生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨漏り調査で雨漏りの原因を特定!調査方法や業者の選び方もご紹介

更新日:2021-04-30

雨漏り調査の費用ってどのくらい?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

雨漏り調査では、雨漏りの原因を特定することができます。調査することによって、住宅構造や住宅に使われている資材について熟知しているプロに、徹底的に原因を追究してもらうことができるからです。調査で原因を特定すれば、雨漏り修理に役立てるだけではなく、再発のリスクを抑えることもできるでしょう。

この記事では、雨漏り調査が必要な理由やその方法など、雨漏り調査を依頼するうえで知っておきたい情報について解説します。この記事を読んで雨漏り調査の必要性ややり方、費用相場などを知って、調査を依頼するかどうか判断してみてください。

雨漏り修理に調査が必要な理由

雨漏りを完全に食い止めるために大事なことは、まず原因を突き止めることです。実際には、雨漏りの工事の多くは、事前に正確な原因を突き止めずにおこなわれる場合も多いようです。

しかし、原因が分からない状態で修理すると、工事が完了しても雨漏りが改善されなかったり、一時的によくなっても再度雨漏りが発生したりといった状態になってしまうのです。

何度も工事をおこなうだけの予算があればいいですが、それでも費用をできるだけ安く抑えられることに越したことはありません。不要に工事回数が増えて費用がかさむことのないように、修理工事に取り掛かる前には事前の雨漏り調査はおこなうべきだといえます。

屋根から雨漏りする原因

屋根からの雨漏りの原因のひとつに、”屋根材や部品の破損”があります。たとえば、台風などの影響による屋根の板の破損やヒビの発生、屋根の最上部にある棟板金が強風によって浮いてしまうなどがそれにあたります。

しかし、雨漏りの原因はさまざまであり、雨漏りしたからといって必ずしも屋根材や部品の破損が原因だとは限りません。たとえば、屋根のコーキング材に原因があることもあります。

コーキング材とは、屋根から雨漏りがしないように、瓦同士の隙間など、屋根にある隙間を埋めるために使われるものです。しかし、コーキング材は、経年劣化や温度差によって歪みが発生することがあります。その結果、ひび割れ・剥がれが生じ、雨漏りが起こってしまうことがあるのです。

雨漏りの原因は屋根の破損だけではない

雨漏りの原因は、屋根だけではなく、壁や窓枠、天窓など別の場所にあることもあります。壁は、経年劣化でひびが入ることによって雨漏りの危険性が高くなります。また、窓枠も経年劣化で歪みが出てしまうと、そこから雨水が侵食してくる原因となるでしょう。さらに、天窓部分の施工不良なども雨漏りの原因としてはよく見られます。

このように、雨漏りの原因がさまざまであることから、入念に調査をしなければ原因を突き止めることはできない場合が多いのです。

雨漏り調査で分かることは?

雨漏り調査では、おもに以下の2つのことが分かります。

・雨漏りの原因
・雨漏りが影響している範囲

雨漏りの原因の特定というのは、調査のもっとも大きな目的でもあります。目視調査や散水調査などによって、現在発生している雨漏りを完全に食い止めるための急所を特定できる、つまりどこを修理したらよいのかを知ることができるのです。なお、目視調査や散水調査などの詳しい調査方法については、次の章でご説明します。

また、室内で発生する雨漏りがどのような経路をたどってきているのかといった範囲の特定も調査の大きな目的のひとつです。たとえば、屋根が原因で雨漏りが起きた場合、屋根部分の原因箇所からストレートに水が垂れてくることはまれで、多くの場合には屋根部分の骨組みを伝ってきます。

この経路を特定することで、今後新たに雨漏りが発生する可能性の高い場所や、水が伝ってくることによる木の腐敗なども見つけることができます。

雨漏りはどんな方法で調査する?

雨漏り調査はご自身でおこなう方法もありますが、知識や技術がない状態で作業をおこなうと雨漏り被害が大きくなってしまうおそれがあります。雨漏りは被害場所や状況を正確に確認する必要があるので、DIYでは判断がつきにくいことが多いのです。

雨漏り調査は、修理をおこなってくれる業者に依頼するほうが安心でしょう。業者がおこなう雨漏りの調査方法には下記のようなものがあります。

目視調査

調査にとって必要なのは、まず見ることです。そのため、雨漏り調査をするときにはまず目視で確認する”目視調査”をおこない、雨漏りの原因の見当をつけるのです。ただ、雨漏り調査を目視調査だけで済ませるのは不十分だといわれています。目視で原因となる箇所の見当をつけられたとしても、そこが雨漏りの原因とは断定できないからです。

たとえば、目視でヒビを見つけ、そこが原因だと思っても実際には「雨漏りの原因は別の場所だった」というケースもあるかもしれません。より正確な雨漏り調査のためにも、目視調査だけではなく、以下からご紹介するほかの調査をあわせておこなってもらったほうがよいでしょう。

散水調査

散水調査とは、一般的な方法のひとつとして用いられている調査で、目視調査とあわせておこなわれることが多いようです。散水調査では、ひび割れている場所や雨漏りをしているおそれのある場所に水を撒くことで、実際に漏水するかどうかを調べます。

散水調査は家屋を濡らす必要があり、作業時間が半日~1日と長時間に及ぶというデメリットがあります。しかし、雨漏りの原因や雨漏りが影響している範囲をより正確に知ることができるので、効果的な方法だといえるでしょう。

調査液による調査

調査液による調査は、ブラックライトをあてると発光する特殊な調査液を、ひび割れた箇所や雨漏りの危険性がある箇所に流し込んで発光した範囲を調べる方法です。

家屋を濡らす必要があるものの、この後紹介する方法よりも低コストで調査ができ、液が発光することで雨水の侵入経路や原因の特定がしやすくなります。なお、各調査方法の費用相場は、次の章で詳しくご紹介するので、そちらを参考になさってください。

