生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルレバー混合水栓の2大水漏れ原因を、修理方法とともに解説

投稿日:2019-09-25 更新日:2019-10-04

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

近年では水の温度を1つのハンドルで操作できる、シングルレバー混合水栓を取り入れるご家庭も増えてきています。シングルレバー混合栓は使いやすいというメリットが大きいです。

一方で、従来のハンドルタイプの蛇口にはなかった「バルブカードリッジ」という部品が内蔵され、水漏れの原因になるものが多くなりました。従来の蛇口と比べて構造が複雑になったため、水漏れが起こったとき、どう対処したらいいかわからなくなっている人もいるでしょう。

そこで、今回はシングルレバー混合水栓から水漏れが起こったときの対処法をご紹介します。

シングルレバー混合水栓から水漏れする原因は、おもに蛇口内部にあるバルブカートリッジとパッキンの劣化が考えられます。原因を知ることで、水漏れが起こったときにどこを直すべきかを把握できるでしょう。

シングルレバー混合水栓の水漏れが多い箇所

シングルレバー混合水栓の水漏れは、おもに「バルブカートリッジ」と「パッキン」という部品の劣化によって起こります。劣化部分によって水漏れの箇所に違いがあるため、場所と原因を理解し、直すべき部分を把握しましょう。

原因箇所1:バルブカートリッジ

バルブカートリッジとは、レバーの真下に内蔵されている円柱型の部品で、真ん中に銀の棒のような突起物があります。おもに、水の温度や量を調節する部分です。バルブカートリッジが劣化すると、吐水口やレバーの下から水漏れが起こりやすくなるのです。

原因箇所2:パッキン

パッキンとは、吐水口がついているパイプの下に内蔵されているゴム製のリングです。部品の接続部分にすき間ができないよう取り付け、水漏れ防止の役割をもっています。パッキンは年月とともに劣化するため、徐々に吐水口や、吐水口がついているパイプの下から水漏れが起こりやすくなります。

ナットのゆるみが原因の場合も

ナットとは、ハンドルや吐水口などの接続部分のことです。ナットがゆるんでいるとすき間ができるため、水が漏れる原因になります。そのため、手やモンキーレンチを使ってしめつける必要が出てきます。
シングルレバー混合水栓の水漏れが多い箇所

原因不明の場合は一度水漏れ修理のプロに相談

水漏れの原因がわからないときは、業者に相談しましょう。自力で解決しようとすると、部品が壊れたり、本体の形がゆがんだりして、ますます悪化するおそれもあるためです。そのため、専門スキルのある業者に任せたほうが、より確実に修理することができるでしょう。

シングルレバー混合栓の修理①カートリッジ交換

吐水口やレバーの下から水漏れが起こっている場合は、カートリッジが劣化していることが多いです。そのため、劣化した部品を買い替える必要があります。そこで、以下ではシングルレバー混合水栓が水漏れしたときの、カートリッジの交換方法についてご説明します。

交換用カートリッジはどう探せばいいの?

交換用のカートリッジは、ホームセンターや通信販売から購入することができます。また、水道関係の製品の専門店でも、カートリッジを取り揃えている場合もあるのです。そのため、専門店に問い合わせたり、注文したりするのもおすすめです。

交換に必要な道具と手順

カートリッジの交換では、新品のカートリッジ、プラスとマイナスのドライバー、モンキーレンチを用意します。シングルレバー混合水栓では、ネジを外したり、指が入らない部分の部品も取ったりするため、ドライバーが必要になるのです。

道具の準備ができたら、作業に取り掛かっていきましょう。交換の手順を以下でご説明するので、作業の際に参考にしてみてください。

  1. 下にある止水栓を止める
  2. レバー部分についている穴にドライバーを入れ、ネジを緩める
  3. レバー部分を引き抜く
  4. レンチを使ってカートリッジの周りにある金属製のリング、針金、プラスチックのリングを取り出す
  5. カートリッジを引き抜く
  6. 新しいカートリッジを入れる
  7. 外した部品を組み立て直す

組み立てが終わったら、しばらく水を出しっぱなしにしておきましょう。交換した際にサビなどで汚れた水が入っているかもしれません。

カートリッジと一緒にパッキンも交換しよう

カートリッジの交換をしたら、ついでにパッキンも変えておきましょう。パッキンも時間がたつと劣化するため、あまり交換をしていない場合は水漏れの原因になります。パッキンも一緒に交換することで、水漏れのリスクを減らせるでしょう。

シングルレバー混合栓の修理②パッキン交換

吐水口や、吐水口がついているパイプの下から水漏れがあった場合は、パッキンが劣化していることが多いです。パッキンは劣化するとボロボロになり、修復できないため、水漏れが起こった時点で新品に交換しましょう。そこで、以下ではシングルレバー混合水栓のパッキンを交換する方法についてご紹介します。

