生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベランダの雨漏りの修理費用について解説!保険で無料で直せることも

投稿日:2019-06-27 更新日:2019-06-27

ベランダの雨漏りの修理費用について解説!保険で無料で直せることも

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

原因がわからないベランダの雨漏りに、悩んではいませんか。ベランダは天候によるダメージを受けやすく、放置してしまうといろいろな問題がでてきてしまいます。

しかし、雨漏りはご自身で修理できないケースもたくさんあるのです。ここでは、ベランダの雨漏りによる修理費用の相場や原因、対策などをご紹介していきます。また、雨漏りの原因によっては費用を抑えて修理できるケースもあるので、確認してみましょう。

ベランダの雨漏りの修理費用は約3万円~

ベランダも時間経過や自然災害などによって、劣化していき破損することもあります。破損の仕方もさまざまで、ひび割れや排水口の詰まり、防水加工の劣化などがあるようです。このような破損を放っておくと、雨漏りなどを引き起こす原因になってしまいます。

もし、マンションのベランダで雨漏りが起きると、下の階の住民にも被害が及ぶかもしれません。そのため、ベランダで劣化・破損個所を見つけたら、すぐにでも修理したほうがよいでしょう。

しかし、ベランダを修理するとなると業者に頼む場合も多く、費用がいくら必要になるか心配になる方もいることでしょう。もちろん修理箇所が少なく軽度であれば、必要な費用も安くなります。逆に損傷がひどい場合は、大掛かりな修理が必要になり、高額な請求となることもあるようです。

ベランダの雨漏りの修理費用の相場は、軽度な損傷であれば3~15万円ほどになります。損傷がひどく大掛かりな修理が必要になると、数十万円は必要になると考えておきましょう。このように高額な修理費用にならないためにも、定期的な点検や少しでも早い修理を心がけておくことが大切です。

ベランダの雨漏りの修理費用について解説!保険で無料で直せることも

ベランダの雨漏りには火災保険が下りる場合がある

ベランダの損傷が軽度で3万円ほどの修理費用で済めば、それほど深刻に考えることは少ないかもしれません。しかし、大掛かりな修理が必要になり、数十万円もの費用が必要になってくると大変な出費です。そのような出費になると、修理したくても簡単には依頼することができなくなってしまいます。

そのようなときは、火災保険の契約内容を確認してみましょう。もしかしたら、ベランダの雨漏り修理の費用を大幅に抑えることができるかもしれません。火災保険の契約には、火災以外に風災・雪災・雹災といった自然災害も適用対象となるプランがあるのです。そのため、風災・雪災・雹災が含まれるプランに加入しており、台風などの自然災害が原因でベランダが破損した場合、火災保険が適用できることもあります。

もちろん自然災害であっても誰でも適用されるわけではなく、保険会社の派遣する第三者による鑑定がおこなわれます。ほかにも、保険適用にはいくつかの細かな条件もあるので、修理を始める前に保険会社や修理業者で一度相談してみるとよいでしょう。ただ、保険が適用されなかったとしても、被害の拡大を抑えるためにも修理はおこなうようにしてください。

ベランダの雨漏りの修理費用について解説!保険で無料で直せることも

業者を呼ぶか迷ったら!原因別の雨漏り対処法

ベランダの雨漏り修理の費用を知ると、破損の度合いによっては業者に依頼するか迷ってしまう方もいることでしょう。雨漏りがひどい場合は、業者に依頼したほうがよいですが、軽度であれば自分で対処することができるかもしれません。ただ、自分でできることの多くは、一時的な対処であることを覚えておきましょう。

ベランダの雨漏りの修理費用について解説!保険で無料で直せることも

排水口が詰まっている

ベランダから雨漏りする原因として以外と多いのが、排水口の詰まりです。ベランダというのは使っていなかったとしても、枯れ葉などのゴミがたまりやすくなっています。とくに、台風などの強風と雨のあとには、排水口にゴミがたまりやすいです。

そのため、排水口が詰まらないよう、定期的にゴミを取り除いておくようにしましょう。もし、ゴミを取り除いても雨漏りが改善されない場合は、一度業者に確認してもらったほうがいいかもしれません。

防水コーティングが劣化している

ベランダの床は下の階へ水漏れしないよう、防水コーティングが施されています。そのため、経年劣化などにより防水コーティングが劣化していると、雨漏りの原因となるのです。劣化してしまう原因には、直射日光や重いものを置くなどさまざまな要因があります。

劣化して剥がれたり、破れたりしている部分が軽度であれば、防水テープなどを使って対処することもできます。しかし、劣化がひどい場合は、防水シートや塗装することで対処することもできますが、作業が難しいと感じるようなら業者に依頼しましょう。

笠木が壊れている

ベランダの壁にある手すりのような部分を、笠木といいます。この笠木は、雨などをベランダ内に侵入させない役割があるのです。古い住宅の場合、笠木が木になっていることも多く、この部分に雨が浸み込んでいくことで雨漏りの原因になります。

また、雨が浸み込んだままにしておくと、壁の中まで浸透してしまい腐食の原因にもなってくるようなのです。そのため、笠木に少しでも異変を感じたら、一度業者に確認してもらうことをおすすめします。

