生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレつまりは業者にまかせるべき?早めに依頼したほうがよいケース

投稿日:2019-02-15 更新日:2019-02-18

トイレつまりは業者にまかせるべき?早めに依頼したほうがよいケース

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

普段から当たり前のように使っているトイレですが、あるとき突然使えなくなったらと想像したことはありますか?朝、起きて、身づくろいもできていないのに、トイレが使えなかったりするとなんだかゾッとしますね。

トイレのつまりの予兆は、あるときから異音がしたり流れが悪くなって水位があがったりするなど、事前に感じられる場合が多いのです。また、便器の内部になにかを落としてしまうなど不測の事態が原因でおこることもあります。

このコラムでは、毎日の生活の中で欠かせないトイレのトラブルに関して解説していきます。トイレのつまりの原因から、修理にかかる金額、復旧作業を自分でおこなうべきかに関しても触れていきます。

トイレのつまりは業者に依頼したほうがスムーズなのか判断の軸を紹介します。また、実際に業者に依頼をしたときには、どのような作業や料金となるかをみていきましょう。

トイレのつまりを引き起こす原因

トイレのつまりと言っても、その原因はさまざまです。トイレは家で毎日のように使っていきます。その点を考えると、やはりきちんとした方法で普段からのメンテナンスをしていきたいものですね。

いざ使おうと思ったときに、トイレがつまっていて慌てふためくことは避けたいものですね。ここからは、トイレのつまりを引き起こす種々の原因に関して紹介していきます。なにごともそうですが、原因をきちんと理解することが最適な対策やトラブルの予防につながるのです。

トイレットペーパー

トイレットペーパーを一度に大量に使うことで、流しきれずにつまりを引き起こすことがあります

ティッシュペーパーなどその他の紙類

家にトイレットペーパーがないときには、急場しのぎでティッシュペーパーを代用することもあるかも知れません。ティッシュペーパーは水にとけにくい性質があります。そのため何度も流していくうちに堆積してしまい、つまりの原因となるケースも十分に考えられます。

トイレ周辺の備品

またトイレの中に誤って異物を流してしまうトラブルにも、トイレがつまる大きな原因となります。たとえばスポンジなどのトイレの掃除道具や、芳香剤のフタなどが代表的です。また、特にユニットバスタイプを使っている家庭では、シャンプーや洗面道具などが誤って落ちてしまう可能性が十分に考えられます。

また、最近では無線環境で使えるデバイスが家庭内においても増えています。スマートフォンやゲーム機などをトイレで使用していると、ごくまれですがポケットなどから落下してしまうこともありえます。

以上が代表例ですが、それ以外にも配水管やタンクのトラブルなど、一朝一夕には解決が図れない問題も多くあります。トイレのつまり修理を業者に依頼するまえに、つまりが発生したら、考えられる原因をまずは把握するようにしてみてはいかがでしょうか。

トイレのつまりを引き起こす原因

こんな場合は早めに業者へ依頼

トイレがつまったときには、まずは自分で即座に直したいと考えるかも知れません。しかし、トラブルに遭遇した直後に安易に自分で復旧作業をしないほうがよいケースもあります。落ちた物品を取り除くだけの簡単な作業ならよいのですが、つまりが深刻なケースでは、トイレのつまり修理は業者の力を借りなければならないこともあります。

ここからは業者へ依頼したほうがスムーズに問題解決につながる代表的な修理例を紹介していきます。ここからの内容を参考にしていきながら、判断軸をもたれてみてはいかがでしょうか。

先ほども少し解説をしましたが、トイレに自分の持ち物などが落ちてしまい、水を流す前に気がついたときにはすぐに救出作業をすればよいのです。しかし、水を流した直後に誤って落としてしまったときにはどうしたらよいのでしょうか。

ホームセンターなどで、ラバーカップという商品をみたことはありませんか?棒の先端にゴム状の吸盤がついており、それを便器内に挿入して上下させることでつまりを改善させる道具のことです。普段から家に常備されているかたも多いのではないでしょうか。

しかし、これ以外のケースではなるべくはやく業者へ依頼や相談をしたほうが便器の破損や水があふれるなどの2次被害を避けることができます。ここからは、重症なトイレのつまり原因や業者へ依頼したほうがよいと思われる処方法を紹介していきます。

トイレつまり業者はどんな作業をするの?

