生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレのつまりは薬品で解決!重曹や強アルカリ洗剤でつまりを直そう

投稿日:2019-02-12 更新日:2019-02-12

トイレのつまりは薬品で解決!重曹や強アルカリ洗剤でつまりを直そう

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家で普段から使っているトイレが、ある日突然使用不可となったらびっくりしませんか?深夜や早朝に突然トイレが使えなくなることで、不安に感じられたときはどのような対処をしていけば良いのでしょうか。

トイレがつまったり、以前よりも水の流れが悪いなと感じられるような場合には、普段の清掃に加えて、つまり対策用にきちんとした対応をする必要があります。トイレのつまり対策といっても、程度によって色々な対策方法があります。

ここからは、トイレのつまりを薬品などを使って直す方法を紹介していきます。また家にある身近な製品を使った方法や道具を使った直しかたもあわせて紹介していきます。

緊急時のトラブルほど、焦って対処をすると被害を拡大させる原因となります。トイレのようになくては困る設備ほどきちんとした対処を考えることが大切です。

つまったら焦らず止水栓を止めよう

いつもと変わらずにトイレを使っていたら、あるとき突然使えなくなってしまったということも少なくありません。原因がわからないのに突然使えなくなったら、やはり心配ですよね、詳しい対処方法もわからないのに、ただ闇雲に、便器内をいじったりすることは、時に思わぬトラブルを引き起こす可能性も十分に考えられます。

このように、想定外の急なトイレのつまりなどに直面したときには、冷静な対処を心がけていきましょう。トイレがつまると、便器内から水があふれたり、便器内の水位が通常より高くなってしまっている場合が多いです。そのため、まずは便器内に流れる水を止める必要があります。このようなときに安全装置的な役割を果たすのが止水栓です。

止水栓は、便器によって場所はことなりますが、便器の背面に設置されているような場合が多いです。普段からのトイレのトラブルに備えて、止水栓の場所に関してはきちんと確認をするようにしておきましょう。

トイレのつまりが感じられたら、まずはこの止水栓をきちんと止める作業をしていきましょう。この作業をすることで、つまり除去作業をしているときにあやまって大量の水による2次被害の拡大を防ぐことができます。そしてトイレのつまりを薬品などを使って解消していきます。

つまったら焦らず止水栓を止めよう

紙類のつまりはお湯で解決する場合も

トイレのつまりといっても、原因はさまざまです。トイレットペーパーや代用として使ったティッシュペーパーのつまりや、あやまった解釈で流してしまったペットなどの排泄物や食品が原因となるような場合も考えられます。

こういった場合は、お湯でも十分に対応可能です。家のバケツや洗面器に約40℃前後のお湯を準備します。そして、一度に大量のお湯を使わずに、徐々に流し込んでいくことで、つまりが自然と解消されるようなケースもあります。

熱湯を急に便器に大量に流し込んでいくことで、便器自体の破損にもつながってしまいます。
それでも直らないような場合には、トイレのつまりに薬品を使うなど、別の方法で直していく必要があります。

紙類のつまりはお湯で解決する場合も

重曹やお酢でつまりを溶かす方法

家によくある重曹やお酢を使った便器つまりの改善方法があります。重曹は昔から家庭において大変身近な清掃道具です。

まずは重曹を準備します。これは現在家庭になくても、100円ショップなどでも簡単に手に入ります。そして、重曹をお湯で溶かし、便器内にまきます。

次にお酢を併用していきます。お酢には、普段の使用で便器内に堆積した、尿石を除去する働きがあります。重曹と併用することで、大変高い洗浄効果が発揮できます。トイレのつまり用に薬品が手元にない場合に試してみてはいかがでしょうか。

尿石のつまりは強アルカリ洗剤が有効

重曹やお酢を使った洗浄方法が、値段的にもまた家にあれば、時間的にもすぐにトイレのつまりを改善する方法となります。しかし、トイレつまりの程度がひどい場合には、市販の洗剤を使っていくことをおすすめします。

強アルカリ洗剤は、トイレがつまったときや普段の清掃にも大変便利です。自分で作った強アルカリ性洗剤よりも強度な洗浄能力があります。これを上手く使っていきながら、お湯で、汚れを流したり、スッポンを上手く併用することでより確実な便器つまりの対策をすることができます。

