生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロニアル屋根の葺き替え|新しい屋根材の特徴や費用・業者の選び方

投稿日:2020-06-19 更新日:2020-06-19

コロニアル屋根の葺き替え

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「コロニアル屋根から別の屋根材に葺き替えたいが、どのようなことに気をつければいいのだろうか?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コロニアル屋根の葺き替えをおこないたい場合は、新しい屋根材の特徴をしっかりと把握しておくことが必要です。屋根材にはいくつか種類があり、それぞれ特徴や費用が大きく異なります。そうした違いを把握しておくことで、自分に合ったものや屋根に適したものを選ぶことができるのです。
また、コロニアル屋根のリフォーム方法には葺き替えのほかにもカバー工法という方法もあります。それらの違いについても知っておきましょう。

この記事では葺き替えとカバー工法の特徴や、葺き替えで使用する新しい屋根材の特徴や費用について解説します。また、屋根のリフォーム業者の選び方についてもふれています。納得したリフォームをおこなうためにも、ぜひお役立てください。

コロニアル屋根のリフォーム方法は「葺き替え」と「カバー工法」

屋根のリフォーム方法には、「葺き替え」のほかにも「カバー工法」があります。納得してリフォームをするためには、それぞれの方法のメリット・デメリットを知っておくことが大切です。

ここでは、「葺き替え」と「カバー工法」、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。ぜひ、屋根のリフォーム方法を選ぶときの判断材料にしてみてください。

葺き替え

コロニアル屋根の葺き替え

「葺き替え」とは古くなった屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に交換する施工方法です。撤去する際に屋根材を剥がすので、屋根を支える下地部分や防水シートなどの損傷に気づくことができるというメリットがあります。下地の損傷に気づいていち早く補修をしておけば、屋根の寿命を延ばすことにもつながるでしょう。

しかし、剥がした屋根材の撤去や、下地の補修には費用がかかります。また、工期が約1週間~4週間です。

後述するカバー工法よりも工期が長いので、騒音や屋根材を撤去するときに出るほこりで近所とトラブルになることもあります。そのため、施工する前に、施工業者と一緒にご近所を回って挨拶とお詫びをしておくとよいでしょう。このようなメリット・デメリットがある葺き替えは、次のような場合が適しています。

  • 雨漏りがひんぱんに発生するなど、屋根が著しく劣化している
  • 古い屋根材とは違う種類の屋根に交換して、耐久性を高めたい
  • 以前カバー工法で修理した屋根の重量を軽くして、耐震性を強化したい

など

カバー工法

「カバー工法」とは、古くなった屋根材の上に新しい屋根材をかぶせる施工方法です。屋根が二重になるので断熱・防音・防水の効果が高くなるというメリットがあります。

また、葺き替えのように古い屋根材を剥がす作業がありません。そのため、比較的ほこりも出にくいですし、屋根材を撤去する費用もかかりません。さらに工期が約1週間~2週間と葺き替えよりも短いぶん、人件費などの費用も安く抑えられるのです。

そんなカバー工法の費用相場は屋根の大きさや形状、使用する屋根材によって変動しますが、足場代を含めて、1平方メートル当たり約8,000円~1万円です。(葺き替えの費用相場は次の章で説明いたします)

しかし、カバー工法では古い屋根材を剥がしません。そのため、屋根材を支える下地や防水シートが傷んでいても気づかないことが多いです。

また、耐震性が低下するというデメリットもあります。なぜなら、屋根を二重にしたぶんだけ重量が増加し、家を支える柱や壁などに負荷がかかるからです。

耐震性を低下させないという点から、コロニアル屋根をカバー工法でリフォームする場合は、屋根材にはガルバリウム鋼板を使うのが一般的です。ガルバリウムは軽量な上に、耐久性も高いからです。(ガルバリウムの詳細は次の章で説明いたします)

このようなメリット・デメリットがあるカバー工法は次のような場合に適しています。

  • 屋根材を支える下地が劣化していない
  • カバー工法を採用しても耐震性が低下しない
  • 屋根のリフォームにかかる費用を安く抑えたい

葺き替えでの屋根材はどれを選ぶ?特徴と費用相場

コロニアル屋根を葺き替えをするときは、新しい屋根材を使うことになります。屋根材にはどのようなものがあるかわからないという方や、屋根材の特徴を知りたいという方もいらっしゃるでしょう。また、使用する屋根材によってリフォームにかかる費用が大きく異なります。

ここでは、代表的な屋根材3種類と各屋根材の費用もご紹介いたします。屋根材選びに迷ったときは、それぞれの特徴や費用を比較しながら、自分に合ったものを選んでみてください。

スレート(コロニアル)

コロニアル屋根の葺き替え

スレートはコロニアルと呼ばれることもある、厚さが5~6mmほどの屋根材です。薄くて軽いことから、柱や壁などにかかる負担が少なく、耐震性が高いです。カラーバリエーションやデザインもたくさんあります。

