生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗面台の蛇口交換は種類によって変わる!自分で交換するための方法

投稿日:2019-10-02 更新日:2019-10-03

洗面台の蛇口交換は種類によって変わる!自分で交換するための方法

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

洗面台の蛇口が故障して、新しいものに交換したいという方もいるでしょう。毎日の生活に欠かせない洗面台を快適に使用するためにも、トラブルは早急に解決したいものです。

自分で交換する場合、蛇口の種類によって交換方法が違うので、正しい方法を理解することが大切です。そこで、今回は洗面台の蛇口の交換方法についてご説明します。蛇口の交換が難しそうなら、業者に頼むのもおすすめです。依頼方法も一緒にご紹介するので、交換の際にお役立てください。

意外と多い洗面台の蛇口周辺のトラブルとは?

洗面台の蛇口周辺は、劣化や破損にともなう水漏れが多いです。蛇口本体や、内蔵されている部品は、時間がたつと劣化して水漏れの原因になります。そこで、以下では蛇口周辺で水漏れが起こりやすい場所についてご紹介します。

蛇口からの水漏れ

意外と多い洗面台の蛇口周辺のトラブルとは?
蛇口からの水漏れでは、おもに蛇口本体の劣化や、内蔵されている「パッキン」というゴム製品が消耗していることが考えられます。パッキンは蛇口のなかに入っている部品で、おもに水漏れが起こるのを防いでくれるものです。

しかし、パッキンは使用年数が多いほど消耗し、ボロボロになってしまいます。そのため、劣化したパッキンの交換が必要になるでしょう。また、蛇口本体が劣化して水漏れしている場合は、新しいものに交換する必要があります。

洗面台下からの水漏れ

洗面台下から水漏れが起こっているときは、おもに下をとおっている給水管や給湯管が劣化・破損しているおそれがあります。給水管や給湯管が劣化してくると、パイプに亀裂が入って水漏れが起こるのです。洗面台のまわりが水浸しにならないよう、止水栓や元栓を閉め、水を止めてから処置をしましょう。

シャワーからの水漏れ

シャワーつきの蛇口の場合は、シャワーヘッドやホースから水漏れが起こることもあります。おもに、シャワーヘッドに内蔵されたパッキンや、ホースの劣化による水漏れが多いです。劣化した部品は修理ができないため、新品の洗面台用の蛇口に交換しましょう。

自分で交換できる洗面台の蛇口の種類はどういうもの?

洗面台の蛇口の種類はさまざまで、20種類以上にもなります。しかし、種類によっては構造が複雑なため、自力での交換が難しいです。自力でも交換しやすい種類の蛇口を選ぶことをおすすめします。そこで、以下では自力で洗面台の蛇口交換ができる種類についてご紹介します。

ワンホールタイプ

意外と多い洗面台の蛇口周辺のトラブルとは?
ワンホールの蛇口は、ひとつの穴から給水・給湯するタイプの蛇口です。ハンドルひとつで水の温度を調節できる、洗面台の蛇口に多いタイプといえます。取りつけるパイプの穴がひとつしかないため、交換しやすいでしょう。

ツーホール

ツーホールタイプの蛇口は、見た目がワンホールタイプに似ていますが、土台は広くできています。ツーホールタイプは給水管と給湯管をそれぞれ接続するため、2つの穴につながっているのです。そのため、ワンホールタイプよりも、やや作業工程が多いといわれています。

単水栓

単水栓は、水やお湯だけに限定して水を出す蛇口です。ハンドルは三角タイプや、棒状タイプなどさまざまで、洗面所以外に屋外でも設置されています。取りつけるパイプが1つしかないため、設置は簡単だといわれています。

蛇口交換の注意点

ワンホールやツーホールのように、お湯と水が出る「混合水栓」の場合、交換する際に水圧によって水が逆流することがあります。そのため単水栓よりも難易度が高いとされています。また、蛇口ではなく排水栓からの水漏れがあった場合、排水栓も交換する必要があるのです。

排水栓は各家庭で直径が違うため、同じサイズのものを用意しましょう。ただし、交換の難易度が高いため、業者に任せるのもひとつの手段です。

洗面台の蛇口を交換するための方法

洗面台の蛇口を交換するには、蛇口の種類に合った方法でおこなうことが大切です。そこで、以下では洗面台の蛇口の種類に応じた交換方法と必要な道具についてご紹介します。

交換に必要な道具

洗面台の蛇口を交換するための方法
蛇口の交換に必要な道具は、おもに以下でご紹介する4つです。

●モンキーレンチ
モンキーレンチは、おもに蛇口や給水管、給湯管を取り外すために使います。手で取り外せる場合もありますが、固く閉めてある場合はモンキーレンチを使ったほうが楽に外せるでしょう。

●シールテープ
シールテープは、蛇口のつけ根にあるネジの部分に巻くために使います。ネジの部分がむき出しになったまま蛇口を水道管に取りつけると、すき間ができて水漏れが起こるのです。シールテープを巻いておくと、すき間をふさいで水漏れを防ぐことができます。

●歯ブラシ
歯ブラシは、蛇口を取り外したパイプの穴を洗うために使います。パイプの口は汚れていることが多いので、磨いてきれいにしましょう。

●新品の蛇口
新品の蛇口は、あらかじめ自宅の水栓に合うものを選んでおきましょう。蛇口によっては水栓に合わず、取りつけができない場合があるのです。そのため、ご自宅の水栓のタイプをあらかじめ確認することが必要です。