しかし、きちんとした普段からの清掃をすることが、急な便器のつまり対策などにも重要です。強アルカリ洗剤は、そのようなトイレのつまり対策や普段からの清掃用にも家に常備されておくことをおすすめします。

トイレつまり対策用薬品やお手入れ道具も、ドラッグストアなどで簡単に入手することができますので、日頃から家に常備をしておけば安心なのではないでしょうか。

薬品を使わない詰まりの直し方

重曹やトイレつまり対策薬品などが、普段から家にない場合は、どうようにトイレの洗浄をしていけば良いのでしょうか。

トイレのつまり対策として家に常備しておきたいのがスッポンです。スッポンですが別名ラバーカップといわれています。プラスチックの棒の先端におわん型のゴムでできたカップがついています。
これを使っていけば、万が一のときに家で慌てないで、つまり対策をすることができます。

トイレがつまったさいには、これを便器内部に挿入します。そしてこのスッポンを上下させることで、トイレのつまりを解消させることができます。つまりを上手に改善させるコツは、上に引っ張るときに力を加えることです。過度に力を入れて、スッポンを動かすことで、便器内部を傷つけたりするなどの弊害をもたらします。

また便器内にあふれた水に対して、スッポンを挿入するため、水はね対策をきちんとすることも大切です。ビニールの手袋などで、衛生面にもきちんと配慮して作業をしましょう。

スッポンも値段の安い製品であるならば、100円ショップでも気軽に購入できます。また、ビニール袋も特別に費用が発生するわけではなく、家に普段からあるものを使用するだけです。それほどコストがかかる方法ではありませんので、家に普段から常備されておくことをおすすめします。トイレつまり用薬品よりも安価に対応できるかも知れません。

ラバーカップの使い方

色々試してもダメなら業者へ依頼を

家で普段からある身近な製品を使うと、トイレのつまり対策をすることができます。

普段からきちんとした、清掃やメンテナンスをすれば、トイレのつまりの発生はおさえられるかも知れません。しかし、トラブルはいつ何時襲ってくるかはわかりません。初めてトイレのつまりに遭遇されたかたやまたトイレのつまりの程度が、重症な場合もあります。そのため、安易に自分で作業をしないで、まずは止水栓をとめてから、業者へ相談されることをおすすめします。

家の近くにある業者へまずは、冷静に状況を伝えてその判断やアドバイスを参考にしていきましょう。水回りのトラブルは対策を間違えることで、さらなる大きな被害へと拡大する可能性も十分に考えられます。

つまり問題を自分で解消しようとすることで、便器の破損などで、修理金額がさらに高額になるおそれも十分に考えられます。そうならないようためには、業者へ依頼して抜本的な対策並びに、今後の予防方法などもあわせて確認されることをおすすめします。

普段から使っていく大切なトイレですから、トイレつまり対策の薬品などで、メンテナンスを日頃からきちんとしていきながら、つまり対策をすることも大変重要です。

まとめ

トイレのトラブルは日常、大変発生しやすいものです。毎日使う製品ですから、劣化や消耗も大変激しいのがトイレです。通常の使用とおりに使っていれば問題ないのですが、緊急時などはトイレに誤って異物を落とし、そのまま流してしまうなどしてしまうおそれもあります。

そのようなとき、自分で解決をすることが難しいようであるならば、きちんとした業者へ依頼して処理や復旧をしてもらいましょう。お湯や重曹、お酢などの身近な商品でも改善を図れる場合もあります。またトイレつまり対策用の薬品を使うこともできます。

しかし、問題がそれほど簡単ではないような場合も十分に考えられます。自分で処置をして、復旧の見込みがたたなくなるようではいけません。少しでも不安に感じるのであれば、初動の段階で業者に相談をされることをおすすめします。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-12 13:23:20
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/132030/
家の修理
家で普段から使っているトイレが、ある日突然使用不可となったらびっくりしませんか?深夜や早朝に突然トイレが使えなくなることで、不安に感じられたときはどのような対処をしていけば良いのでしょうか。トイレがつまったり、以前よりも水の流れが悪いなと感じられるような場合には、普段の清掃に加えて、つまり対策用にきちんとした対応をする必要があります。トイレのつまり対策といっても、程度によって色々な対策方法がありま...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!