生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

オムツを流してトイレ詰まりを起こした場合の対処法と業者依頼の流れ

投稿日:2020-03-23 更新日:2020-03-23

オムツを流してトイレ詰まりを起こした場合の対処法と業者依頼の流れ

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

トイレ詰まりは、オムツが原因で起こることがあります。そのため、オムツをトイレに落としてしまったら、すぐに取り除かなければなりません。

オムツの位置によっては自分でも取り除くことが可能です。しかし、もし排水管内に入ってしまっているときには、便器を取り外してオムツを取り出さないとなりません。

ここでは、オムツを落としてしまったときの対処法を詳しくご説明します。オムツによるトイレ詰まりにお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

オムツを流してトイレ詰まりが起こった場合の対処方法

オムツをトイレに落としてしまったら、トイレの水を流す前にオムツを取り除く必要があります。もしすぐに取り除かないと、トイレ詰まりがオムツが原因で起こってしまうおそれがあるのです。しかし、「すでに水を流してしまった……」という方もいらっしゃるかもしれません。そういった方は、以下のふたつの対処法を取るようにしてください。

排水枡内にオムツが入っていないかチェックする

家から出た汚水は、排水管を通して、屋外にある排水本管へ流れるようになっています。排水枡(はいすいます)とは、その排水管と排水本管の間にある、ごみための役割を果たす設備です。もし排水管にゴミが流れたとしても、排水枡があることでゴミが排水本管に流れて詰まることを防げるのです。

オムツをトイレに流してしまったときには、この排水枡にオムツが浮いているかもしれません。そのため、排水枡にオムツが浮いていないかどうかをチェックしましょう。

排水枡は、家の敷地内の段差やカーブなどがある場所にあるので、探してみてください。また、排水枡はドライバーなどを使って開けることができます。

便器を取り外してトイレ詰まりを確認する

便器を取り外してトイレ詰まりを確認する

排水枡にオムツが浮いていなかったときには、便器を取り外してオムツの場所を確認し、取り除く必要があります。この作業をおこなう場合は、業者に依頼しましょう。

なかには、「自分で詰まりを確認したい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、自分での作業はやめたほうが無難です。なぜなら、素人が便器の取りつけをおこなうと、失敗して水漏れが発生してしまうおそれもあります。また、オムツを取り除く作業も自分では難しいのです。その理由については、以下からご説明します。

トイレ詰まりの原因がオムツの場合は業者に依頼するのが一番

トイレ詰まりの原因がオムツの場合は業者に依頼するのが一番

オムツが原因でトイレ詰まりが起こってしまったら、自分での対処は難しいため、水回りの業者に依頼しましょう。

オムツには、”吸水性ポリマー”という物質が使われています。吸水性ポリマーは、水をたくさん吸って膨らむ性質があります。水を吸ったときの体積は、元の体積の倍以上になることもあるのです。

こうした理由から、もしオムツでトイレが詰まってしまったら、水を吸って体積が大きくなってしまうため、自分で取り除くのは難しくなります。そのため、詰まり解消のプロである業者に依頼してオムツを取り除いてもらうのが得策なのです。

トイレ修理業者の対応について

業者に依頼する方の中には、初めて業者に依頼する方もいらっしゃるかもしれません。初めて依頼するとなると、対応までの流れや料金について不安を感じることでしょう。そこで、以下からはトイレ修理業者に依頼したときの流れや料金体系について見ていきましょう。

トイレ修理業者の対応の流れ・依頼手順

業者にトイレ修理を依頼するときには、まず業者に連絡して受付を済ませてください。すると、業者スタッフが訪問し、見積り額の提示や、見積りについての説明をおこないます。見積り額に納得したら、実際に作業にとりかかっていきます。作業が終了したら、後片付けをおこない、支払いをしてすべて完了です。

業者に連絡してからすべて終了するまで、基本的には1日で終わるといわれています。ただし、部品の在庫がない場合は取り寄せが必要となるため、1日で終わらないこともあるようです。

トイレ修理業者の料金体系

トイレ修理業者の料金体系

トイレ修理業者に依頼したときの料金の項目は、おもに作業費や部品代となっています。また、業者によっては出張費もかかります。

ちなみに、トイレの修理費用は5,000~3万円程度が相場です。ただし、これらの料金はトイレの状況によって異なります。たとえば、トイレ詰まりが深刻な場合は、ハイスパットやトーラー、高圧洗浄機などの専門的な機械を使用して異物を取り除くことになるため、その分修理費も高くなる傾向にあるのです。

トイレ修理業者のオプション料金

業者によって、見積り費や出張費がかかるかどうかが異なります。見積り費や出張費が無料である業者に依頼すれば、費用が安く抑えられる可能性が高いでしょう。業者に依頼する前に、ホームページを確認したり業者に問い合わせたりして、これらに費用がかからないかどうかを確認しておくことをおすすめします。

