生活110番辞典 家の修理

このエントリーをはてなブックマークに追加

石油給湯器がイイ!よくある給湯器のトラブルや失敗しない選び方など

2018-04-16

石油給湯器がイイ!よくある給湯器のトラブルや失敗しない選び方など

温かいお湯を利用するために必要なのが給湯器です。特に冬には大活躍しているのではないでしょうか。
そんな給湯器の燃料にはいくつか種類があります。ガスを使うものもあれば、電気を使うものもあり、また灯油を使うものもあります。

その中でも灯油を使った給湯器のことを石油給湯器といいます。石油給湯器にはガス給湯器や電気給湯器と違うメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

そこで、今回の記事では石油給湯器のメリット・デメリットから石油給湯器のトラブル、自分にあった石油給湯器の選び方などをご紹介します。

石油給湯器のしくみ

石油給湯器では水を温めてお湯にすることができますが、一体どのような仕組みなのでしょうか。

水道から流れてくる水は熱交換器と呼ばれる場所を通ります。この近くには灯油を燃料にした火が存在するため、水が熱交換器を通る間に火によって加熱されます。やがて加熱された水はお湯となり、蛇口からでてきて利用しているのです。

このように基本的な石油給湯器の仕組みは簡単なものですが、最近ではより複雑なものも存在します。それは排熱を利用するというものです。水道から流れてくる水を排気に含まれる熱で加熱することでより効率よく加熱するというものです。

そのまま捨てられていた排気熱を利用することで、より高い熱効率を手に入れることができます。また、排気熱で水が加熱される分、灯油で加熱する必要も少なくなるので灯油を節約することも可能になります。

石油給湯器のしくみ

石油給湯器の種類と特徴

石油給湯器には瞬間式と貯湯式と2種類に分かれます。それぞれの主な特徴は以下のとおりです。

瞬間式

瞬間式は、お湯を使いたいと思ったその都度に水道水を温めてお湯にするというシステムです。必要な分だけ温めるので無駄が出ず、効率的なのが特徴です。また、水道から水を引いてきて温めるというシステムのため、途中で湯切れしてしまう心配もありません。

一方、デメリットもあります。使う際に毎回水道水を温めてお湯にしなければならないので、すぐお湯が出てくるというわけではありません。お湯を使うためには多少待つ必要があるのです。

貯湯式

貯湯式はその名のとおり、温めたお湯をタンクに貯めておくというシステムです。タンクの中にはお湯が入っているので、使いたい時にすぐお湯を利用することができます。また、使うお湯の量を増減させたときには、温度がばらつきにくいという特徴を持っています。

ただ、タンクに入れられるお湯の量は限りがあるので、貯めてある分を使いきってしまうと湯切れが起きるという点がデメリットです。またタンクが必要となるため、貯湯式の給湯器を設置する際は一定以上の広さがある空間が必要になります。

瞬間式と貯湯式、どちらのタイプの給湯器にもメリットとデメリットがあるため、自分の理想に合った給湯器を選ぶことが大切です。

        石油給湯器の種類と特徴(瞬間式、貯湯式)

石油給湯器のメリット・デメリット

給湯器には石油給湯器以外にもガス給湯器や電気給湯器があります。使う燃料が違う以上、それぞれにメリットやデメリットがあります。
そこで、この章ではガス給湯器や電気給湯器と、石油給湯器を比べた際のメリットやデメリットについてご紹介します。

石油給湯器のメリット

パワフルなので寒冷地でも安心
石油給湯器は、ガス給湯器や電気給湯器と比べて力強い燃焼が可能です。そのため、寒い地域や大量のお湯をたくさん使いたい家庭などに適しています。

基本的には燃料費が安い
石油給湯器の燃料は灯油です。灯油は入手しやすく、価格も比較的安めなので、燃料の入手に苦労するといったことはあまりないでしょう。
ただし、灯油の価格は石油価格によって変動するため、世界情勢や景気変動によって石油価格が高くなった場合は注意が必要です。

石油給湯器のデメリット

作動音や灯油のにおいが気になるときがある
石油給湯器を動かしていると、作動音や灯油のにおいが気になるときがあります。自分自身では気にならなくても周りの方が気になるという可能性もあるので、住宅が密集している場所で石油給湯器を利用する場合は気を付ける必要があります。

灯油が切れないように注意する必要がある
石油給湯器は燃料タンクに入れた灯油を利用して加熱をするので、灯油が切れてしまうと使えなくなってしまいます。

石油給湯器を利用する場合は、補給するのを忘れてしまわないようにする必要があります。また、災害や積雪などで灯油を入手できなくなった時のために、普段から灯油を備蓄しておくといったことも大切です。

      石油給湯器のメリット・デメリット

石油給湯器のトラブル

石油給湯器はパワフルで経済的な給湯器ですが、トラブルが起こらないわけではありません。そこで主な故障の症状を紹介していきます

お湯が出ない

最も困るのがこの症状です。お湯を使いたいから給湯器を利用しているのに、お湯が出なくなったら困ります。

お湯の温度にムラがある

お湯を使っていたら急に水になってしまったり、逆に想定よりも熱い温度のお湯が出たりする場合も故障していると思われます。生活に不便なので業者に相談したほうがよいでしょう。

おかしな音がする

給湯器が故障しているとあまりにも大きな音や、聞き慣れないおかしな音がする場合があります。正常に動作している場合でも給湯器から音がすることがありますが、不安に感じた場合は業者に来てもらった方が安心です。

      石油給湯器のトラブル

修理?それとも交換?

