生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーラーローンって知ってる?太陽光発電をローンで手に入れるメリット

投稿日:2017-09-12 更新日:2018-10-02

ソーラーローンって知ってる?太陽光発電をローンで手に入れるメリット

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

太陽光発電は一度導入すれば数十年単位で動かすことができるといわれています。また住宅内で使うだけでなく電力会社に余った電気を売ることで収入を得ることができるのも大きな魅力でしょう。しかし初期投資は莫大な金額になるため、一歩踏み出しにくいのも事実です。
今回は太陽光発電導入にあたってローンを使うことについて考えていきます。

ソーラーローンで太陽光発電を設置するのはありなのか?

太陽光発電の導入に際して、ローンを使うのは1つの手段です。しかし銀行のローンとは別に「分割で支払いが出来る」と設置業者から提案される場合もあります。このローンとの違いとはなんでしょうか。

設置業者が勧めるのは主に信販会社のローンです。信販会社のローンにも審査がありますが、銀行などの審査よりは通りやすいというメリットがあります。ただ金利は少し高めになるといわれています。

一方銀行や信用金庫によるローンを組むと一般的には無担保のため、金利は高くなります。また審査も厳格になりがちです。
しかし太陽光発電向けの専用ローン(ソーラーローン)が用意されている金融機関が増えてきました。このソーラーローン、無担保なのは変わらないのですが、通常と比べて金利が低めに設定されていることも多いです。
これは太陽光発電では売電収入が見込めるためといわれていて、つまりは「返ってくる可能性が高いローン」であるため金利を低く抑えられるのです。

こうした事情を考えると、ローンを組むのであれば信販会社のローンよりも銀行の、太陽光発電向けの専用ローン(ソーラーローン)にした方が総額として支払う金額が少なくなるといえるでしょう。
      ソーラーローンで太陽光発電を設置するのはありなのか?

太陽光発電(ソーラー)をローンにするメリット

太陽光発電をローンにするメリットは、莫大な初期投資の負担を軽減できることが一番大きいです。

太陽光発電の設置には1kWあたり41万円ほどかかるともいわれています。一方、費用の回収は売電や電気料金の軽減などが中心で、投資額を回収するには十年単位という長い時間がかかります。すると初期投資を抑え、抑えた費用を別の改善に使えれば生活水準が向上するともいえるでしょう。

また手持ちの現金とローンによる借り入れを合わせ、現金のみの規模より大きな発電設備を設置するという選択肢もあります。
太陽光発電の単価は規模が大きくなるほど低くなっていきます。そのため投資額以上に発電量が増え、売電収入の増加も見込むことができます。

また新築であれば住宅ローンに組み込むのも1つの手です。住宅ローンであればソーラーローンよりも金利が低くなるため、支払う金額は抑えられることも多いでしょう。一方で予算によっては、床暖房などの設置を諦めなければならない場合もあります。床暖房は新築時以外で導入すると費用がかさみがちのため、何を優先するかで住宅ローンの組み方も変わってくるでしょう。
      太陽光発電(ソーラー)をローンにするメリット

売電収入でローンの部分をまかなうことができるかも

売電収入を得られることはソーラーローンの金利が低い理由でもあります。

現状は再生可能エネルギーの固定価格買取制度があります。これは発電した電気を一定期間、固定金額で電力会社が買い取ってくれる仕組みで、制度設計上「必要なコスト+適正な利潤」を設定した額になっています。太陽光発電の場合10年間電力会社が買い取る義務があります。そのため売電収入がローンの一部、発電量が多ければ月々のローン返済額を上回る可能性は十分にあります。

ただ、買い取り価格は年度ごとに下がる傾向があります。また季節や天候によって発電量が変わります。そのため夏は売電収入がローン返済額を上回りますが、冬は晴れの日が続いてもローン返済額に満たない、といった場合もあるでしょう。

むしろ本番はローン返済が終わってからです。返済額がなくなれば売電収入はすべて家計のプラスになります。太陽光パネルの寿命は20年から30年ほどともいわれているため、長期的に見て投資を回収することは不可能ではありません。

売電収入をはじめとする太陽光発電のメリットは「太陽光発電は得か?メリットとデメリットを知ることで活用できる!」でも解説しています。こちらも是非ご覧ください。

資金に余裕があるなら現金払いがお得

現金に十分な余裕があるのであれば、ローンを組まずに現金で払うというのも1つの手です。

一番のメリットとしては金利にかかる額を節約できることです。いくらソーラーローンで金利を低く抑えられたからといっても現金で買うよりは費用がかさむことは避けられません。余裕があれば現金一括で払うことで、その分設置費用を早く回収することができるでしょう。

また銀行に預けておくよりは稼げる、しかも株式などの取引よりリスクの少ない投資先として考える手もあります。太陽光発電であれば電気料金の軽減・売電収入などで月々利益を生むことができます。加えて目に見えるものに対する投資であることも安心感を与える理由になるでしょう。
      資金に余裕があるなら現金払いがお得

まとめ

太陽光発電は初期投資こそ大きいものの、屋根に設置すれば収入をもたらしてくれる装置であるといえます。長期的に見れば損益はプラスになることも十分に考えられるため、思い切ってローンを組んで導入するというのも1つの選択肢かもしれません。ただローンの使い方は少し慎重になって、一番効果的な方法を考えてみてはいかがでしょうか。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ほりい
パソコンに詳しく、複雑な作業も難なくこなす。パソコンだけでなく自宅のインテリアにもこだわっており、経験を生かした記事作りをおこなう。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-02 10:59:02
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_solar_power/9788/
家のリフォーム
太陽光発電は一度導入すれば数十年単位で動かすことができるといわれています。また住宅内で使うだけでなく電力会社に余った電気を売ることで収入を得ることができるのも大きな魅力でしょう。しかし初期投資は莫大な金額になるため、一歩踏み出しにくいのも事実です。今回は太陽光発電導入にあたってローンを使うことについて考えていきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 太陽光発電設備設置

太陽光発電設備設置のお問い合わせ・ご相談はこちら

太陽光発電設備設置についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!