パッキンは2個セットが基本

パッキンは1つの蛇口に対して2個必要になります。パッキンは2つの製品が向かい合ってつながっていることで、水漏れ防止の効果を発揮するためです。そのため、購入するときは2個以上セットで入っているものを買うか、単品を2つ入手しておきましょう。
シングルレバー混合栓の修理②パッキン交換

交換の手順

パッキンを交換するときには、カートリッジを先に外しておかなくてはなりません。パッキンは蛇口本体の下部にあるため、上部にあるカートリッジを取り外してからおこないましょう。そこで、以下ではパッキンの交換方法についてご説明します。

  1. 止水栓を締めておく
  2. ドライバーでレバーを取り外す
  3. レンチでレバーの下にあるカートリッジを外す
  4. 吐水口がついたパイプを取り外す
  5. 取り出したパイプの下にある、2つのゴム製のリングを取り出す
  6. 新しいパッキンを取りつけ、組み立て直す

組み立て直したら、いちど水を出してみて、水漏れがないかを確認しましょう。直しても、シングルレバー混合水栓から水漏れをしていた場合は、業者に相談するのがおすすめです。

シングルレバー混合栓修理を業者に依頼するときの費用相場

シングルレバー混合水栓が水漏れしていた場合、原因がわかれば自力で対処することも可能です。しかし、確実に水漏れを止めるために、業者に任せたいという人もいるでしょう。

業者に依頼をするなら、まずは費用相場を知っておくことが大切です。相場を知ることによって、いくらで依頼できるのが適切かを知ることができるでしょう。以下には、業者依頼をした際の費用相場についてまとめてみたので、よろしければ参考にしてみてください。

パターン1:修理や部品交換の場合の費用

カートリッジやパッキンだけを交換したり、シングルレバー混合水栓の一部を修理したりする場合は、およそ8,000~10,000円前後のお金がかかります。業者の基本料金に加えて、部品代もかかるためです。

パッキンの修理なら、パッキン自体が100円前後で購入できるため、部品代込みの費用が安いです。一方で、カートリッジを購入すると3,000~6,000前後はかかるため、全体の費用も高くなる傾向があります。

パターン2:混合栓全体の交換が必要な場合の費用

シングルレバー混合水栓自体の故障により、交換が必要な場合は、15,000~20,000円前後になります。本体の部品入手まで業者に任せた場合、本体の料金もかかるためです。
シングルレバー混合栓修理を業者に依頼するときの費用相場
一方、シングルレバー混合水栓の本体は、およそ8,000~10,000円前後かかります。また、水栓自体を交換するのにも、部品の修理以上のスキルが求められるため、作業料金も高めなのです。

依頼するときのコツ1:症状は正確に伝えよう

業者に依頼をするときは、具体的にどのくらいの量の水漏れで、どこから漏れているのか、といった症状を正確に伝えましょう。症状によって原因がわかれば、業者の現場調査もスムーズに進み、修理が早く終わるのです。水道が使えないと不便なことも多いため、短時間のうちに解決することで、早く普段の生活に戻れるでしょう。

依頼するときのコツ2:修理に取り掛かる前に一度見積りを依頼しよう

業者に修理をしてもらうときは、事前に現場調査をしてもらってから見積りを依頼しましょう。工事後に料金が提示されたとき、思った以上に高い値段になってしまうことがあるからです。そのため、事前に最終的な金額の見積りをおこなってもらうことで、金銭トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

見積りは、業者によっては無料でおこなうことができます。見積りや現地調査のコストを削減したいなら、事前に業者の情報を集め、問い合わせてみましょう。

まとめ

シングルレバー混合水栓から水漏れが起こったときは、内部のカーリッジやパッキンが劣化している場合が多いです。本体に内蔵されているカーリッジやパッキンが劣化すると、内部にすき間ができて水漏れが起こりやすくなるのです。

部品の劣化によって水漏れが起こっている場合は、新品に買い替えて交換しましょう。ただし、自力で交換するのが難しいと感じた場合は、無理をせずに業者へ依頼をしてください。強引に部品を入れたり、本体をひねったりすると、破損につながるのです。

専門スキルのある業者に任せることで、正確かつスムーズに交換作業を進めることができるでしょう。業者に依頼をする際は、事前に見積りを取っておくことがポイントです。見積りを取って最終的な金額や、具体的な作業内容を把握することで、納得して作業を任せられます。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-10-04 11:44:30
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/166370/
家の修理
近年では水の温度を1つのハンドルで操作できる、シングルレバー混合水栓を取り入れるご家庭も増えてきています。シングルレバー混合栓は使いやすいというメリットが大きいです。一方で、従来のハンドルタイプの蛇口にはなかった「バルブカードリッジ」という部品が内蔵され、水漏れの原因になるものが多くなりました。従来の蛇口と比べて構造が複雑になったため、水漏れが起こったとき、どう対処したらいいかわからなくなっている...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!