生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかしたら屋根修理の詐欺かも!詐欺の手口や対処法をご紹介します

投稿日:2020-07-30 更新日:2020-08-03

もしかしたら屋根修理の詐欺かも!詐欺の手口や対処法をご紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

屋根修理で詐欺に遭わないためには、まず詐欺師がどのような手口を使うかを知ることが大切です。詐欺で使われる手口には、突然訪問して屋根の劣化を指摘したり、大幅な値下げをしたりなどある程度のパターンがあるからです。

本コラムでは、詐欺の手口や優良業者と詐欺の違いについて解説していきます。また対策方法についてもご紹介しますので、お役立てください。

屋根修理の詐欺の手口とは?

屋根修理で詐欺に遭わないためには、まずどのような手口があるのを知っておきましょう。手口を知ってそれに対策しておくことで、騙されるリスクを減らすことができます。

この章では、詐欺の手口を3つほどご紹介してきますので、騙されないようにするための参考にしてください。

【手口1】突然来訪し、調査もせず修理やメンテナンスをすすめてくる

屋根修理の詐欺では、突然訪問してきて「瓦がズレているから雨漏りするかもしれない……。早く修理しましょう!」と不安をあおってくることがあります。

屋根は自分では見てもわからないため、修理を促されるとそうしたほうがいいと思ってしまう可能性があるのです。指摘を受けたことが本当かを確認するために、ほかの業者に依頼して調査してもらいましょう。

また工事をおこなった業者を装って、定期点検または無料で点検すると訪問してくる場合もあります。そういったときは、社員証を見せてもらったり、名刺をもらったりするなどして、訪問者が本当に工事をおこなった業者かを確認するようにしましょう。

【手口2】大幅な値引き価格を提示し契約を迫る

屋根の修理にかかる費用は高額になることがあるため、大幅な値引きを提示されると、契約してしまいがちです。そこで契約してしまうと、手抜きの工事をされてしまったり、使用する材料の質があまりよくないものを使用されたりするおそれがあります。

また相場より高い費用から値引きしている可能性もあるため、即決しないで見積りをとって他社の費用と比較するようにしましょう。

【手口3】「火災保険で工事が無料・0円になる」などの文句で契約を急かしてくる

【手口3】「火災保険で工事が無料・0円になる」などの文句で契約を急かしてくる
「火災保険を使えば必ず無料になる!」と、本当に保険が使えるかわからないのに、契約を迫ってくる業者は注意しましょう。なぜなら、火災保険は条件に当てはまらないと利用できないからです。火災保険を使うには、このような条件があります。

  • 自然災害(地震による被害は除く)で屋根などが壊れてしまった
  • 被害を受けた日を含めて3年以内である
  • 20万円以上の修理費用がかかる(保険のタイプで条件は異なる)

火災保険を適用するには、まず保険会社の審査があります。その審査を通らなければ、業者がどういっていても保険金は支払われません。まずは保険会社に連絡をし、審査を通って実際に保険金が振り込まれるまでは、正式な契約は交わさないようにしましょう。

屋根修理の詐欺の対処法

手口がわかっても、突然の訪問やしつこく屋根修理をすすめてくる場合もあります。あまりにしつこいときは、以下の方法をおこない対処しましょう。

屋根修理の依頼は第三者の意見も聞いてみる

屋根修理の依頼は第三者の意見も聞いてみる
たとえ不安をあおるようない文句で契約を急かされても、即決はせずに一度業者を帰らせるようにしましょう。その後、家族もしくは親しい知人などに相談して意見をもらうことが大切です。第三者からの意見を参考にして、契約するかしないかを決めるようにしましょう。

別の業者に現地調査を依頼する

突然訪問されて「屋根が劣化している!今すぐ修理しましょう!!」といわれても、それが本当のことなのかわかりません。そのようなときは、別の業者に連絡し屋根を点検してもらいましょう。そのときに劣化が見つかった場合は、早めに修理するようにしましょう。

契約内容を記録しておく

契約内容を書面に残しておくことで、内容と違った場合追及することができます。万が一書面に残しておらず、口約束だけにしてしまうと相手に「そんなこといっていない」と返されてしまいます。ですので、もし契約する場合は口約束ではなく、必ず書面に残しておくようにしましょう。

屋根修理の詐欺かも?と思ったときにとるべき行動

業者と契約したあとに詐欺と発覚する場合があります。契約したからといって、諦めてはいけません。じつは、契約したあとでも対処する方法はあるのです。3つほど対処法を以下からご紹介していきます。

〇消費者センターに相談する
業者と契約したあとに詐欺と感じても、直接業者とやり取りしたくないという場合もあります。そのようなときは「消費者センター」などの窓口で相談しましょう。

