生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

水道の水漏れはDIYで修理できる?応急処置&蛇口パッキンの交換方法

投稿日:2019-08-28 更新日:2019-12-19

水漏れDIY

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

もしも水漏れが起きていることに気づいたら、被害が拡大する前にすぐに修理しましょう。水漏れが発生している場所が「蛇口」で、「パッキンの劣化」が原因なのであれば、DIYでの修理も可能です。ただし、水漏れの発生箇所がわからないときや、水漏れの程度がひどいときには、プロに依頼することをおすすめします!

水漏れの発生箇所や原因を特定して適切に修理することは、知識や経験がなければ難しいものです。少しでもDIYでの水漏れ修理に不安を感じるなら、迅速に対応してくれる水漏れ修理業者に任せましょう。

水漏れ発見!まずは元栓を閉めよう

水漏れ修理をDIYでおこなう場合にも、業者に頼む場合であっても、まずは流れ続けている水を止める必要があります。落ち着いて、水道の「元栓」または「止水栓」を閉めましょう。

「元栓」の閉め方

元栓にはハンドル状のものや、つまんで回すものなどさまざまなタイプがありますが、どのタイプでも水の供給を止めたいときには時計回りに回します。頻繁に動かす場所ではないため、固まってしまっている場合も多いです。動かしにくいときには、ペンチなどを使って回してみてください。

元栓は、集合住宅であれば玄関横のメーターボックスの中に、戸建住宅であれば入口付近の地面に埋められた鉄製のフタの中にあるのが一般的です。

完全に元栓を閉めれば、家全体の水の供給が止まります。水道水が垂れ流される心配はないのですが、修理が終わるまで家中のすべての水道が使えないのが難点です。

水漏れ箇所がわかっている場合は「止水栓」を閉める

元栓は家全体の水道水の供給を止めますが、止水栓は水漏れが発生している場所だけ、ピンポイントに水の供給を止めることができます。水漏れ箇所がはっきりわかっている場合には、止水栓を使って止めるとほかの場所に影響が出なくてよいでしょう。

止水栓は蛇口などの水道器具につながる給水管に設置されています。ハンドルになっているタイプと、マイナスドライバーで回すタイプがあり、どちらも元栓と同じく時計回りで閉まります。

水が止まったら修理の前に必ず連絡!

元栓や止水栓を閉めて水を止めることに成功したら、水漏れ修理をおこないましょう。ただし、賃貸住宅や集合住宅にお住まいの方は、修理を始める前に管理者や階下の住民に連絡する必要があります。

・賃貸住宅であれば管理者に連絡する
・集合住宅であれば階下の住民に連絡する

賃貸住宅の場合には、必ず管理者に今後の対応について指示を仰いでください。水漏れの原因や発生状況によって誰が費用を負担するのかが変わりますし、修理業者を指定されることもあるからです。

集合住宅では、階下の部屋にまで被害をおよぼしてしまうこともあります。なるべく早く水漏れの状況を伝えてお詫びすることで、無用なトラブルに発展することを避けましょう。

このほかにも、水漏れ発生時の対応について以下の記事で詳しく解説しています。「火災保険」や「水道料金の減免制度」など、経済的な負担を軽くする方法も知っておいたほうがよいでしょう。

水漏れ時の対応で迷わない!マンションなどの賃貸住宅で独断行動はNG

蛇口の水漏れをDIYで修理しよう

蛇口で発生する水漏れの原因で多いのは、「パッキン」と呼ばれる輪っか状のゴムの劣化です。パッキンが原因の水漏れであれば、DIYで直すことも比較的簡単かもしれません。

ただし、パッキンひとつとっても、ハンドル内部・水量を調節する「コマ」の先端パイプの付け根給水管との接続部分など、たくさんの場所に使われています。そして蛇口自体にもたくさんの種類があり、修理方法はそれぞれに異なります。

当記事では、数ある蛇口の中でも、もっともシンプルな「単水栓」という種類の蛇口の「三角パッキン」を例に、修理方法を説明していきます。

※単水栓:水または湯のどちらか一方だけの出し止めをおこなう蛇口
※三角パッキン:蛇口のハンドルのナット裏にあるパッキン

単水栓からの水漏れ

単水栓の三角パッキンを交換する方法

必要な道具
・モンキーレンチ
・マイナスドライバー

 

単水栓の三角パッキンの交換手順
手順1.ハンドルを外す
手順2.ナットを外す
手順3.パッキンを交換する
手順4.ナットを取り付ける
手順5.ハンドルを取り付ける
手順6.水道の元栓を開いて水漏れが収まったことを確認する

