生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

水道修理の費用相場はどのくらい?自分でできる修理範囲とともに解説

2019-09-19

水道修理の費用相場はどのくらい?自分でできる修理範囲とともに解説

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

急に水漏れが起きたら、焦ってしまいますよね。水が流れ続けると水道代はどんどんかさんでいってしまいます。そのうえ、フローリングの床が水浸しになれば腐らせてしまうこともあります。

また、水漏れが起きてしまった場所の修理にかかる費用も気がかりでしょう。そんなとき、あらかじめ修理にかかる料金だけでもわかっていれば、すこしでも不安がやわらぐかもしれません。

そこで、このコラムでは水道修理を業者に頼むときにかかる料金について解説していきます。また、応急処置としてこれ以上水が流れないようにする方法もご紹介します。

まずは水を止める!止水栓の探しかた

現在、水が止まらなくて困っているという方は水道修理の料金を知る前に、これ以上水浸しにならないよう水道への水の供給を止めておきましょう。また、水漏れしていないという方も、まずは水を止めておくことをおすすめします。水を止めておかないと、修理で蛇口を取り外したりするときに水があふれてしまうことがあるのです。

水の供給は止水栓を閉めることによって止めることができます。止水栓とは、流れる水の量をコントロールするために給水管についているバルブです。

止水栓はさまざまな場所にあります。止水栓のバルブには手で回せるタイプとマイナスドライバーで回すタイプがあるので、念のためマイナスドライバーを用意しておきましょう。

止水栓が設置されていることが多い場所

トイレであればトイレタンクから繋がっているパイプにバルブがついていることが多いです。ハンドルのようなもの、またはマイナスネジのようなものがついていれば、それが止水栓でしょう。洗面台やキッチンであれば、シンクの下にある場合がほとんどです。
止水栓を見つけたら回して閉めていきます。このとき、閉めるために回した回数は、開けるときのために記録しておきましょう。止水栓を開けるとき、開けすぎてしまうと水の勢いが強くなってしまいます。

また、反対に開きが足りなければ、水の出る量が少なくなってしまうでしょう。修理のあと、簡単に以前と同じ水量に戻すために、必ず記録しておくようにしてください。

水道修理の費用相場はどのくらい?自分でできる修理範囲とともに解説

見つからない場合は元栓から止めよう

どうしても止水栓が見つからないという場合は、元栓から閉めてしまいましょう。元栓とは、家全体に水を供給するための配管についている止水栓です。元栓の位置はアパートと一戸建てで異なりますが、基本的に水道メーターの近くにあります。

アパートの元栓は、玄関の近くにある水道メーターの入った鉄の扉のなかにあることが多いです。水道メーターを見つけたら、その近くでバルブを探してください。見つけたら回して水を止めましょう。

一戸建ての場合、駐車場や通路の地面に埋まっていることがほとんどです。プラスチックや鉄でできた四角いフタのようなものを探してみてください。見つけたら開けてみて、水道メーターやバルブがあればそれが元栓です。回して閉めてください。

最後に、止水栓を閉めた後は、蛇口をひねって、止水栓と蛇口の間の水を抜いておきましょう。こうしておけば、修理の際に水が噴き出して水浸しになってしまうことを防げます。

水が止まって落ち着いたら、次はいよいよ水道修理の料金について見ていきましょう。次章で解説していきます。

水道修理を業者に依頼するとどのくらいの費用がかかる?

水道修理にかかる料金の内訳は基本料、出張料、作業費、部品代などです。

基本料は必ずかかる諸経費のようなもので、出張費はその名の通り出張してもらうのにかかる金額です。業者によって費用に差はありますが、その相場は基本料が4,000~5,000円、出張費が1,000~3,000円ほどです。なかには出張費が無料の業者もいます。

作業費や部品代はどんな作業をするか、どんな部品が必要かによって変わります。ここでは作業費や部品代の相場について解説していきます。

水道修理の費用相場はどのくらい?自分でできる修理範囲とともに解説

水漏れ箇所の修理の場合

内部の小さな部品を取り換える作業だけで済む修理の場合、作業費は1,000円ほどが相場といわれています。また、部品代は数百円で済むことが多いです。

ただ、作業費、部品代が安い分、基本料や出張料が全体の料金の大半をしめてしまうため、全体の修理料金は10,000円ほどになってしまうこともあります。

蛇口交換の必要がある場合

蛇口の交換にかかる作業費は10,000~15,000円ほどです。ここに部品代などが追加されます。安価な蛇口であれば10,000円以内で購入できることもありますが、高性能なものだと100,000円近いものなどもあり高額になりがちです。

相場を知りたい方は故障してしまった水道の型番などから値段を調べてみてください。

注意点として、上の相場はあくまで目安のため、業者によって変わることも多いです。正確な金額を知りたいという方は見積りを取ってみてください。

ここであげた金額を見て「意外と高い……」と感じた人もいるかもしれません。たしかに基本料や作業費がかかると簡単な修理でも高額になってしまいます。こうした作業を自分でおこなうことは可能なのでしょうか?

