生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルの雨漏りですぐに対応すべき3つの手順|二次被害を対策しよう

投稿日:2020-06-22 更新日:2020-06-22

ビルの雨漏りですぐに対応すべき3つの手順|二次被害を対策しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

「ビルに雨漏りが発生してしまった!」そんなときは、応急処置・管理会社へ連絡・業者依頼といった手順で対応しましょう。もしビルの雨漏り対応が遅れたり、適切な手順を踏まなかったりした場合、他設備への影響やビルの貸主とのトラブルが起きる可能性があるからです。

ここでは、ビルで雨漏りが発生したときにおこなうべき3つの手順の詳しい方法を解説していきます。この記事を参考にして正しく対処し、これ以上トラブルが広がるのを防ぎましょう。

ビルでの雨漏り発生時にすべき3つの手順

ビルでの雨漏り発生時にすべき3つの手順
では、ビルの雨漏り発生時にすべき対処の手順について詳しく解説していきます。手順についてのコツや注意点にも触れているため、この章をよく読んでしっかりと対処しましょう。

1.漏電などの二次被害を防ぐ

ビルの雨漏りを発見したときにまずやることは、パソコンなどの電気機器や機械設備などが雨水に触れないように応急処置をすることです。電気機器や機械設備が雨水に触れると故障の原因となるだけでなく、漏電を引き起こし感電するおそれもあります。

ビルの雨漏り発生による雨水からの故障や感電を防ぐためには、雨水が直接触れてしまう前に電気機器などを発生場所から遠ざけさせることが有効です。移動ができない機械設備の場合は、容器などで雨水を受けたり防水性能の高いシートをかぶせたりするなどをして対策しましょう。

また、すでに電気機器や機械設備が雨水で水浸しになっている場合は、独断で触らないように注意してください。その場合、その機器のメーカーや雨漏り修理業者などに相談して、どうするべきか指示をもらうようにしましょう。

2.ビルの管理会社や保険会社に連絡

応急処置をして二次被害の対策をしたら、雨漏り修理業者に依頼するよりも先に、借りているビルなら管理会社、自社ビルで保険加入済みなら保険会社に連絡をしましょう。場合によりますが独断で勝手に修理業者に依頼すると、ビルの管理会社とのトラブルや保険が対象外になってしまう可能性があるからです。

また、連絡をするときは、いつ雨漏りが発生したのか、どこが発生場所なのかをあらかじめ整理しておくと、スムーズに話が進みやすいでしょう。

3.雨漏り修理業者に調査を依頼する

最後に雨漏り修理業者に依頼をして、雨漏りを修理してもらいましょう。こちらも、雨漏りの発生時期や発生場所をメモや写真などで記録し、詳しく伝えておくとよいですね。なお、ビルの雨漏りを修理する際は、いきなり修理から入るのではなく正確な原因を確かめるための現地調査からおこなわれます。

なお、被害状況や修理内容に左右されますが、雨漏りの修理完了までにかかる期間の目安は1~2週間程度です。それなりの期間がかかるため、電気機器や機械設備に雨水が触れないように対策することも忘れないようにしましょう。

また、もしどの雨漏り修理業者にビルの雨漏りを直してもらえばいいかわからない場合は、弊社にご相談ください。お客様のご希望に合った業者選びをサポートいたします。

ビルの雨漏り修理費用は場合により異なる

ビルの雨漏り修理の費用相場は、そのビルの規模や雨漏り被害の程度によって大きく異なるため、一概にいくらかかるのか断言することは難しいでしょう。しかし、ビルの雨漏り修理費用は条件次第で自己負担額を減らせる場合があるのです。ここでは、ビルの雨漏り修理費用の負担を減らせる可能性のある3つのケースについてご紹介します。

災害での雨漏りは火災保険適用の可能性あり

もしビルで雨漏りが発生している原因が台風などの災害によるものだった場合、火災保険が適用されて費用負担が減らせる可能性があります。ただし適用されるのは、自然による災害であることが認められた場合のみです。たとえば経年劣化によるものや、人為的なミスでビルの雨漏りが発生したときは、保険を受けられない可能性があるのでご注意ください。

