生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレつまりはスッポンで解消!使い方のコツやお手入れ方法を紹介

投稿日:2019-02-12 更新日:2019-02-15

トイレつまりはスッポンで解消!使い方のコツやお手入れ方法を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家でトイレを使っていたら突然、いつもと違う音がしてドキッとされた経験はありませんか?
またいつもに比べて水の流れが悪くなったなと感じたら、それはトイレのつまりの前兆かも知れません。

そのようなことのないように普段から、きちんとしたトイレのメンテナンスをすることが、衛生面も含めて、快適にトイレを使っていくためにも、重要なポイントとなります。トイレのつまりはいつなんどき発生するか予想はできません。万が一のトラブルに備えて普段から、道具なども含めてきっちりとした準備をすることも大切です。

このスッポン、大変身近な製品ではありますが、そのメカニズムやまた上手く使いこなすテクニックなどに関しては理解されていないかたも多いのではないのでしょうか。身近な生活の知恵としておさえておきたい重要なポイントですので、参考にしてみてください。

トイレつまりがスッポンで解消できるメカニズム

普段の生活の中で、トイレを使わない日はないはずです。しかし、万が一のトラブルのときに、適切な対処方法まで知っているかたは少ないかも知れません。

昔から、トイレのつまりを解消する代表的なアイテムとして、スッポンは多くの場所で使われてきました。家はもとより、学校の清掃の時間などでトイレのつまり解消でスッポンをみたかたも多いのではないでしょうか。

スッポンの形状ですが、プラスチックなどの棒の先端にお椀のようなゴムでできている部品が取り付けられています。このゴムの吸引力を使って、トイレのつまりを直していくのです。

普段から使うホームセンターでの購入をはじめ、100円ショップでも気軽に購入ができる製品です。場所もとる製品ではないので、ぜひ、準備をしておきましょう。

スッポンを便器内部に挿入をして、スッポンを上下に動かしていきます。そうすると、吸盤の力を使って、便器内の奥深く、異物を除去して水の流れをよくすることができます。

じつはスッポンには和式用と洋式用がある

トイレのつまり改善用として、大変ポピュラーな製品である、スッポンですが、実はトイレの種類によって、製品が異なるということはご存じですか?

トイレには洋式と和式がありますが、実はそれぞれにあわせて、トイレのつまり対策のスッポンも使い分けなければいけません。

普段、スッポンといわれて先端のゴムの部分に出っ張りがなく普通のお椀のような形をしているのを頭に思い浮かぶのではないでしょうか。これは和式タイプの製品です。洋式タイプのスッポンも基本的には似たような形状をしていますが、先端部分が和式に比べて若干小さく、また出っ張っています。

形に違いはあれども、スッポンの使いかたには大きな違いはありません。便器の排水口の大きさによってもどんなスッポンが対応可能かどうか変わってくるのです。

じつはスッポンには和式用と洋式用がある

押すより引く!スッポンの上手な使い方

トイレがつまったときに、ただやみくもにスッポンを用意して便器に挿入をすれば事態が解決するかといえば決してそうではありません。トイレのつまりにスッポンを使うときにも細かなコツはありますので、その点をきちんと理解して使っていくことがより確実なつまり対策となります。

スッポンは挿入したあと、引っ張る力でつまりの原因となるさまざまな物体を取り除くことができます。家にあるスッポンで効率よく、つまりを直すにはこのようなテクニックをきちんと理解して使っていくことが大切です。

押すことで無理に水の流れを良くしようとすると、失敗してさらに奥に物体が押し込まれることとなり、結果として自分では手に負えないことになってしまいます。まずはあまり力をかけないで、スッポンを便器の奥にまで挿入していきながら、そこから一気に力を入れて、スッポンを引っ張りましょう。

1度の作業で改善される場合もありますが、つまりがひどい場合には複数回試すことで、徐々に改善が図られる場合もあります。便器内部を傷つけないように、慎重に作業をすることが大切です。

スッポンを使うときにあると便利なもの

このように何かと便利なスッポンですが、多くの異物によるトイレのつまりの改善には大変高い効果を発揮します。これを上手く使っていくことが、トイレのつまりを早急に解決するためには大切です。

ではトイレのつまりにスッポンを使って作業をするときにあわせて準備をしておくことで、より便利や高い相乗効果を発揮するものとはどのようなものでしょうか。

このような便器のつまりを改善するには、自分なりの防御方法を考えることも大切です。作業中に水がかかるなどのトラブルから自分を守っていくには家にあるビニール袋などを上手く使っていけば、簡単に対策をすることができます。

ビニール袋を切り開いて平面にします。その中央部に穴をあけて、棒の先端からビニール袋を入れます。そしてスッポンを便器内に挿入したさいに、そのビニール袋のカバーを便座の上に広げるようにします。

