生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

瓦の葺き替え|リフォーム費用相場と屋根材を選ぶ方法・注意点

投稿日:2020-01-23 更新日:2020-01-23

瓦の葺き替え|リフォーム費用相場と屋根材を選ぶ方法・注意点

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「瓦を葺き替えしたいけど、どんな素材を選んだらいいのかな?」
「瓦葺き替えの費用はいくらかな?」
「瓦葺き替え工事はどこに頼んだらいいの?」

このような疑問にお答えします。瓦を葺き替えることによって、家のイメージはグンとよくなります。また、雨漏りや瓦落下などのリスクが軽減して、家の寿命を延ばすことができるのでおすすめです。

もし、すでに劣化や損傷が見つかっているのなら、瓦の葺き替えは一刻も早くおこなってください。当記事では、屋根材選びから工事のタイミング、業者選びなどについて詳しく紹介していきますので参考にしてください。

瓦の葺き替えにはどんな屋根材を選んだらいいの?

瓦屋根を葺き替えするときの屋根材は種類が豊富です。瓦の葺き替えは、目的や用途に合わせて屋根材を選ぶことから始めましょう。ここでは4つの屋根材についてそれぞれの特徴を紹介します。

日本瓦でも軽量化

伝統的日本家屋でよく使用されている陶器製の瓦は、ほかの素材と比べても耐久性が高く、最長60年の寿命があるといわれています。近年の新築住宅では平板タイプの瓦が人気で、従来の厚みのあるタイプの需要は減りつつあるようです。

そんな日本瓦のデメリットは、重量があることや価格が高めであることです。しかし重量に関しては、施工時に土を使わないなどの軽量化が進んでいます。

瓦の葺き替え|リフォーム費用相場と屋根材を選ぶ方法・注意点

断熱性・耐久性ならガルバリウム

屋根の葺き替えで最もよく使用される屋根材で、耐久性や断熱性に優れた素材へと進化を続けています。瓦の形をしたものもあり、本物の日本瓦よりも価格は安く済みます。

ガルバリウムは、価格と性能におけるバランスのよさで人気の屋根材ですが、商品がかなり多く、メーカーや商品によって品質が異なることがあるので注意が必要です。

メンテナンスが楽なスレート(コロニアル・カラーベスト)

スレートは新築住宅でよく使われる屋根材のひとつです。スレートは「コロニアル」や「カラーベスト」と呼ばれることもあります。呼び方がちがうだけで、同じものを指していますので混同しないように覚えておくとよいでしょう。

スレートを選ぶメリットは価格の安さです。日本瓦と比べると半分以下の費用で収まることが多いです。また、葺き替え作業が比較的簡単にできるので、メンテナンスや修理を取り扱える業者が多いという点もメリットです。

スレートは安価である反面、ほかの素材と比べると耐久性に乏しいといわれています。表面が剥離するとコケが生えることがありますので、強風や積雪などがあった場合は剥離や破損がないかを点検する必要があるかもしれません。

DIYがしやすいアスファルトシングル

アメリカなど、海外の住宅で使われることが多い屋根材です。施工しやすいので、素人でもDIYにチャレンジする人が多いのが特徴です。アスファルトシングルは、ガラス剤にアスファルトを混ぜて形成して表面に石粒を吹き付けてあります。

アスファルトシングルは、割れることやサビることがないというメリットがあります。一方で、強風に弱く、部分的に剥がれて落下することがあるのがデメリットです。剥がれた部分は、5年~10年に一度は補修しましょう。

瓦の葺き替えにかかる費用相場

瓦の葺き替えにかかる費用は、90平方メートル(日本の家屋の平均的な屋根面積)で約150万円~200万円です。瓦の葺き替えは家の大きさや屋根の形、現状などによって作業内容がちがいます。

また、業者によってリフォーム内容の内訳がちがいますが一般的には次のような作業内容が含まれますので参考にしてください。

新しい屋根材ごとの施工費
セメント瓦……約5,000円~10,000円/㎡
日本瓦……約10,000円~15,000円/㎡
スレート(コロニアル・カラーベスト)……約5,000円~7,000円/㎡
ガルバリウム……約7,000円~10,000円/㎡
諸費用の内訳
足場設置費用……約600円~1,500円/㎡
既存屋根の撤去処分費用……約2,000円~2,500円/㎡
屋根下地補修費用……約2,000円~3,500円/㎡
防止シート施工費用……約1,000円~1,500円/㎡

瓦葺き替えの施工費用は、屋根の形状や屋根材の種類、住んでいるエリアなど、さまざまな条件によって値段のちがいが出てきます。正確な金額を知りたいという方は、業者に見積りを出してもらいましょう。

弊社では、屋根瓦の葺き替え工事を請け負っている業者を紹介するサービスをおこなっております。全国どのエリアにも対応しておりますので便利です。お電話にて無料相談いたしておりますので、いつでもお気軽にご利用ください。

瓦は葺き替えが必須!その理由とは

屋根瓦は消耗品であり、年々劣化が進むので葺き替えが必要です。また、瓦を適切なタイミングで葺き替えることによって、家の寿命を延ばすことにつながります。そこでここでは、瓦を葺き替えるメリットや葺き替えをしないで放置するリスクについて解説します。

