生活110番ニュース 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨漏りする屋根は防水テープで修復可能!ただ業者のほうが安いことも

投稿日:2019-06-25 更新日:2020-10-16

雨漏りする屋根は防水テープで修復可能!ただ業者のほうが安いことも

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

みなさんは、屋根の雨漏りを経験したことはあるでしょうか。とくに梅雨や台風の多い時期に雨漏りが起きると、家中水浸しになってしまいかねません。また、雨漏りを修理せずに放置していると、天井の板が腐って抜け落ちてしまうこともあるようです。屋根が雨漏りしたら、なるべく早い対応をおこないましょう。

この記事では、雨漏りする屋根を防水テープで応急処置する方法についてご紹介していきます。また、雨漏り被害は火災保険が適用できるケースもあるので、そちらについても解説します。屋根の雨漏りでお悩みの方は、参考にしてみてください。

火災保険を利用すればDIYで直すより安く済む可能性も

火災保険と聞くと、家や建物などの火事による被害を補償してくれる保険という認識の方が多いと思います。しかし、屋根の雨漏りは火災保険が適応されるケースもあるのです。

火災保険が利用できる条件

火災保険を利用すればDIYで直すより安く済む可能性も

火災保険を利用する場合は自然災害や事故による雨漏りであることが条件になってきます。たとえば、台風などによって屋根が破損した場合、風災という自然災害にあたります。風災とは、強風によって瓦が飛んだり、屋根が破損する被害のことです。台風などの強風により屋根が壊れて、それが原因で雨漏りを起こした場合は風災補償の対象になる可能性が高いです。

このように、雨漏りは火災保険が適応されるケースがあるため、屋根を防水テープで修復するまえに加入している保険の補償内容を確認してみましょう。

火災保険の申請方法

雨漏りによる火災保険を利用するには、「保険金請求書」「事故状況を報告する書類」「修理の見積書」「屋根の被害写真」の4点を用意して、保険会社に送る必要があります。

まずは、保険会社に連絡をして「保険金請求書」と「事故状況を報告する書類」の2点をもらい必要事項を記入しましょう。あわせて屋根の修理業者か診断士への連絡もおこなってください。連絡をする際は、火災保険を利用する予定であることをしっかり伝えたうえで「修理の見積書」と「屋根の被害写真」の2点を用意してもらいましょう。

書類を送ったらあとは認定結果を待つだけです。火災保険は必ずしも認定されるというわけではないので、その点はしっかり留意しておきましょう。

保険が利用できなくてもDIYで直すのはおすすめできない

雨漏りによる火災保険は、必ずしも補償が適用されるわけではないです。保険会社の診断結果や屋根の被害状況によっては、保険が下りないケースもあります。

そのため「保険が適用されないから、自分で雨漏りを直す」という方もいるのではないでしょうか。しかし、DIYで雨漏りを直すのはあまりおすすめできません。

保険が利用できなくてもDIYで直すのはおすすめできない

作業に危険がともなう

屋根の雨漏りを修理するとなると、必然的に高所の作業になります。屋根での作業は足場が悪いうえに傾斜もあるため、落下のリスクが高くとても危険です。万が一屋根から足を滑らせてしまうと、大ケガにつながりかねません。

修復がうまくいかないことがある

屋根修理の経験の少ない人だと、正確な雨漏りしている位置を特定するのが難しいです。ときには、目に見えない位置のヒビなどから雨漏りしていることもありDIYでは対処しきれないこともあります。また、正確な雨漏りしている位置を特定できたとしても、DIYで完璧な修理をするのは難易度が高いです。そのため、一度雨漏りを止められたとしても再発してしまうおそれがあります。

このような理由から、DIYで雨漏り修理をするのはあまりおすすめできません。どうしてもDIYで雨漏りに対処する必要がある場合は、しっかりとヘルメットを被り安全を確保し、あくまで応急処置であることを理解したうえでおこないましょう。

次の章では、雨漏りする屋根を防水テープで治す方法についてご紹介していきますのでDIYで雨漏りの対処したい方は参考にしてみてください。

損傷した屋根を防水テープを直すときの手順①雨漏りの原因を調べる

損傷した屋根を防水テープを直すときの手順①雨漏りの原因を調べる

急な雨漏りなどで、一刻も早く応急処置をしなければならないというケースがあるかもしれません。そのような場合は、屋根に防水テープを貼って対処しましょう。屋根をDIYで直す場合は、まずは雨漏りの原因を調べる必要があります。雨漏りの原因になりうるものは次のとおりです。

