生活110番辞典 家のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

起こりうる首都直下型地震!被害想定と私たちができる対策とは

2019-02-11

起こりうる首都直下型地震!被害想定と私たちができる対策とは

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

2011年3月11日に東日本大震災が発生して以来、地震についてさまざまな予測やうわさが飛び交うようになっています。中でももっとも多く発生がうわさされていたのは南海トラフ地震でした。しかし実際に発生したのは、2018年6月には大阪府北部地震が、同年9月には北海道胆振東部地震と予想外の場所でした。

今や日本のどこにいても、いつ大地震が襲ってくるかわからないとお思いの方も多いのではないでしょうか。特に、地震が起こるといわれ続けている地域にお住まいの方ならなおさらです。

そこでこの記事では、予想されているさまざまな地震の中から「首都直下型地震」の被害を想定し、いくつかの観点からまとめてみました。首都圏の方はもちろん、首都圏以外にお住まいの方にも読んでいただければ幸いです。

フロアコーティングのおすすめサービス

大地震が首都を襲うと予想されている!

現在発生が予想されている地震には、いくつかあります。なかでも南海トラフ地震と首都直下型地震はその代表例で、過去の地震の歴史からかんがみるといつこれらの地震が起きてもおかしくないといわれています。

そんな風潮を受け、政府は2013年12月、首都直下型地震の被害想定は死者が2万3000人、経済被害は95兆円ほどだと発表しました。これは東京都大田区付近でマグニチュード7.3の直下型地震が発生した場合の想定だそうです。

しかしこの発表は、2020年にオリンピックを控えている国として、国際的な不安をあおらないように軽めの被害想定をしたのではないかという声もあります。これより、大きな被害が出る可能性も十分に考えられるということです。

大地震が首都を襲うと予想されている!

首都直下地震の被害想定:建物・ブロック塀

首都直下型地震の被害を想定したとき、多くの人の頭に思い浮かぶのは建物やブロック塀の倒壊ではないでしょうか。建物が地震の揺れで倒壊するというのは、もっとも一般的に考えうる被害です。

また、2018年6月に起こった大阪府北部地震では、小学校のブロック塀が倒壊し、通学中だった女子小学生が死亡してしまいました。このニュースの影響から、地震で起こる被害としてブロック塀の倒壊もよくあげられるようになったのではないでしょうか。

さらに、建物やブロック塀以外にも自動販売機など、倒壊に注意しなければならないものはまだあります。
在庫が完全に充填された自動販売機の重さは800キロ以上にもなります。それだけの重さのものが身体の上に倒れてきたとしたら、無事であるとは考えにくいでしょう。日本には多くの自動販売機が設置されていますので、これらが倒壊することによる被害も十分考えられます。

首都直下地震の被害想定:火災

建物などの倒壊以外にも、首都直下型地震で被害が想定されている現象はあります。
首都直下型地震の場合、津波よりも火災の被害のほうが大きいのではないかといわれているようです。建物が崩壊しないまま火災が発生した場合は、全壊した場合よりも空気のめぐりがよくなるため、延焼しやすい傾向にあります。さらに、消火活動が困難な状態となれば、その被害はさらに拡大しやすくなります。

そのため、建物や人、交通量の多い首都圏では、延焼によって大規模火災が発生するのではないかといわれています。

また、地震発生時の天候によって延焼の速さが左右されます。延焼の速さが時速100mを超えた場合、火の速さに逃げ切れず巻き込まれてしまう人がでてしまうようです。

もしも湿度が低く、風の強い日に首都直下型地震が発生した場合は、火災による被害は甚大なものとなるでしょう。

首都直下地震の被害想定:ライフライン

大地震が起こった場合には、電気・水道・ガスなどのライフラインが断たれてしまうことがあります。それぞれのライフラインから首都直下型地震の被害を想定してみましょう。

【電気】

私たちの生活に欠かせないライフラインのひとつが、電気です。電気がつかえなくなってしまうと、照明器具、冷蔵庫、エアコン、トイレなどが使えなくなってしまいます。

地震が起こって不安なまま明かりのない夜を過ごさなければならなくなったり、冷蔵庫のなかの貴重な食糧も腐ってしまったりするのはつらいですよね。予備の電源やバッテリーを用意し、災害時に備えておくのが有効でしょう。

