生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

おしゃれに障子をリメイクしよう!あなたにぴったりの素材は?

投稿日:2018-02-07 更新日:2019-08-07

おしゃれに障子をリメイクしよう!あなたにぴったりの素材は?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

和室は日の光を通す障子を使用しています。障子は部屋を仕切るために使われますが、今、障子がインテリアとして注目され始めています。

和としての伝統を感じさせると同時に、洋室にも取り入れやすい障子はオシャレなインテリアとして認識されているのです。

障子は様々な素材を利用してオシャレを演出することができます。好みで障子をリメイクして、自分だけのオリジナルの障子を作ってみてはいかがでしょうか?

今回はリメイクに使える素材や方法について考えてみたいと思います。楽しんでインテリアとしての障子を作ってみてくださいね。

障子をリメイク!…その前に

障子を好みのデザインにリメイクするには、張り替えのときと同じように古い障子紙をはがす必要があります。
もしきれいにはがせなくて古い障子が残っていると、新しい素材がしっかりと張れない可能性があるのです。

まずは障子の正しいはがし方を覚えて、オリジナルな障子にリメイクしていきましょう。

正しい障子のはがし方

和紙の障子紙を使用していた場合は、水で障子紙を濡らしてはがしていきます。
スポンジやタオル、ハケに水を含ませて障子の外周・桟に沿って付けてあるノリの部分を湿らせてください。このとき障子の桟全体を洗ってしまわないようにしましょう。乾いたときに桟が変形して、戸が反ってしまうことがあります。
5~10分程置いておいたら、端の方からゆっくりとはがしてください。力を入れなくてもはがれていきます。

はがし終わった障子戸は障子のはがし残しや、ノリが残っていないか確認します。残っていた場合は濡らしたタオルできれいにふき取ってください。

すべての作業を終えたら、障子戸をそのまま乾かします。障子戸が濡れていると、リメイクするときに新しい障子紙や使う素材が障子戸にくっつかない場合がありますので注意しましょう。

障子のリメイクは古い障子紙を剥がすことから始まります。正しい手順でキレイにはがしておくことをおすすめします。


ファッション障子紙 プリント模様 94cm×3.6m巻(約2枚分) ×2セット リトルフラワー(ベージュ)・FP-003

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

障子のリメイクに使える素材①布

普段見ている障子には、和紙でできた障子紙が張られていることが多いと思います。
しかし、障子紙として使用できる素材は紙だけではありません。デザイン性の高い素材も使えるので、部屋の印象をガラリと変えることができます。

障子に張れる素材の1つに布があります。柄が豊富なので好みやインテリアに合わせて使用できます。紙に比べて丈夫なこともあり、破れる心配もありません。
また、強力両面テープや画びょうで簡単に障子戸に張りつけることができます。

布を全面に張っても華やかですが、和紙の障子戸を部分的に切り抜いて布を切り張りしてもオシャレになります。障子のリメイクの中でも手軽にできますので、好みにあわせて上手に布を活用してみてください。

障子のリメイクに使える素材②ガラス

窓ガラスに目隠しとして使う窓ガラスシートというものがあります。この窓ガラスシートを使うと、オシャレに障子をリメイクすることができます。

窓ガラスシートも布と同じように、両面テープで障子戸に張り付けていってください。
窓ガラスシートが粘着シートになっている場合は、裏紙をつけたまま利用するようにしましょう。

布と同じように、窓ガラスシートも切り張りして使うことができます。
シンプルなガラス模様や、ステンドグラスのように華やかなデザインのものなどさまざまな種類のシートが市販されています。好みのものでリメイクして、日の光でキラキラ輝くガラスの障子を楽しんではいかがでしょうか。

      障子のリメイクに使える素材②ガラス

障子のリメイクに使える素材③プラダン

プラダン、プラスチックダンボールをつかって障子をリメイクしていくこともできます。
ポリプロピレン樹脂を原材料にしたプラスチックダンボールは加工がしやすく、丈夫なのが特徴です。障子戸の木枠に合わせてカットし、両面テープで張り付けて使ってください。

プラスチックダンボール自体は半透明の飾り気のないものが多いですが、ウォールステッカーを貼ってカスタマイズできるのが最大の魅力です。
様々なステッカーを組み合わせて、自分好みのオリジナルの障子を作ることもできますよ。

丈夫で個性的な障子を作りたい方にはおすすめの素材かもしれませんね。

まとめ

和室にかかせない障子は、インテリアとしての機能も持っています。シンプルな和紙の障子紙もいいですが、素材を取り入れてみると雰囲気が変わるのでおすすめです。

今回は布、ガラスシート、プラダンを使った障子のリメイクをご紹介させていただきました。和紙の障子紙から他の素材に変えることで、より丈夫にすることができます。安全面でも、素材を変えてみてもいいかもしれません。

全面を張り替えて華やかにするのも、切り張りしてデザイン性を追求するのは楽しいと思います。好みに合わせて障子のリメイクを存分に楽しんでみてくださいね。

こだわりの仕上がりに!
お客様に合わせた張り替えをご提案!
※対応エリアや加盟店によって変わります
材料費と作業費込みの分かりやすい価格設定でお客様にあった張り替え方法をご提案します。素材にこだわりたいといったことも可能ですので、一度ご相談ください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
畳、襖、障子、網戸など様々な張り替えに対応しています。
畳・襖・障子張り替え 2,500円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-07 15:50:29
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_tatami/36817/
家の修理
和室は日の光を通す障子を使用しています。障子は部屋を仕切るために使われますが、今、障子がインテリアとして注目され始めています。和としての伝統を感じさせると同時に、洋室にも取り入れやすい障子はオシャレなインテリアとして認識されているのです。障子は様々な素材を利用してオシャレを演出することができます。好みで障子をリメイクして、自分だけのオリジナルの障子を作ってみてはいかがでしょうか?今回はリメイクに使...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 畳・襖・障子張り替え

畳・襖・障子張り替えのお問い合わせ・ご相談はこちら

畳・襖・障子張り替えについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!