生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電で雨漏りなどのトラブルになる事例と対策を解説!

投稿日:2020-06-25 更新日:2020-06-25

太陽光発電で雨漏りなどのトラブルになる事例と対策を解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「太陽光パネルをつけると雨漏りすると聞いたけど本当かな?」といった疑問をおもちの方もいらっしゃるかと思います。

太陽光発電を設置した場合、経年劣化によって雨漏りが発生するケースがあります。このため、太陽光パネルを屋根に設置する前には原因や対策をあらかじめ知っておくことが必要です。対策をしていない場合は、無駄に費用がかかってしまうこともあるのです。

当記事では太陽光発電で雨漏りトラブルとなる原因や対策などについて解説しています。また業者の選び方のポイントにもふれていますので、これから太陽光パネルの設置をお考えのかたは、ぜひご覧ください。

もしお急ぎの場合は、弊社にご相談ください。弊社では、屋根の雨漏り修理をおこなうプロの業者を迅速にご紹介させていただきます。

太陽光パネルの設置後にトラブルが発生する事例

太陽光パネルの設置後にトラブルが発生する事例

ここでは屋根の基本的な構造にふれながら、太陽光パネルをつけることによる雨漏りの原因を解説いたします。

屋根を設置するときは、まず垂木の上に野地板と防水シートをかぶせます。垂木とは棟から軒に渡してある木です。野地板とは、垂木の上に張る板です。

防水シートとは文字通り、雨水を防ぐためのシートで、野地板の上に張ります。その防水シートの上に瓦やスレートなどの屋根材を敷くのです。

太陽光パネルは、直打ち工法で屋根に設置します。直打ち工法とは屋根材と防水シートに穴を開け、パネルをビスで垂木にとめる施工方法です。この直打ち工法によって開ける穴が雨漏りの原因となる場合が多いのです。

また、太陽光発電で雨漏りを引き起こす原因には取り付ける業者に問題があるケースもあります。以下で、具体的な事例を解説します。

事例(1)技術不足による問題

太陽光発電で雨漏りする原因のひとつに施工不良があります。施工不良は業者の技術不足によって起きることが多いです。施工不良の例には次のようなものがあります。

  • 太陽光パネルの設置の際に瓦が割れてしまった
  • 浸水を防ぐためのコーキングがしっかりできていない
  • ビスが野地板を貫通しているなど

このような技術不足以外にも、屋根修理業者が費用を安く抑えようとすることが、雨漏りの原因になる場合があります。たとえば、作業工程の簡略化や、材料費を抑えようと耐久性の低いコーキング材を使用するなど。

料金が相場よりも安すぎる業者は、技術不足であったり手抜き工事をしたりする可能性があります。料金の安さだけで業者を選ぶのはやめたほうがよいでしょう。

事例(2)知識不足による問題

太陽光パネルを取り付けるには、屋根の構造や屋根材などによって適したものを設置する必要があります。たとえばスレート屋根の野地板にバラ板が使ってある場合、太陽光パネルを基本的に設置できません。

バラ板は文字通り板の形にバラツキがあるため、経年によって板と板との間に隙間がたくさんできます。その隙間にスレートを固定するビスがはいることがあります。

この場合、ビスはスレートと野地板とを固定できていません。スレートにだけとまっている状態なので、ビスが緩みやすいのです。ビスが緩むとその隙間から雨漏りするリスクが高くなるため、太陽光パネルが設置できないのです。

また傾斜をつけずにパネルを設置すると雨水や葉などがたまり、発電量が低下するなどの事例もあります。

こうした知識がなく、ただ太陽光パネルを取り付けるだけの業者には注意しなくてはいけません。信頼できる業者の選び方については、【業者選びで失敗しないための3つのポイント】をぜひ参考にしてください。

太陽光パネルの設置は事前の対策が肝心

太陽光パネルの設置により雨漏りが発生すると、雨水が家の中に侵入して柱が腐ったり、壁にカビが生えたりなどのトラブルが発生するおそれがあります。そのようなトラブルを回避するには事前に対策しておくことが大切です。

そこで、太陽光パネルを設置する前に、ぜひ以下の対策をおこなうことをおすすめします。

信頼できる業者を選ぶ

太陽光パネルを取り付ける業者をどう選ぶかは非常に重要です。業者の選び方によって屋根の寿命が大きく左右されるといっても過言ではないでしょう。選び方のポイントについては次の章で具体的に解説いたします。

屋根の穴を開けずに設置できる工法を選ぶ

屋根の穴を開けずに設置できる工法を選ぶ

太陽光パネルは穴を開けずに取り付ける方法もあります。その方法を採用すれば、雨漏りのリスクを軽減することが可能です。穴を開けずに取り付ける方法には、以下のものがあります。

・シンプルレイ工法
屋根に格子状の架台を取り付け、その上に太陽光パネルを設置する方法です。

・キャッチ工法
専用の取り付け金具で屋根材を挟み、ボルトでその金具に太陽光パネルを固定する工法です。この工法は金属屋根のみ可能です。

ただし、これらの工法は費用が高くなるというデメリットがあることを知っておきましょう。太陽光パネルを設置する際に基本的に架台などを取り付けますし、キャッチ工法では屋根材をガルバリウム鋼板などの金属屋根に取り換えることもあります。屋根が老朽化していれば塗装工事や葺き替えが必要になるケースもあります。

