生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

網戸のゴムは張り替え時に交換しよう!購入前にサイズの計測を!

更新日:2021-04-30

網戸のゴムは張り替え時に交換しよう!購入前にサイズの計測を!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家庭で使っている網戸に穴があいたり亀裂が入ったりしていることがありませんか。また小さなキズが広がって虫が入ってきたという人がいるかもしれません。そのような網戸の不調のときは網戸を張り替えることを考えると思います。

網戸を張り替える際にはゴムや専用のローラーなどを揃える必要があります。簡単に購入することができますが、網戸のゴムには注意が必要です。お使いの網戸に合ったものでないとせっかく購入しても使えない、なんてことが起きるのです。

網戸のゴムにどのような注意が必要なのでしょうか。今回は網戸の張り替え時に用意するものの注意点について取り上げます。注意点を確認してしっかりと張り替えの準備ができるようにしましょう。

網戸の張り替えの際ゴムは基本的に新しいものにしよう

網戸の張り替えをするときは、必要なものがあります。それは張り替え用の網戸のゴムです。網戸の網はサッシの枠に細長いゴムを押し込むことで固定されています。網戸には専用のゴムがあるのです。

網戸を張り替えるときは、そのゴムは基本的に新しいものにしたほうがよいです。その理由は、古いゴムは老朽化しているからです。老朽化するとゴムが破損につながります。破損したゴムがあった部分の網は、取れ始めてしまうのです。

網戸は少しの原因から破損が広がりやすい性質があります。一か所はがれるとはがれた網がどんどん広がって穴ができ、網戸としての性能を発揮できなくなります。そのためまだ使えると考えず、張り替える際は新しいゴムを使用することが大切です。

      網戸の張り替えの際ゴムは基本的に新しいものにしよう

網戸のゴムはサイズを測ってから購入しよう

網戸のゴムにはサイズがあります。サイズにはゴムの太さと長さがありますが、長さはメジャーなどで簡単に測ることができますから間違えないようにしましょう。

サイズを測るのが難しいのがゴムの太さです。網戸に使うゴムは直径が2.8mm~6.8mmまであり、このあいだに3.5mm・4.5mm・5.5mmといった規格があります。

ゴムの太さは単位がミリなので、少しの違いが大きくなります。そのため測り間違える可能性があるのです。

サッシの枠を図るだけでは太さを間違えることがあります。網戸を張り替えるときは、押さえゴムを少しだけ出してみて少しでも正確に測るようにしましょう。

あまりミリまでわかるメジャーは少ないため正確にわからないという人がいると思います。しかし安心してください。網戸に使うゴムはちょうどか少し大きめのものが使用できます。また、太さを変えることができるゴムも売られています。

太さを変えることができるゴムは、細いゴムの上に太いゴムが重なってできています。太さによって外側のゴムをはがすことでゴムの直径を変えられるようになっています。

網戸を張り替える際には、網戸用のゴム選びが大切なことがわかりました。では、網戸を張り替えるときにはゴムのほかに用意するものは何でしょうか。みてみましょう。

その他網戸の張り替えで必要なもの

網戸用のゴム以外に、網戸の張り替えで必要なものはこちらです。

・新しい網
網戸をはめるサッシの枠より大きめのものを選んでください。サッシの枠4辺から10cmほどはみ出る程度の大きさがあれば大丈夫です。

・マイナスドライバー
古い網を押さえているゴムを取り外すときに使います。

・押さえローラー
押さえローラーとは、ゴムをはめ込むときに上から押さえて使用するためのものです。専用のものになると思いますが、インターネットなどで購入することができ、数百円と安価です。

・カッター
張り替えたあと余分な網をカットするときに使用します。

・仮止め用クリップ
網を張り替えるときに仮止めができたほうが張り替えをスムーズにおこなえます。サッシの枠を挟めるほどの幅がないといけません。

これらの準備が必要になります。新しい網以外はすべて新品で揃えても1,500円程度で購入することができます。

では実際に網戸を張り替える方法をみていきましょう。

      その他網戸の張り替えで必要なもの

網戸を張り替える方法

網戸を張り替える方法はこちらの手順です。

①マイナスドライバーで古い押さえゴムを取り外す
②古い網を外す。
③新しい網をゆがみに気を付けてセットする。
このときサッシの枠から少しはみ出るように調整します。また、10cmほど余裕を持たせたところでカットします。
④サッシの短い辺から網戸のゴムを押さえローラーで押し込んでいきます。1周するようにおこないます。
⑤半分終わったらゴムを少し引っ張りながら押さえていくとピンと張った状態にできます。
⑥1周したらはじまりのゴムの先端とぴったり合うようにゴムをカットします。
⑦新しい網の余分な部分をカッターで切ります。

網戸の張り替えの手順はこのような手順です。この作業は平らでスペースが確保できる大きな空間でおこなってください。障害物があると、張り終わったときに網がゆがんでいることがあるため注意しましょう。

まとめ

家庭の網戸は古くなったら張り替える必要があります。網戸は穴や亀裂などの小さな破損がのちに張り替えの原因になることが多いです。その原因の中に、網戸のゴムが古くなったことで押さえていた網が取れてしまうということがあります。そのようなときは網戸を張り替えましょう。

ゴムの破損が網戸の張り替えにつながるため、網戸を張り替えるときは新しいゴムを使い張り替えることが大切です。そのときには使用するゴムのサイズを測ることが重要です。使っているサッシの大きさや枠の太さを考えて購入しましょう。

またゴム以外にも網戸の張り替えには必要なものがあります。中には専用のものがありますが、新品で購入しても安く手に入ります。張り替えの方法もひとりでできるくらい簡単なものですから、網戸に不調があったときは自分で張り替えることができるでしょう。

ひとりでおこなうのに不安があったり協力してくれる人が近くにいなかったりする場合は、網戸の修理を業者におこなってもらいましょう。

畳・襖・障子張り替えを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「畳・襖・障子張り替え」をご覧ください。

こだわりの仕上がりに!
お客様に合わせた張り替えをご提案!
※対応エリアや加盟店によって変わります
材料費と作業費込みの分かりやすい価格設定でお客様にあった張り替え方法をご提案します。素材にこだわりたいといったことも可能ですので、一度ご相談ください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
畳、襖、障子、網戸など様々な張り替えに対応しています。
畳・襖・障子張り替え 2,800円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:4.4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の修理 畳・襖・障子張り替え

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!