生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォシュレットのノズル交換をする前に…不具合の原因を明確にしよう

投稿日:2019-09-27 更新日:2019-09-27

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

近年、広く普及しているウォシュレットはすっかり身近な存在となりました。便利なウォシュレットですが、経年劣化によって不具合が起きることも少なくありません。

水が出てくるウォシュレットのノズルに不具合がある場合、自分でノズルの交換をしたいと考える人もいるのではないでしょうか。今回のコラムでは、ウォシュレットのノズルを交換する前に知っておきたい、ウォシュレットの不具合の原因と対処法について紹介していきます。

また、ウォシュレットのノズルの交換と、ウォシュレット本体の交換のどちらが適しているか見きわめるポイントもお伝えします。ウォシュレットのノズルを交換することを検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

ウォシュレットのノズルが出ない原因と対処法

ウォシュレットには、ノズルが出てこず、使用できないというトラブルがあります。もし、ウォシュレットのノズルが出てこないようであれば、以下の原因が考えられます。ここでは、ケース別に原因と対処法を紹介します。

ノズルに汚れがたまっている

ウォシュレットのノズルが出てこない場合、ノズルに汚れがたまっていることが考えられます。ノズルには、飛び散った尿が固まって尿石がこびりついたり、汚水の跳ね返りによってカビが付着したりすることもあります。そのため、汚れが固まってノズルの出し入れに支障をきたしているというおそれがあるのです。

ノズルを掃除するときは、ノズル掃除のボタンを押して、ノズルを引き出しましょう。ノズルが引き出せない場合や、ノズル掃除ボタンがない場合は、電源を切ってコンセントを抜き、手動で引き出すこともできます。

ノズルに汚れがたまっているときは、ノズルを歯ブラシなどでやさしくこするか、やわらかい布などで汚れを拭きましょう。汚れが取れにくい場合は、台所用の中性洗剤を薄めたものや、クエン酸スプレーなどが効果的です。また、市販のノズルクリーナーもあるので、汚れにあわせて選んでみてください。

ノズル掃除の注意点として、ノズルは無理やり引っ張らないように気をつけ、丁寧に取り扱ってください。強く引っ張ったり、回したりすると故障の原因にもなりかねないので、気をつけましょう。

ウォシュレットが正しく設置されていない

ウォシュレットが正しく設置されていない場合、ノズルが出てこなくて使用できないというトラブルもあります。ウォシュレットが便器にしっかり固定されていないとノズルの出し入れが正常に動かないこともあるため、本体がぐらぐらしないか確かめてみましょう。

ウォシュレットがぐらぐらしている場合は、適した方法で設置されていないかもしれません。そのような場合は、業者に依頼してウォシュレット本体の取り付けを直してもらうことも視野に入れておくとよさそうです。

ウォシュレットのスイッチが入っていない

ウォシュレットのノズルから水が出ない原因と対処法
ウォシュレットには電源ボタンがあります。トイレの近くにあるので、ふとした拍子にボタンに触れてしまい、スイッチが切れてしまうこともあるかもしれません。ウォシュレットがオフになっていると、当然ノズルも動かないため、電源を入れ直してみてください。

また、リモコンの電源を触っていなくても、コンセントが抜けてしまっていることも考えられます。この場合も、同様にコンセントを差し込んでから使用してみましょう。

ほかにも、停電してブレーカーが落ちている場合も、一時的にウォシュレットが使えなくなります。また、停電した後は、漏電を防ぐためにウォシュレットの漏電保護プラグが作動することもあるようです。ウォシュレットの機種によっては漏電保護プラグのリセットをすることで、ウォシュレットが使えるようになることもあります。

これらのケースは、ウォシュレットやノズルの故障ではなく、何らかの原因でウォシュレットの電源がオフになっているだけです。そのため、急いでウォシュレットのノズルを交換する必要はないといえます。ノズルが出ない場合は、まず電源の周辺をチェックしてみてください。

リモコンの電池が切れている

ウォシュレットの本体に異常がみられない場合、リモコンの電池が切れていることも考えられます。電池式のものだと何年も使っているうちに電池が切れてしまうこともあるでしょう。

そのため、リモコンに電池の残量が少ないことを示す表示が出ていたら、はやめに取り換えるように気をつけましょう。ウォシュレットのノズルが出なくなったら、リモコンの電池を入れ替えて動作確認をしてみてください。

上記にあてはまらない場合は…

ウォシュレットのノズルが出ないときは、ノズルの掃除や、コンセントやリモコンの電源をチェックした方がよいでしょう。しかし、いずれも試してみて、ウォシュレットのノズルが出ない場合は、トイレの修理業者に相談するという方法もあります。