瓦が割れている

瓦が割れているかどうかは屋根の下側からは判断が難しいこともあり、屋根のうえから確認する必要があります。また、目立たない瓦のヒビから雨水が浸水していることもあるため注意が必要です。

棟板金に傷がある

棟板金(むねばんきん)とは、屋根のてっぺん部分などをカバーしている金属製の板です。この部分が傷ついていると、屋根のてっぺん部分から雨水が入り込んで雨漏りを引き起こしてしまいます。

谷樋が腐っている

谷樋(たにどい)は、屋根に水が溜まらないように下へ水を流すためについている金属製の板です。劣化しやすく、雨漏りの原因になりやすい部分ですが、屋根にのぼらないと状態の確認が難しい部分です。

損傷した屋根を防水テープを直すときの手順②隙間を塞ぐ

雨漏りの原因を突き止めたら、いよいよ雨漏りの対処に移っていきます。この章では、屋根を防水テープで修理する方法のほかにも「防水シート」や「ビニールシート」を利用した対処法についてもご紹介します。雨漏りの状況に合わせた方法を選んでみてください。

隙間に防水テープを貼る

まずは、防水テープを貼る場所の水やほこりなどをしっかり取り除きましょう。この作業を怠ると、せっかく貼り付けたテープが剥がれ落ちたり、うまく雨漏りの隙間を塞げなくなってしまいます。

隙間が広いときは「防水シート」を使う

雨漏りの隙間が広い場合は、防水テープではなく防水シートを使うことをおすすめします。
シートを貼る予定の場所をしっかり掃除し、適切なサイズにカットしたうえで貼り付けましょう。

原因がわからないときは「ビニールシート」を使う

損傷した屋根を防水テープを直すときの手順②隙間を塞ぐ

雨漏りの正確な原因を特定するのは、なかなか難しいです。そのため、隙間を塞いだと思ってもなかなか雨漏りが止まないということもあるかもしれません。

このような場合は、ビニールシートで屋根全体をカバーすることをおすすめします。ビニールシートは土嚢袋やテープなどで固定して、屋根からずり落ちないようにしましょう。

まとめ

風災による屋根の雨漏りは、火災保険が適用される場合があります。そのため、業者に修理を依頼するまえに加入している保険の内容を確認してみてください。しかし、風災による雨漏りであっても、必ずしも保険が適用されるわけではない点は注意が必要です。

DIYで雨漏りの対処する場合は、ヘルメットをしっかり着用して、応急処置であることを理解したうえでおこないましょう。おおまかな手順は、雨漏りの原因を特定し、その原因となる隙間などを塞ぐ流れになります。雨漏りする屋根は防水テープや防水シート、ビニールシートなどで応急処置が可能です。応急処置が完了したら、なるべく早い段階で業者に依頼しましょう

急な雨漏りを速攻解決!
部分修理で低価格を実現!
※状況によっては全体修理をおすすめする場合もございます。
雨漏りを放っておくと天井や屋根が腐り、被害が拡大することも。天井から音がしたり、シミがあるなら、できるだけ早くプロに相談して対策しましょう!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
火災保険で屋根の修理をすることができる?!詳しくはご相談を!
雨漏り修理 25,000円(税抜)~
この記事を書いた人
生活110番:主任編集者 HINAKO
生活110番編集部に配属後ライターとして記事の執筆に従事。その後編集者として経験を積み編集者のリーダーへと成長。 現在は執筆・記事のプランニング・取材経験を通じて得たノウハウを生かし編集業務に励む。
得意ジャンル: 屋根修理(雨漏り修理)・お庭(剪定・伐採・草刈り)

突然の雨漏り!まずすべきことは?雨漏りの原因を突きとめて解決を

突然の雨漏り?!屋根修理の費用や方法などをくわしく解説します!

雨漏りを放置すると恐ろしいことに……!健康被害の原因にも

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-10-16 14:41:43
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_lhr/148111/
家の修理
みなさんは、屋根の雨漏りを経験したことはあるでしょうか。とくに梅雨や台風の多い時期に雨漏りが起きると、家中水浸しになってしまいかねません。また、雨漏りを修理せずに放置していると、天井の板が腐って抜け落ちてしまうこともあるようです。屋根が雨漏りしたら、なるべく早い対応をおこないましょう。この記事では、雨漏りする屋根を防水テープで応急処置する方法についてご紹介していきます。また、雨漏り被害は火災保険が...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 雨漏り修理

雨漏り修理のお問い合わせ・ご相談はこちら

雨漏り修理についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!