生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

【台風でのサッシの吹き込み】対策法や応急処置方法を徹底解説!

投稿日:2017-10-30 更新日:2020-09-24

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

「台風のサッシからの吹き込みが心配……」そんなときは、雨戸やシャッターを閉める、レール部分を掃除する、網戸を動かすなどの対処をおこなうとよいでしょう。また、万が一吹き込んでしまったときのために、応急処置を事前にしておくのもおすすめです。

そのような対策をしっかりとおこなうことで、サッシからの吹き込みを防ぐことができ、また万が一吹き込んでしまったときでも、被害を最小限に抑えることができるのです。

この記事では、台風でサッシから雨が吹き込む原因や対策、応急処置方法などについてご紹介していきますので、ご自宅の台風対策にお役立てください。

台風の前のサッシの吹き込み対策

サッシからの雨漏りは一度起こったら、何度でも雨漏りを起こしてしまうおそれがあります。早めに原因を突き止めてきちんとした対策をとらないと、室内が水浸しになるだけでなく、家の木材が腐ったりカビが発生したりといった被害を引き起こすかもしれません。

とくに、木材が腐ってしまうと家の耐久性の低下にもつながります。もし修理しなければいけないほどに深刻化してしまった場合には、雨漏りの修理とは比較できないほどの高額な修繕費用が掛かってくるでしょう。

暴雨、暴風が吹き荒れる台風の日は、とくにサッシから雨漏りを引き起こさないような対策を心がけてください。ここでは、暴雨からサッシを守る雨漏り対策の具体的な方法をご紹介します。

雨戸を閉める

吹き込み対策で最も効果的なのが、雨戸を閉めることです。これだけでも家の中に入ってくる雨の量を段違いで減らすことができます。「雨戸がない!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、雨戸は後付けが可能なので検討してみてはいかがでしょうか。

レール部分の掃除

レール部分にゴミやほこりがたまっていると、レールに雨水がたまりやすくなり、雨水が室内に入ってきてしまうことがあります。

通常、レール部分には排水をおこなう”排水弁”があるため、一時的に雨水がたまったとしても排出されていきます。しかし、レール部分にゴミがたまると、排水機能が働かなくなってレールから雨水があふれてしまうのです。

その結果、レール部分からあふれた雨水が、引き違い窓(※)とレールとの隙間から室内へ侵入してしまうのです。こうした事態を避けるためにも、台風前はレールにたまっているゴミやほこりを取り除き、雨水をきちんと排水できる状態にしておきましょう。

※引き違い窓とは
左右2枚の窓を交差させて開け閉めをおこなう窓のことを指します。引き違い窓は、スムーズに動かすために”レールと窓本体の間”や”引き違い窓のサッシ同士の間”に若干隙間があります。雨が降ると、その隙間から雨が入ってきてしまうおそれがあるのです。

網戸の位置を変える

横なぐりの雨や暴雨が発生して横から雨が吹き付けると、引き違い窓のサッシ同士の隙間から雨水が入ってくることがあります。それを防ぐためには網戸の位置を変える方法が有効です。網戸を室外側のサッシと反対側にすることで、サッシが交互になるので雨水が入ってくることを抑えられるのです。

先に応急処置をしておく

サッシからの吹き込みは、以下のことが原因でおこることもあります。

・コーキング(窓枠と外壁との隙間を埋めるために使われている材料)の劣化
(窓枠と外壁との間に隙間が生まれて雨水が侵入)
・窓ガラスのゴムパッキンの劣化
(窓ガラスと窓枠の間に隙間が生まれて雨水が侵入)
・窓枠付近の外壁のひび割れ
(ひび割れの隙間から雨水が侵入し、雨水が壁を伝ってサッシから流れ出る)

このように、サッシ付近の劣化やひび割れによって隙間が発生し、室内に雨水が入ってきてしまうのです。この場合は、原因となる箇所を修理しなければなりません。しかし、「スケジュールが合わず台風までに業者に修理してもらえない」「台風が来るまで時間がないので、台風後に落ち着いて対処したい」という場合も少なくないでしょう。