壁にひび割れがある

ベランダの壁にできるひび割れは、地震や台風などの自然災害、経年劣化と、さまざまな要因があります。ひび割れができていると、そこから雨水が入り込み、いずれ雨漏りの原因へとなっていくようです。

なにより、ひび割れが原因で雨漏りが発生すると、修理費用が高額になる可能性もあるため、少しでも早い対処が必要となります。小さなひび割れであれば、コーキング材を使って補修することもできますが、長期的なことを考えると業者に見てもらうのがよいでしょう。

ベランダの傾きに異常がある

ベランダは排水口にうまく水が流れるよう、傾きをつけて作られています。しかし、ごく稀に設計上のミスや施工ミスにより、ベランダの傾きが適切ではないことがあるようなのです。排水口へ適切に水が流れないことで、ベランダに水たまりができ、雨漏りにつながってしまうこともあります。

ただ、ベランダの傾きは自分で対処することはできないので、気づいたときにはすぐに業者へ確認してもらいましょう。マンションであれば、管理会社へ連絡するのもひとつの対処法です。

雨漏りを修理しないと起こる4つの問題

雨漏りの被害が小さい場合は、そのまま様子をみておこうと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、雨漏りは被害が拡大すると、建物の中にもさまざまな問題が発生してきます。ここでは、ベランダの雨漏りの修理費用とは別に、発生する問題点をみていきましょう。

建材が劣化する

雨漏りの被害状況は外から見ただけでは、判断することができません。表面は乾いていても、ベランダのひびやすき間からはいった雨水が、建物の中まで浸透していることもあるのです。浸透した水分は、蒸発せずにそのままたまり、建物が腐敗するなど被害が拡大してしまうおそれがあります。

カビが発生する

水がたまって湿度が高くなると、カビも発生してきます。カビが発生すると見た目はもちろん、健康にも害を及ぼすおそれがあります。また、ベランダだけではなく屋内にも広がり、部屋の内部にまでカビが発生してしまうということもあるでしょう。

害虫が発生する

雨漏りがするということは、どこかに水が浸透していることになります。このような状態を放置していると、湿気のある場所を好む害虫の発生原因になってしまうでしょう。

ベランダでの雨漏りとなると壁の内側に水が浸透している場合が多いため、とくにシロアリの発生に注意が必要です。また、雨漏りの修理に加えて害虫駆除までおこなうと、費用もそれだけ高額になってしまいます。

火災が発生する

雨漏りが原因で漏電や火事を引き起こすこともあります。ベランダの雨漏りがひどくなると、通常は電気が漏れないようにしている場所などにも雨水が染みわたってしまうようです。配線やコードに被害がでて、火災を引き起こす原因になってしまいます。

ベランダの雨漏りの修理費用について解説!保険で無料で直せることも

依頼の前に優良な修理業者の特徴をチェック

業者を簡単に選んでしまうと、あとで「こんなはずではなかった」と後悔してしまうかもしれません。経験年数や技術力はもちろんですが、ベランダの雨漏りの修理費用以外にも、安心して修理をお願いすることができるように、以下の事項も確認してみましょう。

・現地調査、見積もりが無料かどうか
・見積もり金額から上乗せがないかどうか
・アフターケアや保証が充実しているかどうか
・雨漏りの原因や理由、工事の内容を細かく説明してくれるかどうか
・火災保険について明確に答えてくれるかどうか

ほかにも、見積書の内容が細かく記載されているか、依頼のあとすぐに連絡をくれるか、などのチェックポイントもあります。こういったことを気にして業者を選ぶと、これら修理をお願いする場合の安心材料となります。何社か見積もりをお願いして、ご自身にあった業者を決めてみましょう。

ベランダの雨漏りの修理費用について解説!保険で無料で直せることも

まとめ

今回は、ベランダの雨漏りの修理費用や修理の必要性などをご紹介しました。修理費用に相場はありますが、部分補修や全体補修などによって金額は大きく変わってくるようです。

また、自然災害による雨漏りでは、火災保険が適用されることもあるので、修理をする前に保険会社に連絡してみましょう。ベランダで起きる雨漏りは、さまざまな被害をもたらします。さらには、下の階に住む住民の方にも、被害が及ぶおそれがあるのです。

そのため、ベランダで雨漏りの原因になりそうな場所を見つけたら、少しでも早く対象しましょう。すでに雨漏りしているようなら、業者に修理を依頼するのがおすすめです。業者を捜すときは、複数から見積もりをだしてもらい、費用や作業内容、アフターサービスなどを比較してみるとよいでしょう。

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~

この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-06-27 10:21:57
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/148614/
家の修理
原因がわからないベランダの雨漏りに、悩んではいませんか。ベランダは天候によるダメージを受けやすく、放置してしまうといろいろな問題がでてきてしまいます。しかし、雨漏りはご自身で修理できないケースもたくさんあるのです。ここでは、ベランダの雨漏りによる修理費用の相場や原因、対策などをご紹介していきます。また、雨漏りの原因によっては費用を抑えて修理できるケースもあるので、確認してみましょう。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!