生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ漏水調査の費用は高くなる?意外と知らない調査の方法を解説

投稿日:2019-10-08 更新日:2019-10-08

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

漏水はどこで起こっているのか分かりにくいため、水回りのトラブル解決を扱っている業者に依頼をすることで調査できます。しかし、漏水の調査をすると、費用が思っていたよりも高額になるケースが多いです。「調査をするだけで、どうして高くなるのか……」と心配になる人もいるでしょう。

そこで、今回は漏水調査の費用相場と、高額になる理由についてご説明します。漏水調査では専門的な技術が必要になるため、費用が高額になりやすいのです。自力でできる調査方法もご紹介するので、漏水の心配があるときはぜひ参考にしてみてください。

漏水調査費用、料金の相場はどのくらい?

漏水の調査を依頼したことがない人は、実際にどれくらいの費用になるのかわからない人もいるでしょう。漏水の調査は使用する機材によって変わり、機材次第で水漏れ特定の確実性も変わってくるのです。そこで、以下では漏水調査の費用についてご紹介します。
漏水調査費用、料金の相場はどのくらい?

漏水調査の費用相場

漏水調査には、おもに4つの調査方法があります。それぞれ値段や使用機材が違うため、方法ごとの費用相場をご説明します。

音聴調査:8,000~15,000円前後
音聴調査とは、漏水している音を確認する方法です。音をとらえる「音聴棒(おんちょうぼう)」というアイテムを使っておこないます。ただし、水漏れが起こっていることだけを確認するため、正確な位置まで把握するのは難しいでしょう。

漏水発見(場所の特定は不可):10,000~20,000円前後
目視で水漏れがあるかを探す方法です。水が出ていたり、シミができていたりして、漏水している地点を発見しても、具体的な漏水箇所がわからなかったときの料金です。

漏水探知機:12,000~15,000円前後
漏水探知機というセンサーを使い、地上から水漏れ箇所を探す方法です。音聴棒よりも具体的な位置まで探せるため、費用がやや高い傾向があります。

ガス加圧+漏水探知機:20,000~30,000円前後
水道のなかにガスを送り込みつつ、漏水探知機で探す方法です。ガスでより正確な位置がわかるため、漏水探知機と組み合わせることで確実性が上がります。

調査料金が上がるのはどんな場合?

調査料金が上がるのは、おもに「漏水箇所が多い場合」と「場所の難易度」です。何ヵ所にも漏水が確認された場合、具体的な位置を探るために、ガスや探知機といった機材を長く使います。そのため、お金がかかりやすいのです。

また、一戸建てよりもアパートやマンションといった賃貸住宅のほうが、漏水調査の料金が高くなりやすいといわれています。一戸建てと賃貸住宅で比べると、調査費用の相場に以下のような違いが出るのです。

  • 一戸建て:40,000~50,000円前後
  • アパートやマンション:70,000円前後

アパートやマンションは張りめぐっている配管の数も多く、調査しにくいのだといわれています。また、作業範囲が広く、一戸建てに比べると業者の負担も大きいため、料金が割高なのだと考えられます。

「漏水調査」でおこなう作業は意外と多くて難しい!

漏水調査の費用が高くなる理由は「作業難易度の高さ」という点にあります。専用機材を使用するうえ、漏水発見にも専門知識が必要になるのです。そこで、具体的にどのような方法で漏水を調査しているのか、以下でご説明します。

調査方法①水漏れの箇所を「直接音で探す」

「漏水調査」でおこなう作業は意外と多くて難しい!
直接音で探す調査方法に「音聴調査」があります。音聴調査とは、元栓付近にある水道メーターという指針に機材をつけ、音を感知する方法です。音聴調査に使用される機材には、音を感知する「音聴棒(おんちょうぼう)」というものを使用します。

音聴棒を水道メーターにあてることで、漏水の音をキャッチできるのです。ただし、水道のなかには「疑似漏水音」という音も発生しています。そのため、本当の漏水音と聞きわける経験が大切になるのです。

調査方法②水漏れの箇所を「音の時間差で探す」

音の時間差で探す方法には、「漏水探知機」を使います。漏水探知機は、漏水地点から地表まで音が伝わる早さによって、大まかな位置を確認できるのです。ただし、正確な位置までは把握しにくい場合もあります。

調査方法③水漏れの箇所を「ガスの漏れで探す」

より確実に漏水箇所を探すときには「トレーサーガス」というガスが用いられます。管内にトレーサーガスを流し込み、ガスが出てくる位置を漏水探知機でとらえることによって、正確な位置が把握できるのです。

調査方法④水漏れの箇所を「漏れている水から探す」

漏水調査には、目視で調べる方法もあります。床や天井などの水のシミから、だいたいの位置を把握することができるのです。ただし、アスファルトやコンクリートなど、水がしみだしにくい位置ではわかりにくいといわれています。