賃貸のビルなら貸主に修繕義務がある

賃貸しているビルで雨漏りが起こった場合の責任は、基本的にはそのビルの持ち主にあります。そのビルの持ち主が費用を支払う義務(修繕義務)が出てくるのです。

しかし、この修繕義務はかならずしも適用されるわけではなく、たとえば自分の過失によるものなど、原因や状況次第によっては自己負担が必要になるケースも考えられます。いずれにせよトラブルが起きないように、ビルの雨漏り修理前に貸主へ連絡を取りましょう。

保証期間内なら施工業者が負担してくれる場合も

築10年以内のビルの雨漏りなど、経年劣化ではなく施工不良による原因が考えられる場合、その雨漏りの責任が施工業者にあるケースもあります。基本的に新築の建物には、10年間の保証を付けることを義務付けられているのです。そのため、状況が当てはまる場合は新築ビルでの雨漏り状況などを施工業者に連絡をとるようにしましょう。

ビルの雨漏りで考えられる発生原因

ビルの雨漏り現地調査を依頼するときに、発生時期や原因を伝えておくことがスムーズにやりとりするコツだということはお伝えしました。しかし、具体的にどこが原因で雨漏りが発生しているのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

ここで、ビルで雨漏りが発生したときに考えられる原因をいくつかご紹介します。雨漏り修理業者に依頼するときの参考にしてみてください。

屋上や陸屋根にある設備のトラブル

ビルの雨漏りでまず考えられるのは、屋上や陸屋根にある防水層や排水口などの設備トラブルです。これらの設備は経年劣化により防水性能が落ちやすくなっていくので、防水層のはがれが出たり、排水口が詰まりやすくなったりしてしまいます。防水層や排水口に雨水が溜まっていないか、安全に確認できる範囲でチェックしてみましょう。

外壁のヒビ割れ

外壁のヒビ割れ
古いビルの場合、外壁に使われている建築材の劣化が進んでひび割れや穴などが開くおそれがあります。そこから雨水が侵入して、雨漏りにつながっている可能性もあるのです。とくに鉄筋コンクリートでできている外壁は、やや水に弱い傾向にあるためヒビが入りやすくなっています。

また、建築材や窓サッシの間を接着するために使われる「コーキング」のヒビや割れにより雨漏りが起きるケースも。外壁にはさまざまな要因で雨漏りが起きることがあるため、業者に依頼してどのヒビから雨漏りが発生しているのか確かめてもらいましょう。

配管設備トラブルによる漏水の可能性

雨水ではないため雨漏りとは違いますが、水道やトイレ等の配管設備トラブルによって水が漏れだし、それが雨漏りのような症状へつながっている可能性もあります。もし屋上や外壁などにこれといった原因が見当たらない場合、配管設備トラブルを疑ってみるとよいでしょう。

ビルの雨漏り修理は施工実績が豊富な業者に依頼しよう

ビルに雨漏りが見られたら、「応急処置」「管理会社などへ連絡」「業者依頼」の手順で適切に対処することが重要だということはお伝えしました。これに加えて、業者に依頼する場合はその業者の施工実績に問題ないかチェックしておくのもよいでしょう。

確認する方法は、その業者の公式サイトの実績を見る、雨漏り修理に関する資格をもっているか確認するといったものがあげられます。施工実績のよい業者に施工してもらうことで、安心して依頼でき、修理後の仕上がりもよくなりやすいでしょう。

また、ビルの雨漏りを修理する業者にお困りの際は、ぜひ弊社にご相談ください。ビルの雨漏り修理の実績が豊富な業者に修理依頼を出すことが可能です。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-19 16:14:36
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/201673/
家の修理
「ビルに雨漏りが発生してしまった!」そんなときは、応急処置・管理会社へ連絡・業者依頼といった手順で対応しましょう。もしビルの雨漏り対応が遅れたり、適切な手順を踏まなかったりした場合、他設備への影響やビルの貸主とのトラブルが起きる可能性があるからです。ここでは、ビルで雨漏りが発生したときにおこなうべき3つの手順の詳しい方法を解説していきます。この記事を参考にして正しく対処し、これ以上トラブルが広がる...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!