雨漏りはメーカー保証の対象にならないことにも注意

業者による施工不良が原因で屋根に雨漏りが発生した場合、ほとんどのメーカーでは保証の対象になりません。メーカーは、パネルの製品自体に不具合がなければ補償してくれないのです。

雨漏りの原因が施工不良による場合は、販売店および施工した業者が補償することになります。ただし、業者の施工保証がついていることで安心してはいけません。

もし、施工した業者が倒産などをしていれば、自費で雨漏り修理をしなくてはいけなくなってしまいます。そのため、対策として業者が工事賠償の責任保険に加入しているか事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

業者選びで失敗しないための3つのポイント

屋根工事で失敗しないためには、業者の選び方も重要なポイントです。選び方を知らずに業者に依頼してしまうと、施工不良のために短期間で雨漏りしたり、場合によっては強引に屋根の葺き替えをされて損したりといったケースもあります。

選び方を知り、経験豊富で高い技術力をもっている業者に依頼すれば、屋根工事を安心して任せることができるでしょう。

ここでは屋根工事業者を選ぶときのポイントについて解説します。業者選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ポイント(1)料金体系が明瞭であるか

ポイント(1)料金体系が明瞭であるか

初期費用の安さだけで業者を選んでしまうと、あとから高額な追加請求などがあり思った以上に費用がかかってしまうこともあります。そのため、契約する前に見積りを出してもらって作業の内訳を把握し、不明瞭な点などがあれば質問して解決しておくようにしましょう。

誠実な業者であれば、細かい作業内容や費用についての説明もしてくれるはずです。しかし、あいまいな返答しか得られないような場合は依頼先を変えることをおすすめします。

ポイント(2)高い技術力や専門的な知識をもっているか

高い技術力や専門的な知識をもつ業者であれば、さまざまな種類の屋根材に適した工法で、確実に太陽光パネルを設置することができます。しかし、高い技術や専門的な知識がない業者が施工すれば、雨漏りや屋根を傷めるといったリスクが高くなるおそれがあります。

高い技術力などをもっているかどうかは、太陽光パネルメーカーが発行する施工IDといった資格の保有や、過去の実績が判断の目安になることがあります。そのような資格や実績の有無は業者のホームページや口コミなどで確認するとよいでしょう。

ポイント(3)施工後の保証期間の有無

業者の保証がなければ、施工後に不備などが見つかった場合、自分でまた費用をかけて直さなくてはならなくなります。保証期間があれば、期間内の再工事に費用はかかりません。そのため保証の有無を業者に確認することは大切です。

保証がある場合も内容や期間を確認しておきましょう。技術に自信のある業者であれば長い保証期間があるはずです。

まとめ

太陽光発電で雨漏りするおもな原因は、屋根修理業者の技術不足と知識不足です。そのため、太陽光パネルを設置するときは、業者選びが最も重要です。

信頼できる業者を選ぶためには、契約する前に見積りをとって内訳を把握し、不明瞭な点などは質問して解決しておきましょう。

さらに太陽光パネルメーカーの施工IDなどの資格や施工後の保証期間の有無についても確認しておけば、業者選びに失敗する可能性も低くなるでしょう。

信頼できる業者が見つかったら、シンプルレイ工法やキャッチ工法で太陽光パネルを設置してもらいましょう。そうすれば、太陽光発電による雨漏りのトラブルを避けることができるはずです。

「信頼できる屋根修理業者を選ぶ自信がない」「自分で信頼できる業者を探す時間がない」という方は、ぜひ弊社にご相談ください。

弊社では屋根修理業者をご紹介するサービスをおこなっております。ご相談いただければ、お客様に代わって高い技術力と専門的な知識をもつ業者をお探し、すぐにご紹介いたします。

また、雨漏りが発生して困ったときも、ご相談ください。雨漏り修理できる業者を、すぐにご紹介いたします。業者選びや雨漏りでお悩みの方は、ぜひ一度弊社にご連絡ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】
【掲載料金は消費税を含んでおりません】

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~
防災グッズプレゼントキャンペーン!

この記事を書いた人
編集者:ともき
古いアパートで雨漏りの被害に悩まされたこともあり、家の外壁や屋根には人一倍注意を払うようになった。注意ポイントなどがしっかり伝わるよう心掛けている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-24 13:11:16
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/202173/
家の修理
「太陽光パネルをつけると雨漏りすると聞いたけど本当かな?」といった疑問をおもちの方もいらっしゃるかと思います。太陽光発電を設置した場合、経年劣化によって雨漏りが発生するケースがあります。このため、太陽光パネルを屋根に設置する前には原因や対策をあらかじめ知っておくことが必要です。対策をしていない場合は、無駄に費用がかかってしまうこともあるのです。当記事では太陽光発電で雨漏りトラブルとなる原因や対策な...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!