生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

防水工事の見積もり書は工事内容を確認!工法別の特徴と費用相場

投稿日:2020-07-28 更新日:2020-07-28

防水工事の見積もり書は工事内容を確認!工法別の特徴と費用相場

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

防水工事の見積もり書を受け取ったら、見積もり書に記載されている防水工事の種類や工事内容を確認しましょう。防水工事は大きく4種類あり、それぞれ費用や適した場所が異なります。そのため、もし複数の業者が同じ種類の工法を提案していれば、その工法が最適だといえるでしょう。

さらに、見積もり書の価格と相場価格を比較してみましょう。当記事では各工法の特徴や費用相場などをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

防水工事4種類とその特徴を知ろう

防水工事の見積もり書を受け取ったら、まず提案されている工法を確認しましょう。防水工事の工法には大きくわけて密着工法、メッシュ工法、通気緩衝工法、シート防水工法、アスファルト防水工法の5種類があります。それぞれの工法の内容は以下をご覧ください。

▽密着工法
防水加工をおこなう面(下地)に直接塗料を塗って防水層を作る方法です。工期が短く費用を抑えられるメリットがある一方で、下地の状態が悪いと施工が難しくなるデメリットもあります。

▽メッシュ工法
下地にメッシュシートを接着し、その上から塗料を塗って防水層を作る方法です。密着工法に比べると地震などの揺れに強くなります。

▽通気緩衝工法
水分を逃がすための脱気筒を取り付けた通気緩衝シートを下地に接着し、その上から塗料を塗って防水層を作る方法です。下地の状態に影響されないため雨漏りやひび割れが起きている場所でも施工することができます。

▽シート防水工法(接着工法と機械固定工法)
後述するシート防水で、防水シートを接着するさいに使われる方法です。接着工法では、防水シートを直接下地に接着します。一方機械固定工法では、防水シートをビスなどの固定器具を使って下地に接着します。

▽アスファルト防水工法(熱工法、常温工法、トーチ工法)
後述するアスファルト防水で、アスファルトシートを接着するさいに使われる工法です。熱工法は釜で溶かしたアスファルトを使って貼り付けていきます。常温工法は最初から粘着加工がしてあるアスファルトシートを下地に貼り付けます。トーチ工法はバーナーでアスファルトシートをあぶって溶かしながら貼り付ける方法です。

さらに以下では4種類の防水工事の内容を詳しくご紹介します。前述した5つの工法と合わせて、提案内容が希望に沿っているかどうかを判断するための材料としてお役立てください。

ウレタン防水

ウレタン防水
液体のウレタン樹脂を直接床に塗って防水層を作る方法です。複雑な形の場所でも隅まで継ぎ目なくきれいに仕上がるので、ベランダに限らず屋上などにもよく用いられます。一方でウレタン防水は紫外線に弱いため、5~6年に1度塗り直しの作業が必要です。ウレタン防水の基本的な施工手順は以下のようになっています。

1.高圧洗浄機で下地を掃除する
2.プライマー(接着剤)を塗る
3.ウレタン防水材を2度塗りする
4.トップコートを塗る

FRP防水

FRP(繊維強化プラスチック)塗料を塗った上にガラスマットを敷き、その上から再度FRP塗料を塗って防水層を作る方法です。FRP塗料は軽量ですが伸縮性がないため、施工範囲が狭いベランダやバルコニーによく用いられます。FRP防水の基本的な施工手順は以下のとおりです。

1.高圧洗浄機で下地を掃除する
2.プライマーを塗る
3.FRP塗料を塗る
4.ガラスマットを敷く
5.FRP塗料を塗る
6.トップコートを塗る

シート防水

塩化ビニール製またはゴム製の防水シートを下地に接着し、防水層を作る方法です。広い場所をいちどにむらなく施工できることから、屋上によく用いられます。シート防水の基本的な施工手順は以下のとおりです。

1.高圧洗浄機で下地を掃除する
2.プライマーの塗布もしくは固定用金具を取り付ける
3.防水シートを貼る
4.シートのつなぎ目を接着する

アスファルト防水

溶かしたアスファルトでアスファルトシートを貼り重ねて、防水層を作る方法です。耐用年数が約20年と非常に長く防水性能も高いことから、とくに雨の影響を受けやすい屋上によく用いられます。アスファルト防水の基本的な施工手順は以下のとおりです。

