを使って改善を試みるのもひとつの方法です。しかし、自分で直すのは困難だと感じたら、無理をせず弊社までご連絡ください。優秀なトイレ修理業者を紹介させていただき、迅速に対応させていただきます。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
編集者:まこと
家の掃除が得意。特技を活かし、ライターになった。短時間で家の掃除ができる効率的な手法を編み出すのが得意。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-30 14:41:16
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/194076/
家の修理
トイレ詰まりで水が逆流してしまうと、トイレの床が水浸しになってしまうでしょう。そうなればトイレが使用できなくなってしまうため、不便な生活を余儀なくされてしまいます。このようなトイレ詰まりで逆流してしまうおもな原因は、4つです。この記事では、トイレの水が逆流する原因とその対処方法について紹介します。業者選びの方法も一緒に紹介するので、参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!