生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォシュレットの取り外しは意外と簡単!ただし作業は慎重に

投稿日:2019-10-09 更新日:2019-10-09

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ウォシュレットを取り外したいけれど、方法がわからず困っているという方はいませんでしょうか。交換や修理でウォシュレットの取り外しが必要、または、引越しの際にウォシュレットを持っていきたいという場合もあるでしょう。また、業者に依頼することを検討している方で、費用が気になるという方もいるかもしれません。

そこで今回は、ウォシュレットの取り外しについてご紹介します。取り外す作業をおこなう上で、必要なものや作業手順、費用などにも触れていくので、ぜひ参考にしてみてください。

取り外す前に一度ウォシュレットの状態をチェックしよう

余計な手間を省くために、ウォシュレットを自分で外せるのかを確認しておくことが重要です。いざ取り外そうと作業にとりかかっても、取り外せないタイプだったとあとから気付く場合があるからです。そのため、取り外すことが可能かどうかを、事前に確認しておくとよいでしょう。

また、「どんな道具が必要なのか?」、「そもそも修理の必要があるのか?」などを確認しておくことも、ウォシュレットの取り外しをスムーズにおこなうためには欠かせません。それでは順に、ウォシュレットの状態を確認するための‘’チェック項目‘’をご紹介していきましょう。

自分で取り外せるウォシュレットかどうかのチェック

ウォシュレットは、ボルトナットとベースプレートの場合、個人で取り外しできます。しかし、それ以外の種類の場合、部品が特殊であったり作業が難しかったりすることがあるので個人でおこなうには厳しいでしょう。

固定方法や分岐金具のチェック

ウォシュレットの種類によって固定方法は異なるので、場合によっては部品にあわせた工具が必要になることがあります。分岐金具は、止水栓によって異なるのでウォシュレットの取り外しをおこなう前に、しっかり確認しておきましょう。

修理が必要な症状が出ていないかのチェック

水が漏れていたり、便座にひびが入っていたりしたときは交換または修理をしなければいけません。壊れている状態で使用を続けると、けがや事故につながるおそれもあるので、水漏れやひびがある場合は、はやめに対処しましょう。

ウォシュレットを取り外すための手順

この章では、ウォシュレットを取り外すときに用意する道具や手順をご紹介していきます。また、作業をおこなう上で、注意しておくべきこともあるので、確認していきましょう。

必要な道具


ウォシュレットを取り外す作業では、さまざまな部品を扱うことになるので、必要となる道具がいくつかあります。ウォシュレットの取り外し作業をおこなう前に、準備をととのえておきましょう。

・ドライバー
部品によって使いわける必要があるので、プラスとマイナスどちらも用意しておきます。使用されている部品によっては使わないこともありますが、必要になったときのために準備しておくとよいかもしれません。

・モンキーレンチ
モンキーレンチとは、ボルトやナットにあわせて、幅のサイズ調節ができます。スパナではサイズがあわないときのために必要となるかもしれないので、準備しておくとよいでしょう。

・スパナ
ウォシュレットを購入した際に付属された、専用のスパナがあればご用意ください。もし付属されたスパナがない場合は、個人で用意しましょう。モンキーレンチでは届かない部品があるときに必要となるかもしれません。

・雑巾やバケツ
水回りの作業になるので、念のため雑巾やタオルを用意しておくとよいでしょう。また、配管に溜まっている水を受ける必要があるときのために、バケツのような容器になるものを用意しておくのもよいかもしれません。

手順と注意点

はじめにやっておかなければいけないことは、止水栓を閉めることです。止水栓を閉め忘れてしまうと、水が漏れてしまうので注意してください。止水栓は、基本的に便器の裏側や床付近に取りつけられています。止水栓を閉めるには、ドライバーを使って右にまわしてください。

続いて、個人でウォシュレットの取り外しをおこなうときの、作業手順の説明をしていきます。先ほど、ウォシュレットには個人でも取り外しができるタイプが2つあるとご紹介しました。作業手順を確認する前に、ウォシュレットのタイプについてもう一度確認しておきましょう。