【水道】

水が不足すると飲み水が飲めず、トイレやお風呂にも水が使えなくなりますよね。水道は、ライフラインの中でもっとも生命に直結するため、優先して確保する必要があります。日ごろからミネラルウォーターをストックするなどで飲み水を確保し、生活用水にもまわせるほどの余裕を持つのがおすすめです。

【ガス】

ガスは設置していない家もあるかもしれませんが、冬場にガスファンヒーターなどを使用して暖をとっている家庭では、体温調節に重要な役割を果たしています。

調理用・煮沸用に便利なガスコンロなどを用意するほか、電気が復活したら使えるIHコンロもあるとより安心ですね。ガスがあればさまざまな用途に使用することができます。家にガスを引いていても引いていなくても、せめてガスコンロ1台は災害用に用意しておきましょう。

首都直下地震の被害想定:ライフライン

大地震が起こる前に家の耐震性を高めましょう

ここまで、首都直下型地震の被害想定をさまざまな観点からまとめてみました。備蓄しておくべきもの、警戒するべきものなどが明確になったのではないでしょうか。

しかし、地震への対策でもうひとつ、とても有効な手段があります。それが「家の耐震性を高めること」です。もしもご自宅の耐震基準について不安があれば、耐震診断を受けてみましょう。

耐震診断では、建物の劣化状況や構造をふまえた耐震性が診断され、補強すべき箇所やそれにかかる費用も算出してもらうことができます。

耐震診断は有料ですが、補助金を出している自治体もあります。一度自分の地域の自治体に確認し、耐震診断を受けてみるのがおすすめです。耐震診断の結果をうけとったら、業者に工事を依頼しましょう。

フロアコーティングのおすすめサービス

まとめ

首都直下型地震の被害を想定すると、火災や倒壊、ライフラインの断絶などさまざまなケースが考えられます。いずれの場合にしても、あらかじめ災害用品などを準備したり、危険な箇所を確認したりしておくことが大切です。

また、地震の被害を最小限に防ぐためには、自宅の耐震性をあげることも大切です。耐震診断を受け、より補強すべき点や劣化状況などを確認しましょう。この耐震診断の結果を受けて業者に工事を依頼することで、地震から我が家や大切な家族の命を守ることができるかもしれません。

耐震工事を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「耐震工事」をご覧ください。

フロアコーティングのおすすめ業者を見る
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2019-02-11 12:44:55
https://www.seikatsu110.jp/reform/rf_seismic/131938/
家のリフォーム
[cv_banner ua="pc"] [cv_banner ua="sp"] 2011年3月11日に東日本大震災が発生して以来、地震についてさまざまな予測やうわさが飛び交うようになっています。中でももっとも多く発生がうわさされていたのは南海トラフ地震でした。しかし実際に発生したのは、2018年6月には大阪府北部地震が、同年9月には北海道胆振東部地震と予想外の場所でした。 今や日本のどこにいても、いつ大地震が襲ってくるかわからないとお思いの方も多いのではないでしょうか。特に、地震が起こるといわれ続けている地域にお住まいの方ならなおさらです。 そこでこの記事では、予想されているさまざまな地震の中から「首都直下型地震」の被害を想定し、いくつかの観点からまとめてみました。首都圏の方はもちろん、首都圏以外にお住まいの方にも読んでいただければ幸いです。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

家のリフォーム 耐震工事

お住まいの地域の耐震工事業者を検索

北海道・東北

  • 北海道0
  • 宮城県・仙台市0
  • 青森県0
  • 岩手県0
  • 秋田県0
  • 山形県0
  • 福島県0

東海

  • 愛知県・名古屋市<0
  • 岐阜県0
  • 三重県1

北陸

  • 新潟県0
  • 福井県0
  • 石川県0
  • 富山県0

関西

中国・四国

九州

  • 福岡県0
  • 長崎県0
  • 佐賀県0
  • 熊本県0
  • 大分県0
  • 宮崎県0
  • 鹿児島県0
  • 沖縄県0

詳細検索で探す

耐震工事のお問い合わせ・ご相談はこちら

耐震工事についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!