生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯機から下水の臭い…どうやって対処する?注意点もあわせて紹介

更新日:2021-04-30

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

洗濯機から下水の臭いがすると、気分が悪くなってしまいますよね。洗濯物にも臭いが付いてしまうと、服を着て外出をするのも嫌になってきます。もしこういう状況になったら、すぐにでも対処したいでしょう。

臭いの原因はさまざまで、排水口が原因の場合や排水トラップが原因の場合があります。原因によっては、対処法は異なってくるのです。

この記事では、原因別に臭いの対処法を解説していきます。ぜひ参考にして、下水の臭いを消すために役立ててみてください。

洗濯機から下水の臭いがする…その原因とは?

洗濯機から下水の臭いがすると、とても嫌な気分になりますよね。下水の臭いを消すためには、根本的な原因を知っている必要があります。それでは具体的などんな原因があるのか、学んでいきましょう。
洗濯機から下水の臭いがする…その原因とは?

排水トラップに水がない

洗濯機から下水の臭いがする場合は、排水トラップに水がないことが考えられます。排水トラップとは、下水から臭いを防ぐための部分の名称です。

排水トラップは排水管によって構造が異なりますが、基本的に洗濯機の場合は排水口にプラスチックの部品として取り付けられています。水を溜める場所を作って、下水から上がってくる臭いを完全にシャットアウトする構造になっています。

つまり、排水トラップに水が入っていないと、臭いをシャットアウトすることができずに、洗濯機から嫌な臭いがしてしまうということなのです。しばらく洗濯機を使っていないと、排水トラップの水が乾いてしまって臭いを引き起こす原因になってしまいます。

排水トラップが外れている

もしかしたら、排水トラップが外れていることも考えられます。排水トラップが外れていると、水が溜まらずに臭いの原因になってしまいます。そのため、洗濯機からの臭いが気になる場合には、排水口を確認しましょう。

排水口や排水トラップが汚れている

排水口の汚れや排水トラップの汚れが、臭いの原因になる場合があります。洗濯機の排水口には、服に付いたホコリや、髪の毛などが溜まりやすくなっているのです。こういったゴミをカビは、エサとして好みます。そのため排水口や排水トラップはカビにとって絶好の住処になってしまい、嫌な臭いを引き起こす原因になってしまうのです。

下水の臭いをなくすためにやるべきこと

洗濯機からの下水の臭いの要因となるものがわかったら、次に対処法を知りたいですよね。臭いをなくすためにも、実際におこなってみましょう。

排水トラップに水がない場合

排水トラップに水がない場合は、水を注いであげましょう。ゆっくりと水を注いで、水が溜まれば、臭いが消えていくはずです。
下水の臭いをなくすためにやるべきこと

排水トラップが外れている場合

この際には、排水口を開けて排水トラップを取り付けましょう。まずは、最初に排水口のフタを外します。フタの外し方はものによって異なっていて、持ち上げて外すタイプと回して外すタイプがあるのです。

フタを外したら、排水トラップを確認しましょう。排水トラップが上手くはまっていない場合は、排水トラップを右回りに回して取り付けましょう。水を注げば、またいつものように下水からの臭いをシャットアウトしてくれるはずです。

排水口や排水トラップが汚れている場合

排水口や排水トラップの汚れが原因の場合は、パイプ洗浄剤と台所用の漂白剤を使うことで解消することができます。最初に排水ホースを外していって、排水口のフタを外していきましょう。

排水口が見えたら、そこにパイプ洗浄剤を注いで30分放置します。この30分の間に取り外した排水トラップの汚れを、歯ブラシで掃除しましょう。このときに、台所用漂白剤を使うと、さらに汚れが落ちやすくなります。

30分が経過したら、排水口に溜まった洗浄剤を流していきましょう。4、5回も流せば、十分です。最後に外した排水トラップとフタを取り付ければ作業は完了です。

臭い防止に!普段から気を付けておきたいことまとめ

できることなら、臭いが発生する前になにかしら対策をとっておきたいですよね。ここからは普段から実践できる、臭いの予防法について解説していきます。

普段から意識して気を付けること

洗濯機からの下水の臭いは、おもに排水トラップの不具合もしくは排水口の汚れが原因になってきます。そのため普段から、洗濯機の排水トラップが外れていないか、汚れが溜まっていないか確認する必要があるのです。

また洗濯槽から、臭いを発している場合もあります。洗濯槽の中に汚れた洗濯物を放置していると、雑菌が繁殖して臭いの原因になってしまうのです。そのため、臭いを防ぐためには、洗濯槽の管理も重要になってきます。

定期的におこなうこと

上記のことから、定期的に排水トラップをはめ直したり、排水口と排水トラップの掃除をおこなったりする必要があるでしょう。また洗濯槽からも臭いが発生している場合もあるので、洗濯槽クリーナーで掃除をする必要があるでしょう。
臭い防止に!普段から気を付けておきたいことまとめ

プロに掃除してもらうのもおすすめ

排水口の掃除はプロの業者に掃除してもらうのもおすすめです。普段は仕事をしていたり、プライベートのことで追われたりしていると、なかなかお手入れをする暇もないと思われます。

しかし業者に作業を任せることで、自分でおこなう手間を省くことができるのです。また、この記事で紹介した方法を実践しても、「臭いが消えない……」ということがあるかもしれません。こういった場合には原因がほかにあると考えられるので、業者に相談して解決してもらったほうがいいでしょう。

しかし水道の業者はたくさんあって、どこを選んでいいのかわからないと思います。そんなときには、弊社の生活110番にご相談ください。トラブルの状況に合った業者を紹介することが可能です。

まとめ

洗濯機から下水の臭いがする原因として、排水トラップに水がないことが考えられます。排水トラップは水を溜めることで、下水からの臭いをシャットアウトすることが可能です。この排水トラップに水がないことによって、臭いが洗濯機まで上がってくることで臭いが発生してしまいます。

また、排水口や排水トラップは服に付いたホコリや、髪の毛などが溜まりやすくなっているのです。こういったゴミをカビはエサにするので、カビにとって絶好の住処になって臭いを発生させてしまうのです。

そのため普段から、排水口を定期的に掃除する必要があります。この掃除は業者に依頼すると、手間をかけずにおこなえるのでおすすめです。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 3,300円~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!