生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

これでトイレが直る!和式便器・洋式便器のつまりを直す方法を大解説

投稿日:2019-02-13 更新日:2019-02-15

これでトイレが直る!和式便器・洋式便器のつまりを直す方法を大解説

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

トイレは毎日の生活に欠かせないものですが、突然トイレがつまって水があふれてきたり、流れなくなったりといったトラブルが起きることがありますよね。

そんなときに、間違った方法で慌てて対処すると、余計に直りにくくなってしまうかもしれません。和式便器のつまりや洋式便器のつまりを直す方法を知っておけば、いざというときに慌てずに済むのではないでしょうか。

このコラムでは、トイレがつまる原因や和式便器のつまりと洋式便器のつまりの対処方法について紹介していきます。適切なトイレのつまりの対処法を知れば、いざというときにも安心できますね。

トイレが詰まる原因

トイレがつまる原因は実にさまざまです。トイレには和式と洋式があるので、和式便器のつまりと洋式便器のつまりでは対処法も違ってきます。

トイレのつまりの原因として多いのが、トイレットペーパーのつまりです。トイレットペーパーは水にとけるようにできています。しかし、一度に大量のトイレットペーパーを流すとトイレをつまらせてしまうことがあるそうです。また、トイレに流れるタイプの掃除シートも同様のトラブルが起きる原因となりますので流す際には注意しましょう。

他にも生理用品やおむつなど、水を吸いやすいものや、ポケットからスマートフォンやペンなどをうっかりトイレに流してしまうこともあるかもしれません。トイレの排水管はS字になっていて、水にとけないものは配管の中でつまる危険性が高いので気をつけましょう

和式便器のつまりも洋式便器のつまりも共通している原因は、一度に大量のものを流すことと、水にとけにくいものを流すことといえます。また、トイレ自体の老朽化が原因でつまりが起きているかもしれません。

トイレが詰まる原因

和式便器は配管が太くて詰まりにくい

一般的に洋式便器のつまりに比べて、和式便器のつまりのトラブルは少ないといわれています。構造上、和式便器の方が洋式便器よりも配管が太いため、洋式便器では流れないものも和式便器では流れる場合もあるからです。

また、最近のタンクレストイレなどの洋式便器は節水に配慮しているため、一度に流れる水の量も少なくなっています。そのため、流れがあまり強くないという側面もあります。一方、昔からある和式便器では節水への配慮はされていない場合がほとんどです。不経済なようにも思えますが、たくさんの水で流すため水の勢いで和式便器のつまりが起きにくくなっている一面もあります。

また、洋式便器に比べて、和式便器はものを落としても拾いやすい形状をしています。気がつかないうちに流してしまったというトラブルも防ぎやすいでしょう。

これらの理由により、和式便器は洋式便器に比べてつまりにくいといわれています。しかし、和式便器は地面に埋めこんだ形で設置してあるので、道具を使用してもつまりが取り除けない場合には便器を壊さないといけないこともあるようです。和式便器を長く使うためにも、なるべく異物を流さないように気をつけて利用しましょう。

放置していれば直る?

トイレのつまりを放置していて直ったという話を聞いたことがありますか?和式便器のつまりも、洋式便器のつまりも、時間がたつと直る場合があります。

トイレのつまりを放置していて直る可能性があるのは、トイレットペーパーなどの水にとけやすいものがつまっているときです。トイレットペーパーは水にとけやすいようにできているので、しばらく放置しておくことで流れやすくなることがあります。

同様に、水に流れるタイプの掃除シートや便がつまった場合も、しばらく放置することで直る場合があります。しかし、トイレのつまりはあまり気持ちがよいものではありませんし、放置したからといって必ずトイレが直るとも限りません。自分で直すことが難しければ、業者に相談するのもよさそうです。

トイレのつまりの直し方:①和式便器

和式便器がつまったときに、自分で直したいと思うこともありますよね。ここでは、つまりを直すために使う道具や、具体的な使い方について紹介していきます。

和式便器用のラバーカップ

自分で和式便器のつまりを直すときには、ラバーカップが使えます。和式便器のつまりを直すときには、ラバーカップがお椀の形をしているものを選びましょう。

まずは、ラバーカップを水に浸してください。余分な汚水はバケツなどで外へ流す必要がありますが、タンクの中にある程度水がないと、真空状態が作られないので十分な効果が得られません。ラバーカップは内側を真空状態にして引っ張ることで、つまりを解消するように作られています。

