生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

2019-10-09

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

洗濯機の水漏れを発見した場合はあわてずに、まず水を止めて洗濯機の水漏れの原因を追究することが大切です。なぜなら少しの水漏れでも放置してしまうと、被害が拡大してしまうおそれがあるからです。

とはいえ、洗濯機の水漏れがどの部分が原因で起こっているのか、どう対処すればいいのか、すぐにはわからないことも多いのではないでしょうか?ここでは洗濯機の水漏れを発見したときの対処法をご紹介します。しっかり確認して、被害を最小限におさえましょう。

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

洗濯機から水漏れしているのを見つけたら、まずは水を止めることが大切です。水を止めないと床などが水浸しになり、洗濯機の水漏れの原因を特定する前にパニックになってしまいます。水を止める際に実行したい3つの方法は以下になります。

洗濯機が動いているときに水漏れしている場合は、洗濯機の電源を切りましょう。
洗濯機に流れる水を止めるため、洗濯ホースが繋がっている蛇口を閉めましょう。
蛇口を閉めても水漏れが止まらない場合は、水道の元栓を閉めましょう。

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

水がいったん止まれば、焦ってパニックになることも防げます。水道の元栓は一戸建ての場合、地面に埋め込まれた量水器ボックスの中にあります。そのボックスの蓋を開けて、中のハンドルを時計回りに回したら水道の水は流れなくなるでしょう。

マンションの場合は、玄関横にあるパイプシャフトボックスの中にあることが多いです。扉を開けて水道メーターが確認できたら、そこに付いているハンドルを右方向に回して水を止めましょう。

アパートの場合は、廊下やエントランスなどの共用スペースに量水器ボックスがある場合があります。その際、ほかの部屋の栓も近くに設置されている場合が多いため、間違えないように注意してください。わからない場合は、無理に触らず、管理人や業者に相談してください。

水漏れが止まったら、一度水にぬれた床などを拭きましょう。水浸しになったままにしておくと、床に水が染み込んでカビなどの原因になってしまいます。水漏れによる二次被害を防ぐためにもまずは落ち着いて、しっかり掃除しておきましょう。

どこから水漏れしている?原因を特定しよう

洗濯機の水漏れでまず怪しむべきところは、「給水部分」「排水部分」「洗濯機内」の3ヵ所です。ひとつひとつ確認して、水漏れの原因を特定しましょう。

給水部分の水漏れの原因

まず、洗濯機の給水ホースをつないでいる蛇口を見てみましょう。蛇口の水漏れはナットの緩みやパッキンの劣化がほとんどです。蛇口のナットやパッキン部分から水がにじみ出ていないか確認してください。

蛇口のほかには、給水ホースからの水漏れも考えられます。給水ホースとは洗濯機と蛇口を繋げるホースで、これで吸水し洗濯機に送っています。給水ホースにひび割れなどがないかを確認してみましょう。

また、給水ホースの先には、ニップルというホースと蛇口をつなぐ部品が取り付けられていますが、これがしっかりと蛇口に装着できておらず、水漏れするケースもよく見られます。

これは洗濯機を新しくしたり、引越して付け替えたりしたときに起こりやすいトラブルです。また、給水ホースの長さが合っていない、接続部分の部品が劣化している、などの原因でも水漏れは起こります。

排水部分の水漏れの原因

床が水浸しになっている場合は、排水部分の水漏れが原因かもしれません。洗濯機は排水ホースを使って洗濯後の水を排水します。排水管と排水ホースのつなぎ目部分には排水エルボというL字型のプラスチック、またはゴム製の部品が取り付けられています。

排水ホースの差し込みがうまくできていなかったり、排水ホースと排水エルボのサイズが合っていなかったりするとそのつなぎ目から水漏れが起こってしまいます。排水ホースと排水エルボのつなぎ目部分を確認して、水漏れがないか確認しましょう。

洗濯機本体からの水漏れの原因

洗濯機の下から水漏れが起こっている場合は、洗濯機本体からの水漏れの可能性が高いです。以下のようなケースが考えられます。

洗濯槽と排水ホースのつなぎ目が劣化などで破損してしまったケース
ヘアピンなどの固形物を一緒に洗濯してしまったことで、洗濯槽に穴が空いてしまったケース
洗濯槽の底の部分に取り付けられているパルセーターという回転する部品が、摩擦によって劣化したケース

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

懐中電灯などで洗濯機の下を照らして、水漏れがないか確認してみましょう。洗濯機本体からの水漏れは洗濯機に水がない状態では発生しませんので、一度使用をやめて洗濯機の水を抜き、洗濯機本体の水漏れがあるか確認してみるとわかりやすいかもしれません。