トイレの修理業者であれば、ウォシュレットの状態をみて、どこに原因があるか見つけてもらうことができるでしょう。ウォシュレットの不具合の原因を解明して、トラブルの解決をしてもらうことをおすすめします。

また、ウォシュレットの故障や寿命がきているという場合もあるでしょう。そのようなときは、新しいウォシュレットに交換するのがおすすめです。ウォシュレットの交換については、コラム後半で説明します。

ウォシュレットのノズルから水が出ない原因と対処法

ウォシュレットのノズルが動いても、水が出てこなければ使用することができません。ここでは、ウォシュレットのノズルから水が出ない場合の原因と対処法を紹介していきます。

ノズルに汚れがつまっている

ノズルに汚れがつまっていると、水が出にくくなることがあります。先に紹介したように、ウォシュレットには尿石やカビ、水垢などが付着しやすいため、定期的にメンテナンスをすることが大切です。
ウォシュレットのノズルが出ない原因と対処法
ウォシュレットのノズルが汚れているときは、中性洗剤やクエン酸スプレーなどを使って、やわらかい布やペーパーで汚れを拭きとります。汚れがこびりついている場合は、ペーパーをノズルに巻きつけて、クエン酸を5分~10分くらい浸透させておくという方法もおすすめです。ノズルを強くこすりすぎないように気をつけましょう。

ノズルに汚れがこびりついていると、水が出にくくなるだけでなく、衛生的にもあまりよいとはいえません。日ごろからこまめに掃除をして、ノズルに汚れがたまらないように気をつけていきましょう。

低めの水量に設定してある

ウォシュレットから水が出にくいときは、水量の設定が低くなっているケースもあります。ウォシュレットは使う人によって好みの水量が異なるため、前に使った人が水量を下げていると、水が出にくくなったと感じることもあるかもしれません。

また、冬場は外が寒いため、お湯を出すときに水勢が弱くなることもあるそうです。そのようなときは、水が出ないからといってウォシュレットの故障を疑うのではなく、水量を多めに設定して試してみてください。

フィルターがつまっている

ウォシュレットには給水ホースからウォシュレット本体が接続している部分にフィルターがあります。ウォシュレットのノズルから水が出にくい場合は、フィルターがつまっているということも考えられるでしょう。フィルターは日ごろ目につかない場所ですが、水道水に含まれるカルキが付着するなどの理由で目詰まりが起きることもあるのです。

フィルターを交換するときは、まず、トイレの止水栓を閉めてください。その後、ウォシュレットと給水ホースの接続部にあるフィルターのふたをドライバーで外します。

フィルターのふたを外したら、中にあるフィルターの汚れを取り除くか、新しいフィルターに交換して、ふたを閉めましょう。フィルターのお手入れの後は、止水栓を開きます。止水栓を止めたままにしておくと、水が流れなくなってしまうため、忘れずにおこなうようにしてください。

ウォシュレットのセンサーが故障している

ウォシュレットのセンサーが壊れていると、ノズルから水が出なくなるというトラブルにもつながります。ウォシュレットのセンサーの不具合は掃除することで改善することもあるようです。センサーを汚れがおおってしまっているときは、中性洗剤を含ませたやわらかい布で、しっかりと拭きとりましょう。

それでも改善しないときは、センサーの故障が考えられます。故障しているときは、メーカーに問い合わせをするか、トイレの修理業者に相談するとよいでしょう。

上記にあてはまらない場合は…

ウォシュレットのノズルから水が出ない場合、ノズルやフィルターに汚れがつまっていることや、ウォシュレットのセンサーが故障していることなどが考えられます。それらの原因があてはまらないときは、業者に相談することを検討してみてはいかがでしょうか。

ウォシュレットの不具合は掃除や設定のチェックによって解決することも多くありますが、故障していると自分で修理するのは難しい場合もあります。また、ウォシュレットのノズル交換を自力でおこなうと、正しく設置できなかったときに別の不具合が起きるリスクもあるでしょう。

そのため、ウォシュレットのノズルから水が出ず、原因も解明できないときは、トイレの修理業者に相談してみるのがおすすめです。ウォシュレットの故障にも的確に対処してくれることが期待できます。

また、ウォシュレットの耐用年数が過ぎたために、故障することも考えられます。そのような場合は、ウォシュレットの交換も検討してみてください。ウォシュレットの交換についての豆知識は後から説明します。

そのほかにみられる不具合の原因と対処法

ここまで、ウォシュレットのノズルが出てこない場合や、ノズルから水が出ない場合の対処法を紹介してきました。しかし、ウォシュレットの不具合はそれ以外にもさまざまなケースがあります。ここではその一例を紹介します。

