生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

網戸に穴が開いても慌てない!すぐに塞げる3つの方法を紹介します。

更新日:2021-04-30

ムカデが何度も出るのは、ムカデが住みやすい環境だからかも

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「最近家の中によく虫が入り込んでくる……」そう感じたときには網戸をチェックしてみてください。穴が開いているかもしれません。

網戸に開いた穴をそのままにしておくと、虫が入り放題になってしまいますよね。そのままにしておくと虫は入り放題、もしかしたら入り込んだ虫が家に住みついてしまうかもしれません。

穴を見つけたらすぐにふさいでしまうことをおすすめします。
網戸の穴を塞ぐ方法をご紹介しますので、状況にあった方法で塞いでしまいましょう。簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

網戸の穴の塞ぎ方①【補修用シールを貼る】

網戸に穴が開いてしまった場合、補修用のシールを使うと手軽に穴を塞ぐことができます。

・イワタニ SAH-8ST 網戸補修シート8枚入 48mm×48mm

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

このような、市販されているものを使用して穴を塞いでいきましょう。シールはカットされた網戸シートに粘着テープがついていて、網戸に貼り付けて補修できるようになっています。網のカラーは色々なものが市販されていますので、使っている網戸の色に合わせて購入することをおすすめします。

また、ただ穴を塞ぐだけじゃない補修用シールもあります。

・網戸パッチDECO 7ショク AMD-110

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

網戸のデコレーションするためのものですが、穴が開いたときの補修にも使っていただけます。網戸でもおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

網戸の穴の塞ぎ方②【穴を縫う】

網戸に開いている穴が裂けたような小さいものだったときには縫いとめる方法もおすすめです。網戸に穴が開いてしまうと、穴の周囲が広がっていって穴がどんどん大きくなってしまいます。これをふせぐために、穴の部分をかけはぎのように網戸の目を利用して縫っていくのです。穴が開いたばかりのときに、有効な補修方法といれるのではないでしょうか。

網戸の穴の塞ぎ方③【網を張り替える】

網戸の穴が大きくなってしまったり、穴の数が多いときには網を張り替える方が効率がいいのではないでしょうか。網戸の張り替えは個人でもおこなうことができます。張り替えのポイントを紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

網の選び方

網戸を選ぶときには、色と網の目の大きさを参考にして選ぶとよいといわれています。色はグレーが一般的ですが、黒色は室内から外をキレイに見通すことができます。外からは中が見えずに内側からは外がきれいに見える外側が銀、内側が黒色になっている網戸もあります。

網の目の種類はメッシュという単位で示されています。1メッシュが1インチの間に何本の糸が入っているかをあらわしているので、小さな虫が気になるところではメッシュの数字が大きいものを選ぶと良いでしょう。

張り替えに必要な道具

網を選んだら、張り替えに必要な道具を用意します。

・網戸張替ネット
・網戸クリップ
・ローラー
・網戸用ゴム
・網戸専用カッター

以上のものが市販されていますので、使いやすいものを用意してくださいね。

張り替える手順

網と道具の準備ができたら、実際に張り替えていきます。

(1)古い網を取り外す
まずは、古いネットを取り外していきましょう。古い押さえゴムの切れ目を探して浮かせてください。浮かせたゴムを引っ張り取り外します。抑えゴムが外れると、古い網を取り外すことができます。

(2)網を切ってクリップで止める
新しい網をサッシの上に広げてクリップで軽く固定します。サッシの大きさよりも余裕をもたせて大まかに切ってください。ネットを切り取ったら、クリップを使ってしっかりと4隅を固定します。

(3)押さえゴムを押し込む
クリップで止めた網の上から、押さえゴムを押し込んでいきます。
ワンタッチローラーを使って、ゴムの端を5cm程度残した状態でサッシの隅に押し込みます。残した5cm程度の押さえゴムを隅に押し込んでから、サッシの枠に沿ってゴムを押し込んでください。ゴムがサッシを1周したらカットし、残りのゴムを押し込みます。ゴムを抑え終わったら余った網部分を切り取って作業完了です。

穴が開いたときだけでなく、網目のたるみやゆるみが起きたとも交換目安になります。
網を交換して新品同様の網戸を取り戻してみてはいかがでしょうか。

まとめ

市販されている補修用シールを使えば簡単に穴を塞ぐことができます。デコレーションできるおしゃれなものもありますので、補修するときにインテリアとして意識してみてもいいかもしれません。

小さい穴であれば縫い付けることで補修することも可能です。
もしも補修用シールなどで対応が難しいほどの状態に網戸がなっていたら、網を張り替えてしまう方がいいかもしれません。張り替え方をご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

張り替え作業に不安がある方は、無理せず網戸張り替えのプロにご相談ください。早くてキレイに張り替えをしてくれます。網戸の穴をしっかり塞いで、快適に網戸を使ってくださいね。

こだわりの仕上がりに!
お客様に合わせた張り替えをご提案!
※対応エリアや加盟店によって変わります
材料費と作業費込みの分かりやすい価格設定でお客様にあった張り替え方法をご提案します。素材にこだわりたいといったことも可能ですので、一度ご相談ください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
畳、襖、障子、網戸など様々な張り替えに対応しています。
畳・襖・障子張り替え 2,800円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の修理 畳・襖・障子張り替え

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!