生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

投稿日:2019-08-28 更新日:2019-08-28

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

キッチンは、日常的に使う場所です。中でも水栓は、使用することも多いため、不具合もあらわれてくるでしょう。キッチンの水栓交換は、知識と作業工程の把握ができていれば、自分でも交換することができます。

ここでは、キッチン水栓の交換手順や費用、自分で交換することが可能な水栓を紹介していきます。手順などを知り、快適なキッチンにしましょう。

キッチン水栓の交換を自分でできるのはこんな場合

キッチン水栓は、知識や交換手順がわかっていれば、業者に依頼しなくても自分で交換することが可能です。自分で交換する場合は、注意点などもしっかり把握して、作業をおこないましょう。

水栓の種類が合っている

キッチン水栓には、たくさんの種類が存在しています。ワンホールタイプやツーホールタイプ、台付き、壁付きなどがあるようです。自分で交換を検討している人は、水栓の種類を確認してみましょう。

設置してあるタイプとは別の水栓を取りつけたいと思っている人は、接続部分が異なっている可能性が高いので、業者に依頼するほうが安心かもしれません。別タイプの水栓の取り換えは、自分でしようとすると水漏れなどのリスクが高くなるおそれがあります。無理をせず、業者に依頼することをおすすめします。

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

必要な工具がそろっている

自分でキッチン水栓を交換する場合は、工具を揃える必要が出てきます。必要な工具は下記のようなものになります。

・ドライバー(約500円~2,000円)
・ラジオペンチ(約1,000円~3,000円)
・モンキーレンチ(約500円~2,000円)
・プライヤー(約500円~2,000円)
・ナット締付工具(約1,000円~3,000円)

すべてホームセンターで揃えられますが、工具の費用や水栓本体の価格によっては、業者よりも負担が大きくなってしまう場合もあります。また、工具を購入する場合は、ナットなどの大きさを確認してから購入するようにしましょう。

自信がある

キッチン水栓を交換する知識や経験がある場合は、自分でおこなうことも可能ですが、水漏れなどのリスクがあることも忘れてはいけません。また、交換に慣れていないと必要以上に時間がかかってしまうでしょう。途中で交換が困難になった場合のことも考えて、念のため業者をチェックしておくことをおすすめします。

交換を始める前の準備

自分でキッチン水栓の交換をおこなう前には、確認しなければならないことがいくつかあります。工具の準備以外にも、水漏れ場所を明確にしたり、賃貸ならば管理会社に許可をもらったりなどです。水栓交換で失敗しないためにも、交換の前に必要な準備についてしっかりと確認していきましょう。

水漏れしている場合は原因箇所を確認

水漏れの原因によっては、必ずしも交換が必要なわけではないため、まずは水漏れの原因箇所を確認してみましょう。水栓から水が漏れないようするためのパッキンやシールテープの劣化が原因であれば、その部分の交換で水漏れを修理することもできます。しかし、それ以外の原因となると、新しい水栓への交換が必要かもしれません。

もし自分で水漏れ原因を特定できない場合は、業者に相談してみることをおすすめします。水漏れ修理のプロである業者なら、すぐに原因箇所を特定してくれることでしょう。

賃貸の場合は管理者の許可を得る

賃貸にお住みの人は、管理者にキッチン水栓の交換許可をもらう必要があります。賃貸は、原状回復が原則となっているので、勝手に新しい水栓へ交換してしまうとトラブルのもとになることもあるのです。そのため、管理者や管理会社に連絡して相談しましょう。

水栓を選ぶ

キッチン水栓を交換する場合、数多くある水栓から、自分の目的や好みにあったものを選ぶ必要があります。水栓の種類は、おもに下記の4種類にわかれています。

2ハンドル混合

蛇口がひとつに対して、ハンドルが2つあるタイプになります。お湯が出るハンドルと水が出るハンドルを調整することで、温度を調節することができます。

シングルレバー混合

キッチンによく使われているタイプです。上下に操作することで、水を出したり、止めたりすることができます。また、左右に操作することで温度調節が可能になります。

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

サーモスタット混合

吐水の温度を自動で調節してくれるタイプで、ハンドルで調整する必要がありません。機能性は、ほかの水栓よりも高い水栓といえます。

単水栓

公園やベランダ、お庭などに取りつけられている、一般的なタイプの水栓といえます。吐水、止水のみの水栓になります。単水栓タイプは、ハンドルタイプとレバータイプも販売されています。

キッチンではパーティーシンクなどに使われ、浄化機能付きも多いようです。シャワーの切り替えができるタイプ、シャワーホース付き、センサー付きなど種類も豊富な水栓といえるでしょう。

止水栓を閉める

キッチン水栓を交換する前には、水量の調節や水を止めることができる、止水栓を閉めましょう。メンテナンスや修理、部品交換などの際は、この止水栓を閉めることで、作業中に水が溢れることを防ぐことができます。

お住まいの住宅によって、止水栓の場所は異なっています。キッチンやトイレなどの止水栓は、個別に設けられていることが多いので、水回りにないか調べてみましょう。給水管付近に蛇口があれば、それが止水栓です。見つからない場合は、家全体の水を止めることができる、元栓を閉めるようにしましょう。

個別の止水栓が見当たらない人で、マンションにお住みの場合は、玄関付近にあるボックスを確認してみましょう。ガスメーターと一緒に、家全体の水を止める元栓が設置してあるはずです。また、一軒家にお住まいの人は、屋外に量水器のボックスが設置してあるので、確認してみましょう。

