生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

水道の蛇口パッキンが原因で水漏れ!部品の種類や修理・交換する方法

投稿日:2020-02-24 更新日:2020-02-25

水道の蛇口パッキンが原因で水漏れ!部品の種類や修理・交換する方法

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

蛇口のパッキンの劣化が原因で水漏れをしていたら、同じものを用意して交換しましょう。蛇口の中には複数のパッキンが取り付けられていて、それぞれ形が異なります。正しいパッキンを準備して水漏れを解決しましょう。

このコラムでは、パッキンの種類や自分で交換する方法をご紹介しています。パッキンの交換は、そこまで難しい作業ではありません。しかし、気をつけないといけないポイントもあります。

正しい交換方法を知ることで、安全にパッキンを交換していってください。

蛇口のパッキンはひとつじゃない!劣化したパッキンを確認しよう

水道の蛇口はさまざまなパーツの組み合わせでできています。一口に蛇口のパッキンといっても、水漏れが起きている場所によって必要なパッキンに違いがあるのです。蛇口のどこから水漏れがしているのかをしっかり確認して、必要なパッキンを用意しましょう。

ここでは水漏れが起きている場所と、使用するパッキンについて解説していきます。

ハンドルから水漏れ【三角パッキン】

ハンドルの根元から水漏れをしていたら、「三角パッキン」という部品が傷んでいる可能性が高いでしょう。横から見ると山のように内側に向かって高くなった形をしています。三角パッキンのほかに、水栓上部パッキンとも呼ばれているパーツです。

蛇口(パイプ)の先から水漏れ【ケレップ】

蛇口の先から水漏れが止まらない場合は、「ケレップ」という部品が傷んでいる可能性が高いでしょう。ケレップは横から見るとコマのような形をしていることから「水栓コマ」「コマ」などと呼ばれます。

種類によっては、ゴム部分だけを交換する方法から、ケレップそのものを交換する方法があります。状況に応じて必要なパーツを揃えましょう。

吐水口の付け根から水漏れ【Uパッキン・リング】

蛇口の付け根は他の箇所で水漏れをしていない場合、水を出しているときに水漏れをする部分です。ここに水漏れがある場合は、「Uパッキン」「リング」という部品が傷んでいる可能性が高いでしょう。蛇口の根元部分は可動される場所になるため、劣化しやすいパーツになります。

パッキンはホームセンターで手に入る

蛇口用のパッキンはホームセンターにいけば簡単に手に入ります。それぞれ数百円程度で購入できるでしょう。売っているパッキンは、おもに「呼び13水栓用」「呼び20水栓用」の2種類です。一般的に呼び13水栓用が家庭用、呼び20水栓用が業務用になっています。

サイズは蛇口のメーカーなどから調べることができますが、パイプの外径を測ることでも分かります。外径が16mmの場合は呼び13水栓用、19mmの場合は呼び20水栓用を選びましょう。

ナットが緩んでいることも

水道の蛇口パッキンが原因で水漏れ!部品の種類や修理・交換する方法

水漏れの原因は蛇口のパッキンだけではありありません。ナットが緩んでいる可能性もあります。ナットが緩んでいる場合は、ナットが摩耗していないか確認しましょう。ナットを締め直して水漏れがおさまればよいのですが、締め直しても水漏れがおさまらない場合は蛇口を交換する必要があるでしょう。

水栓はキッチンやお風呂場で異なる!それぞれのパッキン交換方法

水栓はお風呂やキッチンで違うタイプのものを使っている場合もあります。蛇口の種類はおもに3種類です。それぞれの特徴から自分の蛇口のタイプを知りましょう。

【単水栓】

単水栓は水を出すためのシンプルなタイプです。蛇口がひとつで、水しか出せない場合は単水栓になります。

【ハンドル混合水栓】

ハンドル混合水栓は、蛇口がふたつあるタイプです。それぞれの蛇口で水とお湯を出しわけます。

【シングルレバー混合水栓】

シングルレバー混合水栓は、蛇口にレバーがついているタイプです。レバーの角度でお湯と水の量を調整することができます。

ご自身の蛇口のタイプに合わせて、パッキンの交換をしていきましょう。それでは、パッキンの交換方法をご紹介していきます。

最初に止水栓を閉める

最初に必ずしなければいけないことは、止水栓を止めることです。止水栓は水道から水を流したり止めたりするための栓になります。すべての水回りに設置されていて、蛇口よりも奥の水道側に栓があるので確認してみてください。

一軒家の場合、外の水道メーターの近くには、家全体の水を止めるための止水栓もあります。マンションであれば共有スペースに止水栓が設置してあるので探してみてください。

止水栓を止めずに作業をしてしまうと水が噴き出してしまうので注意しましょう。止水栓の締めかたはバルブを時計回りに回します。固い場合はペンチやトンカチなどを使ってください。家の中の止水栓はマイナスドライバーが必要になるものもあります。

