生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】2019年台風10号では岡山県の相談が最多!雨漏り相談は5倍に

投稿日:2019-08-20 更新日:2019-08-20

【速報】2019年台風10号では岡山県の相談が最多!雨漏り相談は5倍に

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

2019年8月6日に発生した台風10号(クローサ)は日本にゆっくりと近づきつつ勢力を強め、15日になって四国と九州の間の水域(豊後水道)を通過・広島県に上陸しました。この台風の通過に伴い、生活110番を運営するシェアリング・テクノロジー(以下、シェアテク)にも通常の件数を超える多くの相談が寄せられています。この相談データを集計・分析すると、今回の台風における被害の特徴が見えてきました。

今回はシェアテクに寄せられた相談データをもとに、台風10号の被害の特徴と傾向をまとめてみました。

【相談内容の傾向①】雨漏りの相談が前週と比べ5倍以上に激増!

【相談内容の傾向①】雨漏りの相談が前週と比べ5倍以上に激増!

今回の台風は広島県に上陸するという珍しいルートをとったこともあり、進路の右側に当たる中国・四国地方を中心に強い雨雲による影響を受けました。降り始めからの総雨量で500ミリを超える大雨となったこともあり、各地で道路の冠水や浸水被害を引き起こしました。

大雨はこのような災害だけでなく、「雨漏り」などとして各家庭の生活にも影響をもたらします。そこで台風の上陸した8月15日から18日までに寄せられた雨漏りに関する相談件数をまとめ、前週木曜から日曜(8月8日~11日)のデータと比較しました。すると15日からの4日間での雨漏り相談は476件と、前週(90件)に比べ5倍以上に なっていたのです。

気象庁による15日のレーダー解析によれば、四国地方や和歌山県などの各地をはじめ、台風から離れた神奈川県周辺においても1時間に70ミリから90ミリ前後の猛烈な雨が降ったとみられています。シェアテクに寄せられた雨漏り相談件数の大幅な増加は、今回の台風が広い範囲に大雨をもたらしたことからだと言えます。

【相談内容の傾向②】アンテナ・ガラス・漏電の相談も増加

【相談内容の傾向②】アンテナ・ガラス・漏電の相談も増加

今回の台風10号では雨漏りの相談件数の激増が目立ちますが、台風に伴う家の被害はそれだけではありません。たとえば風圧や飛来物によってガラスが割れることもあります。

そこで相談の内容を分類・集計すると、「アンテナ修理」「ガラス修理」「漏電修理」について相談件数が増加していることがわかりました。

相談内容別の動向(8/8~11と8/15~18の件数比較。相談件数および増減の大きいジャンルを抜粋)

相談内容 増減率
雨漏り修理 +429%
アンテナ工事 +41%
ガラス修理 +12%
漏電修理 +9%
-7%
ハチ駆除 -19%
エアコン -25%

テレビアンテナは高所に設置されることが多く、強風にあおられ倒壊や向きのずれを起こしやすい機器です。そのため今回の台風10号でも前週と比べて41%の相談件数増加が見られました。またガラス修理、雨漏りによる漏電修理なども増加しています。

一方台風により全国的には暑さが和らいだためか、エアコンに関する相談件数はやや減少していることが確認できます。また悪天候により外出を控える傾向があったのか、鍵に関する相談も減少していると言えるのではないでしょうか。

【都道府県別の傾向】岡山県からの相談がもっとも多い結果に

「雨漏り修理」「アンテナ工事」「ガラス修理」「漏電修理」の4ジャンルについてはどの都道府県で相談件数が多いかも合わせて調査しました。その結果を示したのが次のグラフになります。

都道府県別の傾向】岡山県からの相談がもっとも多い結果に
都道府県別の傾向】岡山県からの相談がもっとも多い結果に

(8月15日~18日の集計。世帯数は平成27年(2015年)国勢調査による)

都道府県別に相談件数をまとめてみると、岡山県で10万世帯あたり16.1件、高知県で11.6件、岐阜県で10.1件と、全国平均の5.1件に比べ高い数値を示しています。

これらの都道府県はいずれも台風の進行方向からみて右側で、追い風になることから雨風ともに強まる傾向にあります。今回の相談データを見ても、この強い雨風が押し寄せたことがうかがえる結果となりました。とくに台風の上陸した広島県の東隣・岡山県ではほかの都道府県と比べると3倍以上の件数を示していることが特徴的です。

気象庁のデータを見ると、岡山県内では15日から16日にかけて強い雨が降ったことが分かります。たとえば岡山市では15日23~24時に1時間あたり15ミリという強い雨のほか、この日の午前中に最大瞬間風速31.3m/sの暴風を観測しています。こうした台風による大荒れの空模様が雨漏りなどの相談件数を増加させた要因と考えられるでしょう。

岡山県以外でも岐阜県関市や高知県馬路村で1時間あたり60.5ミリという降水量を観測しているなど、台風10号は進路の右側を中心に大雨と暴風をもたらしました。このような性質が都道府県ごとの相談件数増加にもあらわれているといえるのではないでしょうか。

まとめ

強い雨風とともにやってくる台風は、日本各地に大きな被害をもたらします。今回の台風10号では強い雨が特徴的であり、雨漏りの相談件数の大幅な増加として表れています。一方で強風による被害に関してもアンテナやガラス修理の相談件数の増加という形ではっきりと見られることが特徴でした。

生活110番では雨漏り被害やアンテナのずれ、ガラスの破損などの相談も24時間365日体制で受け付けています。お困りごとがあれば、ぜひ一度お問い合わせください。

参考データ

国土交通省・令和元年台風第10号による被害状況等について(第7報)
https://www.mlit.go.jp/saigai/saigai_190814.html

気象庁ホームページ・過去の気象データ検索
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

総務省統計局・日本の統計
https://www.stat.go.jp/data/nihon/02.html

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-08-20 15:33:27
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/158510/
家の修理
2019年8月6日に発生した台風10号(クローサ)は日本にゆっくりと近づきつつ勢力を強め、15日になって四国と九州の間の水域(豊後水道)を通過・広島県に上陸しました。この台風の通過に伴い、生活110番を運営するシェアリング・テクノロジー(以下、シェアテク)にも通常の件数を超える多くの相談が寄せられています。この相談データを集計・分析すると、今回の台風における被害の特徴が見えてきました。今回はシェアテクに寄せら...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!