自分でも一度漏水調査をしてみよう

漏水調査では費用が高くなりやすいため、できるだけ安く済ませたいと考える人もいるかもしれません。漏水は基本的に業者に任せたほうがよいとされていますが、自力で調査できる方法もあるのです。そこで、以下では自力で調査するための方法についてご紹介します。

調査方法

自力でできる調査方法には、「水道が通っていそうな場所に絞り込んで探す」という方法があります。具体的には、お風呂やトイレといった水場近くの床や、壁だけを探すというものです。床や壁に水漏れがある場合、シミができているおそれがあります。
自分でも一度漏水調査をしてみよう
また、家の庭や玄関先の壁にある、水道の元栓を調べてみるのも手段のひとつです。元栓の近くには「水道メーター」という、その家の水の使用量を計測する指針があります。水が流出していると水道メーターの針が動く仕組みになっています。そのため、水を使っていない状態で水道メーターが動いていたら、水漏れのおそれがあるといっていいでしょう。

わからないときはすぐに業者へ

自力での漏水調査では、どこが濡れているのか見つからないこともあります。また、漏水の事実まではわかっても、具体的な位置まで把握するのは難しいのです。そのため、漏水箇所がわからなくなったときは、業者に依頼をしてみましょう。専門知識や、機材を備えている業者に任せることで、漏水も発見しやすくなるのです。

水道料金の減免に漏水調査の結果は必要?

水道料金を減免するのに、漏水調査の結果は不要です。しかし、水道を修理した証拠となる書類が必要になります。漏水調査の費用がかかっても、水道料金を減免することで負担を減らせるでしょう。そこで、今回は水道料金の減免と、その申請方法についてご紹介します。

漏水調査はなぜ必要か

自分でも一度漏水調査をしてみよう
実際に水漏れがあった場合、調査せずに放っておくとカビやシミの原因になります。また、賃貸物件であった場合、別の住人の部屋に水が漏れていると、賠償責任が生じることもあるのです。

さらに、水が流れっぱなしになることで水道料金もかさむため、家計の負担にもなるでしょう。複数個所で水漏れを起こしているおそれもあるため、放っておくと大惨事になるかも知れません。そのため、漏水の疑いがあるときは、早急に調べてもらうことが大切といえます。

料金減免の条件とは

料金減免は、管理者がわざと水道を壊したり、過失によって壊れたりして水漏れが起こった場合は受けることができません。しかし、故障や劣化など原因があり、なおかつ壁や床下など、水道が見えない部分にある場合、免除となるケースがあるのです。

また、料金減免には水道の修繕工事をおこなったことを証明する書類が必要になります。具体的には、工事費の請求書や領収書のコピーです。そのため、漏水調査の結果は必要ないとされています。

水道修理については、以下の『水道からの水漏れ。修理料金はいくら?気になる修理を一挙ご紹介』の記事でも明記しています。修理費用について詳しく知りたい場合は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

減免の申請方法

水道料金減免の申請をするときは、申請書と必要書類を提出しましょう。申請書はインターネット上からダウンロードできるのです。書類に必要事項を記入したら、先述でご説明した修理費の請求書、もしくは領収書を添付して、自治体へ提出します。

まとめ

漏水調査の費用は、専用の機械を使ったり、経験が必要になったりするため、高くなりがちです。漏水の事実を突き止める「音聴調査」という方法は比較的安価ですが、正確な位置を把握するために水漏れ探知機やガスを使うと、1万円以上のお金がかかるのです。

また、水漏れ箇所が多いと、料金も上がります。複数の水漏れのおそれがあれば、それだけ調査する業者の労力もかかるためです。そのため、少しでも費用をおさえたい場合は、まず自力で漏水調査をしてみるのもいいでしょう。

自力で漏水調査をするときは、水道メーターの針が動きっぱなしになっていないかを確認してみましょう。水道メーターは水が出ているときに、針が動く仕組みになっているため、水を使っていないときに動くのは水漏れのおそれがあるのです。

水道の故障など、管理者にはどうしようもできない原因で漏水した場合は、水道料金を減額してもらえる場合があります。水道修理の請求書と一緒に、減免の申請書を自治体に提出することで、免除にできるのです。漏水を放っておくとカビの原因になったり、賃貸の場合は賠償責任が生じたりするため、早めに対処をしましょう。

弊社にご連絡いただけますと、可能な限り迅速に対応させていただくことができます。弊社では、お近くの加盟店から業者を手配させていただくため、早く対応できる強みがあるのです。また、弊社では無料で現地調査や見積りをおこなっているため、お客様の負担を少しでも減らすことができるでしょう。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-08 09:31:55
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/169293/
家の修理
漏水はどこで起こっているのか分かりにくいため、水回りのトラブル解決を扱っている業者に依頼をすることで調査できます。しかし、漏水の調査をすると、費用が思っていたよりも高額になるケースが多いです。「調査をするだけで、どうして高くなるのか……」と心配になる人もいるでしょう。そこで、今回は漏水調査の費用相場と、高額になる理由についてご説明します。漏水調査では専門的な技術が必要になるため、費用が高額になりやす...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!