生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベランダの屋根修理はプロにまかせよう!DIYの危険性と費用相場

投稿日:2020-06-05 更新日:2020-06-05

ベランダの屋根修理はプロにまかせよう

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ベランダの屋根を修理するときは、プロを頼りましょう。屋根修理は高所での作業になることも多く、危険がともなうためです。無理に自分で作業しようとすれば、大ケガをする可能性もあります。

このコラムでは、DIYでベランダの屋根を修理する危険性から、業者に頼むメリット、依頼したときの費用相場を解説していきます。ぜひ参考にしてください。

ベランダの屋根修理をDIYでしないほうがいい理由

ベランダの屋根修理はプロにまかせよう

ほとんどの場合、ベランダの屋根は手すりよりも外側にはみだすような構造になっています。これは、雨が降ったときなどにベランダの中が濡れないようにするためです。しかし、この構造はいざベランダの屋根を修理しようとなると、脚立などで登れなくなってしまうというデメリットもあります。

こうなると、修理のためには家の屋根側からベランダの屋根に登るしかありませんが、屋根の上は非常に危険なため、慣れていない人が屋根に登ることはおすすめできません。もし誤って落下してしまえば、命に関わることもあるため、絶対にDIYでの作業はやめてください。

応急処置なら自分でもできる

屋根の修理はできませんが、一時的に雨漏りなどを防止するための応急処置なら自分でもできます。方法も簡単で、防水テープを割れてしまった部分に貼るだけです。ただし、あくまで応急処置なので、その後の修理はしっかりとおこなっておいてください。

ベランダの屋根修理をしないで放置しておくことの危険性

割れたり剥がれたりしているベランダの屋根パネル放置しておくと、周りにいる人がケガをしてしまうことがあります。割れたパネルの断面は非常に鋭利です。また、割れたことによって非常にもろくなっているため、破片が落下してくることもあり、人に当たれば非常に危険です。

剥がれかけのパネルについては、そのうち外れて飛散してしまう可能性もあります。風にあおられて遠くに飛んで行ってしまうことも考えられ、そうなれば近隣の人にまで危険が及んでしまうでしょう。こうした理由でベランダの屋根修理は必ずおこなうようにしてください。

ベランダの屋根が壊れる原因

ベランダの屋根が壊れる原因として多いものが、強風です。ベランダの屋根は3方向、多いときは4方向から風を受けてしまうような、風の影響を受けやすい構造をしています。

そのため、強い風が吹くとパネルがその力に耐えきれず割れたり剥がれたりしてしまうのです。また、パネルが経年劣化していると、新しいパネルなら耐えられるような風でも割れてしまうことがあります。古いパネルを使っている場合は、破損する前に交換しておいたほうがいいでしょう。

修理したいのはベランダで正解?バルコニー・テラスとの違い

ベランダの屋根修理はプロにまかせよう

ベランダとよく似たものにバルコニー・やテラスがあります。「自分が修理しようとしているのは本当にベランダの屋根なのかな?」と思っている方もいるかもしれません。結論から言えば、屋根があるならベランダで正解です。ベランダとは、建物の外に作られた屋根のあるスペースのことだからです。

バルコニーは、建物の2階以上にある外に作られたスペースのことで、テラスは一階に作られた室外のスペースのことをいいます。バルコニーとテラスには両方屋根がついていないため、屋根があるならそれはベランダといえるでしょう。

ベランダの屋根修理を業者に依頼したときの費用相場

ベランダの屋根修理を業者に依頼する場合、部分的に修理するのか全体を交換してしまうのかによって費用が異なります。

屋根の部分補修の費用

防水テープやコーキング剤での補修を依頼した場合、2万円ほどの費用がかかります。DIYで防水テープを張った場合は1,000円ほどでできてしまいますが、やはり作業の質に違いがあるため、不安なら業者に依頼したほうがよいでしょう。

屋根を交換する費用

屋根の種類にもよりますが、パネル1枚につき3万円ほどが相場です。割れたパネルの枚数が多ければ、それだけ費用がかかります。また、経年劣化で割れてしまった場合は、ほかの部分もそのうち破損することも考えられるため、すべてのパネルを交換するためにそれなりの費用がかかってしまうでしょう。

新しい屋根の選び方

ベランダの屋根パネルは素材の種類によって性能が異なります。交換する前に知っておくと自分にあったものを選べるでしょう。

・塩化ビニール

加工がしやすい素材のため、非常に低コストで交換が可能です。その代わり、耐久性は低く5年ほどで劣化してしまいます。次の交換までの期間が短くなってしまうこともあるため、逆にコストがかかってしまうこともあるようです。応急処置的に交換したい場合にはおすすめかもしれません。