洗濯機の水漏れ対応①給水部分

給水部分からの水漏れの修理方法を場所ごとに見ていきましょう。水漏れの原因がわかったら、早急に対処してください。自分で対処できない場合は業者に依頼することもオススメです。

蛇口の水漏れ対応

蛇口のナット緩みが原因の場合は、モンキーレンチでナットを閉めましょう。これで水漏れが止まれば修理完了です。ナットを閉めても水漏れが止まらない場合は、中のパッキンが劣化しているかもしれません。その場合は、パッキンの交換が必要です。

蛇口のパッキン交換の際には、モンキーレンチ、先端が細いペンチ(ラジオペンチ)、タオルを用意しましょう。タオルは蛇口から漏れる水を吸収させるのに使います。手順は以下を参考にしてください。

1.まず、ラジオペンチで蛇口ハンドルの真ん中にあるカラービス(ハンドルを固定しているビス)を外します。
2.カラービスが外れたら、ハンドルを取り外しましょう。
3.次にモンキーレンチでナットを外すと、中に黒いゴムパッキンが見えます。中のパッキンを外したら、新しいパッキンに取り替えます。新しいパッキンのサイズは古いパッキンと同じでなければいけませんので注意してください
4.最後に蛇口を元通りに戻したら完了です。

ニップルからの水漏れ対応

ニップルには4つのネジで給水ホースを固定する4つネジニップルと、ワンタッチで取り付けられるニップルがあります。どちらのタイプが付いているか、確認してみましょう。

1.まず、洗濯機から給水ホースを取り外しましょう。
2.給水ホースからニップルを取り外しましょう。4つネジニップルの場合は、付いている4つのネジを緩めると取り外すことができます。このとき、給水ホースの中に水が残っていると、水が出てきてしまうので注意してください。
3.ゴミやサビが原因で水漏れが起こっている場合は給水ホースやニップルを水洗いしてきれいにしましょう。ニップルがしっかり固定されていなかったことによる水漏れであれば、再度給水ホースにニップルをしっかり付け直すことで水漏れがなくなります。4つネジニップルの場合は特に注意して固定しましょう。

それでも水漏れが解消されない場合は、給水ホースのパッキンの劣化が考えられます。その場合は給水ホースを新しくするか、パッキンの交換が必要になります。

水漏れ防止には「ストッパー付き」の水栓がオススメ!

洗濯機を使用していないときは蛇口を閉めるようにすると、給水ホースとニップルからの水漏れを防ぐことができます。また、蛇口をストッパー付き水栓に交換することも効果的です。ストッパー付き水栓とは、給水ホースが外れると自動的に給水が停止される水栓です。

ストッパー付き水栓は蛇口の先を交換するだけで取り付けることができます。
手順は、まず蛇口を閉めて、蛇口の先が繋がっている部分のナットを外します。蛇口の先を外したら、ストッパー付き水栓を付けていきます。このとき、古いパッキンを外して新しいパッキンを一緒に取り付けましょう。最後に蛇口の部分をスパナなどで閉めたら完了です。

ニップルはどうしてもネジが緩んだり、パッキンが劣化して水漏れの原因になってしまいます。古い蛇口の場合は、ストッパー付き水栓への交換がおすすめです。

洗濯機の水漏れ対応②排水部分

排水部分から水漏れを起こしている場合は、まず排水ホースに穴が空いていないか確認しましょう。穴が空いていれば、水漏れ補修テープなどで穴をふさぎましょう。ふさぎきれない穴の場合は、排水ホースの交換が必要になります。

排水ホースの交換方法

排水ホースの交換方法を簡単にご説明します。

1.排水ホースを交換するために、まず排水ホースを洗濯機本体から取り外しましょう。
2.次に排水エルボと排水ホースを取り外します。
3.新しいホースの長さを調節してださい。長すぎたり短すぎたりすると、水漏れの原因になります。
4.新しいホースを洗濯機本体と排水エルボに取り付ければ完了です。

排水ホースに延長ホースを繋げている場合は、つなぎ目から水漏れが起こっている場合があります。つなぎ目からの水漏れを発見したら、水漏れ修理用テープなどでぐるぐる巻きに補強しましょう。

排水ホースと排水エルボのつなぎ目部分から水漏れが確認できる場合は、ホースがしっかり差し込まれているか、サイズがちゃんと合っているかを確認してください。排水ホースの差し込みが甘い場合は、差し込みなおしましょう。排水ホースと排水エルボを取り付けたあとに水漏れ用の補修テープなどで結束部分を外れないように補強しておくと安心です。