自分でトイレの修理作業をすることに抵抗を感じるときに、業者に依頼して作業をすることとなるのです。では実際には業者はどのような方法で作業をしていくのでしょうか。トイレのつまりの原因によっても変わってきます。ここでは具体的に作業の内容を確認していきましょう。

トイレのつまり問題で業者が請け負ってくれる作業内容は大変多岐にわたります。基本的なつまりの修繕から、ときには配水管全体の修理まで大変幅広いです。簡単なつまりなどなら自分で直せると思っていても、自分で無理に作業をすることで、便器自体の破損などを引き起こす可能性も十分にありえます。

自分でつまりを修理するときには、ラバーカップなどの入手しやすい商品で作業をすることができます。つまりの程度がひどい場合には、業者はラバーカップよりもさらに吸引力が強いローポンプなどを使って、作業をします。

また配水管やタンクなどの破損が確認できるようであるなら、急ぎで業者に連絡を入れましょう。水回りのトラブルは、長時間放置することで被害がどんどん拡大していきます。このような事態になると最終的には修繕箇所が広がっていきながら、さらに費用もかさむこととなります。

便器自体の破損や割れなども同様です。つまりの修理を自分でするときに熱いお湯を使うことで便器が割れることもあります。普段とは違うなと感じたら作業を即座に中断をして業者に連絡を入れましょう。

トイレつまり業者はどんな作業をするの?

業者に依頼した場合の料金相場

いざ、トイレのつまり修理を業者に依頼しようとして、気になるのがお値段ではないでしょうか。自分でやるほうが費用面で安くなると考えるかたもいるはずですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

修理は常に手間や危険性がともないます。つまりの程度によっては、業者に依頼したほうが総合的にお得となるケースもあるのです。ここからは業者にトイレ修理を依頼したときの料金の相場に関して説明していきます。

業者によっても料金設定は異なりますが、まずは基本料金として出張費がかかることがあるのです。出張費は無料での出張から、距離や時間によっては5,000円以上発生する可能性もあります。可能な限り、自宅近くの業者を探して依頼してみてはいかがでしょうか。

作業費、技術加工費

作業にかかる費用ですが、作業費や技術加工費という名目で請求されることが多いようです。これも無料で設定して、部材などの実費のみ請求するところもあれば、約5,000円前後を請求する業者など、さまざまです。電話やインターネットでの見積りのさいに、確認されることをおすすめします。

材料費

次にかかってくるのが、材料費などです。故障の程度によって異なってきますが、パッキンなど、細かな部品で500円前後、タンクのレバーなど少し大きな部品ですと、約2,000円前後の費用が発生します。

実際の作業にかかる費用ですが、つまりの原因を除去する作業ですと、約5,000円から始まります。また便器の部品を取り外す作業ですと、約1万5,000円以上かかってしまうケースもあります。

さらに大掛かりな作業である便器自体を取り外す作業になると約50,000円とかなり高額な費用が発生することも十分に考えられます。以上の金額を総合的に考えた費用全体の目安ですが約10,000円から故障によっては約50,000円となります。

一体いくらの費用が発生するかは不安に思われるかたは、まずは業者に故障の詳細な内容を伝えていきましょう。そこで伝え漏れなどがあると、実際の修理金額との間で差異が発生する可能性があります。

じつはトイレつまりには前兆がある

トイレがつまるのは物を落とすなどして突然起こることは少なくありません。しかし、毎日徐々につまっている場合、前兆があるそうです。どんなケースがあるか見ていきましょう。