・ウォシュレットつきの便座がボルトナット(ねじ)で便器に固定されているタイプ
・ウォシュレットつきの便座と便器の間にベースプレートが挟んであるタイプ

ボルトナットの場合は、便器の裏側部分を確認すると見つかるはずです。一方、ベースプレートの場合は、便座に取り外しボタンがついているはずです。ボタンを押しながらウォシュレットつきの便座を手前に引いて、ベースプレートがあることを確認してみましょう。それでは、それぞれの作業手順についてご紹介していきます。

・ボルトナットの場合
まず、電源プラグを抜いて電気をながれないようにします。続いて、タンクとウォシュレットをつなぐ配管についているナットを、用意したモンキーレンチまたはスパナで緩めて取り外してください。その際、水が残っていることがあるので、バケツのような容器で水を受けるとよいでしょう。次に、ウォシュレットを購入したときに付属される工具を使って、便座と便器を固定していたナットを外せば終わりです。

・ベースプレートの場合
ボルトナットと同じように、はじめに電気プラグを抜いてください。次に、タンクの下から伸びている給水ホースについている分岐金具を取り外します。分岐金具は、ナットで固定されているので、工具で緩めてから外しましょう。

続いて、本体を取り外すためのボタンが便座にあるので、ボタンを押してウォシュレットを外します。そのあと、ベースプレートを固定するボルトやゴムブッシュを外しましょう。部品は、便座取りつけ穴につけられているので、それを取り外せば終了です。

・注意点
再びウォシュレットを使うという場合には、必要なパッキンやナットなどの部品はなくさないように注意してください。

業者に取り外しを依頼する際の料金相場と注意点

もし、個人での取り外し作業が難しく業者に頼もうと考えたとき、費用はどれほどかかるでしょうか。相場の目安や、業者に依頼するときの注意点もご紹介していきます。

料金相場の目安

業者によって差があるようですが、5,000円から8,000円程度が目安です。しかし、目安の料金は取り外しの費用になるので、作業をする上で必要な部品がほかにあった場合、料金が別途でかかる場合があります。

また、業者が現場まで出向く際の‘’出張料‘’や時間帯によっては‘’割り増し料金‘’がかかる場合があります。出張料や割り増し料金は業者によって異なるため、作業を依頼する前に事前に見積りをとって確認することをおすすめします。

弊社では、見積りが無料となっています。ご自宅からお近くの業者をご紹介することも可能ですので、ぜひ無料電話相談をご利用ください。

注意点

業者にウォシュレットの取り外し作業を依頼するときは、前もってトイレまわりの掃除をしておくとよいでしょう。業者に依頼するということは、トイレを見られることにもなるので、きれいにしておくことはよいかもしれません。

ウォシュレットの処分まで依頼することはできる?

ウォシュレットを取り扱っている業者に取り外し作業を依頼すると、回収までおこなってもらえる場合があるそうです。また、回収業者に依頼すれば、引き取ってもらうことができます。

まとめ

ウォシュレットは、もともとついている場合とあとからつけた場合があり、引っ越すときにはもとの状態に戻さなければいけません。そのため、取り外し作業は必要になります。また、ウォシュレットにひびが入っているときや故障が見られる場合にも取り外しが必要になるかもしれません。

個人でウォシュレットの取り外し作業をおこなえるのは、ボルトナットとベースプレートです。しかし、取り外す作業が難しいと感じる方もいるかもしれません。そのような方は、迷わず業者に依頼しましょう。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-09 15:38:29
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/169678/
家の修理
ウォシュレットを取り外したいけれど、方法がわからず困っているという方はいませんでしょうか。交換や修理でウォシュレットの取り外しが必要、または、引越しの際にウォシュレットを持っていきたいという場合もあるでしょう。また、業者に依頼することを検討している方で、費用が気になるという方もいるかもしれません。そこで今回は、ウォシュレットの取り外しについてご紹介します。取り外す作業をおこなう上で、必要なものや作...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!