水に浸したあとは勢いよく押し込まず、ゆっくりとお椀の部分を内側にへこませるようにします。しっかり押し込んでこれ以上動かないところまできたら、勢いよくラバーカップを引っ張りましょう。

つまりが解消されると、水位が下がったり、水が流れるような音が聞えたりするはずです。まわりに水が飛び散らないようにあらかじめ床にビニールシートを張るなど、汚れないように工夫することをおすすめします。

トイレのつまりの直し方:①和式便器

ラバーカップ以外の方法

ラバーカップが家にない場合は、トイレにお湯を流すことでつまりを解消できることがあります。トイレットペーパーなど水にとけやすいものは、水温が上がるとやわらかくなりやすいからです。

他にも、重曹とお酢を使って炭酸ガスでつまりを解消させる方法もあります。まず、便器にたまっている水を抜き、重曹をふりかけます。その後、お酢をかけ、約40度のお湯を入れると、しゅわしゅわと泡立ってきます。十分に泡立ったらしばらく放置してください。この方法は、尿石などの汚れが原因でつまりが起きてしまったときに使えるそうです。

しかし、異物が排水管の奥深くにつまって自分では取れそうにもない場合には、無理に対処することはあまりおすすめできません。無理につまりをとろうとして、水を何度も流してあたりを水浸しにしてしまうことや、致命的な故障につながるおそれもあります。なかなか流れない和式便器のつまりは業者に相談して直してもらう方がよいでしょう。

トイレのつまりの直し方:②洋式便器

次に洋式便器のつまりを自分で直す方法や使用する道具について紹介します。

洋式便器用のラバーカップ

洋式便器のつまりには、洋式便器用のラバーカップを使います。和式便器は内側がくぼんだ形をしていますが、洋式便器にはドーム型の中央部が出っ張ったものを使います。

和式便器と同様に形が適していないラバーカップを使用すると十分に真空状態を作ることができず、効果を発揮できないことがあります。そのため、ご家庭のトイレに合ったラバーカップを使うことをおすすめします。

洋式便器のつまりを直す場合も、まずラバーカップをトイレの排水溝に押し当てます。ラバーカップがしっかり水につかるように水位を調整しましょう。

ラバーカップを勢いよくおすとつまりが解消されそうな気がしますが、余計に異物が押し込まれるおそれもあるので避けてくださいね。ラバーカップはゆっくりと押し込んで、グッと引き抜くことがポイントです。

ラバーカップ以外の方法

和式便器のつまりに比べ洋式便器のつまりが起きやすい原因として、排水管の細さや節水も考えられます。トイレットペーパーなどの水にとけやすいものがつまった場合には、勢いよくお湯を流してみてもよさそうです。

もし、お湯を使ってつまりを直そうとしている場合は、約40度前後のお湯を使うようにしてください。トイレは陶器でできているため、熱湯を流し込むとひび割れができて、そこから水漏れしてしまうおそれもあります。つまりを直したかっただけなのに、便器が使い物にならなくなる危険もあるのです。

他にも、ワイヤー式のトイレクリーナーもあります。トイレの排水口からワイヤーを差し込んでいき、異物をひっかけて取る方法です。しかし、ラバーカップやお湯を使う場合、素人判断で無理やり直そうとするのはかえって悪化させてしまうなどのリスクもあります。無理せず、業者を呼んで直してもらうことも大切です。

トイレのつまりの直し方:②洋式便器

まとめ

ここまで、和式便器のつまりと洋式便器のつまりの原因や、直し方について紹介してきました。水にとけやすいトイレットペーパーなどがつまった場合は、放置したり、ラバーカップを使って自分で直したりすることもできるかもしれません。

しかし、トイレのつまりの原因はさまざまなので、つまりの原因を見抜けないと、かえって大変なことになってしまうこともあり得ます。自分で判断することが難しいと思ったら、業者に相談して直してもらうことがよいでしょう。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4.7

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-15 10:24:19
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/132187/
家の修理
トイレは毎日の生活に欠かせないものですが、突然トイレがつまって水があふれてきたり、流れなくなったりといったトラブルが起きることがありますよね。そんなときに、間違った方法で慌てて対処すると、余計に直りにくくなってしまうかもしれません。和式便器のつまりや洋式便器のつまりを直す方法を知っておけば、いざというときに慌てずに済むのではないでしょうか。このコラムでは、トイレがつまる原因や和式便器のつまりと洋式...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!