石油給湯器の調子がおかしくなったら業者に相談して様子を見てもうことをおすすめします。しかし場合によっては石油給湯器を修理してもらうか交換してもらうかという選択をしなければならなくなります。

軽微な故障であれば修理でいいでしょう。石油給湯器の一部の部品に不具合が起きて故障している場合だったら、その部品を変えてもらえばいいだけなので手軽に直すことができます。

ただ、石油給湯器を設置してから年数がたっている場合は、交換を視野に入れたほうがよいです。給湯器の寿命は約10年といわれているので、給湯器を設置してから10年以上たった状態で故障したなら修理するよりも交換したほうがよいでしょう。

給湯器自体の寿命が来ているのに修理で済まそうとしても、すぐまた別の不具合が出るとか、本格的に壊れてしまうといった事態におちいるかもしれません。

修理・交換工事にかかる日数と費用

石油給湯器を修理したり、交換したりしてもらうとして、その工事にかかる日数や費用はどのくらいかかるのでしょうか?

日数

一般的に、修理や交換に使う部品等の在庫があればその日のうちに修理や交換ができます。ただ繁忙期に依頼した場合や、遠くの業者にしか修理を頼めないといった状態では数日かかってしまう可能性があります。
また、修理や交換に使う部品の在庫がない場合は取り寄せる必要があるため、1週間近くかかってしまうこともあるので注意が必要です。

費用

部品を変えるだけの修理の場合、部品代と工事費、出張費が必要になるので、業者によりますが大体10万円以下だと思われます。

一方、交換の場合はさらに費用が必要になります。給湯器本体が10万円以上かかることもあります。

      .修理?それとも交換?

使い方に合わせた石油給湯器の選び方

石油給湯器にはメリットがあればデメリットがあります。メリットに応じて給湯器を選ぶことは大切ですが、使い方に合わせて給湯器を選ぶことも大切です。
使い方に遭った給湯器を選ぶ際のポイントとしては「号」と予算があります。

号で選ぶ

「号」とは1分間に供給されるお湯の量のことです。つまり、この数字が大きいほど多くのお湯が出せるということになります。主な号数には16号や20号、24号があります。

16号は一人暮らし向けの号数です。それよりも大きい20号は二人暮らし用で、24号は子どもがいる家庭向けの給湯器となります。使いたい時にお湯が使えないと不便に感じるので、家族の数に合わせて号数を選ぶとよいでしょう。

予算で選ぶ

石油給湯器にはさまざまな種類があるので、自分が欲しい機能をどんどん足していくと最終的に思ったよりも高額な給湯器を選ぶことになるかもしれません。給湯器を選ぶ際は最初に予算を決めて、その予算のなかで給湯器を選ぶようにすると経済的に選ぶことができます。

         使い方に合わせた石油給湯器の選び方

まとめ

給湯器の中にはガス給湯器や電気給湯器がありますが、石油給湯器というものも存在します。石油給湯器は瞬間式と貯湯式という二つの仕組みに分けられますが、どちらにも利点や欠点があります。

石油給湯器はパワフルなので寒冷地での給湯に最適で、燃料代も基本的に安く済みます。ただ、電気給湯器やガス給湯器と比べた際にはデメリットもあるので注意が必要です。

もし、石油給湯器の調子がおかしくなったと感じたら故障かもしれません。給湯器が壊れてしまうとお湯が使えなくなり、とても不便になります。
あ修理を考えるべきですが、給湯器を設置してから時間がたっているならば寿命かもしれないので交換も視野に入れましょう。

修理や交換にかかる日数と費用は業者によって異なるため、絶対にこれだとは言い切れません。給湯器の調子がおかしいと思ったらまずは業者に相談して見積もりすることをおすすめします。

給湯器修理を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「給湯器修理・交換」をご覧ください。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5
このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-04-16 15:21:15
https://www.seikatsu110.jp/repair/rp_hwd/62549/
家の修理
温かいお湯を利用するために必要なのが給湯器です。特に冬には大活躍しているのではないでしょうか。 そんな給湯器の燃料にはいくつか種類があります。ガスを使うものもあれば、電気を使うものもあり、また灯油を使うものもあります。 その中でも灯油を使った給湯器のことを石油給湯器といいます。石油給湯器にはガス給湯器や電気給湯器と違うメリットがありますが、同時にデメリットもあります。 そこで、今回の記事では石油給湯器のメリット・デメリットから石油給湯器のトラブル、自分にあった石油給湯器の選び方などをご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家の修理 給湯器修理・交換

最新記事

おすすめ記事

給湯器修理・交換のお問い合わせ・ご相談はこちら

給湯器修理・交換についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986