生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレつまりの修理にかかる費用ってどのくらい?気になる料金相場について解説

投稿日:2020-03-30 更新日:2020-03-30

トイレつまりの修理にかかる費用ってどのくらい?気になる料金相場について解説

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

トイレつまりは重症化すると自分で直すのが難しいため、業者に依頼するのがおすすめです。さらに日常生活の中でトイレの使用は不可欠で、すぐにトラブルを解決したい方も多いでしょう。しかし、業者依頼するとどれくらいの費用がかかるのかわからないと、依頼を躊躇してしまう方もいるかもしれません。

本記事では、トイレつまりの修理費用の相場を紹介します。自分で直す場合の費用も一緒に紹介するので、参考にしてみてください。

トイレつまりを修理するための費用は一体どのくらい?

トイレつまりの修理は、自分でおこなうか業者に依頼するかどちらかを選択することになるでしょう。自分で修理すると状態を悪化させてしまうこともありますが、軽度のものであれば直すことも可能です。では、それぞれの修理にかかる費用を見ていきましょう。

自分で修理する場合

トイレつまりの修理にかかる費用ってどのくらい?気になる料金相場について解説

トイレつまりが軽度の場合、自分で専用の道具を購入して修理することができます。自分で直せば、道具代だけで済むので比較的安価で済ますことができるでしょう。自分で修理する場合の費用相場は、以下のとおりです。

【自分でトイレつまりの修理をする際の道具別費用相場】

・ラバーカップ:約400~3,000円(100円ショップなどでも購入可能)
・真空パイプクリーナー:約1,000~2,000円
・パイプクリーナー:約1,000~3,000円(成分によって使えないものもあるので注意)
・ワイヤーブラシ:約1,000~5,000円
・重曹:約200~400円
・お酢:約500円
・トイレつまり専用の薬剤:約500~2,000円
・高圧洗浄機:約1~3万円

業者に依頼する場合

トイレつまり修理の業者費用の内訳には、作業費、材料費、出張費などがあります。費用としては自分で直すより高くつきますが、失敗のリスクも少なく修理してもらうことができます。業者に依頼したときにかかる費用相場は、以下のとおりです。

【業者依頼したときの修理費用相場】

・便器内のトイレつまり:約5,000~1万5千円
・排水管内のつまり:約8,000~1万5千円
・高圧洗浄機の使用:約1万5千~10万円
・部品の取り外し・取り付け:約1万2千~1万5千円

費用がかかってもトイレつまりは業者に依頼するのがおすすめ!

費用としては高くなってしまいますが、やはり自分で直すより業者に依頼して修理してもらうことをおすすめします。なぜなら、業者依頼したほうが多くのメリットがあるからです。ここでは、業者依頼の5つのメリットを紹介します。自分で直すか業者依頼するか迷っている方は、ぜひご一読ください。

道具を用意する手間が省けるのが大きい

トイレつまりの修理にかかる費用ってどのくらい?気になる料金相場について解説

業者依頼すれば、特別自分で道具を用意する必要がなく業者が専用の道具を持参して直してくれます。自分でトイレつまりを修理する際は、適切な道具を選ばなければ効果が期待できないので、何度もホームセンターに足を運ぶことにもなりかねません。

しかし、プロにお願いすれば、つまりの具合に合わせて道具を選ぶ手間も省けるでしょう。さらに修理後に道具を保管しておくこともないため、収納スペースを確保する必要もありません。

ケガのリスクを避けられる

トイレつまりを修理する際、思いがけずケガをしてしまうことがあります。たとえば、トイレットペーパーなどのつまりの原因をお湯で溶かそうと準備したところ、こぼして火傷をしてしまう危険性もないとはいえません。また、取り外した便器を落として足にぶつけてしまうといったこともあるでしょう。

業者に依頼すればすべてプロがおこなってくれるため、ケガの心配もありません。安全にトイレの修理をおこないたい方は、やはり業者依頼がおすすめです。

高い知識・技術でトイレつまりを解消してくれる

トイレつまりを修理するには、専門的な知識や技術が必要になります。ご自身でなんの知識もないまま修理をしようとすると、思わぬ二次被害を招いてしまうかもしれません。

トイレ修理をしてくれる業者は豊富な知識や技術を持ち合わせている上に、今までの経験からよりよい方法で解決してくれます。さらに、資格を持っている業者もいるため、失敗する心配もなく任せることができるでしょう。

