生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションが雨漏りする原因は老朽化!?それって誰が直すの?

投稿日:2017-10-29 更新日:2018-09-28

マンションが雨漏りする原因は老朽化!?それって誰が直すの?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

マンションで雨漏りが起こるというと、どういう場面を思い浮かべますか?一戸建ての場合は自分の家が原因ですので、どこから雨漏りが起こっているのかを調べることができます。しかし、マンションの場合はそうはいきません。

上下左右と他の家族が住んでいるので、天井がシミになった場合は上の階を疑うでしょう。もし自分が原因での雨漏りであれば、影響は他の家族に起こるため気づくのが遅く影響が出てしまうかもしれません。そして雨漏りした場合の補償はどうすればよいのか気になります。

今回は、そんなマンションで雨漏りが起こる理由とは何が考えられるのかをご紹介していきます。そして、雨漏りの損害補償はどうなるのか、誰が修理するのかなどをお伝えしていきます。

マンションが雨漏りする理由

マンションで発生する雨漏りのほとんどは、老朽化が原因で起こります。築年数が長くなるほど老朽化は進み、窓の隙間や外壁のヒビの間から雨漏りを起こす場合があります。そのまま放置するとマンションの耐久にも問題が発生するため、早めの対策が必要になってきます。

一般的に水は上から下に流れていきます。しかし、マンションの場合はそうではなく、配管が複雑になっていたりするため上の階だけを疑うのはよくない場合があります。マンションの雨漏りの例をご紹介します。

・屋上の防水不備のため、雨水が下の階の部屋へ漏れる。
・雨どいにゴミがたまって、雨水がうまく流れず水があふれる。
・配管の老朽化で水漏れが起こり、下の階へ流れる。
・浴槽やキッチン、トイレが詰まったり、下水処理以上の水を使用してしまった場合水が漏れる。

このような例が挙げられます。トイレが詰まったことで、マンションの一階が汚物まみれになったということもあるようです。
      マンションが雨漏りする理由

一戸建ての雨漏りとは何が違うの?

一戸建ての場合は、外壁の傷みやシーリングの剥がれた隙間から雨が入り込んだり、屋根瓦に隙間ができて雨が入り込んだりと、建物の不具合や劣化から雨漏りは起こります。

そして、雨漏りが起こった場合すべて自分の責任になります。自分の家ですので、どの部屋で雨漏りが起ころうが自分の責任になります。

しかし、マンションの雨漏りは建物の不具合や劣化が原因とは限りません。上下左右と壁一枚隔てて他の家族が住んでいるため、洗濯機の水があふれて下の階まで漏れることで起こる場合や、トイレが詰まることで起こる場合など、生活排水が原因で起こることが多いのです。そして、その影響が自身の部屋には出ないことが大きな違いです。

雨漏りと思っていても水漏れの場合があり、漏れた水は自宅だけではなく他の部屋の家族へ影響を及ぼします。

もちろん、自分が原因で起こった雨漏りは全て自分の責任となる点では一戸建てと同じですが、自分が起こした影響のある部屋に責任が生まれるのです。

そして、共用部分に影響が出た場合も、自分に責任が生まれるという点が一戸建てとの違いと言えるでしょう。
      一戸建ての雨漏りとは何が違うの?

マンションが雨漏りしたら損害補償はどうなる?

老朽化による雨漏りや共有部分の雨漏りは、たいてい管理会社や管理人の責任になります。

しかし、雨漏りではなく水漏れによる損害の場合は個人が損害賠償をしないといけません。被害の大きさにもよりますが、数百万円以上にもなる場合があります。しかし、個人が入っている火災保険によって全額負担になることはないでしょぅ。

マンションの雨漏りは誰が修理するの?

明らかに自分が原因でマンションの雨漏りを起こした場合は、自分で責任を持って修理する必要があります。共用部分だからと言ってマンションの責任になるわけもなく、原因が特定されているのならば個人で修理する必要があります。

ただ、マンションの配管が原因の場合はマンション組合が責任を持って修理します。マンションの構造によって、床下に共用の排水管が通っている場合があります。それが漏れたことが原因の場合では、被害もなく漏れる原因を作ったわけでもない場合でも漏水調査や修理工事への協力を行う必要があります。

マンションによっては、共用排水管の持ち分を個人で分けて管理している場合もあるので契約を確認してみてください。
      マンションの雨漏りは誰が修理するの?

注意するべき雨漏りの兆し

個人の不注意を完全に防ぐことはなかなか難しいです。
しかし、マンションの劣化や不具合からくる雨漏りには兆候がみられます。その兆候に早く気づくことが大きな損害を与える雨漏りを防ぐのにとても重要なのです。

例えば、「外壁が剥がれていたり、ヒビが入っていたり、バルコニーの床部分にカビやコケなどが発生している」「サッシに隙間がある」などはその兆候と言えるでしょう。自身の部屋部分のみでなく、外観からみた時の不具合などをしっかりチェックして兆候を見逃さないようにしましょう。

また、マンションの管理体制が整っていれば雨漏りにいち早く気づき、修復する対応が素早く進みます。管理体制とは、防犯面や清掃面、修繕面においてのマンション運営の業務を指します。

ほとんどのマンションオーナーは管理会社に委託しており、その会社がしっかりと管理していれば対応はスムーズに進むでしょう。しかし、管理会社がしつかりした体制を整えていない場合は問題解決に時間が掛かるかもしれません。

管理体制の整えられているマンションは美観が整えられてれおり、清掃も行きわたり、修繕もしっかり行われていることが多いです。自身のマンションはどうなのかを確認すると共に、いざとなった時に連絡する管理会社の連絡先も確認しておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はマンションにおける雨漏りについてご紹介してきました。一戸建てとマンションでは、建物の老朽化や不具合から起こる雨漏りは同じですが、個人の水漏れが問題になることがあるとわかりました。

雨漏りと水漏れ、原因は同じ水ですが修理を管理会社が行う場合と、個人で行う場合があるため、しっかり確認する必要があります。

そして、自身が雨漏りにあった場合はまずは管理会社に連絡し、そこから雨漏りの原因調査と修理を行ってもらうことが重要です。

もし、雨漏りや水漏れで迷ったことがある場合は当サイトをご活用ください。どのように対応したら良いのかなどお力になれるかと思います。

雨漏り修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「雨漏り修理」をご覧ください。

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:1.8

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-28 12:27:02
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/15128/
家の修理
マンションで雨漏りが起こるというと、どういう場面を思い浮かべますか?一戸建ての場合は自分の家が原因ですので、どこから雨漏りが起こっているのかを調べることができます。しかし、マンションの場合はそうはいきません。上下左右と他の家族が住んでいるので、天井がシミになった場合は上の階を疑うでしょう。もし自分が原因での雨漏りであれば、影響は他の家族に起こるため気づくのが遅く影響が出てしまうかもしれません。そし...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!