生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

【朗報】トイレットペーパーのつまりは流れる!直る!対処法と注意点

投稿日:2020-02-07 更新日:2020-02-07

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

トイレットペーパーのつまりであれば、自力で解消することができる可能性が高いです。トイレットペーパーは水に溶けやすいという性質があるため、水に溶けない異物のつまりよりも比較的簡単に直せるからです。当記事では、トイレットペーパーをつまらせてしまったときのさまざまな対処法からトイレつまり防止策までを紹介しています。

万が一トイレットペーパーのつまりが深刻化してしまった場合や、自分でつまりを直すことに自信がない場合は、生活110番にご相談ください。

これだけで流れる!トイレットペーパーのつまりが直る方法

トイレットペーパーによるつまりは、専用のトイレつまり解消グッズを使用しなくても直せる可能性があります。「手元に道具がないけど緊急でつまりを解消したい」とお考えの方は以下のグッズが家にないか確認してみてください。

・バケツ
・ペットボトル
・針金ハンガー

これらのグッズが1つでも家にあれば、トイレットペーパーのつまりを解消することができるかもしれません。

【要注意】最初に確認すること

上記のグッズを使用してトイレのつまりを解消する前に確認すべきポイントがあります。それは「本当にトイレにつまっているものはトイレットペーパー、もしくは排せつ物だけなのか」ということです。もし、洗剤のキャップなどが混ざっているのであれば、あらかじめ取り除くようにしてください。

異物を取り除かないまま作業をしてしまうと、異物が便器の奥へと押しやられてしまい、トイレつまりの悪化を招いてしまうおそれがあるからです。

【汚水が飛び散る】つまりを解決する前の下準備

便器の中にあるものがトイレットペーパーおよび排せつ物だけであることが確認できたのなら、作業の下準備に取りかかりましょう。作業中は便器内の汚水が飛び散るおそれがあるので、便器の周りや床をビニールシートや新聞紙で覆い隠してください。便器内の水にはたくさんの細菌がひそんでいるため、便器や床に付着してしまっては不衛生です。

掃除の手間も省けるので、下準備はしっかりとおこなうことをおすすめします。なお、作業をする際の服装は、汚れてもよい衣服にするとよいでしょう。どうしても服を汚したくないのであれば、大きなビニールシートに穴を開け、そこへ頭を通してから作業をすると、衣服への汚水の飛び散りを防止することができます。

ぬるま湯+バケツでトイレットペーパーを一気に流す!

まずは、「ぬるま湯とバケツ」を使った解消法からご紹介していきます。以下のものを準備してください。

【準備するもの】
・灯油ポンプ
・バケツ
・ぬるま湯(50℃程度)

 

作業方法
便器の中に溜まっている水を可能なかぎり灯油ポンプで外へ出します。バケツ1杯分の(50℃程度)お湯を準備し、勢いよく便器の奥めがけて放ちます。そして、そのまま30分放置してみてください。お湯によってトイレットペーパーや排せつ物が分解されるかもしれません。最後にバケツに汲んだ水を少しずつ流して、つまりが解消されたか確認するようにしましょう。

 

なお、使用するお湯の温度は必ず50℃程度にしてください。温度が高すぎると便器に亀裂が生じてしまう危険性があるからです。

ペットボトルでつまったトイレットペーパー吸引!

500mlのペットボトルの底を切り取って、つまったトイレットペーパーや排せつ物を吸引する方法があります。

【準備するもの】
・500mlのペットボトル
・ハサミもしくはカッターナイフ

 

作業方法

500mlのペットボトルの底をハサミもしくはカッターナイフで切り離します。

ペットボトルのフタを取って、底のほうを便器に差し込んでください。そしたらそのままペットボトルの口の部分を指でふさいで、勢いよく引きましょう。

つまりが解消されないようであれば、再び便器にペットボトルを差し込み、引き抜く動作をくり返しおこなってください。

 

ペットボトルを使ったトイレつまり解消法は、飛び散った汚水で手が汚れてしまう可能性があります。ゴム手袋などを着用すれば衛生的に作業を進めることができますよ。

針金ハンガーを改造してつまったトイレットペーパーを取り出す!

