生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨漏りが窓枠からしている?それはサッシのコーキング劣化が原因かも

投稿日:2018-03-16 更新日:2018-09-28

雨漏りが窓枠からしている?それはサッシのコーキング劣化が原因かも

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「あれ?窓から雨漏りしている!!」雨の強い日に窓枠から雨漏りしたことはありませんか?雨漏りの原因はサッシのコーキングの劣化かもしれません。

コーキングとは、サッシと外壁の隙間を埋めているもので、防水性やクッション性を保つための役割を果たしています。このコーキングが劣化すると、外壁との間に隙間ができて、雨漏りになることがあります。今回は、サッシのコーキングが劣化したときの修理方法をご紹介します。早めに修理して、しっかりと雨漏り対策をしておきましょう。

雨漏りする窓枠にはこんな問題が

雨漏りしやすい箇所の1つに窓枠があります。窓枠は外壁に埋め込むかたちで設置されていることが多く、その構造上雨漏りが起こりやすい場所といわれています。

外壁のひび割れ

外壁が劣化すると、ひび割れが起きていることがあります。このひび割れから雨水が壁の中に入り込んで、窓枠を伝って雨漏りを起こすことがあります。

窓の近くの屋根

近くに屋根があると、雨漏りが窓枠から起こってしまうことがあります。屋根の境界部にひび割れがあったり穴が開いていたりすると、そこから壁の中を伝って窓枠から雨漏りするのです。

引き違いサッシの境目

後ろと前に互い違いにサッシがはめ込まれている窓の場合、その境目から雨が入り込んでくることがあります。

このように、窓枠は雨水が入り込んできやすい場所になっています。そのまま放置しておくと外壁を腐食させて建物自体が劣化してしまいます。窓枠から雨漏りしていることに気付いたら、早めに対策を立てることをおすすめします。

雨漏りする窓枠にはこんな問題が

サッシのコーキングが劣化している場合

窓枠のサッシは雨漏りしやすい場所ですが、その原因の多くはコーキングの劣化だといわれています。サッシのコーキングは外壁の溝を埋めるための部品ですが、これは紫外線などの影響から10年前後で劣化するといわれているのです。

コーキングが劣化するとひび割れたりはがれたりしてきます。雨水は、ひび割れたりはがれたりしているコーキングから家の中に入り込んでくることがあるのです。ほかにも、サッシ同士のつなぎ目に使われているコーキングに隙間があいていることがあります。この隙間から雨水が入り込むことがあるので注意が必要です。サッシのコーキングが劣化しているのを見つけたときには、早めに修理しておきましょう。

「雨漏りの修理は慣れない作業で難しい」と思うこともあるかもしれませんが、サッシのコーキングは自分でも修理することができます。次項で修理方法を詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

正しいコーキング修理の仕方をご紹介

では実際にサッシのコーキング修理の仕方をご紹介したいと思います。

コーキングに必要な道具を揃えよう

まずはコーキングの修理に必要な道具を揃えましょう。

・コーキング材
・コーキング材の密着率をあげる下塗り材(プライマー)
・コーキングガン
・ヘラ
・掃除用のハケ
・マスキングテープ

コーキングの修理をするときに使うのは、以上の道具になります。

実際にコーキングをしてみよう

道具を揃えたら、コーキングの修理をしていきます。

・既存のコーキングを取り除き、きれいに掃除する

まずは窓枠と外壁の間に残っている古いコーキングを取り除きます。カッターを使ってはがすときれいに取れますよ。コーキングをはがしたら、隙間に残っているカスやホコリを掃除してください。

・マスキングテープを使って養生する

窓枠や周りの外壁にコーキング材が付かないように、マスキングテープを貼ります。

・下塗り材を塗る

コーキング材をしっかり密着させるために、下塗り材を塗ります。下塗り材を塗ることでコーキングの劣化を抑えることができます。しっかりと丁寧に塗っておくようにしましょう。

・コーキング材を充填する

下塗り材を塗ったら、その部分にコーキング材を塗りこめていきます。隙間ができないように、多めに塗りこむようにしてください。

・コーキング材をヘラでならす

塗りこめたコーキング材は、気をつけていても隙間ができていることがあります。隙間が完全に無くなるように、ヘラでならすように塗りこみましょう。

・マスキングテープを外す

コーキング材が完全に乾く前に、汚れ防止で貼っておいたマスキングテープをはがしてください。

マスキングテープをはがしたあとにコーキング材が乾いたら完成です。

作業工程にはある程度の決まりがありますが、修理という言葉から感じるほど難しい作業ではないでしょう。コーキング材に使う道具は市販で揃えることが可能なので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

正しいコーキング修理の仕方をご紹介

サッシのコーキング修理を業者に依頼すると、かかる費用は?

サッシのコーキングは、道具を揃えれば自分でも簡単におこなうことができます。しかし、自分でおこなう修理は素人仕事です。またすぐに雨漏りしてしまうのではないかと心配になるかもしれません。

自分でコーキングを修理することに不安を感じるのならば、業者に作業を依頼することをおすすめします。1m範囲で、高くても2,000円ほどで作業をおこなってくれます。培った技術で正確に修理をおこなってくれるでしょう。

ただし、業者に依頼するときに押さえておきたいポイントがあります。それは、提示された見積もりの中に工事費用の足場代や撤去費用が含まれているか確認しておくことです。もしも見積もりにこれらの金額が含まれていない場合、追加料金が発生することがあります。事前にサッシのコーキング修理費用の見積もりを取る場合には内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。

まとめ

雨漏りが窓枠からする理由はいろいろありますが、とくに多いのが外壁との隙間を埋めているサッシのコーキングの劣化です。コーキングが劣化していると雨水が家の中に入り込みやすくなっているので、早めの修理が必要になります。自分でも簡単に修理することができますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「自分で修理するのが不安だ」と思う方は、無理をする必要はありません。業者に作業を依頼すれば、培ってきた経験で修理をおこなってくれます。修理後の雨漏りの心配を少しでも減らしたい方は、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 10:16:15
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/52120/
家の修理
「あれ?窓から雨漏りしている!!」雨の強い日に窓枠から雨漏りしたことはありませんか?雨漏りの原因はサッシのコーキングの劣化かもしれません。コーキングとは、サッシと外壁の隙間を埋めているもので、防水性やクッション性を保つための役割を果たしています。このコーキングが劣化すると、外壁との間に隙間ができて、雨漏りになることがあります。今回は、サッシのコーキングが劣化したときの修理方法をご紹介します。早めに...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!