ハンドルを固定しているネジドライバーで緩めて取り外します。その下にあるナットモンキーレンチで緩めて外すと、黒いゴム製のパッキンが現れます。パッキンを新品に交換したら、外したときと逆の手順で取り付けましょう。水道の元栓、または止水栓を開放して、水が漏れなくなっていれば修理は完了です。

単水栓のハンドルから水漏れを起こしている場合には、以上の方法でDIYでも修理することができるでしょう。

このほかに、パイプの先から水漏れを起こしている場合には水量調節のコマパイプの根元から水漏れする場合には「Uパッキン」というパイプの付け根のパッキンが原因であることが考えられます。それぞれ新しいパッキンに交換してください。

ただし、蛇口の水漏れはパッキンの劣化以外にもさまざまな原因で起こります。そして、蛇口の種類によって使われている部品が異なるため、原因の特定やDIYでの修理が難しい場合もあるのです。

蛇口の種類ごとに水漏れ修理方法が違う!

家庭で使われている蛇口には、大きく分けると以下の4つのタイプがあります。単水栓が水と湯のどちらか一方だけなのに対し、混合水栓は水と湯を混ぜて吐出することができる蛇口です。それぞれ修理方法が異なるので、ご自宅の蛇口がどのタイプか確認しておきましょう。

単水栓 水か湯のどちらか一方だけを吐出する
2ハンドル混合水栓 水と湯をそれぞれ別のハンドルで調節する
シングルレバー混合水栓 ひとつのレバーハンドルで水と湯の両方の量を調節する
サーモスタット混合水栓 サーモスタットカートリッジの働きで水と湯の混合量を自動調節する

シングルレバー混合水栓サーモスタット混合水栓の水漏れでは、水と湯の切り替えをおこなう「カートリッジ」という部品の劣化が原因であることも多いです。取り外して交換しましょう。

さらに、上記の蛇口のそれぞれに、設置場所が壁付きのものと台付きのものがあります。混合水栓であれば、水道管につながる穴がひとつのワンホールタイプと、ふたつに分かれたツーホールタイプがあり、種類ごとに使われている部品や内部構造が異なります。

水漏れの原因を特定して適切に修理するためには、蛇口の種類ごとの構造を熟知している必要があるのです。原因の特定が難しい場合や、交換方法がわからない場合には、プロに修理を依頼したほうが安全です。

また、近年家庭にも設置されるようになってきた手をかざすだけの「センサー式」の蛇口は、精密機器を内蔵しているため不用意に触ることはおすすめできません。こちらもプロに任せるべきでしょう。

蛇口以外でも水漏れは発生する!

ここまで、蛇口で発生する水漏れについて解説してきましたが、家庭内ではほかにもさまざまな場所で水漏れが発生することがあります。水漏れが起こりやすい場所として代表的なのは以下の8ヶ所です。

・トイレ
・洗濯機
・冷蔵庫
・給湯器
・洗面所
・キッチン
・お風呂
・壁

場所ごとに水漏れの原因は異なり、対処法もまったく違ってきます。蛇口以外の水漏れ修理について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

水漏れ修理はこれで安心!水漏れの対処方法や水道料金が高くなる理由

水漏れ発生箇所の特定は難しいことも多く、修理方法もじつにさまざまです。そのうえ、適切に修理をおこなわなければ、被害の再発悪化のおそれもあります。水漏れをDIYで修理するのは、あくまでも応急処置だと考えておいたほうがよいかもしれません。

生活110番に任せれば安心!

水漏れ修理のDIYは、パッキンの交換などの簡単な作業であれば可能でしょう。ただし、水漏れの深刻さによっては、プロでないと対処しきれないこともあります。また、比較的簡単な蛇口の水漏れであっても、原因や対処方法をきちんと見極めるためには水漏れ修理に関する知識が必要です。

少しでも不安を感じる方は、水漏れ修理はDIYではなく、プロに任せることをおすすめします。

生活110番では、水漏れの被害状況に合わせて、あなたに最適な水漏れ修理業者をご紹介いたします。DIYでの修理方法を調べてあたふたする必要も、修理に失敗して被害を拡大させてしまう心配もありません。

迅速で確実な水漏れ修理は、生活110番にお任せください!

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-12-19 15:42:19
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/157455/
家の修理
もしも水漏れが起きていることに気づいたら、被害が拡大する前にすぐに修理しましょう。水漏れが発生している場所が「蛇口」で、「パッキンの劣化」が原因なのであれば、DIYでの修理も可能です。ただし、水漏れの発生箇所がわからないときや、水漏れの程度がひどいときには、プロに依頼することをおすすめします!水漏れの発生箇所や原因を特定して適切に修理することは、知識や経験がなければ難しいものです。少しでもDIYでの水漏...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!