次章からは自分でできる水道修理の範囲について解説していきます。

自分で水道修理はできるの?

水道修理は簡単なものであれば自分でも可能ですが、蛇口交換は蛇口のタイプによっては自分で修理することができません。勝手に施工してしまうと違法になることもあるため注意が必要です。

たとえば、蛇口の先から水漏れしているという場合などは、ケレップやスピンドル、カートリッジの交換だけで直る場合が多いです。こうした交換作業は道具さえそろっていればDIYでもできるでしょう。蛇口の交換作業についても、基本的に自分での交換は可能です。

しかし、冷水とお湯の両方が出るタイプの蛇口は自分で交換することができません。これは水道法によって、「自治体指定の水道業者しか修理できない」と定められているからです。禁止されている理由は、温水の出るタイプの蛇口は、作業時に不備があると水道管にお湯が逆流してしまうことがあるためといわれています。

蛇口の交換をDIYでするときは、蛇口のタイプをよく確認するようにしてください。そして、温水の出る蛇口を交換したいという方は、必ず業者に依頼するようにしてください。

また、DIYができる範囲での作業であっても、自分でやるのが不安な方もいるかもしれません。そういった方もプロに任せてみることをおすすめします。次章からは業者に任せる際の注意点について解説していくので、ぜひ参考にしてください。

水道修理の費用相場はどのくらい?自分でできる修理範囲とともに解説

業者に依頼する際の注意点

水道修理を業者に依頼する際の注意点をあらかじめ知っておけば、「こんなはずじゃなかった!」ということを防げるはずです。満足のいく修理をしてもらうためにもしっかりおさえておきましょう。

業者には起こっている症状をしっかり伝えよう

まず重要なポイントは「どの部分を直してほしいのか、またはどんなことで困っているかを明確に伝える」ということです。基本的に水道修理の業者は依頼された内容に沿って作業していきます。しっかり自分の希望を伝えておかないと、満足のいく修理にならない可能性があるのです。

そのため、まずは「どんなことで困っているのか?」をリストアップして、スムーズに業者に伝えられるようにしておくとよいでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

水道修理の料金は業者によってさまざまです。また、地域によっても差があります。自分の住んでいるところでどれくらいの料金が適正かを調べるためには、必ず複数の業者から見積りを取るようにしてください。いろいろな業者から見積りを取ることで、その地域における実際の相場がわかります。

また、業者の雰囲気がわかるというのも複数の業者から見積りを取るメリットの1つです。見積りの際に誠実な対応をしてくれる業者なら作業も安心して任せられるでしょう。複数の業者から見積りを取って、一番印象のよかった業者を選べばさらに満足のいく結果が得られるかもしれません。

見積り無料の業者もいるので、作業は複数の業者から見積りを取ってから依頼するようにすることをおすすめします。

水道修理の費用相場はどのくらい?自分でできる修理範囲とともに解説

まとめ

水漏れが起きたときは、水道修理の前にまず止水栓を止めておきましょう。止水栓はトイレならタンクの近く、洗面所やキッチンならシンクの下にあることが多いです。もし止水栓が見つからないというときは、元栓を閉めるようにしてください。

水道修理の料金は基本的には基本料、出張料、作業費、部品代の合計で決まります。そのため、作業費や部品代は水漏れの程度によってはかなり安価になりますが、基本料や出張費の影響で全体としては高くなってしまうこともあります。

そのため、簡単に修理できそうな水漏れなら自分で修理してしまってもよいでしょう。ただ、なかには自分で修理すると違法になってしまう作業もあるので注意が必要です。

業者に任せたいというかたは、あらかじめどんなことで困っているかをまとめておきましょう。また、きちんと適正な価格で修理してもらうためにも、相見積りを取っておくことをおすすめします。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-19 10:17:25
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/165258/
家の修理
急に水漏れが起きたら、焦ってしまいますよね。水が流れ続けると水道代はどんどんかさんでいってしまいます。そのうえ、フローリングの床が水浸しになれば腐らせてしまうこともあります。また、水漏れが起きてしまった場所の修理にかかる費用も気がかりでしょう。そんなとき、あらかじめ修理にかかる料金だけでもわかっていれば、すこしでも不安がやわらぐかもしれません。そこで、このコラムでは水道修理を業者に頼むときにかかる...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!