生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレの水が流れない!こんなときどうする…?適切な改善策について

投稿日:2019-09-17 更新日:2019-09-17

トイレの水が流れない!こんなときどうする…?適切な改善策について

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「トイレの水が流れない…!」急いでいるときや来客のあるときにこのような事態に遭遇したら、パニックになって慌ててしまいますよね。このとき最初にすることは、一旦落ち着いて水が流れるよう応急処置を施すこと。そしてもっとも重要なのが、水が流れない原因を特定することです。

原因がわかれば対処法もおのずと見えてくるので、原因を突き止めることが対処のカギになります。

このコラムでは、そんなトイレの水が流れないときに役立つ情報をわかりやすくお伝えします。現在トイレ問題にお悩みのかたもそうでないかたも、今後生活を送るうえで知っておいて損はない知識です。ぜひ最後まで目を通してみてください!

トイレの水が流れないときの応急処置

万が一トイレを業者に修理してもらうことになったり、家族に水が流れないことを伝えなければいけなかったりする場合……一度は水を流しておきたいところですよね。ここでは、トイレの水が流れないときの応急処置の方法についてみていきましょう。

便器に水を流し込む

トイレの水が流れないときの応急処置

方法は簡単で、バケツや風呂桶で汲んだ水を便器に流し込むだけです。このとき、便器内の奥へと水が流れるよう勢いよく流し込むようにしましょう。バケツ1杯だけでは足りない場合もあるので、そのときは数回繰り返してみてください。汚水が奥へ流れて便器内がきれいな水に入れかわったら完了です。

その後かならず原因追及を

応急処置が済んだら、トイレを正常な状態にするために水が流れなくなった原因を明らかにする必要があります。トイレの不具合といえば水回り修理をおこなう業者に修理依頼をするという選択肢もありますが、自分で解決できる場合も少なからずあります。

そのため、まずはトイレの水が流れるしくみを理解し、自分で解決できそうなことからやってみるといいでしょう。そうすれば修理費用の節約にもつながります。トイレのしくみについてはつぎの章でご紹介します。

なぜ水が流れないのか?原因を突き止める方法と対処法

トイレの水が流れない場合、状況によっては自分で解決できることもあるでしょう。まずはトイレの水が流れない原因のうち、ご自宅のトイレがどれにあてはまるかを確認し、その後適切な対処をおこなうようにしましょう。

トイレタンクの中を確認しよう

なぜ水が流れないのか?原因を突き止める方法と対処法
トイレタンクとは、一般的に便器の後ろ側にある長方形のタンクのことを指します。タンクのフタは手洗い用の水が出るようになっており、このフタを開けることで中の状態を確認することができます。

トイレタンクは、給水としての機能をもつボールタップ、排水管のフタとしての役割をもつゴムフロートなどから成り立っています。また、中はつねに水がたまっている状態で、この水の高さ(水位)はトイレタンク内の水面から出ているオーバーフロー管に表示されている「-WL-」の位置にきているのが正常な状態です。

通常、トイレの「流す」レバーを引くとトイレタンク内のゴムフロート(フロートバルブ)が引き上げられ、トイレタンク内の水が排水管へ流れていきます。そうすると水位が下がっていき、それと同時に浮き球の位置が下がることでボールタップが機能してトイレタンク内への給水がはじまります。

トイレタンク内に水がたまっている場合は…

トイレタンク内を確認したときに水がたまっている場合は、ゴムフロートが通常通り引き上げられずに水が流れなくなっていることが考えられます。そうなる原因と対処法を以下でご紹介します。

考えられる原因

レバーのアームとゴムフロートは鎖でつながれています。この鎖が切れたり外れたりすると水が流れなくなってしまいます。また、長年使用しているトイレの場合は、経年劣化によって鎖が変形したり融着したりするケースもあります。これは鎖に限らず、トイレタンク内の部品すべてにいえることです。

対処法

鎖とフロートバルブがセットになっているものと交換しましょう。このセットは通販やホームセンターなどで入手することが可能です。しかし、トイレのメーカーやタンクの種類によって形状が異なるため、ご自宅のトイレタンクに合ったものをそろえる必要があります。

また、タンク内に手を入れて交換をおこなうため、不慣れな作業に難しさを感じるかたも多いかもしれません。もし経年劣化の見られるトイレである場合は、トイレ自体を交換することも検討してみてください。

また応急処置として、切れた鎖と鎖をひもや糸で結ぶ方法もあります。すぐに市販品が入手できない場合などに試してみるといいでしょう。その際は、荷造りに使用するビニールのひもやたこ糸など、簡単にほどけたりちぎれたりしない強度のある素材を選ぶようにしましょう。

