生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレのつまりにはトイレのパイプクリーナーを!その使用方法とは

投稿日:2019-02-18 更新日:2019-08-08

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

普段生活をする上で、必要不可欠なもののひとつが、トイレです。そんな自宅のトイレがつまってしまって使えないとなると、大変ですよね。すぐに解消する必要があります。いざ、トイレがつまってしまうと、パニックになってしまうという方も多いでしょう。

トイレのつまりが、ものによって詰まっている場合は、パイプクリーナーの使用をおすすめします。トイレのパイプクリーナーには、主に2種類あります。それが、真空式パイプクリーナーと、ワイヤー式パイプクリーナーです。それぞれ、どのように使用すればよいのか、ご紹介します。また、おすすめの商品もぜひご参考くださいね。

トイレのつまりの原因となるのはなに?

そもそも、トイレのつまりの原因は、どのようなものなのでしょうか。多くの方が経験したことがあるのが、トイレットペーパーによるトイレのつまりです。トイレットペーパーは、過剰な量を一度に流そうとすると、トイレがつまってしまいます。たくさん使う際には、こまめに流す必要があるのです。

また、トイレットペーパーのほかに、トイレ掃除用のシートによってつまってしまうケースもあります。たとえ流せる掃除シートであっても、一度に大量に流してしまってはつまりの原因となります。

近年では、トイレに流せるポケットティッシュも発売されていますが、ほとんどのティッシュが流せません。ティッシュは通常水に溶けにくいように作られています。そのため、トイレに流しても溶けず、そのまま流れていくのでつまりの原因となってしまうのです。

トイレットペーパー以外のものを誤ってトイレに落としてしまい、流してしまうのもつまりの原因です。自宅のトイレでは、誤ってものを落としてしまったらなんとしてでも取ろうとしますよね。しかし、出先のトイレであれば、やむなく流してしまうという方も多いようです。

そのバレないように流してしまう行為は、そのトイレをつまらしてしまう大きな原因となります。出先であっても、もし異物を流してしまったり、トイレに落としてしまったら、その建物の管理者に連絡しましょう。

これらのものは、トイレのパイプクリーナーで対処できる場合がほとんどです。特に、トイレットペーパーや掃除シート、ティッシュなどはほとんどパイプクリーナーで解決できます。

しかし、パイプクリーナーで解決できないトイレのつまりの原因もあります。それが、尿石が蓄積してしまったことによるトイレのつまりです。尿石とは、尿に含まれる成分がほかの成分と反応を起こし、固まってしまうものです。これは、便器や配管に蓄積してしまいます。この尿石を放っておくと、トイレが流れにくくなり、やがてはつまってしまうのです。

また、まれにトイレの老朽化によってトイレの流れが悪くなり、つまってしまうケースも、トイレのパイプクリーナーでは対処できません。

また、トイレの劣化によるものは、業者への連絡が必要です。流れが悪いと感じるようになったら、完全につまってしまう前に、相談するのもよいかもしれません。

じつはトイレつまりには前兆がある

トイレのつまりの解消に役立つパイプクリーナーとは

冒頭で述べたように、トイレのパイプクリーナーには、大きく分けて2種類あります。それぞれ使い方が大きく異なるので、ご自身が使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

真空式パイプクリーナー

原理は「スッポン」と呼ばれるラバーカップと同じです。真空式パイプクリーナーのほうがラバーカップより吸引力が強いことで、確実につまりを取ることができるのが特徴です。

トイレの排水口部分に使用するゴム部分は、ラバーカップと同様の形をしています。ラバーカップには、和式用と洋式用があり、さらにはそのサイズも使用する排水口に合わせて選ぶことが必要です。和式トイレ用であれば、ドーム状で内側は空洞のゴムです。一方、洋式トイレ用は、ドーム状のラバー部分の中に、出っ張りがついています。

それぞれ、トイレの排水口に合った形になっています。また、キッチンや洗面所などに使用する際は、ご家庭の排水口の大きさに合わせて、場合によっては小さいものを使用したほうがよいこともあります。

ワイヤー式パイプクリーナー

ワイヤー式パイプクリーナーは、細い管の先端にらせん状のワイヤーが付いているものです。この細くて長い管をトイレの中に入れていき、物にあたって進まなくなったら、グリップを回します。そうすることで、つまりの原因となっているものにワイヤーが絡まり、それを引っ張ることで、つまりを解消することができるという原理です。

ワイヤー式パイプクリーナーは、どちらかというとトイレットペーパーやティッシュ、掃除用シートがつまったときに有効に使用することができます。ワイヤーに絡ませにくいおもちゃやペンなどを誤って流してしまった際には、少し難しいかもしれません。

防水

それぞれのパイプクリーナーの使い方

トイレのパイプクリーナーには、主に2種類あることがわかったところで、それぞれの使い方を見ておきましょう。

それぞれに共通して、使用する前にトイレのまわりが汚れてしまわないように、新聞紙や雑巾などで壁や床を覆っておくことです。特に真空式パイプクリーナーの場合、使用しているなかで汚水が飛び跳ねてしまう可能性が高いといえます。

真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーを使用する際には、水位を通常ほどに調節しておきます。トイレのつまりで、水位が多すぎたり、少なすぎたりするのを調節しましょう。

そのあと大きなゴミ袋の横と底を切り取り開いて、大きな一枚のビニールにします。大きなビニールを作ったら、その中心に真空式パイプクリーナーの真空ポンプ部分が入るほどの穴を開けます。その穴に真空式パイプクリーナーを上から通し、ビニールを便器全体を覆うようにかぶせます。そうすることで、汚水をできるだけ飛び散らなくしてくれるのです。

