生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

お湯が出ない!原因は何?はやめに解決して暖かいお湯を使うには

投稿日:2019-09-02 更新日:2020-02-18

お湯が出ない!原因は何?はやめに解決して暖かいお湯を使うには

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

お湯が出ないと風呂に入る際などにお湯を使うことができないため、困ってしまいますよね。蛇口をひねってもお湯が出ないときは、給湯器や蛇口などで問題が発生しているかもしれません。

そこで当コラムでは、お湯が出ない原因と対処法について紹介しています。

水まわりのトラブルは自分で解決するのが難しいと思われるかもしれません。しかし、原因がわかり、正しい対処をおこなえば、お湯が出ない問題を解決できることもあるのです。この記事を参考にして、ぜひトラブルを解決してみてください。

お湯が出ない原因を探るためのチェックポイント

自分でお湯が出ない原因を探るには、お湯に関する十分な知識がなくても問題ありません。視覚と嗅覚を使っておよその原因を推測することができるのです。まずは、チェックポイントごとに確認方法を紹介します。

まずはガスのニオイがしないか確認

お湯は、ガスで水を温めることによって作られます。そのため、ガスが止まっていたらお湯を作ることができません。ガスが止まっている原因として考えられるのは、「元栓が閉まっている」もしくは「ガス漏れ」がほとんどです。

元栓が閉まっている場合は、元栓を開錠すればお湯が出ます。しかし、場合によっては、元栓を開けてもお湯が出ないことがあるのです。元栓が原因でないときは、ガス漏れが原因かもしれません。

ガス漏れの場合は、ゴム管や給湯器などからガスの臭いがします。通常、水をガスで温めてお湯を作るため、ガス漏れが起きているとお湯を作ることができないのです。

その蛇口で水は出るか

そもそも蛇口から水すら出ないという場合、お湯を出すこともできません。蛇口から水すら出ないというときは、止水栓の開け忘れや水漏れが考えられます。

止水栓は開いていないと水が出ません。止水栓が開いているかまずはチェックしましょう。また、どこかから水漏れが起きている場合、蛇口まで水が供給されないため、蛇口から水が出なくなってしまうことがあります。そのため、水漏れが原因であるとわかったら、業者に相談しましょう。

ほかの蛇口でお湯や水が出るか

水は出るけどお湯だけが出ないという場合は、給湯器に問題があるかもしれません。給湯器に問題があると、お湯を沸かすことができないため、蛇口から水しか出なくなってしまうのです。

また、ほかの蛇口からもお湯も水も出ない場合は、水道が止まっているかもしれないので、水道会社に問い合わせてみましょう。

水道が止まっているわけでもないときは、断水または凍結が原因かもしれません。断水が原因である場合は、近隣の人に水が出ているか確認しましょう。断水が終わったら水もお湯も出るようになります。断水が原因でない場合は、蛇口や給湯器などが凍結を起こしているかもしれません。

お湯が出ない!原因は何?はやめに解決して暖かいお湯を使うには

ガスは使えるか

ガスが使えない状態になっている場合、給湯器でお湯を沸かすことができないため、蛇口からお湯が出なくなってしまいます。そのため、ご家庭がガスコンロを使用しているという場合、ガスがつくか一度試してみましょう。

もし、ガスが使える状態なのにお湯が出ないという場合は、給湯器に問題があると考えられます。

給湯器や蛇口が凍結しているときの対処法

蛇口からお湯が出ない原因が凍結である場合、自分で対処することができます。しかし、自分で対処するためには、いくつか注意しなくてはならないことがあるのです。以下に、凍結を解消する方法と注意点をご紹介します。

お湯を直接かけるのは絶対にやめましょう

凍結が原因で蛇口からお湯が出ない場合、凍結している箇所をとかす必要があります。当コラムを読んでいる方の中には、はやく氷をとかすために凍結している場所にお湯をかける人もいるかもしれません。しかし、凍結している箇所にお湯をかけると破裂してしまうおそれがあります。

お湯が出ない!原因は何?はやめに解決して暖かいお湯を使うには

凍結場所をゆっくり温める

給湯器が凍結をしている場合、外にある本体の電源を切ってタオルをあてながらぬるま湯をかけましょう。このとき電源を入れたままにしてしまうと、漏電を引き起こすおそれがあります。

蛇口の凍結も同様に、タオルをかぶせてからぬるま湯をかけたら氷がとけるまで待機してください。氷がとけたのを確認できたら、蛇口または給湯器をみて水が漏れていないかをチェックしましょう。凍結すると蛇口や給湯器が爆発して水漏れを引き起こすことがあります。

蛇口が室内で凍結している場合、ドライヤーや暖房で温める方法があります。ドライヤーで温める場合は、温風を直接凍結部分にあてましょう。また、室内を暖めることで凍っている部分をとかすこともできます。

凍結を防止する方法

凍結を防止するための方法として、挙げられるのが水を出しっぱなしにすることです。水が流れていると凍結をすることはありません。長時間水を流しっぱなしにしてしまってはもったいないと考える人もいるかもしれませんが、冬場の東北地方などで水道が凍結するおそれがある場合は、少量の水だけでも流しっぱなしにするようにしましょう。