単水栓

単水栓のパッキン交換の方法を記載していきます。ナットを回すのに必要になるため、ウォーターポンププライヤーやモンキーレンチを準備しておきましょう。

【ハンドルから水漏れ】

1.蛇口の下にあるナットを外します
2.ハンドルを外します
3.ハンドルの中にある三角パッキンを交換します
4.ハンドルを戻し、ナットを締めます

【蛇口(パイプ)の先から水漏れ】

1.蛇口の下にあるナットを外します
2.ハンドルを外します
3.ハンドルの下におさまっていたケレップを交換します
4.ハンドルを戻し、ナットを締めます

【吐水口の付け根から水漏れ】

1.根元側のナットを緩めます
2.パイプを外します
3.Uパッキンとリングを交換します
4.パイプを戻し、ナットを締めます

ハンドル混合水栓

水道の蛇口パッキンが原因で水漏れ!部品の種類や修理・交換する方法

ハンドル混合水栓のパッキン交換方法は単水栓とほとんど同じです。しかし、お湯と水を出しわけていることから、接続箇所が多くなります。それが、本体から二股に分かれて繋がる「偏心管」です。偏心管と本体を繋ぐ部分から水漏れがある際は「偏心管パッキン」を用意しましょう。

パッキンの交換には、ウォーターポンププライヤーとモンキーレンチを用意してください。

【偏心管から水漏れ】

1.偏心管と本体を繋ぐ部分のナットを緩めます
2.本体を外します
3.偏心管パッキンを交換します
4.本体を戻し、ナットを締めます

シングルレバー混合水栓

シングルレバー混合水栓の場合は、本体のパッキン交換方法が単水栓と違います。吐水口の付け根からの水漏れは、「カートリッジ」を用意しましょう。カートリッジは機種によって違うため純正品を準備してください。

カートリッジの交換には、ウォーターポンププライヤー、モンキーレンチ、マイナスドライバー、プラスドライバー、六角レンチを用意しましょう。

【吐水口の付け根から水漏れ】

1. 流量調節栓を閉める
流量調節栓は偏心管にあるお湯や水の量を調節するための栓です。マイナスドライバーで時計回りに回して栓を閉じましょう。

2.本体のレバーを外します
レバーの持ち手部分のどこかに、キャップに隠されたとめネジがあるので外してください。種類によりますが、六角レンチかプラスドライバーで外すことができます。

3.本体に入っているブッシングを外して、カートリッジを交換する
カートリッジをおさえているブッシングはプライヤーを使って外しましょう。取り外したらカートリッジを交換していきます。

4.レバーや流量調節栓を元に戻しましょう

自分でできない場合は業者に依頼

自分で作業をするのが不安な場合は、業者に依頼が安心です。水道修理はパッキン交換程度であればそこまで難しい作業ではありません。しかし、誤って蛇口を傷つけてしまうと、水漏れが止まらなくなることも考えられます。

その場合、蛇口自体の交換になる可能性もありますので注意しましょう。安く直そうと思ったが、逆に高くついてしまったとならないようにしてください。

弊社では水漏れ修理のプロの業者をご紹介しています。作業に不安がある場合は、お気軽にご相談ください。

水漏れは放置厳禁!

水漏れの放置は絶対にやめましょう。少し水がぽたぽたしているだけだからと、そこまで影響がないと思ってしまうかもしれません。しかし、24時間水漏れが続いてしまうとその影響は大きなものになります。

水漏れを放置することで起こるリスクを回避するために、早めに水漏れ修理をおこなうようにしてください。

水漏れを放置すると……

水道の蛇口パッキンが原因で水漏れ!部品の種類や修理・交換する方法

ここでは水漏れを放置することで起こる影響をまとめてご紹介していきます。

【水道料金】

わずかな漏水であっても、24時間ずっと漏水が続いていると、かなりの量の水が漏れていることになります。普段は数千円の水道代が、数万円の請求となってしまうこともあるようです。

【カビの発生】

水漏れが発生すると部屋の湿気が多くなり、カビが発生しやすくなります。部屋の床や壁、天井などがカビで真っ黒になってしまう可能性もあります。また、カビが発生するとにおいも発生してしまいます。部屋からカビのにおいがする場合、どこかで水漏れをしているかもしれません。

【階下への漏水】

水漏れをしてしまうと、階下に影響を出してしまう場合があります。水回りがある部屋の下に置いていた家電や家具などに水が滴るといった被害が出てしまうかもしれません。とくに家電の場合は、家電が壊れるだけでなく、漏電して火災が発生してしまうこともあるようです。

マンションの場合はもっと深刻でしょう。水漏れが起こってしまい、階下に水が漏れてしまうと、賠償金を請求されるといったことにもなりかねません。

まとめ

水漏れは少しの水であったとしても大きな損害に繋がるものです。早めに修理をするようにしましょう。蛇口のパッキン交換程度で済むものであれば、そこまで難しい作業ではありません。蛇口を傷つけないように注意しながら交換していってください。

作業に入る前は、止水栓を必ず止めることを忘れないようにしましょう。忘れてしまうと水が噴き出し、辺り一面が水浸しなんてことにもなりかねません。

蛇口の修理に不安が残る場合は、無理をせずに業者へ依頼するようにしましょう。弊社では水道のトラブル解決のためのプロをご紹介しています。24時間365日電話受付をしていりますので、水漏れの際はお気軽にご相談ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-25 16:32:26
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/189320/
家の修理
蛇口のパッキンの劣化が原因で水漏れをしていたら、同じものを用意して交換しましょう。蛇口の中には複数のパッキンが取り付けられていて、それぞれ形が異なります。正しいパッキンを準備して水漏れを解決しましょう。このコラムでは、パッキンの種類や自分で交換する方法をご紹介しています。パッキンの交換は、そこまで難しい作業ではありません。しかし、気をつけないといけないポイントもあります。正しい交換方法を知ることで...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!