・ポリカーボネート

ベランダの屋根修理はプロにまかせよう

耐久性が高いパネルの素材で、耐用年数は10年と塩化ビニールの倍です。紫外線をカットするという機能も持っています。その分、塩化ビニールよりも導入にコストがかかりますが、長く使えるのでそこまで気にならないかもしれません。

・ポリカーボネート(熱戦遮断タイプ)

上記のポリカーボネートに太陽光を遮る機能を追加したタイプの素材です。コストは一番かかりますが、太陽光による室内の気温の上昇を抑えることができるため、エアコンなどの効きがよくなり、結果的に省エネにもつながります。予算に余裕があるなら、こちらの素材がおすすめです。

火災保険が使えるケースもある!

ベランダの屋根が破損した原因によっては、火災保険を適用できる可能性があります。火災保険は自然災害によって破損した家や家財を保証するための保険です。そのため、強風などでベランダの屋根が壊れてしまったという場合は、火災保険を使って無料で直せるかもしれません。

ただし、火災保険の内容は契約している保険会社によって異なります。まずは契約内容を確認してみて、適用されるかどうかをチェックしてください。

あわせてしておきたい工事

ベランダの屋根が経年劣化しているというということは、ベランダ全体も経年劣化しているかもしれません。ベランダの床の防水機能などの耐用年数が5~10年ほどと、ベランダの屋根の耐用年数と近いからです。そのため、ベランダの屋根の経年劣化を確認した場合は、ベランダ全体の工事も検討してみてください。

ベランダの屋根修理業者を選ぶときの2つのポイント

ベランダの屋根修理を依頼するなら、信頼できる業者に依頼したいですよね。この章では業者を選ぶときのポイントについて解説していくので、参考にして納得できる業者に依頼しましょう。

ポイント①安すぎないか?

ベランダの屋根修理はプロにまかせよう

あまりに安い値段を打ち出しているような場合は、依頼する前にさまざまなことをチェックする必要があります。施工金額が安いということは、含まれていない作業があるかもしれないからです。施工金額があまりに安いと感じたときは、業者に作業の内容を必ず確認するようにしましょう。

ポイント①実績は豊富か?

豊富な実績があるということは、たくさんのケースに対応してきた業者ということです。ベランダの屋根修理にもさまざまな状況が考えられるため、いろんなシチュエーションに対応できる実績の多い業者に依頼したほうが安心でしょう。ホームページや口コミなどを参考に、実績を調べてみてください。

ひとつ注意点として、口コミを参考にする場合はうのみにしないほうがよいです。口コミはあくまで個人の経験で書かれているため、自分が同じように対応してもらえるかはわからないからです。なるべく多くの口コミを参考にして、客観的に業者を分析するようにしましょう。

相見積りで業者を比較しよう

相見積りとは、複数の業者から見積りを取ることです。実際の金額を多く知ることができるため、そのなかでも一番安い業者に依頼すれば、費用を抑えることが可能です。ただし、あまりに安すぎる場合は、すでに述べたように必ず作業内容の確認をおこないましょう。

まとめ

ベランダの屋根修理をするときは、プロの手を借りることをおすすめします。DIYでの施工は非常に危険なため、やめておいたほうがいいでしょう。応急処置くらいなら自分でもできますが、そのあとは業者に依頼してしっかり修理してください。

ベランダの屋根が破損してしまった場合、修理は必ずおこなっておいたほうが安全です。ベランダの屋根に使われているパネルは断面が非常に鋭利で危険だからです。強風などで壊れてしまった場合は、なるべく早めに直すようにしてください。

修理費用は屋根の破損状況によって異なります。交換しないといけないパネルが多ければそれだけ費用も高くなるでしょう。火災保険が使えれば無料で修理することも可能なので、確認してみてください。

業者を選ぶ際は、安すぎないかということと、実績が豊富かということをポイントにして探しましょう。それでもどの業者に依頼したらよいかわからないという場合は、ぜひ弊社までご連絡ください。迅速にベランダの屋根修理が可能な業者を紹介させていただきます。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-06-04 10:21:31
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/199945/
家の修理
ベランダの屋根を修理するときは、プロを頼りましょう。屋根修理は高所での作業になることも多く、危険がともなうためです。無理に自分で作業しようとすれば、大ケガをする可能性もあります。このコラムでは、DIYでベランダの屋根を修理する危険性から、業者に頼むメリット、依頼したときの費用相場を解説していきます。ぜひ参考にしてください。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!