トイレタンク内に水がたまっていない場合は…

トイレタンク内を確認したときに水がたまっていないということは、正しく給水されていないということになります。では、なぜこのような症状が見られるのでしょうか。以下で詳しくご紹介します。

考えられる原因

タンクに水がたまらない原因としては、止水栓が閉まっていることが考えられます。止水栓はトイレの元栓ともいえるもので、ここが閉まっていると水を流すことができません。ひねると開くものやマイナスドライバーが必要なものなど形状はさまざまですが、ひねるタイプは小さな子どもが誤って閉めてしまうことも考えられます。

もし止水栓が開いた状態である場合は、ボールタップに異常があるかもしれません。ボールタップは給水機能をもった部品なので、正常でない場合は給水できなくなることが考えられます。

対処法

止水栓が閉まっている場合は、開けることですぐに解決します。それでも水が給水されない場合は、元栓が閉まっているかもしれません。元栓は戸建てであれば屋外に、集合住宅の場合は玄関外の周辺にあることが多いです。ここが閉まっているとトイレだけでなく水回り機器すべての水を止めることになります。開いているかどうか一度確認してみましょう。

止水栓が開いた状態で水がたまっていないとなると、ボールタップの異常が考えられます。この場合ボールタップを交換するという手がありますが、これもまたトイレのメーカーやタンクの種類に合わせて商品を選ぶ必要があるでしょう。また、自分で交換しても必ず直るとはいい切れないため、よりはっきりとした原因を明らかにしたい場合は業者に点検してもらうのがおすすめです。

解決できない場合は業者に修理を依頼しよう

ここまで水が流れない原因と対処法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。やり方のイメージはついても、いざ自分でやるとなると難しいと感じているかたも多いかもしれません。また、自分でやるより業者に今すぐ直してほしいと考えるかたもいることでしょう。そんなかたがたへ向けて、ここでは業者に依頼する際の重要なポイントについてご紹介します。

まずは複数の業者から見積りをとろう

解決できない場合は業者に修理を依頼しよう
いざ業者に依頼しようと決めても、一体どこに依頼すればいいのか迷ってしまいますよね。業者によって費用やサービス内容はさまざまなので、業者選びはかなり重要なポイントです。そのためはじめからひとつの業者に絞らず、複数の業者から同じ条件で見積りをとり、それらを比較・検討してみましょう。これを「相見積り」といいます。

こうすることで、費用の相場観が養えるようになります。極端に安かったり高かったりする場合は、なぜそうなるのかをしっかり確認しましょう。見積りでは安く設定されていても、あとになって追加費用が発生しトラブルに発展するということもないとはいえません。もし費用や修理内容に不明瞭な点があった場合は、業者に直接質問して明確にしておくとよいでしょう。

信頼できる業者を選ぶポイントとは

業者の実績や、利用者からの評判をチェックしておくことも重要です。実績については、業者のホームページの「修理の事例」や「事例紹介」といった項目を確認してみてください。また、実際に利用した人の生の声にも注目してみましょう。ただこれはネット上のものなので、信ぴょう性はそこまで高くありません。軽く参考にする程度にしておきましょう。

それらを見ていくうちに、業者の人柄などもわかってくると思います。利用者に対する姿勢や、丁寧な対応をしてくれるかどうかなどにも意識しておくといいかもしれません。

まとめ

トイレは誰もが日常の中で当たり前に使っているもの。だからこそ、突然水が流れなくなったら焦ってしまいますよね。そんなときは、とりあえず便器に水を流し込んで応急処置をとるようにしてください。そのあとでトイレの水が流れない原因を特定し、しかるべき対処をおこなうようにしましょう。

もし自分で解決するのが難しい場合は、信頼できる業者に修理依頼をしましょう。その際は相見積りをとったり、業者ホームページや利用者の声も参考にしたりするとよいです。ご自宅のトイレをいつまでも快適に使えるよう、できることからはじめてみてくださいね。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-17 15:28:01
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/164658/
家の修理
「トイレの水が流れない…!」急いでいるときや来客のあるときにこのような事態に遭遇したら、パニックになって慌ててしまいますよね。このとき最初にすることは、一旦落ち着いて水が流れるよう応急処置を施すこと。そしてもっとも重要なのが、水が流れない原因を特定することです。原因がわかれば対処法もおのずと見えてくるので、原因を突き止めることが対処のカギになります。このコラムでは、そんなトイレの水が流れないときに...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!