生活110番ニュース 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの家は大丈夫?ブロック塀が危険かどうか確認する方法を紹介

投稿日:2019-02-12 更新日:2019-02-15

あなたの家は大丈夫?ブロック塀が危険かどうか確認する方法を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

日本は地震大国とも呼ばれており、最近では震度5以上の地震も珍しくなくなってきました。そのため、いつくるか分からない地震に備えておくということは、日本に住む以上は必要なことかもしれません。

地震による被害には住宅の傾きや火災など、さまざまなものが考えられます。そのなかで盲点となるのが、ブロック塀の倒壊という問題です。

ご自宅にブロック塀がある方は、家の耐震性だけでなく、ブロック塀の耐震性に関しても注意しておいた方がよいでしょう。「頑丈そうだし大丈夫だろう」といって放っておくと、取り返しのつかないことになるかもしれません。

この記事では、「どんなブロック塀が危険なのか」ということを分かりやすく解説しています。過去に発生したブロック塀による事故の事例にも触れていくので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

フロアコーティングのおすすめサービス

ブロック塀は危険!倒壊事故後も放置が目立つのが現状…

頑丈に組まれているように見えるブロック塀ですが、ものによっては揺れや衝撃に弱いものがあります。ブロック塀が倒壊して死傷者をだすという事故も実際に起きているので、耐震性は決して無視できない問題になります。

ブロック塀の事故として有名なのが、大阪地震によるものです。大阪で発生した震度6.1の地震によりブロック塀が崩れ、小学生が巻き込まれて亡くなるという事故が起きました。この事故により、自治体などが通学路のブロック塀の調査を実施するといったふうに、ブロック塀に対する警戒は高まっています。

ブロック塀が原因となる事故は、所有者ひとりひとりが「ブロック塀は危険」という認識を持たない限り無くなることはないでしょう。ご自宅にブロック塀があるという方は、「所有しているブロック塀の耐震性を管理しておくことは義務である」というふうに考えた方がよいかもしれません。

危険なブロック塀の放置はダメ!刑事責任を問われることも

破損・損傷が目立つブロック塀や劣化が原因で今にも倒れそうなブロック塀は、そのまま放置しておくと非常に危険です。前述のような事故が発生するということはもちろん、所有者には刑事責任が問われることもあります。

所有しているブロック塀が危険と知りつつ放置しておくと、倒壊して人を死傷させてしまった場合、「過失致死傷罪」という扱いになります。この法律は、自分の過失により人を死亡させてしまった場合に成立するものです。

「このブロック塀が倒壊したら、死傷者がでそう」という予測ができるにも関わらず改善をおこなわなかった場合、それは過失扱いになります。そのため、所有しているブロック塀について少しでも「倒壊したら危ないな……」と思えるようなものであれば、すぐにでも耐震性を見直す必要があるでしょう。

危険なブロック塀の放置はダメ!刑事責任を問われることも

自宅のブロック塀が危険かどうか簡単に見分ける方法

倒壊のおそれがあるブロック塀を放置しておくことは、周りの人にとっても自分にとっても危険です。しかし、具体的にどんなブロック塀が危険なのかが分からないと、耐震性を見直すこともできません。

昔からある、古いブロック塀

一般的に、ブロック塀の寿命は30年といわれています。そのため、30年以上使用されているブロック塀は、劣化して弱くなっているおそれがあるのです。

薄いブロック塀

ブロック塀を建てる際には厚さが10㎝以上と定められているようですが、より確実な安全性を手に入れるためには12㎝以上が望ましいとされています。12㎝以上の厚さがないブロック塀は、地震で倒壊するおそれがあるでしょう。

一般的なものより高いブロック塀

通常、一般的なブロック塀は11段相当のものが多いようです。しかし、なかには15段ほど積み上げられている背の高いブロック塀が存在します。地面から2.2m以上の高さがあるブロック塀は高いものに分類されます。

すかしブロックが取り入れられたブロック塀

穴が開いたデザインのブロックのことを、すかしブロックといいます。そういったブロックが組み込まれているブロック塀は、比較的昔に建てられている可能性が高いです。

破損、異常が見られるブロック塀

破損しているブロック塀やひび割れ・傾きが生じているブロック塀は、耐震性が低下していると考えてください。ブロック塀は外に設置してあるため、若干の傷は多く見られます。しかし、見るからに異常が確認できるブロック塀は、注意した方がよいといえるでしょう。

自宅のブロック塀が危険かどうか簡単に見分ける方法

補助金を活用して危険なブロック塀を今すぐ補強しよう

耐震性が心配なブロック塀は、危険を取り除くための「補強工事」を施すことがおすすめです。ブロック塀を補強することで、地震に強いブロック塀に生まれ変わらせることができます。

現在の日本では、ブロック塀の補強工事における費用を、補助金によって補えるという制度があります。費用面での不安を抱いている方は、この制度を受けることで負担を少なくすることができるでしょう。この補助金は、補強工事以外にもブロック塀の撤去や生垣に変えるといった工事の際にも受けることができます。

補助金制度を受けるためには、お住いの地域で定められている基準を満たしている必要があります。この基準は、住んでいる場所によって異なるため注意が必要です。基準の例としては「ブロック塀が道路に面している」や「市内の業者が施工すること」などがあります。

受け取れる補助金の金額もお住いの地域によって違うで、内容の詳細が気になる方は、自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

ご自宅のブロック塀が危険かどうかを知りたい方は、「30年以内のものか」や「ブロック塀の厚さ」などを確認してみてください。危険なブロック塀の特徴に該当するようであれば、倒壊するおそれがあるかもしれません。

日本ではブロック塀が倒壊して死傷者をだしてしまう事故が、実際に発生しています。人に危害を与えるおそれがあると分かっていながら放っておくことは、刑事責任に問われる場合もあるのです。

現在ではブロック塀に関わる工事で補助金を受けられるという制度も備わっているので、うまく活用して経済的な補強工事をしてみてください。ブロック塀の耐震性について心配な方は、一度業者による点検・工事を検討してみてはいかがでしょうか。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
耐震工事はプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:いさむ
家のことはなるべく自分でなんとかしたい、という思いからさまざまなDIY方法について学んできた。最近は壁紙張り替えなど、家のリフォームにも興味が出てきている。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-15 10:15:28
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/132052/
家のリフォーム
日本は地震大国とも呼ばれており、最近では震度5以上の地震も珍しくなくなってきました。そのため、いつくるか分からない地震に備えておくということは、日本に住む以上は必要なことかもしれません。地震による被害には住宅の傾きや火災など、さまざまなものが考えられます。そのなかで盲点となるのが、ブロック塀の倒壊という問題です。ご自宅にブロック塀がある方は、家の耐震性だけでなく、ブロック塀の耐震性に関しても注意し...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北
  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0
東海
  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1
北陸
  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0
関西
中国・四国
九州
  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!