調査液による調査

サーモグラフィ調査

赤外線サーモグラフィ調査は、建物を高感度赤外線カメラで撮影する方法です。撮影によって建物の温度差を測定し、雨漏りが発生している場所としていない場所を見極めるという仕組みとなっています。

サーモグラフィ調査の仕組み上、雨漏り箇所が濡れているときに測定することになるため、散水調査の補助的な役割として使用されることが多いようです。サーモグラフィ調査は、以下のような場合に効果を発揮しやすいといわれています。

・雨漏り箇所がサッシなどの壁際の場合
・建物内に雨水が入っているものの、断熱材が水を吸い込んで室内に変化が見られない場合
(散水調査などの水を使う調査のみの場合、断熱材が水を吸い込むと正しい原因が分からない)

香料調査

家屋の中から香料を混ぜたガスを流し、家屋の外でそのにおいを感じることで雨漏りの箇所を調べる方法です。これらの方法は家屋を濡らさないため、被害を最小限に抑えて調べることができます。しかし、特殊な機材を必要とするため、どうしても費用が高額になりがちです。

雨漏りしていると気付いたら、早めに対処しなければ家屋に大きな被害が出てしまいます。被害が大きくなってしまうと修理の費用も大きく変わってくるので、雨漏りに気付いたらプロに雨漏り調査を依頼しましょう。

雨漏り調査の費用の相場はいくら?

雨漏り調査の費用の相場はいくら?

雨漏り調査で必要な費用の相場は、どのような方法で調査をおこなうかによって大きく変動してきます。雨漏り調査ごとの費用相場について、以下にまとめました。

●水撒きを伴う調査法
・目視調査:約0円~3万円
・散水調査:約3~18万円
・調査液による調査:約5万~25万円

●水撒きをおこなわない調査法
・サーモグラフィ調査:約10万円~30万円
・香料調査: 約15万~35万円

雨漏り調査の費用相場は調査方法だけではなく、業者によっても異なります。そのため、一度業者から見積りを取るとよいでしょう。

また、ここまで調査方法やその費用について説明してきましたが、どの調査を依頼したらよいか分からない方は、雨漏り調査のプロである業者に依頼してみるのがおすすめです。そうすることで、予算や状況に応じた調査方法を選んでもらうことができます。その結果、雨漏りの原因を特定し、被害を適切に処置してもらうことができるのです。

雨漏り調査・修理までの流れ

実際に雨漏り調査をしたい方の中には、どのような流れで雨漏り調査をおこなってもらえるのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、ここからは雨漏り調査の流れについてご紹介します。ここでは、調査の後に修理を依頼する場合の流れについてご紹介するので、雨漏り調査・修理を依頼したい方はぜひ参考になさってください。

1.業者に連絡し、調査を依頼したいことを伝える
2.業者からの質問(雨漏りの状況やいつから雨漏りしているかなど)に回答する
3.業者が現地に訪問し、雨漏り調査の見積書を作成・提出する
4.見積り額に納得したら、調査を依頼して実施日を決める
5.業者による雨漏り調査が実施される
6.業者が調査の診断書と雨漏り修理の見積書を提出する
7.見積り額に納得したら、業者と契約する
8.雨漏り修理が実施される
9.見積書に記載されている金額を支払う

ただし、業者によって調査・修理の依頼までの流れが異なる場合があります。もし流れについて詳しく知りたい方は、業者のホームページを確認したり問い合わせたりして、依頼までの流れについて確認しておくとよいでしょう。

雨漏り調査を依頼する業者の選び方

雨漏り調査を依頼する業者の選び方

雨漏り調査を依頼する業者選びをするときは、以下のようなポイントを確認しておくとよいでしょう。先ほどもご説明したように、業者によって設定している調査費用が異なるため、選び方を知っておくことで費用を抑えることができるのです。

また、費用以外にも、悪徳業者に引っかからないためにいくつかのポイントを押さえておく必要があります。少しでも安い料金で納得の調査をしてもらうためにも、以下のポイントを抑えた業者選びをしてみてください。

【業者選びのポイント】

・料金は適切か?
……雨漏り調査に必要な料金相場を知っておき、見積りの金額が適切かを確認

・実績はあるか?
……業者の公式HPや口コミから実績を確認

・「雨漏り診断士」の資格を持っているか?
……業者の公式HPで確認、もしくは直接問い合わせ

・不明点をしっかりと解消してくれるか?
……問い合わせ時や見積りをもらうときなど、質問にしっかりと答えてくれるかを確認

雨漏り修理で保険が使えることも!

実際に雨漏りの修理をおこなうときに確認しておきたいことが、保険です。雨漏りの原因が強風や大雨などの”風災”によるものであれば、”火災保険”が適用されるケースがあります。

ほかにも、築10年以内の住宅の欠陥による雨漏りであれば、ハウスメーカーや工務店などの売主が加入する”瑕疵保険”で修理してもらえるケースもあります。もし新築から10年経過していないにも関わらず雨漏りが発生してしまった場合は、売主に連絡してみるとよいかもしれません。

まとめ

どんな新築の家屋もいずれは老朽化していきます。実際に今現在雨漏りをしていない部分であっても、調査をしてみたら内部に水が入り込んでいたという場合も多くあります。

知らないうちに雨漏りが進行していたり、老朽化が進んでしまったりということのないように、雨漏り調査は積極的に活用してみてはいかがでしょうか。雨漏りがいったいどこ起きているのかをちゃんと知り、業者に依頼して適切な工事をお願いしましょう。

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 27,500円~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!