そのようなときは、ひとまず応急処置として、防水テープで補強するのがおすすめです。さらに、万が一雨水が侵入してきたときのためにも、雑巾や吸水シートでの応急処置もあらかじめおこなっておくとよいでしょう。

サッシからの吹き込みが多くなるケース

サッシからの雨漏りを台風の日に見つけてしまえば、状況と相まって慌ててしまいますよね。じつは、サッシの雨漏りには起こりやすい場面があります。サッシからの吹き込みが起こりやすい場面についてご紹介するので、とくにしっかりと対策をおこなうようにしましょう。

・集中豪雨
・台風などの暴雨
・横なぐりに激しく降る雨
・長雨
・地震の後の雨
・増築や新築などの工事をおこなった後の雨

集中豪雨や台風、横なぐりの激しい雨などでは、引き違い窓のレールと窓本体との隙間や、サッシ同士の隙間から雨が侵入してきやすくなります。

また、雨が継続的に降り続けると、外壁などの劣化が進行してしまいます。すると、外壁にヒビが入ることがあり、雨水が室内に侵入するおそれがあるのです。

さらに、地震の際に外壁にヒビが入ると、雨が降ったときにそのヒビから雨水が侵入してしまうのです。また、増築後や新築後に施工不良が起こると、雨が降ったときに雨漏りすることがあります。

サッシからの吹き込み発生!応急処置方法を知っておこう

対策をおこなっていても、台風の日にサッシから雨が吹き込んでしまうこともあるかもしれません。しかし、台風の日では、業者に依頼して修理をしてもらいたくても天候などが理由ですぐに駆けつけられないことも多々あります。

そのようなときのために、事前に応急処置の方法について把握しておくことが大切です。ここでは、業者が駆けつけてくれるまで雨漏りの被害を凌いでくれる応急処置をご紹介していきます。

雨漏り箇所に雑巾を詰める

サッシの雨漏りを放置していると、部屋の中にまで水が流れ込み、床がびしょびしょに濡れてしまう光景は想像することも容易です。そのまま放置しているわけにもいかないので、サッシの雨漏りが起こったら、窓枠の雨漏りしている部分に雑巾やビニール袋を詰めておきましょう。

こうすることで雑巾が水を吸い取り、流れ入ってくる水の量を抑えることができます。しかし、完全に雨漏りを防ぎきることはできないので、床が濡れないか心配な人は、床にビニールシートなどを敷いておきましょう。

吸水シートを敷く

侵入してくる雨水が多いときには、雑巾の代わりに吸水シートを置くとよいでしょう。吸水シートとはその名のとおり水を吸ってくれるシートのことで、雑巾よりも吸水力が優れています

ちなみに、雨漏り対策に使用する吸水シートは以下のものがおすすめです。万が一サッシから雨が吹き込んでしまったときのために、用意しておくとよいかもしれません。


アイリスオーヤマ 使い捨て吸水吸油シート(105枚入り)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

・多くの水を素早く吸収してくれる(1袋あたりの吸水量が39L)
・表面が一度吸水したら逆戻りしにくい”メッシュ素材” になっている

防水テープを貼る

防水テープは水に強い素材でできているので、サッシの雨漏りを防ぐ役割としては十分に果たせます。使い方は窓枠周辺の隙間や外壁のひび割れなど、雨漏りの原因となる箇所に防水テープを貼りつけるだけでOKです。これだけでサッシの雨漏り被害を最小限に抑えることができます。そんな防水テープは、以下のものがおすすめです。


光洋化学 気密防水テープ エースクロス

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

・粘着力が強い
・外壁などのざらついた素材にも貼ることができる

サッシからの吹き込みは業者への相談がおすすめ!

