生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

物置の屋根修理のDIY方法|業者に依頼した際の費用相場も解説

投稿日:2020-07-29 更新日:2020-07-31

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

物置の屋根を修理したいとき、自分で直すことができるかどうかは被害の範囲によって変わってきます。例えば穴があいているだけなのか、屋根がめくれているかなどによって作業の難易度が変わってくるからです。

とはいえ修理の際には屋根に登ることもあるため、そのような場合はどうしても危険がともないます。ですから、少しでも不安な方は修理業者へ依頼したほうが安心でしょう。

このコラムでは自分で応急処置をする方法や業者に依頼した場合の費用相場について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

自分で応急処置をする方法

物置の屋根の応急処置をしたいときは、まずは破損箇所の状態を確かめましょう。このとき破損しているところがサビているときは、サビを落とし、サビ止めを塗ってから修理したほうがよいです。

なぜなら、サビの進行を食い止めておかなければどんどんサビの範囲が広くなってしまい、修理してもまたすぐに修理するはめになるからです。修理後のきれいな状態を少しでも長く保つためにも、サビ止めを塗っておきましょう。

※このサビを落とすときは、サビ転換剤を利用してみましょう。サビ転換剤とは、簡単にいうと、水分や酸素を鉄から守るためのサビ止め塗料です。これを使用することによって、サビの進行を食い止めることができます。

それでは、以下で破損箇所をどのように修理するのか紹介していきます。ご自身の物置の破損状態をみてためしてみてください。

補修テープを使う

穴があいていたりした場合は、補修テープを使って塞いでおきます。このとき、補修テープは雨に強い防水効果のあるものを使用しましょう。

この補修テープを貼る際は、サビだけでなく汚れもしっかり拭き取ってから補修してください。汚れがついたまだと、テープのつきが悪くなるからです。なおこの補修テープはホームセンターやネット通販で簡単に購入することが可能ですので、ためしてみてください。

ブルーシートをかぶせる

雨漏りしている場所がはっきりわからない場合は、屋根全体にブルーシートをかぶせておきましょう。ブルーシートを広げて屋根にかぶせたら、土のうをブルーシートの隅におきます。このとき土のうを数個用意し、ブルーシートの端にいくつかおいておくとよいです。

またブルーシートを固定する際には、防水テープもあわせて貼っておくとよいでしょう。なぜなら、土のうだけで固定してあるとすき間から風が入り飛んでしまうおそれがあるからです。

しかし、ブルーシートをかぶせようと屋根にはしごを使って登り、土のう運ぶのはかなり大変なもの。なぜなら、土のうは基本10キロ以上するものだからです。

重たい土のうをはしごで屋根にあげるのは非常に危険がともないますので、くれぐれも1人ではやらないでください。また屋根上は高所作業となりますので、少しでも不安・危険を感じるようなら無理に作業しない方がよいでしょう。

作業が難しそうなときは業者に依頼してみよう!

自分で物置の屋根を修理してもまたすぐに雨漏りしてくる場合や、修理に自信のない方は、業者へ依頼するのがおすすめです。

また応急処置してもまたすぐに雨漏りしてくるということは、経年劣化が進んでいるということも考えられます。そのようなときは、プロに修理を依頼することも検討したほうがよいでしょう。

しかし、業者に依頼した場合その相場はどのくらいなのでしょうか。あわせて業者の選び方も以下でご紹介していきますので、業者依頼をお考えの方は参考にしてみてください。

相場はいくらぐらい?

屋根修理の費用相場は、修理する内容によって異なります。

・屋根の部分修理 約1~6万円
・屋根の全体修理 約50万円~

ただし費用は、使用する材料や施工方法、修理の範囲によっても違いがあります。正確な費用が知りたい方は、まずは見積りをしてみることをおすすめします。

どんなところに依頼をすればいい?

トタン屋根の修理をしてほしい場合は、板金職人へ依頼しましょう。しかし、物置の塗装が剥がれてきており、物置の劣化を防ぎたいという場合は塗装業者へ依頼することをおすすめします。

なぜなら、塗装することで傷ができにくくなるからです。同時にサビなどもできにくくなりますので、結果として経年劣化を防止することへつながります。

また物置の修理を依頼するうえで重要なのは、専門業者へ依頼するということ。なぜ専門の業者に依頼するとよいのかというと、費用が抑えられるというメリットがあるからです。

これは工務店やハウスメーカーなどへ支払う費用がなく、直接専門業者への支払いだけで済むので、費用が少し抑えられることが多いためです。そのため修理の際は、費用を少しでも抑えるためにも専門業者へ依頼することをおすすめします。

物置が台風で壊れたとき、火災保険は使えるか?

屋根の破損原因によっては、火災保険を使える場合があります。例えば、屋根の修理原因が台風だった場合です。なぜなら火災保険は火災だけでなく、大雨や大雪、台風などで壊れたり、修理が必要になったりした場合も補償の対象になることがあるから。

ただし、加入している火災保険会社によっては物置が補償の対象になっていない場合もあります。そのため、火災保険の契約内容を一度保険会社や代理店に確認してみることをおすすめします。

火災保険が適用される例

保険会社が自然災害によるものと認めてくれたのであれば、火災保険が適用されることが多いでしょう。火災保険が適用された例としては、次のようなものがあります。逆に火災保険が適用されない例もありますので参考にしてみてください。

・台風の突風によりトタン屋根が飛んでしまった
・台風により傷がついてしまった場所から雨漏りが発生した
・土砂災害で物置が破損した
・落雷で物置が破損した

火災保険が適用されない例は、おもに以下の通りです。

・経年劣化で雨漏りした場合
・業者の施工不良
・地震による雨漏りや破損

まとめ

物置の屋根を修理したいとき、自分でできる応急処置としては補修テープを穴があいてしまったところに貼ったり、ブルーシートをかけたりするという方法があります。しかし、これはあくまでも応急処置であり、修理してもまたすぐに修理が必要になるおそれがあります。

また、物置の屋根を修理する際は高所での作業になるため、大きな危険がともなうのです。物置の屋根修理で、ケガをしたり、命を落としたりするようなことがあってはなりません。そのため、専門業者へ依頼したほうが安心でありしっかりと修理することができるでしょう。

しかしながら、専門の業者を最初から自分で探すのは非常に労力と時間がかかるもの。そんなときは、ぜひ弊社をご利用ください。

弊社は、全国に多くの加盟店があり、お客様の希望にあった業者をお探しすることができます。24時間365日お電話でお待ちしておりますので、早朝、深夜でも心配はいりません。ぜひお忙しい方も、お時間のあるときにお電話ください。

【掲載費用は消費税を含んでおりません】
【コンテンツは作成時の情報です】

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-07-31 16:56:43
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/204836/
家の修理
物置の屋根を修理したいとき、自分で直すことができるかどうかは被害の範囲によって変わってきます。例えば穴があいているだけなのか、屋根がめくれているかなどによって作業の難易度が変わってくるからです。とはいえ修理の際には屋根に登ることもあるため、そのような場合はどうしても危険がともないます。ですから、少しでも不安な方は修理業者へ依頼したほうが安心でしょう。このコラムでは自分で応急処置をする方法や業者に依...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!