針金ハンガーは少し手を加えることで、ペットボトル同様に即席のトイレつまり解消グッズへと変身します。

【準備するもの】
・針金ハンガー
・ペンチもしくはハサミ

 

作業方法

針金ハンガーを適当なところで切ります。

ハンガー一枚目

フック状になっているほうを便器奥のつまりが発生しているところまで差し込んでください。ハンガーの先端がつまりに到達したら、つまりを手前へとかき出すようにハンガーを前後に動かしましょう。

ハンガー2枚目

 

道具がない?思い切って手で取ってみよう!

思い切って手でつまりを取り除いてみるのも1つの手段です。上記の道具が1つもない場合は、以下の手順にならって作業してみてください。

【準備するもの】
・ビニール袋(複数枚)
・ゴム手袋

 

作業方法
やり方は非常に簡単です。ビニール袋の中に手を入れて、そのまま便器奥のつまりの原因を取り除くだけです。ビニール袋は作業中に破れてしまう危険性があるので、複数枚重ねておくと安心して作業することができます。また、汚物の感触を緩和させたい方は、ゴム手袋を着用して作業をおこなうとよいでしょう。

 

あれば最強!ラバーカップの使い方

もしご家庭に「ラバーカップ」があるのなら、ぜひとも活用してください。ラバ―カップは手軽に使えて高いつまり除去効果を発揮する優れたグッズです。

しかし、ラバ―カップは正しく使用しなければつまりの原因を便器の奥に押し込んでしまい、かえってトイレつまりを悪化させかねません。ここでは意外と知られていないラバ―カップの正しい使用方法を紹介します。

 

使用方法

ラバーカップのゴム部分を便器の奥に差し込みます。このときゴムと便器に隙間ができないように注意してください。ゴムに空気が入ってしまうと持ち前の吸引力が発揮されないからです。

ゴムと便器の間の隙間をなくしたら、そのままゴムを押しつぶすような感覚でラバ―カップを奥へと押します。そして一気に引いてください。つまりが解消されるまで、差し込みと引き抜きの動作をくり返すようにしましょう。

 

ラバ―カップは便器に差し込むときに勢いをつけすぎると、つまりの原因が奥へ押しやられてしまう危険性があります。また、汚水も飛び散ってしまいますので、ゆっくりと押し込むことに留意して作業にあたってください。

余裕があれば放置で直しやすさアップ

時間と心に余裕があるのなら、トイレつまりを2時間~3時間放置してみてはいかがでしょうか。つまりの原因がトイレットペーパーや排せつ物であるならば、放置することで水に溶けてつまりを解消しやすくなる可能性があるからです。

自分でつまりを直せなかったら無理せず業者を呼ぼう!

自分でつまりを解消する方法を試してみたけどつまりが一向に解消されない」というときは、無理に自力で改善しようとせずに業者にまかせることをおすすめします。自力で直すことにこだわりすぎると、配管の交換などの最悪の事態へと発展してしまうおそれがあるからです。

つまりを無理に直そうとすると重症化するかも!?

下手に自力でつまりを取ろうとすると、つまりの原因が便器の奥へ押しやられ、自分ではもちろん業者でも解決することが困難になってしまいます。そうなってしまうと修理費用もとんでもない額になってしまうことは容易に想像することができるでしょう。

原因がトイレットペーパーだけじゃない場合は要注意

ご家庭に小さなお子さんがいる場合、お子さんがトイレットペーパーを使いすぎてトイレをつまらせてしまうこともあるでしょう。しかしお子さんがトイレに投下したものは本当に「トイレットペーパー」だけでしょうか。

もしかすると、おもちゃなども一緒にトイレに流しているかもしれません。お子さんが引き起こしてしまったトイレつまりであるなら、お子さんにトイレに流してしまったものがトイレットペーパーだけであるか尋ねてみてください。

おもちゃなども一緒に流していることが発覚したら要注意です。作業の難易度が跳ね上がってしまいます。自力で修理できそうになかったら業者に修理を依頼しましょう。

つまりをすぐに直してくれる業者を探す4つのコツ

つまりをすぐに直してくれる業者を探すためには以下の4点に注意してみてください。

 

  • 即日対応してくれる
  • 無料見積りをしてくれる
  • 料金が明確
  • 水道局指定業者である

 