1.高圧洗浄機で下地を掃除する
2.プライマーを塗る
3.アスファルトシートを貼る
4.シートの浮きをローラーで圧着する

防水工事4種類の費用相場と内訳

ではご紹介した4種類の防水工事の費用相場を見ていきましょう。

  • ウレタン防水:約4,000円~7,000円/1平方メートル
  • FRP防水:約4,000円~8,000円/1平方メートル
  • シート防水:約4,000円~7,500円/1平方メートル
  • アスファルト防水:約5,000円~8,000円/1平方メートル

さらに、以下では防水工事費用の内訳をご紹介します。各工程の費用相場と防水工事の見積もり書に書かれている費用を比べてみて、相場内かどうか確認してみてください。

費用内訳:屋上防水工事の場合

費用内訳:屋上防水工事の場合
屋上防水工事の費用内訳は以下のとおりです。屋上は広さがある分、各工程の費用が高くなる傾向があります。

  • 防水層工事:種類による
  • 高圧洗浄:約200円~500円/1平方メートル
  • 下地処理と補修:約500円~2,000円/1平方メートル
  • 排水口の設置:約1万円~2万円/1ヶ所
  • 脱気筒の設置:約1万円~2万円/1ヶ所
  • 廃材の処理運搬:約1万円~5万円(廃材がない場合は不要)
  • 人件費:工事費用の約5~10%
  • 足場の設置:約500円~1,000円/1平方メートル

費用内訳:ベランダ防水工事の場合

ベランダ防水工事の費用内訳についても見ていきましょう。ベランダは施工範囲が限られるので屋上に比べると安価になりますが、下地の状態が悪く大きな補修が必要な場合や足場を組まなければならない場合は費用が高額になることもあります。

  • 防水層工事:種類による
  • 高圧洗浄:約200円~500円/1平方メートル
  • 下地処理と補修:約200円~300円/1平方メートル
  • 排水口の設置:約1万円~1万5千円/1ヶ所
  • 廃材の処理運搬:約1万円~3万円(ない場合は不要)
  • 人件費:工事費用の約5~10%

信頼できる防水工事業者か見極めるポイント

信頼できる防水工事業者か見極めるポイント
最後に防水工事業者を選ぶポイントをご紹介します。防水工事業者選びで失敗しないためには、見積もり額だけで決めずに対応やサービス内容などさまざまな観点を考慮して選ぶことが大切です。ぜひ以下のポイントを参考にしてください。

・実績
とくにウレタン防水では手作業でウレタン樹脂を塗るため、職人の技術次第で仕上がりに大きな差が出ることがあります。施工実績が豊富な業者であれば、それだけ技術も高いといえるでしょう。自社サイトなどで施工実績や施工例をオープンにしている業者は、自社の技術に自信をもっているともいえます。

・評判
その業者の対応や工事の質など実際に依頼しないとわからない情報は、口コミなどを調べてみるとよいです。ただし口コミサイトなどに書かれていることはあくまで個人の感想なので、参考程度にとらえておきましょう。

・有資格者がいるかどうか
防水工事をおこなうために絶対必要な資格はありませんが、関連する資格は複数あります。たとえば国家資格の防水施工技能士などです。このような資格をもっている人がいる業者であれば、より安全で質の高い工事をおこなってくれることでしょう。

弊社では雨漏り修理業者をご紹介中!

弊社では、ご紹介した条件をそろえた雨漏り修理業者を多数ご紹介しております。さまざまな雨漏り修理業者の中からご希望に沿った業者をご紹介させていただきますので、お困りのさいはお気軽にお電話ください。

まとめ

防水工事の見積もり書を受け取ったら、提案されている防水工事の工法や工事内容を確認してみましょう。防水工事は大きく4種類あり、それぞれの工法に適した場所があって、費用も異なります。せっかくの防水工事で損しないように、その工法はどのようなことをおこなうのか、記載されている費用は相場とかけ離れていないかなどの情報を確かめておくとよいでしょう。

防水工事業者をお探しのさいはぜひ弊社にご相談ください。弊社の加盟店の中からお客様のご希望に沿った業者をご紹介させていただきます。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載内容はコンテンツ作成時の情報です】

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-07-27 12:49:59
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/204675/
家の修理
防水工事の見積もり書を受け取ったら、見積もり書に記載されている防水工事の種類や工事内容を確認しましょう。防水工事は大きく4種類あり、それぞれ費用や適した場所が異なります。そのため、もし複数の業者が同じ種類の工法を提案していれば、その工法が最適だといえるでしょう。さらに、見積もり書の価格と相場価格を比較してみましょう。当記事では各工法の特徴や費用相場などをご紹介しますのでぜひ参考にしてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!