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

排水口の詰まりの直し方

洗濯機の水漏れは排水口の詰まりが原因で水漏れが起こることもあります。洗濯機のエラー表示が出たり、排水口から水が溢れている場合は排水口を掃除しましょう。

1.洗濯機の排水口が洗濯機の下に隠れている場合は、見えるように洗濯機を移動させてください。
2.排水口が出てきたら、排水エルボと排水口のフタ、中のトラップなど取り外せそうな部品は取り外して洗います。
3.排水口に市販のパイプクリーナーを流し込み、つまりを取り除きます。
4.取り外したパーツをもとに戻せば掃除は終了です。

排水口からの水漏れの被害を最小限におさえるには、防水パンの設置が効果的です。防水パンとは、洗濯機を置くところに設置するプラスチックの受け皿です。排水口が付いているため、排水ホースと排水エルボのつなぎ目などから水漏れしても床まで広がることを防いでくれます。防水パンがないと水の受け皿がなく、床に直接水漏れして被害が広がってしまいますので、設置することをおすすめします。

また、排水口のつまりを防ぐためにも、排水口の定期的なお手入れは大切です。きれいな状態を保つことが、水漏れの予防になります。

洗濯機の水漏れ対応③洗濯機内

洗濯槽に穴が空いていたり、パルセーターの劣化の場合は、故障した部品を交換する必要があります。購入したメーカーで修理を依頼しましょう。

洗剤ケースやゴミ取りフィルターのつまりが原因で洗濯機から水漏れが起こっている場合もあります。洗剤のカスや髪の毛、糸くずなどが混ざった汚れが溜まると、水が洗濯機の内部で逆流し、水漏れの原因となります。これは掃除をすれば解消されますので、取り外してきれいに掃除してください。

洗濯機本体からの水漏れを自分で対処するのは限界があります。定期的に掃除をすること、洗濯物を大量に入れすぎないこと、使わないときは蛇口を閉めることで故障の予防をおこないましょう。

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

洗濯機内の水漏れは漏電のおそれも…

洗濯機内の水漏れは、漏電の危険性もあります。漏電とは電気がトラブルによって電気回路から漏れてしまうことで、感電や火災の原因となるのです。洗濯機の漏電は、洗濯機内部の電気系統が浸水することで起きてしまいます。

漏電ブレーカーが落ちる場合は、洗濯機の水漏れが原因かもしれません。電力会社に連絡し、洗濯機の水漏れが原因であれば、メーカーなどに問いあわせましょう。

自分で対応できない洗濯機の水漏れの場合は…

水漏れが起こった場合は早急に対処しないと、被害が拡大するおそれがあります。排水口の大規模なつまりや洗濯機の見えない場所や手の届かない場所からの水漏れ、原因不明の水漏れなど自分で対処できない洗濯機の水漏れの場合は、修理業者に依頼しましょう。

業者に依頼すれば、的確に原因を特定し、作業もスムーズにおこなってもらえます。また、必要な部品なども用意してもらえるため、サイズを間違えて購入してしまったり、違う部品を購入したりするリスクもありません。

よくわからず自分で修理すると、かえって状況を悪化させてしまうこともあります。また、原因をしっかり確認できていないで放置してしまうと漏電などによって感電したり、火災が起きたりするおそれもあります。修理に自信がない場合は、業者に依頼することをおすすめします。

業者に依頼する場合は、事前に見積りを取りましょう。3社以上で相見積りを取れば、作業内容や費用を比較することができるため、よりよい業者を選択できますよ。またホームページなどで修理の実績や経験も確認して、信頼できる業者かを見極めることも大切です。

洗濯機の水漏れ解決!原因箇所を探して自分で応急処置・修理しよう

まとめ

水漏れが起こったら、まずは水を止めましょう。そのあとに原因の究明です。洗濯機の水漏れの原因はさまざまですが、原因が明確で自分で修理できる範囲であれば、この記事を参考に修理をおこなってみてください。

原因がわからない場合や、自分での対処が困難な場合、修理しても水漏れが止まらない場合は、無理せずに業者に依頼することをおすすめします。洗濯機の水漏れは早急に対処することが大切です。放置してしまうと、床に水が染み込んでカビなどの原因になったり、漏電による感電や火災も考えられます。

また、毎日使うものなので水漏れしないように予防することも大切です。起こってしまったあとは、ふたたび水漏れが起こらないように予防をしっかりおこないましょう。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-09 15:49:41
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/169651/
家の修理
洗濯機の水漏れを発見した場合はあわてずに、まず水を止めて洗濯機の水漏れの原因を追究することが大切です。なぜなら少しの水漏れでも放置してしまうと、被害が拡大してしまうおそれがあるからです。とはいえ、洗濯機の水漏れがどの部分が原因で起こっているのか、どう対処すればいいのか、すぐにはわからないことも多いのではないでしょうか?ここでは洗濯機の水漏れを発見したときの対処法をご紹介します。しっかり確認して、被...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!