サッシから雨が吹き込んできたら、その原因がコーキングやゴムパッキンの劣化、外壁のひび割れによるものなら、早めに業者に依頼して修理をしてもらいましょう。また、吹き込みの原因がわからない場合も、業者に原因の特定と修理を依頼しましょう。

この記事を読んでいる方の中には、業者に修理を依頼すると高くなってしまいがちなことから、「自分で修理したい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに、自分で直す方が断然安く済む可能性もあります。しかし、雨漏りの修理をやったことがない、慣れていない素人が修理をすると、原因となる箇所を見落とし適切な修理ができないおそれがあります。

こういった事態が起こってしまった場合、結局業者に依頼することになり、DIYでの修理のために買った材料も無駄になってしまうかもしれません。ほかにも、適切な修理ができていないと、再び雨が侵入して修理箇所が拡大する危険性もあります。修理箇所を見つけたら最初から業者に依頼し、解決してもらったほうがいいですね。

しかし、いざ、業者に依頼しようと思っても、サッシからの吹き込みを修理してくれる業者はたくさんあります。そのたくさんある中から自分に合った業者を見つけ出すのは至難の業です。最後に、より自分に合った業者に巡り合うために押さえておきたいポイントをご紹介します。

雨漏り修理業者選びのポイント

サッシからの吹き込みの修理を、サッシ業者に依頼するのか、雨漏りの専門業者に依頼するのか悩む方もいらっしゃるかもしれません。サッシからの吹き込みは、雨漏り修理業者に依頼するとよいでしょう。

サッシからの雨漏りには、外壁といったサッシ以外の場所が原因となっていることがあります。もしサッシ以外の場所に原因がある場合、サッシ業者であると十分な修理をおこなってもらえないおそれがあります。その点、雨漏り修理業者であれば、サッシ以外の場所での雨漏りの知識も豊富なので、適切な対処をしてもらえる可能性が高いのです。

また、雨漏り修理業者選びに迷ったら、以下のポイントを押さえて業者を探してみましょう。

・資格を持っているか
・雨漏りの修理業者としての実績を持っているか
・アフターフォローもしっかりとしてくれるか

雨漏り修理は専門的な知識が問われるため、防水や雨漏り工事についての知識や技術を持っている業者に依頼したいものです。業者の知識や技術があるかどうかは、業者に資格や実績があるかどうかで見極めるとよいでしょう。

雨漏り修理についての資格はいくつかありますが、中でも代表的なのが、”雨漏り診断士”です。資格取得のために建物の基礎知識や防水、雨漏り診断などの知識を問われるため、雨漏り診断士の資格を持っている方は、雨漏り工事についての知識が豊富だといえるでしょう。

さらに、実績が多い業者であれば、その分多くの経験をしているため、技術力の高さに期待できます。資格の有無や実績の多さは、業者のホームページなどから確認してみてください。

さらに、アフターフォローがある業者であれば、万が一再び雨漏りが起こってしまった場合でも対応してもらえるので、アフターフォローの有無もチェックしておきましょう。

まとめ

サッシが雨漏りを起こしてしまえば、窓を中心に室内が水浸しになってしまうことが予想されます。本来ならば、雨漏りが発覚したらすぐに業者に修理の依頼をするのがいいです。しかし、台風などの天候の悪い日は業者が出張サービスをおこなっていない。出張をしても来るのが遅くなってしまうことがあります。雨漏りをしてしまう場合はそのまま放置をせずに、応急処置をおこないましょう。

(この記事は2020年8月28日に加筆・修正しています)

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
10投票,  平均評価値:4

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-09-24 17:23:04
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/15237/
家の修理
「台風のサッシからの吹き込みが心配……」そんなときは、雨戸やシャッターを閉める、レール部分を掃除する、網戸を動かすなどの対処をおこなうとよいでしょう。また、万が一吹き込んでしまったときのために、応急処置を事前にしておくのもおすすめです。そのような対策をしっかりとおこなうことで、サッシからの吹き込みを防ぐことができ、また万が一吹き込んでしまったときでも、被害を最小限に抑えることができるのです。この記事...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!