生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

水漏れ修理がしたいなら!業者の費用と選び方DIYの準備と方法について

投稿日:2019-08-02 更新日:2019-08-05

水漏れ修理がしたいなら!業者の費用と選び方DIYの準備と方法について

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

生活している中で水漏れが発生すると、「早く修理しないと!」と、慌ててしまうかもしれません。そんな時は、一旦落ち着き、まずは止水栓を締めましょう。止水栓が見当たらない場合は、元栓を締めてみてください。止水栓・元栓を締めることで、一旦は水漏れを止めることができます。

水を止めることができたら、水漏れの修理方法として、業者依頼とDIYに関して確認していきましょう。この記事では、業者に依頼した場合の費用はいくらなのか、DIYによる修理方法とはどういったものなのかをご紹介していきます。ご自宅の水漏れの種類を確認しながら読むことで、どちらの方法をとるべきかがみえてくるはずです。

水漏れ修理の費用相場

水漏れ修理を業者に依頼する場合、費用が発生します。一般家庭で水漏れ被害に遭いやすい場所ごとに、費用相場を確認していきましょう。

・トイレ……約3,000~5,000円
・洗面所……約3,000~5,000円
・キッチン……約3,000~5,000円
・お風呂……約3,000~5,000円
・水道管・野外……約4,000円~

上記でまとめた料金の目安は、業者に依頼した場合の「基本料金」です。通常、この基本料金に加え、「作業料金」や「部品料金」が追加されていきます。

作業料金は、工事の内容や難易度によって変動し、難しい工事であればあるほど高くなる傾向にあります。部品料金については、名前の通り工事に必要となる部品の費用です。水漏れ修理は、不具合のある部品の交換によって直されることもあります。工事で新しい部品が必要となる場合、部品料金が発生するのです。

また、業者によっては出張料金や夜間対応などによる時間外料金がかかってくる場合があります。見積りの際に、必ず確認しておくことをおすすめします。

水漏れ修理がしたいなら!業者の費用と選び方DIYの準備と方法について

たくさんある業者からどう選ぶか

一口に業者といっても、水漏れ修理ができる業者は数多く存在します。業者によって料金やサービス内容は異なるものなので、できればよい業者に依頼したいものです。そこでここからは、よりよい業者をみつけだすためのポイントについてご紹介していきます。業者選定の基準をあらかじめ知っておくことで、理想に近い業者をみつけることができるでしょう。

水漏れ修理がしたいなら!業者の費用と選び方DIYの準備と方法について

口コミや実績を確認する

業者に水漏れ修理を依頼するにあたって大切なことは、依頼先の業者の「信頼性」です。その信頼性はどうなのかを判断する指標として、口コミや実績を確認するという方法があります。

口コミは、実際にその業者を利用した人が残した評価です。その評価を参考にすることで、業者のよい点・悪い点がみえてくることでしょう。しかし、口コミをみる際は、「個人の感想である」ということは念頭に置いておかなければなりません。人によって態度や言葉の受け止め方は違うものなので、あくまでも参考程度に留めておくことが大切です。

実績に関しては、これまでその業者がおこなってきた工事の経験値を意味するものなので、充分に参考になります。業者によってこれまで手掛けてきた工事の数は違うため、できるだけ実績のあるところに依頼するとよいでしょう。また、「蛇口の水漏れなら蛇口工事の実績がある業者」というふうに、修理箇所ごとに焦点をあててみてもよいかもしれません。

相見積りを取る

前述の通り、業者によって作業にかかる費用は異なります。このことから、「依頼するのであればできるだけ安く済ませたい」とお思いの方もいることでしょう。そういった方は、相見積りによる業者の選定方法がおすすめです。

相見積りとは、複数の業者に見積りを取り、その内容を比較することを意味します。こういった方法をとることで、料金はどの業者が安いか、サービスに富んでいるところはどこかといったことが分かります。

また、複数の業者から見積りをだしてもらうということは、工事の適正料金や業者の受け答え方を知ることもできるということです。「あまりに安すぎる業者では心配」「優しい業者に依頼したい」とお考えの方にも、相見積りはおすすめの方法となります。

蛇口の水漏れなら自分でも修理できるかも

給湯器や配管関係など、造りが複雑な箇所の水漏れは業者による作業をおすすめしますが、蛇口の水漏れであればご自身でも修理できる場合があります。蛇口の水漏れは、主に部品の劣化が原因で発生します。そういった場合は部品を購入・交換するだけで水漏れ修理ができるので、DIYにチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

蛇口で水漏れが起こる原因

蛇口の水漏れの原因をみつけるためには、どこから水が漏れているのかに注目することが大切です。まずは下記を参考に、水漏れの原因を特定していきましょう。

・吐水口からの水漏れ……「バルブカートリッジ」と呼ばれる蛇口内部のパーツの劣化
・蛇口の付け根からの水漏れ……緩み、または「シールテープ」の劣化
・ハンドルの下からの水漏れ……「パッキン」と呼ばれる蛇口内部のパーツの劣化