また、業者によっては、これらの項目のほかに深夜・早朝料金、特殊作業費などが追加でかかることがあるので、あわせて確認しておくとよいでしょう。

トイレ修理業者を選ぶ3つのポイント

トイレ修理業者に依頼したいという方の中には、「どの業者を選んだらよいかわからない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、ここではトイレ修理業者の選び方をご紹介します。優良業者を見極めるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

料金体系が細かく表示されている

業者の中には、見積り内容や価格表があいまいに書かれている業者もあります。その場合、支払い後に追加料金が請求されることがあるのです。そうなると、支払いの際に「こんなに費用がかかるなんて知らなかった……」という事態になってしまいます。

そうなることを防ぐためにも、料金体系が細かく表示されている業者を選びましょう。また、もし料金のことでわからないことがあればあらかじめ業者に確認しておき、費用について納得した状態で依頼しましょう。

トイレ修理業者としての歴史が深い・実績が多い

トイレ修理業者としての歴史が深い・実績が多い

トイレ修理業者を選ぶときには、創業から何年経っているか、実績は多いかということを確認しておきましょう。長年トイレ修理をおこなっている業者や、実績が多い業者は、その分多くの経験を積んでいるといえます。そのため、技術力の面で期待が持て、スムーズに作業をおこなってもらえる可能性が高いのです。

ちなみに、実績の多さや創業した年は、業者のホームページに書かれていることが多いため、ぜひ一度確認してみてください。

きめ細かな対応をおこなっている

業者にトイレ修理を依頼するときには、「詰まりがひどいけどきちんと直るのか心配」「後から高額な費用を請求されないか不安」といった不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

しかし、疑問を丁寧に説明してくれるなど、きめ細やかに対応してくれる業者なら、不安を解消でき、安心して任せることができるでしょう。トイレ修理業者の対応は、口コミサイトなどに書かれていることが多いので、一度チェックしてみるとよいでしょう。

オムツを流してトイレ詰まりを起こす前にできること

トイレにオムツを落としてしまったとき、まだ奥に入っていなければ自分でも対処できる可能性があります。そこで、ここからはトイレにオムツを落としてしまったときの対処法をご紹介します。以下の内容を参考に対処し、詰まりを防ぎましょう。

便器内にオムツが付着していないか探す

便器内にオムツを落としたときには、水を流す前にすぐに取り除くことが大切です。オムツが便器の奥のほうに流れてしまうと、自分での対処が難しくなります。しかし、排水口付近にオムツが残っているうちにすぐに取り除けば、詰まりを防ぐことができるのです。

そのため、オムツを落としてしまったら、まずはオムツが便器内に付着していないかを確認してみてください。便器内に付着していれば、自分でも簡単に取り除くことができるでしょう。

ゴム手袋を着用してオムツを取り除く

ゴム手袋を着用してオムツを取り除く

便器内にオムツを落としてしまったときには、オムツが排水口に入ってしまっているかもしれません。そのようなときには、排水口の入口のほうであれば手で取り除くことが可能です。ゴム手袋をはめ、便器の排水口に手を入れてオムツをつかみだしましょう。

ただし、オムツが奥のほうまで入りこんでしまったときには、手で取り除くことは難しいかもしれません。その場合は、以下からご紹介するワイヤーブラシを使って取り除くことができる可能性があります。

ワイヤーブラシを使用してオムツを取り除く

オムツが手で取り除けないときまで入りこんでしまったときには、ワイヤーブラシを試してみてください。ワイヤーブラシとは、針金の先にブラシがついているアイテムになります。オムツが手では届かない場所に入りこんでいるときでも、ワイヤーブラシで異物を引っ掛ければ取り除くことができる可能性があるのです。

ワイヤーブラシは、1~3mのものが使いやすいようです。また、ワイヤーブラシはホームセンターやネット通販などで購入することができるため、お持ちでない方は一度調べてみるとよいでしょう。

まとめ

トイレ詰まりは、オムツを落としてしまったことが原因で起こることもあります。もし、オムツをトイレに落としてしまったときには、水を流す前に取り出しましょう。もしトイレの水を流してしまったときには、排水枡を確認してオムツがあれば取り除いてください。

オムツが排水枡にもない場合は、排水管の中に詰まっている可能性があるので、便器を取り外してオムツを取り出す必要があります。便器の着脱は自分では難しいため、業者に依頼するとよいでしょう。弊社では、トイレ詰まりを解消する業者をご紹介しますので、ぜひご依頼ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-03-23 16:47:05
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/193000/
家の修理
トイレ詰まりは、オムツが原因で起こることがあります。そのため、オムツをトイレに落としてしまったら、すぐに取り除かなければなりません。オムツの位置によっては自分でも取り除くことが可能です。しかし、もし排水管内に入ってしまっているときには、便器を取り外してオムツを取り出さないとなりません。ここでは、オムツを落としてしまったときの対処法を詳しくご説明します。オムツによるトイレ詰まりにお困りの方は、ぜひ参...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!