つまりの原因となるものを取り出す場合は、水から出した状態でポンプのハンドルを押しておきます。ラバー部分を便器の穴にセットし、ハンドルを引きます。これを何度か繰り返すことで、つまりの原因となっているものが出てくるはずです。

ワイヤー式パイプクリーナー

ワイヤー式パイプクリーナーは、商品によっては最初に組み立てる必要があります。それぞれの説明書に基づいて組み立てを行ってください。組み立てられたら、排水口に押し込んでいきます。

ワイヤー式パイプクリーナーの重要な役割を果たすのは、固定ネジです。このネジを締めると、ワイヤーとグリップ部分が固定されます。

ワイヤーを排水口に押し込んでいく際は、固定ネジは緩めたままにします。そして、ワイヤーをゆっくりと排水口の奥へ押し込んでいきましょう。この際、むやみにぐいぐいワイヤーを入れていってしまうと、ワイヤーの長さが足りず、ワイヤー全体が落ちてしまうことにもつながります。ゆっくりと進めていくことが大切です。

ワイヤーを進めていく中で、なにかにあたって先に進まなくなったら、固定ネジを締めます。あたったものがつまりの原因である可能性が高いからです。ネジを締めたら、グリップ部分を回します。グリップ部分を回すと、ワイヤーの先端が回転する仕組みになっています。

何度かグリップ部分を回したら、ワイヤーをゆっくり引いていきます。片手はワイヤーを雑巾などで拭き取っておかないと、引き抜いたワイヤーについた汚水で床や壁を汚してしまうことになります。

真空式パイプクリーナーでもワイヤー式パイプクリーナーでも、つまりが取れたからといって、すぐにレバーを回して水を流すのは危険です。十分につまりが解消していないと、水があふれてしまうこともあります。

つまりの原因となっていたものが取れたとしても、まずはやかんやバケツを使用し、ゆっくりと水を足してみましょう。水を加えても通常通りの水位を保っていれば、つまりが解消されている証拠です。

おすすめのパイプクリーナー3選

真空式パイプクリーナーとワイヤー式パイプクリーナーの使い方がわかったところで、おすすめの商品をご紹介します。トイレのパイプクリーナーを有効活用して、トイレのつまりを解消しましょう。

①【SANEI】真空式パイプクリーナー

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

SANEIの真空式パイプクリーナーには、使用したい箇所によってさまざまな種類があり、こちらの洋式トイレ用には、小さな排水口にも使える、付け替え用のラバー部分が付属しています。

真空式パイプクリーナーは、2つの使い方があります。先述したように、つまっているものを取り出したい時には、あらかじめポンプのハンドルを押した状態で水に入れます。そして、引っ張ることで、つまっているものが出てくる仕組みです。

②【ガオナ】これカモ 真空式パイプクリーナー

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

ガオナの真空式パイプクリーナーも同様に、2つの方法で使用することができます。また、こちらもここで挙げているトイレ・キッチン・浴室・洗面と全てに対応できるタイプ以外にも、キッチン・洗面に特化したもの、トイレと浴室に特化したものがあります。また、エアコン用まで販売されています。

ラバー部分を洋式用、和式用と両方にアレンジすることができます。通常時は洋式用の内部の出っ張り部分は、内側にしまわれた状態になっています。必要に応じて、その出っ張り部分を出せば、洋式トイレにも使える仕組みです。さらに、トイレのつまりとりの際にはどうしても起こってしまう水はねを軽減してくれる仕組みになっています。

③【安住商事】スプリングワイヤーブラシ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

安住商事から販売されているこのワイヤーは、3メートルもあり、トイレのつまりとりでは、ワイヤーが足りないことはないでしょう。

また、先端のワイヤー部分にも、工夫が施されています。通常はただのらせん状ですが、2段階のふくらみがつけてあります。そうすることで、よりつまりの原因を取り除きやすくしてあるのです。

そのワイヤーは、通常のものよりもしっかりしており、さらに長持ちします。しっかりと汚れの原因を取り除くことができるため、つまりの直接の原因ではなくても、髪の毛などの細かなゴミまで取り除いてくれます。

まとめ

トイレが詰まってしまったら、トイレのパイプクリーナーを使って解決することができます。トイレのつまりの原因として挙げられるのは、トイレットペーパーだけでなく、ティッシュや掃除用シートが詰まったり、異物を誤って流してしまうことなどです。

トイレが詰まったら、主に2つの方法で取り除くことができます。真空式パイプクリーナーは、ラバーカップと同様の原理でつまりの原因を取り除きます。一方、ワイヤー式パイプクリーナーは、排水口にワイヤーを差し込んでいき、先端のワイヤーでつまりの原因をキャッチする構造です。

どちらも、トイレのつまりを解消するのに大いに活躍します。使いやすい方法で、トイレのつまりを解消しましょう。もし、これらを使っても解消しない場合は、尿石の蓄積などつまりの原因が異なる場合があります。ご自身で試してみてつまりが解消しなければ、一度業者に調査を依頼してみてもよいでしょう。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-08 10:30:40
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/132565/
家の修理
普段生活をする上で、必要不可欠なもののひとつが、トイレです。そんな自宅のトイレがつまってしまって使えないとなると、大変ですよね。すぐに解消する必要があります。いざ、トイレがつまってしまうと、パニックになってしまうという方も多いでしょう。トイレのつまりが、ものによって詰まっている場合は、パイプクリーナーの使用をおすすめします。トイレのパイプクリーナーには、主に2種類あります。それが、真空式パイプクリ...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!