【即日対応してくれる】
トイレは毎日使うものなので使用できないとなると、それはもう死活問題です。依頼をしたらその日のうちに対応してくれる業者に依頼しましょう。

【無料見積りをしてくれる】
あせって業者を決めてしまったところ見積り作成で料金を取られてしまった」、このようなことがあったら少し気分が落ち込んでしまうかもしれませんね。少しでも費用を浮かせたいのであれば、無料で見積りを出してくれるところを探してみるのもよいでしょう。

【料金が明確】
安心して修理を依頼したいのであれば、料金が明確な業者を選ぶことをおすすめします。お支払いの段階になって予期せぬ料金が発生することはないでしょう。

【水道局指定業者である】
水道局指定業者であれば安心して修理をまかせることができます。水道局指定業者とは、水道工事において水道局が規定する基準をクリアした業者のことです。

つまり解決なら生活110番が最短15分でうかがいます!

一刻も早くトイレつまりを解消させたい
業者を探すことに自信がない!

このようにお考えの方はぜひ日本全国に対応している生活110番にお電話ください。最短15分であなたの元へ修理業者が駆けつけます!

生活110番のトイレつまり修理は税抜8,000円からです。さらに修理後にも安心してトイレを使用していただくために、5年間のアフターサービスも実施しています。サービス期間内であれば修理後のまさかのトラブルでも無償で対応いたします。

24時間365日、お電話を承っておりますので、深夜などの緊急時でもご相談いただくことが可能です。安心して、そして迅速に解決したいトイレトラブルはぜひ生活110番におまかせください!

トイレットペーパーのつまりがくり返す?よくある原因

なぜだかトイレつまりをくり返してしまうのはトイレの使い方、もしくはトイレ自体に問題があるのかもしれません。

トイレットペーパーを小洗浄で流した

トイレットペーパーを使用したときに小洗浄レバーで水を流してはいないでしょうか。トイレの種類にもよりますが小洗浄だと水の勢いが足りず、トイレットペーパーがつまってしまう危険性があります。トイレットペーパーを使用したときは大洗浄のレバーで水を流すようにしましょう。

タンクに異常があり、水量が足らない

大洗浄レバーを使用しているにもかかわらず水の勢いが弱い場合は、トイレタンクに水が十分に溜められていないのかもしれません。まずはトイレタンクのフタを開けてみてください。

もし、タンクに水が溜まっていないのなら中の部品に異常が発生しているのかもしれません。破損している部品があれば交換するようにしましょう。しかし、トイレタンク内の部品の交換は簡単なことではありません。自信がない方は無理せず業者に部品交換を依頼することをおすすめします。

また、節水のためにトイレタンクの中にペットボトルを入れている方はすぐに取り除くようにしてください。洗浄の際の水量が減少するため、トイレつまりが発生しやすくなるからです。

止水栓や元栓の締めすぎ

トイレで使う水の勢いに関与している止水栓と、トイレを含む家全体で使用する水の勢いに関係している元栓。このどちらかが締まりすぎていると、トイレタンクになかなか水が溜まらなくなってしまいます。この状況がときとしてトイレつまりにつながってしまうので注意が必要です。

一人暮らしの方は立て続けにトイレを使うことはあまりないとは思います。しかし、複数世帯のご家庭で連続してトイレを使用するときは、タンクに水が溜まりきっていない状態でトイレを流してしまうこともあるかもしれません。

当然のことですが、トイレタンクに十分に水が溜まっていない状態で水を流すと水圧が弱まってしまうことから、トイレつまりが発生しやすくなってしまいます。トイレタンクに水が溜まるのが遅い気がする場合は、止水栓や元栓を確認して水量を調節するようにしてください。

便器に水が溜まらない

便器の奥の排水路にトイレットペーパーなどが引っかかっていると、封水がどんどん減少していきます。封水とは便器の中に常に溜まっている水のことを指し、下水からの臭気や害虫の侵入を防止する役割を担っています。

封水減少

上の画像のように便器の奥にトイレットペーパーが引っかかっていると、封水がトイレットペーパーに吸い上げられてどんどん排水路へと流れていきます。封水が少なくなってしまうと、臭気や害虫の侵入を許してしまうだけでなく、水量が減ってしまうことから、トイレつまりのリスクも高まってしまうのです。

トイレや排水管がつまりやすい構造

トイレタンクや止水栓などに原因が見つからないけど、どうしてもトイレつまりをくり返してしまう

このような状況は、ひょっとすると排水管がまがりくねっていてトイレつまりが発生しやすくなっているのかもしれません。トイレを使用する際は、一度に流すトイレットペーパーの量に細心の注意を払うようにしてください。

