生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨漏りの原因で考えられるのはこれだ!あなたのお家は大丈夫?

投稿日:2018-04-18 更新日:2018-09-28

雨漏りの原因で考えられるのはこれだ!あなたのお家は大丈夫?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

雨漏りは屋根や天井から発生するものというイメージが強いかもしれませんが、実は屋根からだけでなく、窓や外壁などからも発生することがあります。

雨漏りを放置しておくと家自体を傷めてしまうこともありますので、雨漏りが起きたらなるべく早く、どこで起こっているのか、原因や場所をつきとめたいものです。

このコラムでは、雨漏りの原因となる場所について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

雨漏りの原因となる場所①屋根の劣化

まず、雨漏りの原因のひとつに屋根の劣化があります。屋根材の種類ごとに劣化の仕方が違うので、それぞれ見ていきましょう。

ここでは、一般的な屋根材である、スレート屋根と瓦屋根の雨漏りについて紹介していきます。

スレート屋根の雨漏り

スレート屋根とは薄い板状の屋根で、寿命は約20~25年ほどといわれています。劣化すると、スレート屋根がひび割れたり、隙間などをふさいでいるコーキングがはがれたりしてしまいます。これが原因で雨漏りが起こることがあります。

瓦屋根の雨漏り

瓦屋根の寿命は約50~100年といわれていますが、雨や直射日光を受けることで瓦が劣化していくことがあります。それにより浮き上がりやずれ、ひび割れ、はがれなどが起こり、雨漏りの原因となる場合があるのです。

雨漏りの原因となる場所②屋上防水の劣化

雨漏りの原因は、屋根上防水の劣化にもあります。屋上の防水工事をしっかりとおこなっていても、下記の原因によって劣化することがあります。

時が経つことによって劣化する

防水工事を行っていても、常に直射日光の影響を受け、激しい雨などが当たることで屋根にダメージが蓄積してしまい、劣化していきます。

コケなどの藻類やカビが発生する

コケなどの藻類やカビは、暗い湿気の多いところに発生しやすく、屋根の裏などに生えることが多いです。カビや藻類を放置することで、屋根がいたみ、雨漏りの原因になってしまうことがあります。

他にも、外壁やベランダなど雨漏りが起こりやすい場所がいくつかありますので、次の章でご紹介していきます。

       .雨漏りの原因となる場所②屋上防水の劣化

その他雨漏りの原因となる場所

雨漏りの原因は屋根以外にもいくつか存在します。ではどんなところから雨漏りしてくるのでしょうか。一般的に多いといわれている場所からご紹介してきます。

外壁

外壁に雨や直射日光などが当たることでダメージが蓄積し劣化し、雨漏りの原因となってしまいます。

外壁の雨漏りを放っておくと、雨水がどんどん内部へ入り込んでしまい、家の柱など腐らせてしまうおそれもあります。その結果、外壁だけでなく家の寿命が短くなることもあるのです。

ベランダ

ベランダの窓の間にはシーリング材が施してあることがほとんどです。シーリング材とは、気密性や防水性を高めるために窓の隙間などに使う建築材料のことです。
ベランダに雨や直射日光などが当たるとこのシーリング材が劣化して、雨漏りの原因となるのです。

ほかにも、ベランダのひび割れにより隙間から水が入り込むこともあります。また、ベランダの排水溝が詰まってしまい、水があふれて雨漏りしてしまうということもあるので注意する必要があるでしょう。

窓にあるシーリング材の劣化や、窓枠周辺の外壁のびび割れが雨漏りの原因になります。雨や直射日光を受けることで、ダメージが蓄積してしまい劣化してしまいます。

      その他雨漏りの原因となる場所

雨漏りの原因や場所がわからないときは

雨漏りをしていても、場所や原因がわからないということも多いです。雨漏りは、目に見えないような小さな穴からも入り込んでしまうため、素人が見てもわかりにくくなっているのです。

そのため自分で調べると、雨漏りの原因に時間をかけてしまうこととなり、雨漏りの被害は悪化してしまうかもしれません。

また、原因を調べようとして雨が降っているときに高い屋根に登ると、すべって落下する危険性もあります。
もし雨漏りを見つけて、自分でどうにもできないと思った場合は、無理せず業者へ依頼することをおすすめします。

雨漏りの原因や場所がわからないときは

まとめ

雨漏りの原因には、屋根や屋上防水の劣化のほかにも外壁などの劣化やひび割れ、ベランダの排水溝の詰まりなどがあります。

雨漏りはほんの小さな隙間から起こることもありますので、原因を自分で突き止めるのはなかなか難しいかもしれません。

雨漏りが起こったらなるべく早めの措置が必要ですが、自分で一生懸命雨漏りの原因を探しているうちに、被害を大きくしてしまう可能性もあります。

また、屋根に落下の危険性や雨漏りの悪化、雨漏りの修理費用がさらに増えてしまうといった可能性もあるので、注意する必要があります。

無理だと思ったら自分で修理せず、業者へ依頼することをおすすめします。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 09:53:10
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/62802/
家の修理
雨漏りは屋根や天井から発生するものというイメージが強いかもしれませんが、実は屋根からだけでなく、窓や外壁などからも発生することがあります。雨漏りを放置しておくと家自体を傷めてしまうこともありますので、雨漏りが起きたらなるべく早く、どこで起こっているのか、原因や場所をつきとめたいものです。このコラムでは、雨漏りの原因となる場所について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!