瓦の葺き替えをするメリット

瓦を葺き替える最大のメリットは、雨漏りなどのリスクが減ることです。瓦の下には防水シートが敷かれていますが、屋根リフォームの際に新しく取り替えるので雨漏りなどのリスクが減ります。

新しく選ぶ屋根材によっては屋根を軽量化し、耐震性を高めることができます。屋根部分が軽くなれば家全体の重心が低くなり、地震のときの揺れや倒壊、落下による危険が軽減されるからです。

その他、見栄えがよくなるというのも重要なメリットです。屋根は、家の外観の大部分を占めますので、瓦の葺き替えをすれば家のイメージが一新されます。

瓦の葺き替え|リフォーム費用相場と屋根材を選ぶ方法・注意点

瓦の葺き替えをしないとどうなる?

屋根は、普段あまり見ることの少ない場所ですが、雨風にさらされたり太陽に照らされたりして、家のほかの部分と比べて最も傷みやすい部分です。メンテナンスが手軽な屋根材も開発されてはいますが、今のところ永久にメンテナンスの必要がないという素材はありません。

瓦の葺き替えをしないで放置をすると少しずつ表面が剥離され、塗料などが剥がれた箇所から劣化して、他店の内部に雨水などが浸み込むようになります。雨水が入り込むと、シロアリやカビが発生する原因となるのです。

瓦葺き替えのタイミング

瓦は、ほかの屋根材と比べて耐久性があり、50年以上持つケースもありますが、劣化が目立つ場合や損傷がある場合には、一般的な耐用年数にかかわらず、葺き替えをおこなうことをおすすめします。劣化が進みすぎると修復不可能になるおそれがあります。

瓦葺き替えのタイミングは、基本的に劣化具合で決めます。ただし、屋根の点検は高所作業をともなうので危険です。葺き替えをするタイミングなのかどうかは業者に見てもらうのがおすすめです。

弊社では、現地調査を無料でおこなってくれる業者を紹介しております。瓦や防水シートの劣化具合を見て、適切なアドバイスをもらいましょう。業者選びにお困りの際には、弊社の業者紹介サービスをご利用ください。

屋根リフォームで気をつけること

屋根リフォームは、頻繁におこなうものではありませんし、ある程度高額な費用が必要になる工事ですので、よく考えて失敗のないようにしたいものです。屋根リフォームをする際には以下の3つのことに留意しましょう。

【1】防水シートの点検もしよう

瓦自体の耐用年数が長くても下地である防水シートが劣化している場合には、屋根リフォームが必要です。反対に防水シートに問題がなくても、屋根材が劣化しているという場合もあるため自己判断はむずかしいものです。

屋根材だけの取り換えをおこなうのか、防水シートごと新しいものに取り替えるのかは、業者に点検してもらって決めることをおすすめします。

【2】リフォーム費用だけで選ばない

瓦葺き替え工事をしてもらう業者は、慎重に選びましょう。見積りを出してもらったら、費用面だけでなく、工事内容をよく確認することが大事です。業者を選ぶときには次のようなことを判断材料にしてみてください。

・しっかり相談に乗ってくれる
・現況や工事内容をわかりやすく説明してくれる
・実績がある
・費用の内訳などがわかりやすい
・アフターケアがしっかりしている

【3】信頼できる業者を選ぼう

屋根は、家にとって重要なパーツですので、信頼できる業者に工事してもらうことが大事です。工事後にアフターケアをしてくれるかどうかも重要なポイントです。現況調査から工事、工事後まで長くお付き合いできそうな業者を選びましょう。

時間的な余裕があるなら、複数の業者に見積りを出してもらうのがおすすめです。業者選びには、弊社の業者紹介サービスのご利用が便利です。電話窓口での受付、業者紹介は無料でおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

瓦の葺き替え|リフォーム費用相場と屋根材を選ぶ方法・注意点

まとめ

屋根瓦に劣化が見られる場合には、早めに対処が必要です。屋根は建物にとって大事なパーツです。不具合があればそこに住むことが不可能になるおそれがあります。工事を先延ばしにすることなく、適切な方法で工事をしましょう。

瓦葺き替えにはまず、屋根材選びが重要です。耐用年数や特徴、価格などを参考にして、最も用途や目的に合うものを選んでください。屋根材は日進月歩で進化をしています。具体的な屋根材選びや工事内容については業者に相談してみるのがおすすめです。

弊社では、お客様のご要望に応じて、瓦の葺き替え作業をおこなうことができる業者を紹介しております。業者選びに迷った場合には、遠慮なくご連絡ください。

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-01-23 13:32:29
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/184834/
家の修理
「瓦を葺き替えしたいけど、どんな素材を選んだらいいのかな?」「瓦葺き替えの費用はいくらかな?」「瓦葺き替え工事はどこに頼んだらいいの?」このような疑問にお答えします。瓦を葺き替えることによって、家のイメージはグンとよくなります。また、雨漏りや瓦落下などのリスクが軽減して、家の寿命を延ばすことができるのでおすすめです。もし、すでに劣化や損傷が見つかっているのなら、瓦の葺き替えは一刻も早くおこなってく...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!