また、節水トイレを使用している方も要注意です。節水トイレはその名のとおり、洗浄の際に流れる水の量が少なめに設定されています。普段どおり使用していればまずトイレつまりは発生しないように作られています。しかし、一度に大量のトイレットペーパーを流すとつまりが発生しやすいともいわれているので、無理な使用は控えるようにしてください。

尿石が溜まっている

家族が多く頻繁にトイレを使用しているご家庭だと、排水路に尿石が溜まってしまうことがあります。尿石とは尿の成分が蓄積され結晶化したものです。排水路に付着した尿石は水に流した排せつ物やトイレットペーパーを引っかかってしまいます。結果としてトイレつまりが発生してしまうのです。

つまりを直して終わりじゃない!トイレットペーパーをつまらせないようにしよう!

つまりを直してもトイレを誤った方法で使用し続けていたら、いつかまたトイレつまりを起こしてしまうことでしょう。惨劇をくり返さないように最後にトイレつまりを予防する方法をご紹介します。

トイレットペーパーは小分けにして流す

お腹の具合が悪いときなどはトイレットペーパーを大量に使用してしまうこともあるでしょう。しかし大量のトイレットペーパーを一度に流してしまうと、下水道に流れ着く前にどこかに引っかかってしまうかもしれません。

大量にトイレットペーパーを使ってしまいそうなときは数回に分けて流すようにするとトイレつまりを予防することができます。

子供にいたずらさせない

好奇心旺盛な小さなお子さんがいるご家庭は、お子さんがトイレットペーパーを大量に流してしまわないように約束しておくとよいでしょう。

また、お子さんがトイレにおもちゃを持ち込んでしまうこともあるかもしれないので、「トイレにはおもちゃは持って入っちゃだめだよ」といい聞かせておくとトイレつまり発生のリスクを下げることができます。

異物を一緒に流させないようにする

トイレの洗剤を交換する際にキャップなどのゴミが出てしまったときは、そのままにせずすぐに捨てるようにしてください。便器に落ちて気づかずに流してしまうかもしれないからです。トイレの中にゴミ箱を設置しておくと捨て忘れを防止することができるでしょう。

また、トイレの中にはなるべく余計なものは持ち込まないようにしましょう。ポケットの中のペン、ポーチが便器に落ちてしまうかもしれません。

節水は適切な方法でおこなう

トイレは大小のレバーを適切に使い分けることで節水効果を生むことができます。しかし誤った節約法をしていては、トイレつまりを引き起こしかねません。

トイレタンクにペットボトルを入れてはいないでしょうか。
小洗浄レバーしか使用していないということはないでしょうか。

トイレつまりは状況によっては修理に多額の費用がかかってしまいます。節約のためにおこなっていたことが原因で深刻なトイレつまりを招いてしまっては本末転倒です。節水は正しい方法でおこないましょう。

定期的に排水路を洗浄する

トイレ掃除をおこたっていたら排水路に尿石が蓄積されていくかもしれません。尿石はトイレつまりの原因になります。定期的に排水路を掃除することで、トイレを清潔に保つことができ、さらに尿石発生を防止することも可能です。

まとめ

トイレットペーパーが原因のトイレつまりは身近にある道具を使って直すことができるかもしれません。もし自力での修理を試しても状況が改善されなかったのなら、すぐに業者に修理を依頼するようにしましょう。

自分で業者を見つけることに自信がない方は、ぜひ生活110番にご相談ください。生活110番はご依頼から最短15分で修理業者が現場へ駆けつけます。「生活と深く結びついているトイレだからこそ早く直したい」あなたのそのような思いを生活110番はしっかりと受け止めます!

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-07 10:52:52
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/187216/
家の修理
トイレットペーパーのつまりであれば、自力で解消することができる可能性が高いです。トイレットペーパーは水に溶けやすいという性質があるため、水に溶けない異物のつまりよりも比較的簡単に直せるからです。当記事では、トイレットペーパーをつまらせてしまったときのさまざまな対処法からトイレつまり防止策までを紹介しています。万が一トイレットペーパーのつまりが深刻化してしまった場合や、自分でつまりを直すことに自信が...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!