衛生面に気を使って作業してもらえる

普段自分や家族が使用するトイレであっても、作業中に汚水が壁や床に飛び散るのは嫌なものです。しかも、修理後は汚水をきれいに掃除しなくてはならないので億劫に感じる方も多いのではないでしょうか。

このような汚水の処理も業者に依頼すれば、すべておこなってくれます。また、壁や床にかからないようにしっかり養生してくれたり、修理後の除菌も徹底しておこなってくれたりするでしょう。そのため、今後トイレを使用するのも安心です。

トイレを壊すリスクを避けられる

トイレつまりが便器の奥や排水管で起こっている場合、便器を取り外して作業しなくてはならないこともあります。しかし、そのままもとに戻せなくなってしまったり、最悪の場合壊れてしまったりするケースもあるのです。

このように知識や技術がない初心者が修理をおこなうと、トイレ本体を壊してしまうリスクも考えなくてはなりません。プロであれば普段から作業に慣れているため、トイレを壊す心配をする必要はないといってよいでしょう。

業者に依頼するかどうかの決め手になるポイントは?

トイレがつまったとき、業者に依頼するか自分で直すか迷われる方もいるかもしれません。この際、考えておきたいのがトイレつまりの原因や自分で作業できる時間です。この2つのポイントが自分で修理できるか否かの基準になります。それぞれについて見ていきましょう。

トイレつまりの原因

まずは、トイレつまりの原因がなにかが重要になってきます。たとえばスマートフォンや芳香剤のキャップ、子どものおもちゃなど水に溶けない異物がつまっている場合は業者に依頼して取り除いてもらうのがおすすめです。

また、水に溶けるものであっても便器の奥や排水管につまっているときは、自分で修理するのは難しくなります。なにがつまっているかわからない場合や自分でいろいろ試しても直らない場合は、業者に依頼するとよいでしょう。

トイレつまりを自分で修理する時間があるかどうか

トイレつまりの修理にかかる費用ってどのくらい?気になる料金相場について解説

トイレつまりの修理は状態にもよりますが、思いのほか時間がかかってしまうことがあります。とくに作業に慣れない素人にとっては勝手がわからず、苦戦してしまうこともあるでしょう。そのため、今トイレつまりをゆっくり直している時間が取れるかどうかが決め手になってきます。

トイレは毎日使用するものなのでいち早く直したいという方は、業者に依頼して直してもらうのがもっとも手っ取り早いでしょう。プロであれば、およそ30分~1時間で修理することができます。難易度が高いトイレつまりもその日のうちには解決してくれるでしょう。

トイレつまりの修理費用を支払う上で必要な行動

多くの業者は、トイレ修理が完了した後に料金を支払います。事前に見積りは出してくれますが、適正な料金を支払うためには費用に関してある程度の知識をつけておく必要があるでしょう。

この章では、トイレつまりの修理費用を支払う上で必要な行動について紹介します。余分な費用を払いすぎないためにも、きちんと予備知識をつけておきましょう。

地域の相場をチェック

トイレつまり修理の費用相場は、地域によって異なります。そのため、お住まい地域の修理費用の相場を知っておくとよいでしょう。そのためにも1社だけでなく複数の業者に見積りを依頼して見比べてみるのがおすすめです。

複数の業者の見積りを比較すれば地域の相場を知ることもでき、各社の作業内容も明確になるため、よりよい業者を見つける手立てにもなります。

業者の見積り内容が納得のいくものかどうか確認

ほとんどの業者は本契約の前に見積りを出してくれ、詳しい作業内容を説明してくれます。その内容が納得できるものでなければ、契約しないほうがよいでしょう。見積りや作業説明の段階でわからないことがある場合は、必ず業者側に質問しておくことをおすすめします。

見積り内容などすべて納得できるものであれば、そのまま契約に進めても問題ありません。なかなか判断できない場合は先ほどもお話したように、相見積りを取って業者同士を比較してみてください。

