生活110番辞典 家の修理

新しい畳ほど要注意!?畳にカビが生える原因と対策方法

古い畳よりも、新しい畳の方がカビの発生につながりやすいということをご存知でしょうか?もしかしたらそもそも畳にカビが生えるということ自体があまり知られていないかもしれません。畳が新品といえるのは1年~2年ですが、新品ほどカビが繁殖しやすい傾向があるというのは驚きですね。畳にカビが発生しやすい時期と合わせて気を付けたいところです。

畳は日本の気候に合った床材ですが、湿気には弱い性質でもあります。畳が古くなると緑色だった表畳が褐色に変わっていきます。畳の寿命は10年ほどだと言われていますが、畳は日頃のお手入れ次第で「持ち」が驚くほど変わる床材なのです。

そんな畳にカビを発生させることで、寿命をいたずらに短くしてしまうのは残念なことです。そこで本稿では、畳の性質を知り、カビ対策にもつながる日々のお手入れ方法を学んでいきましょう。

畳に生えるカビとは?

畳のカビとは一体どこに発生するのでしょうか?畳表は天然のイ草で作られているため、そのイ草の部分でカビが発生している場合がほとんどなんです。またカビの発生時期は、6月~9月に偏る傾向があるため湿度の高い状態が続く季節には注意が必要であるといえます。

カビの胞子は非常に小さいので目では確認できませんが、空気中を漂っているカビの胞子が表畳に付着しただけでは、カビの発生とはなりません。しかしカビの胞子が付着したときに、カビの発生条件が満たされていると付着した場所で繁殖を始めます。

表畳で発生する初期のカビは、「アオカビ」が多いです。このアオカビの繁殖を放置してしまうと、クロカビやアカカビだけでなく色々なタイプのカビの繁殖へとつながっていきます。

畳にカビが生える条件と原因

カビの発生する条件とは?

カビの発生条件には4つの要素が絡んでいます。「湿度・温度・空気・養分」です。この中でも特に必要なのが、温度と湿度です。およそ20~30度の温度と、75%以上の湿度が保たれるとカビが繁殖する条件となります。

表畳に使用されているイ草の性質が原因に

天然のイ草は、湿度の高い日本の気候に適した素材です。空気を吸収し放出を行ってくれる性質があるため、湿度を調節してくれるだけでなく、空気中のホコリを吸着してくれる機能が畳には期待できるのです。

しかしこのイ草の自然効果も、あまりに湿度が高い状態が続いてしまうと飽和状態となって機能しなくなってしまうようです。今度は逆に空気中の湿気をイ草はどんどんと吸収してしまい、カビがより発生しやすくなってしまうのです。長く使われた表畳はイ草がつぶれているので、湿度を吸収する機能が衰えていますが、新しい畳は強く機能しています。そのため新しい畳の方にカビが発生しやすいのです。

畳にカビを取る方法

カビの発生状況が軽度の場合

パッと見ただけではカビの発生を感じられないような初期の段階でも、表畳に触れると違和感がありカビの存在に気が付くことがあります。この時点で気が付けた場合は対応が簡単です。

軽いカビを取る方法は以下の手順で行ってください。一連の手順を4回ほど繰り返します。

  1. 1.天気の良い日に窓を開けて、よく換気する
  2. 2.掃除機を畳目に沿うように使用し、カビを吸い取る
  3. 3.乾いた布やぞうきんで、畳目をしっかりと乾拭きする

こちらの効果を高めるポイントは、掃除機を軽く浮かせるように持ち、ゆっくりとかけることです。というのも掃除機のファンでカビの胞子が舞ってしまうと、再び畳に付着させてしまうことになります。その予防として、掃除機の本体を持ち上げながらゆっくりとかけることが効果的なのです。

最近ではカビやハウスダストをまき散らしにくい構造の掃除機も出てきました。使用する掃除機のタイプにこだわってみてもいいでしょう。また、掃除の際には換気性を高めるため、風の通りを考えながら窓を開けるなど工夫があるとさらに効果的です。

畳全体に5mmほどのカビが発生しているとき

畳全体を覆うほどカビが繁殖していると、さらに対策が必要です。上記の方法であらかたカビを落としたあと、晴天の日を選んで畳を陰干しして乾燥させる必要があります。畳の陰干しは3~4日ほど行えるのが理想です。この時、畳を日光に直接当てると、畳が日焼けを起こしてしまいますので、日陰干しができない場合は、表畳面を裏返して使用する面を日焼けから守りながら乾燥させましょう。

簡単な畳のカビ予防法

カビが発生しやすい環境を生かした予防法

風通しが悪い環境で畳を使っていると、どうしてもカビが発生しやすくなります。例えばコンクリートで作られているマンションやアパートは、風を通しにくい環境と言えます。

また戸建住宅であっても、日中に家を空ける機会が多い方は換気が十分でなくなるので、ケアが必要です。和室を閉め切る時間が長いとカビが発生しやすくなってしまいます。家具などの配置によっても風通りが悪くなるので、カビが発生しやすい環境が整わないよう部屋のレイアウトにも配慮しましょう。もちろん新しい畳の上に敷物をすることは控えてください。

マメなお掃除でカビ対策を

畳の日々のお手入れとして有効なのは、畳にも掃除機をかけることです。ホコリはカビを発生させる要因の1つです。年に2回ほど押し入れやタンスの裏側などのホコリを取ることで、カビはより発生しにくくなります。掃除のとき家具を移動させることで風を通すことにもつながります。

風通しをよくする

雨の日に換気をすると、畳が湿気を吸収してしまうので注意が必要です。湿度65%以内を目安にして、日を選びながら換気をしてください。

エアコン・除湿機を使用する

部屋の構造上、換気が難しく除湿ができない場合は、エアコンの除湿機能や除湿機を利用することによって、湿度をコントロールしカビを発生しにくくしましょう。

まとめ

温度と湿度の条件が整うと畳の上でカビが発生してしまいます。できるだけ風通しをよくし、除湿を心がけることが何よりのカビ対策となります。また日々のお手入れとして、こまめな掃除を心がけることもカビ予防につながります。フローリングだけでなく畳にも掃除機をかけ、家具の間にもホコリを溜めないようにすることで、畳を長持ちさせることができますよ。

また今回ご紹介したカビ対策でも畳のカビが十分に取れない場合や畳が寿命を迎えているは、一度畳のプロに相談してみてはいかがでしょうか?「生活110番」では「畳張り替え」のプロたちをお探しいただけます。カビのない新鮮な畳で、快適な和室ライフをお過ごしください。

最新記事

0120-949-986