ワンホールの交換方法

ワンホールのタイプの交換方法は、蛇口本体をひねって取り外し、新しいものをつけ替えるというものです。つながっているパイプがひとつしかないため、ひねって外せばつけ替えができます。そこで、以下ではワンホールタイプの交換の手順をご説明します

1.止水栓もしくは元栓を閉める
2.モンキーレンチを使い、蛇口を反時計回りにひねって外す
3.蛇口のつけ根にあるネジ部分と、接続されていた穴を歯ブラシできれいにする
4.新しい蛇口のネジ部分にシールテープを巻く
5.新しい蛇口を取りつける
6.止水栓を開けて水を出してみる

蛇口を交換するときは、あらかじめ止水栓または元栓を閉めておきます。元栓や止水栓を閉めておかないと、蛇口を外したときに水があふれてしまうためです。

ツーホールの交換方法

ツーホールタイプの交換方法は、つながっているパイプと蛇口の両方を取り外します。接続しているパイプが2種類あるため、ワンホールタイプのように、ひねって取り外すのが難しいのです。そこで、以下ではツーホールタイプの蛇口の交換方法についてご紹介します。

1.止水栓を止める
2.シンク下にある給水管・給湯管のネジをゆるめ、外す
3.古い蛇口の下にあるネジをゆるめ、引き抜く
4.蛇口のついていた穴に上面施工アダプタをつける
5.新品の蛇口を差し込む
6.給油管・給湯管の古いパッキンを交換して蛇口を接続する

上面施工アダプタとは、蛇口の土台になる部品です。給水管と排水管のパイプを通したら、ネジを閉めて固定することで取りつけられます。

単水栓の交換方法

単水栓は、ワンホールタイプと同様に、ひねって取り外すことができます。以下では、単水栓タイプの蛇口の交換方法についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.止水栓を閉める
2.蛇口を反時計回りにひねって外す
3.新しい蛇口にシールテープを巻く
4.蛇口を回して固定する
5.止水栓を開けて水漏れがないかを調べる

交換後は、いちど水を出して様子を見ましょう。交換した際、給水管のなかにさびや汚れが入るおそれがあるのです。そのため、数分ほど水を出しておき、きれいな水が出るよう準備しておきましょう。

水漏れトラブルの対応は業者に依頼するべき?

洗面台の蛇口交換や、その他のトラブルへの対応は、できるだけ業者に任せるのがおすすめです。業者に任せることで費用は発生しますが、プロの任せることで得られるメリットも多くあるのです。そこで、以下では業者に依頼をするメリットと、費用相場についてご紹介します。

業者に依頼をするメリット

水漏れトラブルの対応は業者に依頼するべき?
業者に依頼をするメリットは、作業の確実性という点にあります。自力でおこなうと失敗のリスクもともないますが、知識やスキルのある業者に任せれば安心です。

また、作業が早いというメリットもあります。洗面台は生活のうえでも欠かせない場所なので、水が出ない時間が長いと不便です。作業に慣れていない人が交換すると時間がかかってしまうことも考えられるため、素早く作業をおこなってくれる業者に任せるとよいでしょう。

業者依頼の費用相場とは

業者に依頼をするとなると、費用が気になる人もいるでしょう。業者へ依頼するなら、費用相場を把握しておくのがおすすめです。

蛇口交換にかかる費用は、基本料金で10,000~15,000円前後が相場です。また、部品を買っていない場合は、基本料金に足して部品代もかかります。以下では、部品代の相場もまとめてみました。

●ワンホールタイプ:10,000~20,000円前後
●ツーホールタイプ:10,000~20,000円前後
●単水栓タイプ:3,000~5,000円前後

以上の部品代を足してみると、費用相場はおよそ20,000~35,000円前後が相場になります。数万円単位の金額になるため、高いと感じる人もいるかもしれません。しかし、自力で作業をしても部品代はかかり、失敗のリスクもあります。自分で交換することに不安があれば、プロに依頼をして作業をおこなってもらうのがおすすめです。

まとめ

洗面台の蛇口から水漏れが起こるときは、内蔵されているパッキンや、蛇口本体が劣化している場合が多いです。そのため、本体や部品の交換が必要になります。

洗面台の蛇口交換は、自力でおこなうことができます。とくに、ワンホールタイプや単水栓タイプの蛇口は、本体をひねって外すことができるため、作業がしやすいのです。ただし、作業後は配管のなかに汚れが入っていることもあるので、数分の間だけ水を出しっぱなしにしておき、汚れた水が出てくるのを待ちましょう。

自力で交換をするのが難しく感じる場合は、業者に任せるのもおすすめです。業者に任せることで、確実かつ迅速に蛇口の交換をすることができるでしょう。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-03 10:28:06
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/168529/
家の修理
洗面台の蛇口が故障して、新しいものに交換したいという方もいるでしょう。毎日の生活に欠かせない洗面台を快適に使用するためにも、トラブルは早急に解決したいものです。自分で交換する場合、蛇口の種類によって交換方法が違うので、正しい方法を理解することが大切です。そこで、今回は洗面台の蛇口の交換方法についてご説明します。蛇口の交換が難しそうなら、業者に頼むのもおすすめです。依頼方法も一緒にご紹介するので、交...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!