生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

耐震の構造には3つの種類が!それぞれのメリットとデメリットとは

投稿日:2019-02-15 更新日:2019-02-18

耐震の構造には3つの種類が!それぞれのメリットとデメリットとは

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家を新たに建築したり、リフォームをしたりすることは高額の買い物ともいえます。住宅は安易に変えることがないため、工事をする際は安心して生活ができるよう、きちんとした防犯や災害対策は必須となります。

建物において最も重要な災害対策は、耐震性の高い構造にこだわることです。耐震性を高める構造は、1種類ではありません。そのため、耐震性の高い耐震構造の種類にはどんなものがあるのかをおさえておく必要性があります。では、具体的に耐震構造の種類はどのようなものがあるのでしょうか。

フロアコーティングのおすすめサービス

耐震性を高める構造には大きく3つのものがある

建物が、どれだけの震度にたえることができるかということを耐震性といいます。耐震性の高い建物を作るためには、地震に強い耐震構造の種類から選ぶ必要性があります。

免震・・・・・・建物の下にバネ剤を入れ揺れによる衝撃を吸収する方法で、耐震工事方法の中でも最も耐震性が高い構造です。
制震・・・・・・ダンパーと呼ばれる機材を柱にそって組むことで、耐震性をあげます。
耐震・・・・・・元々ある柱にコンクリートなどを加えることで、揺れにたえることができる建物を作る方法です。

耐震性を高める構造には大きく3つのものがある

建物が揺れることを防ぐ「免震構造」のメリットとデメリット

耐震性の高い建物を造るためには、強い揺れでも倒れることがない構造にしなくてはなりません。まずは、耐震構造の種類の中でも特に建物に与えるダメージをおさえることができる「免震構造」についてのメリットデメリットをみていきましょう。

メリット

免震構造は、大きな地震がきても建物が倒壊しないようにするため、あらかじめ建築物のしたにアイソレータを設置する方法です。アイソレータとは、ゴムやばねでできた部材であり、地震の際に建物を水平に保つ役割があります。また、地震の揺れをおさえるためのダンパーという装置も一緒に設置されるので、より耐震性が強化されるメリットがあります。

デメリット

アイソレータやダンパーなど高度な技術を取り入れるため、工事費用が多額になってしまうといったデメリットもあります。しかし、家屋が倒壊してしまい建て直すことを考えると免震構造の工事費用の方が安く済むのではないでしょうか。

建物の揺れを吸収する「制震構造」のメリットとデメリット

地震に強い建物を造る方法には、「制震構造」というものがあります。制震構造は、免震構造で使用するものと同じダンパーと呼ばれる材料をつかうことで、耐震性を強化する方法です。

メリット

大地震の後に、発生しやすい余震の揺れにも強い構造です。また、台風などによる強風にもたえることができます。

デメリット

ダンパーを取り付けているため、強い風でも建物が揺れてしまうというデメリットもあります。しかし、制震構造は高い建物以外の民家などでも耐震性をあげることができるため、耐震構造の種類の中でも万能です。

建物の揺れに対する強度を上げる「耐震構造」のメリットとデメリット

大規模な耐震工事の中で最も安い価格でおこなうことができるのが、耐震構造になります。工事費用が安いと聞くとなんとなくデメリットが目立つようなイメージを持たれるかもしれませんが、そうではありません。では耐震構造はどのようなメリットやデメリットがあるかをみていきましょう。

メリット

耐震構造の種類の中でも建物自体の強度を高め、大きな揺れでも倒壊しない建物を造る方法です。そのため、ほかの建物より頑丈にできています。基礎以外の壁や天井などもとても強化されているため、避難場所に指定されている建物に多くつかわれています。

デメリット

耐震構造の建物は、強度はありますが揺れに対応できるだけの柔軟性はありません。そのため、大きな地震の場合建物自体は、倒壊しませんが壁や柱などに亀裂が入りやすくなるといったデメリットもあります。

しかし、比較的高さのない建築物の場合耐震構造を利用すると、比較的大きな揺れであっても倒壊しにくくなります。一戸建てなどの建物の場合は、耐震構造でも十分耐震性を強化することができるため、おすすめです。

建物の揺れを吸収する「制震構造」のメリットとデメリット安

耐震性を高める構造へ改修をする際の流れについて

耐震補強といっても、建物によって工事方法が異なります。しかし、耐震補強の大まかな流れはどの工事でも基本的に変わりません。では、どのように耐震補強がおこなわれるのでしょうか。

①耐震診断

まずは業者に連絡し、耐震診断を受けましょう。耐震診断を受けると、その建物がどのくらいの震度にたえることができるのかの目安を知ることができます。

②設計図

具体的に、どのように工事をしていくのか計画をたてていきます。また、補強箇所にどんな機材を使用するかも決めます。

③見積もり確認

具体的な工事内容が決まったら、どのくらいの費用がかかるかを確認します。このとき、つかう材料や構造によって価格が大きく変わることもあるのです。

④工事開始

見積もりが終わったら、工事を開始していきます。一部取り壊しが必要な箇所がある場合は、解体工事からすすめられることもあります。

⑤終了

すべての工程が終了したら耐震工事完了です。また、元々耐震診断の結果で耐震性に問題がない場合、診断後すぐに終了となります。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

地震は、いつおこるか予測できない自然災害の1つです。そのため、日頃から地震に備えて対策をとっておく必要があります。家屋の耐震補強工事方法は、「免震構造」「制震構造」「耐震構造」の3種類あります。耐震工事の種類によって、構造やメリットやデメリットが異なります。

しかし、素人では、建物をみただけで耐震強度や工事が必要であるかはわかりません。そのため、業者に依頼して耐震診断や工事をしてもらう必要性があります。もしものときに備えて、家屋における耐震性を見直してみてはいかがでしょうか。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:ふみ
昔から住宅展示会が大好き、理想の内装を追い求めるのが趣味。読者の目線に立ったコラムを作っている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-18 09:54:33
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/132425/
家のリフォーム
家を新たに建築したり、リフォームをしたりすることは高額の買い物ともいえます。住宅は安易に変えることがないため、工事をする際は安心して生活ができるよう、きちんとした防犯や災害対策は必須となります。建物において最も重要な災害対策は、耐震性の高い構造にこだわることです。耐震性を高める構造は、1種類ではありません。そのため、耐震性の高い耐震構造の種類にはどんなものがあるのかをおさえておく必要性があります。...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!