そのあと、スッポンを押したり引いたりしても、作業時に発生する水しぶきがそのビニール袋によって、体にあたるのを防ぐことができます。そのさいには少し大きめのビニール袋を用意しておいたほうがより安心に作業をしていくことができます。

スッポンを使ったあとのお手入れ

トイレのつまりをスッポンで効果的に改善をするには安価でスペースをとらない、このような製品を普段から上手く使っていくことが大切です。

大変身近で使いやすいスッポンですが、これは使用したあとでの、きちんとしたメンテナンスや仕上げが大切です。使用後のラバーカップのメンテナンスは、比較的簡単です。使用したあとは、主に汚れているゴムの部分を中心にきちんとした水洗いをすることが大切です。基本的には薬剤を使っての洗浄は避けましょう。

ゴムを強い洗剤で洗うことで、ゴムが傷んだり、変色が発生する可能性があります。汚れがひどいような場合には強い水流で洗い流して、天日干しなどできちんと乾燥させてから、収納しましょう。

スッポンがない…そんなときはペットボトルで代用

トイレのつまり対策用製品としてスッポンが有効です。しかし、家にいて突然トイレがつまってしまって困ったことはありませんか?

トイレのつまり対策用スッポンが自宅になく、次のかたが急ぎでトイレを使っていきたいような場合には、至急対応したいと考えるのではないでしょうか。

実は、ペットボトルを使うと、トイレのつまり対策にも十分な効果を発揮することが可能です。

まずは自宅にある不要なペットボトルを数本用意します。500ml程度のハンディなサイズのペットボトルのほうが取り回しがききます。

ペットボトルをスッポンのかわりとして使っていく部分は、注ぎ口がある端部分なので、上部はなるべく多く残すようにして、下部から数センチのところで切断します。

そしてペットボトルの切り取った部分を下にして、そのまま、便器の排水口の中に挿入します。ペットボトルの注ぎ口に指を添えながら、上下に動かします。その作業を繰り返すうちにつまりが改善されてくるのです。

非常に簡単で家で探せばすぐに準備できるのが、ペットボトルを使ったつまり対策です。

スッポンがない...そんなときはペットボトルで代用

トイレのつまりが直らない…原因と対処方法

トイレのつまりにはスッポンが古くから使われてきました。軽度のつまりから、重度なつまりまで、まずはこのスッポンを使っていくことで、効果的なトイレのつまり対策をすることができます。しかし、トイレのつまりは、異物がつまることだけでは原因ではない場合もあります。

普段の清掃をきちんとしておけば発生しないような、尿石が原因のつまりも考えられるのです。気づいたときには手遅れという場合もありますので、普段からきちんとしたお手入れを心がけていきましょう。

またトイレ設備自体が劣化しているような場合にも注意が必要です。タンクや排水管周辺の亀裂や破損だけでなく、便器自体の劣化が原因でつまりが発生する可能性も十分に考えられます。

一見して、トイレに不具合が感じられるような場合には、独自判断で処置をしないほうがよい場合もあります。我流で作業をすることがさらなるトラブルを招き、取り返しのつかない事態やばくだいな損害が発生するトラブルとなる可能性も否定できません。

そのようなときには業者へ連絡されてみてはいかがでしょうか。
普段当たり前のように使っていくのがトイレです。「あれっ」と思ったときには、信頼できる業者を選んで、スピーディーな復旧を目指したほうが、安心なのではないでしょうか。

トイレのつまりが直らない…原因と対処方法

まとめ

普段の生活の中で欠かせない設備が、トイレです。毎日の生活の中で大変汚れやすいので、普段から清掃などで衛生面をきちんと意識していきながら、快適に使っていけるように心がけていきましょう。

トイレのつまり対策用スッポンは昔からある大変身近な製品です。しかし、このスッポンの使いかたによって、その効果は大きく変わってきます。また和式、洋式トイレで、使用するスッポンも若干ですが変わってきます。

また使用後のメンテナンスを怠らないことが長くそして快適にスッポンを使っていくコツです。

トイレのつまりは軽度なうちにしっかりと直すことが大切ですが、つまりが頻繁に発生するようなときには、もっと抜本的な対策が必要な場合もあります。トイレの状態がいつもとは明らかに違うと感じられるようなときには、不安を感じるようであるならばまずは業者に相談されることをおすすめします。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-15 10:14:21
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/132032/
家の修理
家でトイレを使っていたら突然、いつもと違う音がしてドキッとされた経験はありませんか?またいつもに比べて水の流れが悪くなったなと感じたら、それはトイレのつまりの前兆かも知れません。そのようなことのないように普段から、きちんとしたトイレのメンテナンスをすることが、衛生面も含めて、快適にトイレを使っていくためにも、重要なポイントとなります。トイレのつまりはいつなんどき発生するか予想はできません。万が一の...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!