賃貸の場合は管理会社に連絡して誰が費用を負担するかを決定

アパートやマンションなど、賃貸でのトイレつまりの費用負担が誰にあるのかについても確認しておきましょう。賃貸でトイレつまりが起こった場合、管理会社に連絡を入れておくことが重要になります。なぜなら、トイレつまりの原因によっては費用を管理者側が負担してくれることがあるからです。

たとえば経年劣化などが原因で入居者側に非がない場合は、管理会社側に責任があり修理費用も出してくれます。業者も管理会社が手配してくれることがあるので、まずは管理会社に連絡を取るようにしましょう。

支払い方法の確認

トイレつまりの修理にかかる費用ってどのくらい?気になる料金相場について解説

トイレつまりの修理が終わったら、料金を支払うことになりますが、どのような支払い方法が利用できるのか事前に調べておく必要があります。支払い方法は業者によってさまざまで、現金のほかにクレジットカード、銀行振り込みなどを選べる業者もあれば、現金のみと提示している業者もあるでしょう。

現金のみの場合、その日までに用意しておかなければなりません。手元にお金がないとなると困ってしまうので、事前に支払い方法を確認しておきましょう。

トイレつまりの修理のほかに必要となる費用

トイレつまりは修理以外にも費用がかかってしまうことがあります。余分にかかるかもしれない料金を把握しておけば事前に準備しておくこともできるので、安心感につながるでしょう。

ここではトイレつまりの修理費用以外に必要なお金について紹介します。もし、当てはまるものがあれば事前に準備しておきましょう。

リフォーム代

トイレつまりが原因で床や壁などが水浸しになってしまうことがあります。拭き取って乾燥させれば問題ないものならよいですが、長い期間床の内部で水漏れが起きていた場合は、腐食していて弱ってしまっていることがあります。

このままにしておくと、湿った環境を好むシロアリの被害を受けることもあるため、トイレだけでなく床や壁も修理しなくてはなりません。そうなればトイレの修理代に加え、床などのリフォーム代がかかることになるでしょう。

トイレの点検費用

トイレつまりの修理にかかる費用ってどのくらい?気になる料金相場について解説

長年使っているトイレは汚れが蓄積していたり、部品が劣化したりしてつまりが起きやすくなっています。そのため、月に1回は点検をしてもらうのがおすすめです。プロに点検してもらうことによって、つまりを防止することができるでしょう。

トイレの点検は無料でおこなってくれる業者もあれば、料金が発生する業者もあります。まずは業者に問い合わせて、点検費用を調べておきましょう。毎月点検費用を支払うなら、いっそ新しいトイレに交換するということを検討してみてもよいかもしれません。

新たな便器の購入費用

トイレは比較的寿命が長い設備ですが、周辺の部品は10年ほどで劣化してきます。そのため、10年を境に不具合が生じるおそれがあるでしょう。寿命が原因でトイレつまりが起こった場合、修理ではなく該当個所の交換をおすすめします。

便器を交換すればつまりも解消でき不具合もなくなります。より便利な最新機能もつけることができるでしょう。しかし、修理代以上に高額な交換費用がかかることを頭に入れておいてください。あくまでも相場ですが、便座の交換だけなら20万前後、洋式トイレの交換なら60万前後かかるようです。

まとめ

トイレつまりの修理費用の相場は、自分で修理する場合およそ400~3,000円、業者依頼した場合はおよそ8,000~1万5千円です。業者に依頼すると費用は高くなってしまいますが、失敗や二次被害のリスクは少なくすることができるでしょう。

また、業者ならトイレつまりに関する知識も豊富で技術もしっかりしているため安心です。生活110番では、急なトイレつまりにも迅速に対応できる業者を紹介しています。すぐにでもトイレつまりを解決したい方はぜひご連絡ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-30 14:39:29
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/194067/
家の修理
トイレつまりは重症化すると自分で直すのが難しいため、業者に依頼するのがおすすめです。さらに日常生活の中でトイレの使用は不可欠で、すぐにトラブルを解決したい方も多いでしょう。しかし、業者依頼するとどれくらいの費用がかかるのかわからないと、依頼を躊躇してしまう方もいるかもしれません。本記事では、トイレつまりの修理費用の相場を紹介します。自分で直す場合の費用も一緒に紹介するので、参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!