水漏れ修理がしたいなら!業者の費用と選び方DIYの準備と方法について

蛇口の水漏れ修理に必要な道具

蛇口の部品の交換作業には、工具や新しいパーツが必要です。これらをあらかじめ準備しておくことで、作業をスムーズに進めることができます。蛇口の水漏れ修理に必要な道具は、下記の通りです。

新しいパーツ

水漏れの原因に応じて、バルブカートリッジ、シールテープ、パッキンなど、必要なパーツを用意しておきましょう。これらは、ホームセンターやネットで購入することができます。蛇口の種類に適したものでないと交換できないことがあるため、もし分からなければ蛇口の取扱説明書を持参し、販売店のスタッフに確認をとることをおすすめします。

モンキーレンチ

ナットを掴む幅が自由に調整できるモンキーレンチがあると、作業がはかどります。もしなければ、ナットのサイズに適したレンチを用意しておきましょう。

ドライバー

ハンドルを固定しているボルトを緩めたり、止水栓を締めたりするときに必要になります。蛇口の部品交換の場合、プラスとマイナスの両方が必要になることが多いです。

ピンセット

パーツによっては細かいものもあるので、ピンセットを用意しておくと便利です。

掃除用具

修理箇所によっては水垢やカビなどの汚れが目立つ場合もあるので、掃除用具も準備しておくとよいでしょう。タオルや歯ブラシがあると、細かなネジ山まできれいにすることができます。

蛇口の水漏れを修理する手順

蛇口の水漏れ修理の際は、止水栓を締めるため、その蛇口は使えなくなってしまいます。止水栓がない場合は元栓から締める必要があり、その際は家全体の水が止まります。そのため、水漏れ修理は事前準備とスムーズに作業をおこなうことが大切です。ここからは、作業の一連の流れを確認していきましょう。

手順①:止水栓で水を止める

蛇口に限らず、水漏れ修理の際は止水栓を締め、水を完全に止めます。水をとめずにそのまま作業をおこなうと、水が噴き出してしまい家の中が水浸しになりかねません。そうなると作業を続けること自体が困難になるので、止水栓は必ず締めてから修理をはじめるようにしましょう。

手順②-a:【パッキン交換の場合】ナットを外す

ハンドルを固定しているナットを緩め、取り外します。ハンドルが取れたら、内部にあるパッキンが確認できるはずです。

水漏れ修理がしたいなら!業者の費用と選び方DIYの準備と方法について

手順②-b:【カートリッジ交換の場合】ハンドルを外す

レバーを固定しているボルトを緩め、引き抜くようにして取り外してください。その後にカバーを外すと、既存のバルブカートリッジがあらわれます。

手順②-c:【テープシール交換の場合】蛇口を外す

蛇口を両手でしっかりとおさえながら左に回し、蛇口を外していきます。接続部分であるネジ山に既存のシールテープが巻かれているので、丁寧に取り外していきましょう。

手順③:パーツを交換して元に戻す

既存のパーツが確認できたら、交換作業をおこない、逆の手順で組み立てていきましょう。なお、新しいシールテープを巻く際は、右回りで巻くとよいです。入れ込む向きと合わせてテープを巻いておくことで、接続の際のテープ破れを防ぐことにつながります。

一連の交換方法について、うまくいかない場合や交換したけど水漏れがおこってしまうなどのトラブルがあった場合は、業者に依頼のうえ解決することをおすすめします。

まとめ

ご家庭で発生した水漏れは、DIYか業者に依頼することで修理することができます。水漏れ修理を業者に依頼する場合、「基本料金」のほかに、「作業料金」と「部品料金」が発生することに注意しなければなりません。

依頼先の業者を選定する際は、口コミや実績を参考にする、相見積りを取るというポイントを押さえておくことで、理想の業者をみつけることができるでしょう。

一方、DIYで蛇口の水漏れ修理をおこなう場合は、まずは水が漏れている場所を確認することが大切です。蛇口のように比較的簡単に直せるものであれば、ご自身でも対応することができるでしょう。しかし、給湯器や配管から水が漏れている場合は、複雑な作業になることも考えられるので、はじめから業者に依頼することをおすすめします。

専門的な知識をもたずして作業をおこなうと、水漏れが悪化してしまうこともあります。そうなると結局は業者に頼むことになるだけでなく、費用も高くついてしまうかもしれません。より確実に水漏れを直すためにも、業者依頼という方法を検討してみてはいかがでしょうか。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-05 15:00:58
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/156156/
家の修理
生活している中で水漏れが発生すると、「早く修理しないと!」と、慌ててしまうかもしれません。そんな時は、一旦落ち着き、まずは止水栓を締めましょう。止水栓が見当たらない場合は、元栓を締めてみてください。止水栓・元栓を締めることで、一旦は水漏れを止めることができます。水を止めることができたら、水漏れの修理方法として、業者依頼とDIYに関して確認していきましょう。この記事では、業者に依頼した場合の費用はいく...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!