水道メーターのそばにある、バルブを閉めると水の進路を止めることができます。止水栓が見つからない場合や、扱いかたがわからない場合は業者に相談してみましょう。

ワンホールタイプの交換方法

ワンホールタイプのキッチン水栓の交換手順を簡単に紹介します。作業工程をしっかり把握してから、交換作業をおこないましょう。

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

1.設置されている配管部分を取り除く
水の流れを止めたら、交換作業をしていきましょう。設置されている水栓は、2本のホースがナットでつながっています。水の逆流を防ぐ逆止弁という部分があるので、そこまでを取り外します。

2.交換する水栓を撤去
種類によっては、手でそのまま取り外すことができるものもあります。水栓本体は、ナットで固定されていることが多いので、外してから引き抜きましょう。

3.新しい水栓を設置する
新しい水栓には、設置するために必要なアダプターが付属されています。穴に取り付け、本体を差し込み固定しましょう。逆止弁にホースを取りつけて作業は完了です。取りつけたあとは、きちんと水が出るかを確認しましょう。

ツーホールタイプの交換方法

つぎに、ツーホールタイプのキッチン水栓の交換方法をみていきましょう。全体的の流れは、ワンホールとほとんど同じ作業となるようです。

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

1.給水管や給湯器をつなぐナットをゆるめる
水栓とつながっている給水管や給湯管のナットを取り外し作業していきます。中に水がたまっている場合があるので、注意しておこないましょう。

2.古くなったパッキンを取りのぞく
パッキンは、消耗品なので古いものは使わず新しいものを用意します。水漏れなどのトラブルを避けるためにも、きちんと交換しましょう。

3.新しい水栓を取りつける
新しい水栓を取りつけたら、ゆるめていたナットをすべて閉めます。最後に、水が吐水されるか確認してみましょう。

壁付けタイプの交換方法

最後に壁付けタイプのキッチン水栓の交換手順を紹介します。ワンホールタイプやツーホールタイプとは、交換方法が少し異なります。

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

1.交換したい水栓を取り外す
止水栓や元栓が閉まっていることを確認してから、壁に取りつけられている接続部分であるクランクという部分のナットをゆるめていきます。ゆるめると、設置してあった本体を取り出すことができます。

2.新しいクランクを取りつける
新しいクランクは、壁と接触する部分にシールテープを巻いていきます。シールテープの巻く回数は、7~8回程度にしておきましょう。この作業を怠ると、水漏れの原因になりかねません。丁寧におこなっていきましょう。

3.新しい水栓を取りつける
クランク部分を取りつけ、角度を調整していきます。クランクは、時計回りに回して設置をおこないます。クランクは回しすぎると設置後、水漏れや詰まりのトラブルになる可能性が高くなるので、注意しておこないましょう。クランクを取りつけたら、そこに本体を取りつけ完了となります。

自分では不安なら業者に頼もう

キッチンの水栓交換は、知識や経験がないとむずかしい作業です。自分では困難と感じた場合、無理をせず業者に依頼しましょう。業者に依頼することのメリット・デメリットを知ることで、自分で作業するかを判断するようにしてください。

キッチン水栓交換を業者に頼むメリットとデメリット

キッチンの水栓交換を業者にまかせるメリットは、工具などの準備が不要なことや、水漏れなどのトラブルを最小限に抑えられることでしょう。また、知識や技術もあるので、失敗するリスクも低いといえます。

デメリットは、自分で交換するよりも費用の負担が、大きくなってしまうことでしょう。また、見積りなどを作成してもらうなど、工事までに時間がかかってしまうこともあるようです。

キッチンの水栓交換は自分でできる! 交換方法や費用を詳しく知ろう

キッチン水栓交換費用の相場

キッチン水栓の交換や取り付けの費用の平均は、2万円~5万円が相場となっています。蛇口本体の費用やパッキンの交換数などで、費用は変わっていくようです。また、業者によっては、追加で出張費などが発生する場合もあります。

業者の選び方

プロの業者は多く存在しています。その中で、自分の予算やニーズに合った業者を、見極めなければなりません。見積りは、ひとつの業者からではなく、複数の業者に見積りしてもらうことで、費用や作業内容を比較することが大切です。

費用だけをみて業者を選んでしまうと、イメージしていた修理とは違うこともあります。そのため、費用とあわせて作業内容も比較し、自分の探す条件にあった業者を利用するようにしましょう。そうすることで費用を抑えながら、納得の修理をしてもらうこともできます。

まとめ

キッチンの水栓交換は、自分でも交換できることがわかりました。今、設置してあるものと違うタイプの水栓にする場合は、設置の仕方や部品が異なってくるので、業者に依頼するほうが安心かもしれません。水漏れなどのトラブルも少ないといえます。

業者に依頼する際は、複数の業者から見積りを取ることをおすすめします。複数の業者の見積りを比較してみて、予算や自分のニーズに合った業者選びをしましょう。

自分でおこなう場合は、しっかり知識や手順を把握してから作業するとよいです。また、自分で交換する場合でも、失敗したときのことも考え、業者のチェックをしておくと安心かもしれません。失敗してしまったときの対処法も決めておきましょう。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-28 11:13:40
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/160138/
家の修理
キッチンは、日常的に使う場所です。中でも水栓は、使用することも多いため、不具合もあらわれてくるでしょう。キッチンの水栓交換は、知識と作業工程の把握ができていれば、自分でも交換することができます。ここでは、キッチン水栓の交換手順や費用、自分で交換することが可能な水栓を紹介していきます。手順などを知り、快適なキッチンにしましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!