消費者センターは、商品やサービスなどの消費に関するトラブルの相談を受け付けているところです。相談員が問題解決のアドバイスをしてくれたり、弁護士などを紹介してくれたりといった支援を受けられます。

消費者センターの相談窓口は、都道府県や市区町村ごとに開設されています。もし最寄りの消費者センターがわからないときは、「消費者ホットライン」へ連絡してみてください。そうすると、最寄りの消費者センターにつないでもらえます。

〇クーリングオフをする
もし業者と契約後に詐欺と気付き解約したい場合は、「クーリングオフ」をおこないましょう。クーリングオフをすることで、一定期間であれば契約を無条件で棄却することができます。ただし、クーリングオフには申請期間が決まっており、契約した日を含め8日以内に業者へ申請する必要があります。

申請するときは、はがきなどの書面でおこなうのが必要条件です。8日を過ぎてしまうと解約が難しくなるので、早めに申請するようにしましょう。もしクーリングオフの方法がわからない場合は消費者センターや警察または弁護士に相談してみましょう。

〇警察や弁護士に相談する
「クーリングオフに応じてもらえない」「すでに工事費用を払ってしまった」などの場合は、警察または弁護士に相談しましょう。被害に遭ってどうすればいいのかわからないときに、どう対処すればいいのかをアドバイスしてくれます。

また詐欺なのか判断できないときも利用できるようです。詐欺に遭ったら1人で慌てたり抱え込んだりせず、相談できる場所へ電話などで連絡し相談することをおすすめします。

信頼できる業者を選ぶコツ

信頼できる業者を選ぶとしても、どう選べばいいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そのようなときは、この章でご紹介する方法で探してみましょう。業者選びに失敗しないための参考にしてください。

相見積りをとる

業者を選ぶときには、1社に絞らず複数の業者から選ぶようにしましょう。もし1社で選んでしまうと、ほかの業者のほうが安く修理してもらえた可能性があるからです。そのような失敗をしないために、複数業者から見積りをとり費用を比較する「相見積り」をおこないましょう。

相見積りは同じ条件で2~3社から見積りをとり、同じ作業内容でどの業者が安くおこなってくれるかを知ることができます。ただし、費用の安さだけではなく見積書の内容が詳細に記載されているかもチェックしておきましょう。

どんな作業内容で、どこに費用がかかるのかを知っておけば安心して修理を任せられます。反対に記載が簡易的だと、追加料金を請求されるおそれがあるからです。

ここであげたことを比較する際にチェックしておき、またわからないことは、必ず業者に質問しておくようにしましょう。

ホームページで会社情報を確認する

ホームページで会社情報を確認する
ホームページで修理業者の会社情報を確認するとき、以下のようなことがしっかり掲載されているか確認しましょう。

〇確認事項

  • 会社の住所や電話番号
  • 代表者の氏名
  • 資格
  • 施工実績
  • 施工事例
  • 代表者、スタッフの顔写真
  • 費用の目安

ホームページに施工事例や代表者またはスタッフの顔写真、費用の目安が掲載されていることで、安心して修理を依頼できる業者かを判断する材料になるでしょう。

反対に、キャンペーン情報や広告が多く、施工事例が少なかったり顔写真がなかったりする場合は、信頼できる可能性は低いと考えてもよいかもしれません。

まとめ

屋根修理で詐欺に遭わないためには、突然訪問してきたり、大幅な値引きなどをしてきたりしても即決しないことが大切です。屋根の劣化などを指摘された場合は、ほかの業者に依頼して指摘が本当かを確認しましょう。

もしほかの業者に確認してもらう前に契約してしまった場合は、消費者センターや弁護士などに相談することをおすすめします。

「屋根修理で詐欺に遭いたくない!」という方は、修理業者をご紹介するサービスをおこなっている弊社までご連絡ください。弊社に加盟している業者は基本的に調査、見積りを無料でおこなっています。また、見積りを確認してからキャンセルをしても、キャンセル料などは一切発生しません。もちろんほかの業者と相見積りをしていただくことも可能です。

弊社は24時間365日お電話受け付け可能ですので、いつでもご利用ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-08-03 17:42:48
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/204888/
家の修理
屋根修理で詐欺に遭わないためには、まず詐欺師がどのような手口を使うかを知ることが大切です。詐欺で使われる手口には、突然訪問して屋根の劣化を指摘したり、大幅な値下げをしたりなどある程度のパターンがあるからです。本コラムでは、詐欺の手口や優良業者と詐欺の違いについて解説していきます。また対策方法についてもご紹介しますので、お役立てください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!