給湯器の凍結を予防するためには、水抜きをすることも大切です。給湯器の水抜きをするときは、運転スイッチを切ります。次にガスの元栓を閉めて、蛇口を全開にしてください。最後に電源を落とします。

給湯ができていないときの対処法

お湯が出ない原因が給湯機能にある場合は、どうしたらいいのでしょうか。給湯ができないときに自分でできることは、以下の4つです。

故障や不具合でない可能性も

お湯が出ない原因は、給湯器の故障や不具合でない場合もあります。給湯器の電源が入っていない場合でも、お湯が出なくなるのです。また、停電の場合電気が回っていないためお湯が出ないことがあります。

ほかにも、設定温度がお湯になっているかもチェックをしましょう。地震が発生した場合は、自動安全装置が作動して給湯がとまっていることもあります。停電が原因でお湯が出ない場合は、電気が来るまで待機しましょう。

ガスメーターを復帰させる方法

地震など災害時には、センサーが働いてガスメーターがとまってしまうことがあります。ガスメーターがエラーになっていると暗号のような数字が出てきます。しかし、メーターは自分で復帰させることができるのです。メーターの種類によって、形などが異なることがありますがほとんどの場合、次のような手順で復帰させることができます。

まずは、ガスを元栓からとめてください。次にメーターについている復帰ボタンのカバーを回してとります。カバーが取れたらボタンを1度押して、赤いランプが点滅したのが確認できたら復帰できた証です。

給湯器の表示を確認する

エラーが発生している場合は、給湯器が動かなくなることがあります。エラーが原因で動かない場合は、エラーコードを読み取って、原因を突き止めましょう。エラーコードの読み方や原因の調べ方は、給湯器についている取り扱い説明書を読んでください。

多くの場合、エラーコードは111です。エラーコードが出たら、リモコンのスイッチを切り、天候をみましょう。悪天候である場合は点火不良を起こし、お湯が沸かせないことがあります。

天候が荒れていないときは、ガス栓やメーターを確認しましょう。ガスがとまっている場合は、お湯が沸かせないためエラーになるのです。原因が解決したらリモコンをつけてお湯が沸かせるかチェックしましょう。

お湯が出ない!原因は何?はやめに解決して暖かいお湯を使うには

給湯器の不具合原因がわからなければ業者に相談を

どこをチェックしても原因がわからないときは、業者に依頼して診断することをおすすめします。給湯器が故障したり、水道管が途中で破裂したりしている場合は、修理が必要になるのです。

給湯器や水道管などの修理をおこなう際の費用等については、業者に直接問い合わせをすることをおすすめします。なぜなら状況に応じて費用が大きく変わってきてしまうからです。場合によっては、交換が必要になることも考えられます。

購入から10年以上経過している場合は、もしかしたら故障しているかもしれません。

水栓が故障しているときの対処法

お湯が出ない原因が、水栓の故障である場合はどうしたらいいのでしょうか。最後に、水栓の修理や交換をする方法についてお話いたします。

まずは止水栓や元栓を確認

水栓の故障を疑うまえに、まずは止水栓が閉まっていないか確認をしましょう。止水栓が閉まっていると水が出ません。そのため、必然的にお湯も出なくなるのです。

水栓本体に異常があるときの対処法

お湯が出ない原因が、水栓全体にある場合は修理が必要になります。

ひとつのレバーで水量・水温を調節できる「シングルレバー水栓」の修理をおこなう場合は、バルブカートリッジの交換が必要になることもあります。バルブカートリッジとは、水栓に内蔵されている水温や水量を調節するための部品の名称です。

実際に水栓を交換する際は、必ず止水栓を閉めることを忘れないようにしましょう。蛇口を分解した際に止水栓を閉め忘れてしまうと、蛇口から部分から水があふれて周りが水浸しになってしまうかもしれません。

基本的な蛇口の交換方法は、生活110番の「キッチンの蛇口交換は自分でもできる!DIYの方法と業者の費用を紹介」を参考にしてください。

バルブカートリッジの交換方法がわからないときや、「交換の作業が難しそうだな……」と感じたら、弊社にご相談ください。必要そうであれば、水まわりに関するトラブルに対応している業者を紹介いたします。

お湯が出ない!原因は何?はやめに解決して暖かいお湯を使うには

まとめ

今回はお湯が出ないときの原因と対処法について紹介しました。お湯が出ないのは、給湯器やガス、水栓の異常が原因であることが考えられます。

原因を突き止めて、お湯が出ない問題を解決させましょう。しかし、素人では、正しい原因を突き止めるのが難しいことがあります。

業者に依頼をして、お湯が出ない原因を突き止めてもらうのもいいかもしれません。お湯が出ない原因によっては、給湯器の取り換えが必要になる場合も考えられます。修理に必要な費用など、あらかじめ業者に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~


この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-18 12:23:15
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/161144/
家の修理
お湯が出ないと風呂に入る際などにお湯を使うことができないため、困ってしまいますよね。蛇口をひねってもお湯が出ないときは、給湯器や蛇口などで問題が発生しているかもしれません。そこで当コラムでは、お湯が出ない原因と対処法について紹介しています。水まわりのトラブルは自分で解決するのが難しいと思われるかもしれません。しかし、原因がわかり、正しい対処をおこなえば、お湯が出ない問題を解決できることもあるのです...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!