異音

まずは、音に注目していきましょう。トイレのつまりが発生すると、トイレを流したさいに異音がするケースが多いのです。いつもと違って音が濁っているときには、注意が必要です。目に見えない場所で、トイレがつまっているケースも十分に考えられます。

水位の上昇が確認される場合

次に、便器内の水位があがるケースです。細かな異物が便器内にたまっていくことでどんどん、流れが悪くなり、時間がたつに連れてどんどん水位があがっていきます。便器内には使用にともなって尿石などがどんどんこびりついていきます。この尿石がつまりの大きな原因となるようです。

また以前よりもレバーをおして水を流すさいに流れが悪いと感じられるときには、排水管やタンクの故障が考えられます。配水管の亀裂などで水漏れが発生していれば、早急な対策が急務となります。自分で対処が難しい場合は、トイレつまりを業者に対応してもらうことをオススメします。

じつはトイレつまりには前兆がある

古いトイレは交換も視野に入れよう

トイレのつまりなどのトラブルが頻繁に発生したときには、いっそのこと便器自体を交換されることを検討されてはいかがでしょうか。最近家を建てたかたは、最新式のトイレがあらかじめ設置されていますが、古い家では旧式のトイレをずっと使っている家庭が多いのです。

家全体のリフォームは費用面でも見送りたいと考えることも多いかも知れませんが、トイレの便器や周辺の簡単なリフォームなら費用を安くおさえることができます。トイレの軽度な故障も放置するといずれは大きなトラブルにつながりかねません。都度、修理費用や手間がかかるのであれば、いっそのこと新しいトイレに交換したほうが経済的かも知れません。

最新式のトイレは省エネにも配慮した製品が多いです。毎日使う商品ですから、最新式の商品のほうがコストパフォーマンスに優れているかもしれません。トイレのつまりを業者にみてもらうときに、あわせて商品カタログなどあれば持参してもらってみてはいかがでしょうか。

まとめ

トイレは普段の生活にいて欠かせない、住宅上の設備です。トイレのトラブルは普段の使用の中から発生しやすい大変身近なものです。普段からそのような点を意識していきながら、清掃などのさいに、きちんとした対処を意識することが大切です。

トイレがつまったさいの対処には自分でおこなう方法と、業者に依頼しておこなう方法があります。つまりの程度や原因によってとるべき方法は変わっていきます。まずは普段の使用の中でトイレのつまりかなと感じられたら、冷静にどの箇所に原因があるかの切り分けをしてみてはいかがでしょうか。

つまりの原因となる物体によって、自分でラバーカップなどを使って簡単に対処できる問題なのか、業者に依頼すべきか変わってきます。いずれにせよ、問題が大きくなるよりは、トイレのつまりは業者に依頼して素早い対応をしたほうがよいかは変わってきます。

水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「水漏れ修理・トイレつまり工事」をご覧ください。

水のトラブルを迅速解決!
到着までにかかる時間 最短15
※対応エリアや加盟店によって変わります
「夜中にトイレが詰まった」「蛇口から突然水が噴き出した」など水トラブルの多くは突然発生します!24時間365日対応だから早朝・深夜のご相談もお任せください。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
キッチン・洗面・トイレ・浴室など、あらゆる水トラブルに対応!
水のトラブル 8,000円(税抜)~
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-18 10:38:16
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_water_leak/131886/
家の修理
普段から当たり前のように使っているトイレですが、あるとき突然使えなくなったらと想像したことはありますか?朝、起きて、身づくろいもできていないのに、トイレが使えなかったりするとなんだかゾッとしますね。トイレのつまりの予兆は、あるときから異音がしたり流れが悪くなって水位があがったりするなど、事前に感じられる場合が多いのです。また、便器の内部になにかを落としてしまうなど不測の事態が原因でおこることもあり...
シェアリングテクノロジー株式会社

水漏れ修理・トイレつまり工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

水漏れ修理・トイレつまり工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!