生活110番辞典 家の修理

買い替えよりも安い!簡単な網戸張り替え方法

網戸を何年も使っていると、ところどころにほつれたりや穴が開いてしまうことがあります。そのままにしておくのは見た目が悪いですし、穴からハエや蚊が入ってきてしまうこともありますので、できるだけ早めになんとかしたいものです。
でも、そのときはぜひ買い替えではなく、網戸の張り替えをご検討ください。
買い替えよりもずっと安く済みます。
「でも、網戸の張り替えって面倒くさいでしょ…?」と思っている皆さん、そんなことはありません。
網戸を簡単に張り替えるにはちょっとしたコツと、手順を覚える必要がありますが、その価値は十分にあります。

簡単に網戸を張り替える方法は?

網戸はその名の通り、サッシに網が張ってあるだけの単純な構造です。構成しているのはサッシ部分、網の部分、それに網をサッシに固定するためのゴムビート(ストッパーみたいなもの)です。順を追って網戸の張り替え方法をご紹介します。

必要な道具

Photo by Amazon
網戸を張り替えるには専用の道具があった方がスムーズに作業ができます。
・カッターナイフ
・交換用のネット
・交換用のゴムビート
・網戸クリップ
・網戸ローラー

網戸の張り替え手順

1網戸をサッシから取り外す
面倒くさがらず、まずは網戸を取り外してみましょう。網戸は窓枠のレールにはめ込まれているので、そのままでは外れません。
網戸をすこし上に持ち上げると、下側のレールから外れますので、そのまま上側も外すことができます。

2ゴムビートを取り外す
網戸を張り替えるためには、ゴムビートをサッシから外す必要があります。まずはストッパーであるゴムビートを取り外しましょう。
ゴムビートは細長いゴムのひものようになっています。どこかに切れ目があるはずなので、そこから外すことが可能です。

3網を外す
網を外すときは、サッシの溝の中に網戸がちぎれて残ってしまうことがあります。古い網が残ったままだと、新しい網をはめ込んだときに浮いたりズレたりすることがあるので、念入りに掃除しておきましょう。

4新しい網をセットする
新しい網をセットするときには、網戸のサイズよりも若干大きめに網をカットしましょう。でないと、ゴムビートで固定したときに網が外れることがあります。


5網とサッシを固定する
網戸クリップで網をサッシと固定します。これにより、あとの工程で網がズレ最初からやり直し、ということがなくなります。

6ゴムビートを押し込む
まず、ゴムビートを網とサッシの間に押し込んで固定します。
このとき、サッシの角から押し込むようにすると作業がスムーズです。角を一箇所押し込んだら、サッシの【短い辺】から網戸ローラーを使ってゴムビートを押し込みます。

7網のサイズの調整
ゴムビートが一周したら、余ったゴムをカットして、残りの部分をきれいに押し込みます。
それが終わったら、余っていた網をカッターナイフでカットして、サイズを調整します。

網戸張り替えにかかる費用

網戸の張り替え費用は、もちろん網戸の大きさに左右されます。トイレや浴室など、小さい窓にくらべれば、吐き出し窓のような大きな窓は倍近くの費用がかかる場合があります。
一般的な相場だと、
また、張り替えのために揃える道具類も、新しく買い直すのであればそれも初期投資ということで費用に加わります。

意外と多いのが、自分で張り替えようとして失敗するパターン。簡単とはいいましたが、慣れないうちはミスも付き物。網のサイズを測り間違えたり、ゴムビートを切りすぎてしまうのに備えて予備の資材も必要かもしれません。

網戸の張り替えにも意外と費用がかかるのです。そこで網戸の張り替え業者の出番です。
業者に頼むと余計な費用がかかるのでは?と思われるかもしれません。
でも、自分で網戸を張り替えて失敗したときのことを考えれば、意外と安くつくという考え方もできます。
自分でやろうかどうしようかと迷ったら、まずは網戸張り替えのプロに頼んでみるのもおすすめです。

網戸張り替えはどんな業者に頼めばいい?

網戸張り替えを業者に頼むといっても、ほとんどの方が業者に頼むのははじめての経験ではないでしょうか?
張り替えを依頼する業者の選び方としては、以下の4つのポイントがありますので、参考にしてみてください。

お住いの地域の業者である

お住いの地域を営業エリアにしている業者に頼むというのは、当たり前のように見えますが大事なことです。
皆さんだけでなく、ご近隣の方もこれからその業者に依頼されるかもしれないのですから、張り切って仕事をしてもらえるかもしれません。

見積りをきちんとしてくれる

網戸の張り替えを依頼するときに、どのくらいの費用がかかるのか、きちんと見積りをしてくれるところが望ましいです。
口頭で「◯◯◯◯円ですね」といわれただけだと、何にいくらかかるのかわかりづらいですし、ひょっとすると張り替えが終わったら費用が変わっているかもしれません。

土日祝日でも対応してくれる

お仕事の都合で、平日は家にいられない方も多いでしょう。休みの日も対応してくれる柔軟な業者の方が、スケジュールも合わせやすいです。

皆さんの感覚

抽象的な選び方ですが、感覚というのも重要です。網戸とはいえ自分の家の大事な設備です。それをまかせられそうな業者かどうかを見極めるのは、最終的には依頼をする皆さんの感覚次第です。
少しでも不安を覚えるような対応であれば、依頼しない方が安全です。

まとめ

破れたりほつれたりした網戸は買い直すのではなく、張り替えることで買い直すよりも安く済ませることができます。
網戸の張り替えは、専用の道具とコツと手順を覚えれば、比較的簡単に行なえます。しかし、慣れないうちは色々とミスやトラブルも付き物です。
網戸の張り替え業者に頼むことできれいに網戸を張り替えてもらうことも可能なので、一度ぜひ、ご検討してみてください。
その際は、地元の業者や、しっかりと見積りをしてくれるところ、土日祝日でも対応してくれるところ、なによりもまかせても安心と思える業者に依頼するようにしましょう。

『生活110番』をご利用いただければ、お住いの地域の『網戸の張り替え業者』をお探しいただけます。ご利用、お待ちしています。

最新記事

0120-949-986