さらに、ほかの屋根材よりも価格が安いというメリットもあります。材質や屋根の形状によっても価格は異なりますが、価格相場は1平方メートル当たり約5,000~7,000円です。

スレートにはアスベストという熱や酸に強い鉱物繊維が含まれていて、飛散したものを吸い込むと中皮腫や肺がんを発症する危険があるといわれています。ただし、2004年以降、アスベストをスレートに使用することは禁止されているので、新たに葺き替えの屋根材として使うには心配はいりません。

一方、スレートはひび割れや反りが起こりやすく、定期的に塗装が必要になるなどのメンテナンス費用がかかります。また、寿命も15~20年ほどと屋根材のなかでは短いほうです。防水性も低いため、コケやカビが生えやすいというデメリットもあります。

このようなデメリットがあるけれども、リフォーム費用を安く抑えたい、耐震性やデザイン性の高い屋根にしたい方は、この屋根材を選ぶとよいでしょう。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、アルミと亜鉛でメッキ加工された鋼板です。亜鉛で加工されているため、鉄がサビにくくなっていますし、アルミ加工が耐熱性を高めるなど、スレートよりも耐久性が強いです。そのため、寿命はスレートよりも長く、25年~30年ほどとなっています。

また、厚さは1〜3mmほど非常に薄いので、瓦の8分の1ほどの重さしかありません。そのため、家への負担が軽く、耐震性が高いというメリットもあります。

しかし、ガルバリウム鋼板は薄い金属なので、室内に外の熱が伝わりやすいです。雨音も室内に響くため、防音性に問題もあります。

また、スレートよりも価格が高いというデメリットもあります。メーカーや相場状況などによって変動することがありますが、その価格相場は通常、1平方メートル当たり約6,500円~8,000円です。耐久性と耐震性を重視する方はガルバリウム鋼板を選ぶとよいでしょう。

瓦にはセメント製のものと陶器製のものがあります。ここでは陶器製の瓦を前提に説明していきます。

陶器製の瓦は、屋根材のなかでもっとも耐久性が高く、寿命は50~60年ほどです。断熱性・耐火性・防水性・防音性も高く優れた屋根材ですが、重いのが欠点です。そのため、家に負担がかかり、耐震性が低下します。

また、価格が高いのもデメリットです。瓦の材質・形状などによって変動しますが、価格相場は通常、1平方メートルあたり約5,000円~約1万6,000円です。価格よりも耐久性、断熱性、耐火性などを重視する方で、耐震性も問題がなければ、瓦を採用するとよいでしょう。

屋根リフォームの業者選びのポイント

屋根のリフォームはDIYでは難しいので、プロの屋根修理業者に依頼することになります。より満足のいくサービスを受けるためには、屋根リフォーム業者選びも重要です。ここでは、失敗しない業者選びのポイントをご紹介していきます。では順に見ていきましょう。

実績が多いか

施工の実績が多いということは、それだけ経験やノウハウも蓄積されていることを証明しています。したがって、実績が多い業者は信頼性が高いといえるでしょう。

料金が明瞭か

コロニアル屋根の葺き替え

作業内容・屋根材ごとに料金を詳細に明示している業者であれば、屋根修理にいくらかかるのかがわかり安心して依頼することができます。また、施工後に想定以上の金額を請求されるといったトラブルになる可能性も低いでしょう。

業者の説明が丁寧か

依頼者の質問に対して丁寧に説明してくれるかどうかで、誠実な業者か判断することができます。屋根の見積り金額や施工の内容などに疑問があれば、積極的に質問しましょう。

まとめ

コロニアル屋根を葺き替えにするか、カバー工法にするかは、それぞれの施工方法の特徴と費用を考慮して決めるとよいでしょう。葺き替えは費用がかかりますが、屋根の重量が家にかける負担が少ないです。また、下地や防水シートの損傷にも気づくことができます。

屋根の重量が家への耐久性を低下させないのであれば、カバー工法にしてもよいでしょう。カバー工法にすれば葺き替えよりも低コストでリフォームすることができます。

いずれの施工方法でも業者選びは大切です。実績が多いか、料金が明示されているか、説明の丁寧さなどから誠実な屋根修理業者か判断するとよいでしょう。自分で誠実な業者を選ぶ自信のない方や選ぶ手間を省きたい方は、ぜひ弊社にご相談ください。

弊社では屋根のリフォーム業者をご紹介するサービスをしております。ご相談していただければ、お近くの業者をすぐにご紹介することができます。24時間365日受け付けておりますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】
【掲載料金は消費税を含んでおりません】

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-18 11:12:57
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/201326/
家の修理
「コロニアル屋根から別の屋根材に葺き替えたいが、どのようなことに気をつければいいのだろうか?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。コロニアル屋根の葺き替えをおこないたい場合は、新しい屋根材の特徴をしっかりと把握しておくことが必要です。屋根材にはいくつか種類があり、それぞれ特徴や費用が大きく異なります。そうした違いを把握しておくことで、自分に合ったものや屋根に適したものを選ぶことができる...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!