ノズルから出てくる水が止まらない

ウォシュレットのノズルから水が出て、止まらなくなるというトラブルもあります。この場合は、ウォシュレットが故障しているおそれがあります。

対処法としては、電源を止め、コンセントを一度抜いて差し直すという方法があります。それでも止まらない場合は、メーカーやトイレの修理業者に依頼するほうがよさそうです。

不具合の原因は不明だが、寿命が近いもしくは寿命を越えている

そのほかにみられる不具合の原因と対処法
ウォシュレットに不具合がみられるようになってきたら、寿命が近くなっているかもしれません。一般的に、ウォシュレットの耐用年数は7年~10年程度といわれていますが、使用頻度によっても寿命の長さは異なります。

ウォシュレットは経年劣化によって不具合が多くなることもあります。そのため、特に原因が見当たらない場合は設置してから長く使用しているかどうか確認してみましょう。

ウォシュレットの修理にもコストはかかるため、7年以上使用している場合は新しいウォシュレットに交換するのもおすすめです。ウォシュレットのノズルだけを交換したいという人は、ウォシュレット本体の買い替えも検討してみてください。

ウォシュレットのノズルを交換するときの豆知識

不具合の原因がノズルにある場合、ウォシュレットのノズルだけを交換したいと考える人もいるかもしれません。ウォシュレットのノズルを交換したいときは、どうすればよいのかをまとめました。

ノズルだけ交換?それともウォシュレットそのものを交換?

ウォシュレットにはさまざまな機種があり、ノズルを自分で交換できるタイプのものもあります。しかし、ウォシュレットのノズルを交換しても、分解しないとメンテナンスできない部分には、目に見えない汚れがたまっているかもしれません。

また、7年以上使っているウォシュレットは、ノズルを交換しても本体の耐用年数が近づいています。そのため、ウォシュレットのノズルを交換しても、再び不具合が起きるおそれもあります。

そのため、ある程度長く使ったウォシュレットは、ノズルだけ交換するよりも、本体一式を交換する方がおすすめだといえます。ウォシュレットの修理費用は15,000円~30,000円程度が相場とされています。最近では安価なウォシュレットも販売されているため、新品のウォシュレットの費用と交換費用をあわせても、30,000円~50,000円前後で交換することも可能です。

ウォシュレットの経年劣化が気になる人は、ノズルの交換だけではなく、ウォシュレットそのものを買い替えてみてはいかがでしょうか。ご自宅のウォシュレットの寿命にあわせて、業者に相談してみてください。

交換するときはどこに依頼するべき?

ウォシュレットの工事をするときは、取り付けをおこなってくれるトイレの修理業者に相談するのがおすすめです。トイレの修理や工事の実績がある業者なら、スムーズに交換してくれることが期待できます。

トイレの修理業者には、見積もりを出してもらうと安心です。事前に予算を伝えて、費用の内訳を確認してからウォシュレットの交換を依頼しましょう。

まとめ

ウォシュレットのノズルの不具合には、ノズル自体が出なくなるケースと、ノズルから水が出なくなるケースがあります。いずれの場合も、汚れが付着していると不具合が起きるリスクがあがるので、日ごろからこまめに掃除することが大切です。

ウォシュレットのノズルが出なくなる原因として、ウォシュレットが正しい位置に設置されていないことや、コンセントが抜けていたり、リモコンの電池が切れていたりすることも考えられます。

ウォシュレットから水が出ない場合は、フィルターのつまりや、水量の設定が低いこと、センサーの故障などの原因があります。いずれの原因にもあてはまらない場合は、故障や寿命という場合もあるので、ウォシュレットを交換することも視野に入れておきましょう。

また、ウォシュレットのトラブルには、ノズルから水が出て止まらなくなるというものもあります。コンセントを抜き差ししても改善しない場合は、やはり故障が疑われるのでメーカーやトイレの修理業者に相談した方がよさそうです。

なかには、ウォシュレットのノズルだけを交換したいという人もいるかもしれません。しかし、ウォシュレットの耐用年数は7年~10年といわれているので、長く使用したウォシュレットに不具合があった場合は、ウォシュレット本体を交換することも検討しておきましょう。

ウォシュレットの交換は、トイレ修理の実績が豊富な業者に依頼するとよいでしょう。業者の選び方がわからないという人は、ぜひ弊社にご相談ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-27 13:27:41
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/167301/
家の修理
近年、広く普及しているウォシュレットはすっかり身近な存在となりました。便利なウォシュレットですが、経年劣化によって不具合が起きることも少なくありません。水が出てくるウォシュレットのノズルに不具合がある場合、自分でノズルの交換をしたいと考える人もいるのではないでしょうか。今回のコラムでは、ウォシュレットのノズルを交換する前に知っておきたい、ウォシュレットの不具合の原因と対処法について紹介していきます...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!